飯田市 観光

飯田市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/22 23:41 UTC 版)

観光

大平宿
下栗の里
飯田城本丸跡

名所・旧跡

登録有形文化財
城郭
寺社
  • 元善光寺
  • 開善寺
    山門、画文帯四仏四獣鏡、絹本著色八相涅槃図が重要文化財に指定されている。
  • 経蔵寺
  • 白山社
  • 鳩ヶ嶺八幡宮
    木造誉田別尊坐像が国の重要文化財、鳩ヶ嶺八幡宮本殿、鳩ヶ嶺八幡宮随神門が市の有形文化財に指定されている
  • 文永寺
    石室・五輪塔(重要文化財)、梵鐘(県宝)に指定されている。
  • 法全寺
  • 立石寺 - 木造十一面観音立像(県宝)
  • 愛宕稲荷神社
    桜の名所。一本桜として「清秀桜」(せいしゅうざくら、市指定文化財)と「千代蔵桜」(ちよぞうざくら)がある。
宿場
建造物

観光スポット

美術館

文化・名物

祭事・催事

霜月まつりの像

名産・特産

スポーツ

近年は自転車ロードレースに力を入れている。UCI公認のレースであるツアー・オブ・ジャパン実業団 (JBCF) 大会を誘致(2005年-2009年)したり、シクロクロスなどのレースを開催し、自転車競技やバイコロジーを通した地域の活性化・観光客の誘致を図っている。

しかし2010年にJBCFのレースが消滅し、しらびそ高原へのヒルクライムレースも2010年をもって消滅、2020年3月現在はTOJ南信州ステージが飯田市で開催される唯一の自転車レースとなっている。

飯田市を本拠地とするチーム

出身関連著名人

(五十音順)


注釈

出典

  1. ^ “県内、猛暑続く 飯田は熱帯夜、観測史上初”. 中日新聞. (2018年7月18日). http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20180718/CK2018071802000261.html 2018年7月20日閲覧。 
  2. ^ 平年値ダウンロード”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  3. ^ 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  4. ^ 南信州新聞(2018年8月4日朝刊1面)
  5. ^ 南信州新聞(2018年8月12日朝刊1面)
  6. ^ 南信州新聞(2018年8月15日朝刊1面)
  7. ^ 信濃毎日新聞(1988年8月6日朝刊)
  8. ^ a b c 飯田市が3市と災害時相互応援協定”. 南信州新聞. 2021年12月5日閲覧。
  9. ^ 飯田市と岐阜市が相互応援協定”. 南信州新聞. 2021年12月5日閲覧。
  10. ^ 大分市と飯田市との災害時応援に関する協定”. 大分市. 2021年12月5日閲覧。
  11. ^ 中部電力の水力発電所一覧”. 中部電力パワーグリッド. 2021年12月5日閲覧。
  12. ^ a b 工事進捗状況”. 飯田国道事務所. 2021年12月8日閲覧。
  13. ^ 評価される飯田水引、県飯田合庁で記念展示”. 南信州新聞 (2014年12月27日). 2016年8月1日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

飯田市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



飯田市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの飯田市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS