靴 履き口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 08:06 UTC 版)

履き口

足を差し入れる部分を履き口という。履き口には装飾付きのもある[1]

履き口の高さ

  • ローカット
    • ローファーや紐無しの靴に多い
  • オックスフォード
    • 紐ありの靴に多い、正装に用いる。
  • ハイライザー
    • 紐ありの靴に多い、正装に用いる。

靴底

靴底は滑り止めとなっているものが多い。スパイク金具付きのものもある[1](スパイクシューズ)。

靴底の厚さ

  • シングルソール
    • 靴底を1枚で構成したもの。3mm - 6mm辺りの厚さ。
  • ダブルソール
    • 靴底を2枚で構成したもの。丈夫で水に強いが、重く馴染みが遅く爪先が減りやすい。
  • ハーフミッドソール
    • 前面(土踏まずより前)だけ2枚の革で構成したもの。
  • トリプルソール
    • 靴底を3枚で構成したもの。一番、丈夫だが重い。

中敷き

緩衝を目的とする靴の部品[1]。防臭等の機能を付加したものもある[1]

羽根飾り

  • 有り
    • 華やかな外見になる、ビジネスやカジュアルに用いられる。
  • 無し
    • 正装に用いられる。

短靴にはヒールのあるものとないものがある[1]

踵の高さ

  • ハイヒール(高さが約6〜7cm以上のもの[1]
  • ミディアムヒール (中ヒール、高さが約3〜7cm程度のもの[1]
  • ローヒール(高さが約3cm以下のもの[1]
  • カッターシューズ (特に1 - 2cm前後のもの)

踵の形状

  • ピンヒールピンのように細い踵。別名はスティレットヒール)
  • スパイクヒール (底の面積が非常に小さい靴)
  • キトンヒール

靴のサイズ

足は一日の中でも時間と共に大きさが変わる部位である。最も大きくなるのは15時頃で、起床直後と比べて体積が約19%大きくなる。

日本では、「靴は夕方に買った方が良い」と言われる。これは、むくんだ状態の足に合わせておけば、昼間買った靴が夜には小さくなっていた、という間違いを防ぐ事が出来ることを示している。しかし、逆の見方をすれば日中は靴が大き過ぎることになる。他国は靴文化の歴史が長いため、靴を夕方に購入する習慣はない。

靴のサイズについては国ごとに、また男女別で表示方式がかなり異なっている(たとえば日本では25cmの紳士靴に相当するサイズは米国では7、イギリスでは6 1/2、大陸欧州では39、オーストラリアでは6.5)。日本国外で靴を買ったり、個人輸入などの形で国外から靴を輸入する場合には、各国のサイズに注意する必要がある。

靴のサイズの単位に日本では昔、(もん)があり、2.4cmを表す。詳しくは文 (通貨単位)#長さの単位を参照。

日本

靴のサイズは足囲と足高で決まる。
  • 足囲
    • AAA - A - E - EEE - Gまで、AはAの数が多いほど幅が狭くなる。EはEの数が多いほど、また、アルファベットの順番が遅くなるほど幅が広くなる。
  • 足高
    • 24や25など、0.5単位で大きくなるがまれに0.25単位で大きくなる物もある。



  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 意匠分類定義カード(B5) 特許庁
  2. ^ 雑貨工業品品質表示規程”. 消費者庁. 2013年5月23日閲覧。
  3. ^ The Scottish Ten”. The Engine Shed. Centre for Digital Documentation and Visualisation LLP. 2017年10月14日閲覧。
  4. ^ Lady's Shoe, Bar Hill” (2015年9月25日). 2018年5月24日閲覧。
  5. ^ Child's Shoe, Bar Hill” (2015年9月22日). 2018年5月24日閲覧。
  6. ^ Connolly, Tom. “The World's Oldest Shoes”. University of Oregon. 2012年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月22日閲覧。
  7. ^ a b Ravilious, Kate (2010年6月9日). “World's Oldest Leather Shoe Found—Stunningly Preserved”. National Geographic. オリジナルの2012年7月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120724020516/http://news.nationalgeographic.com/news/2010/06/100609-worlds-oldest-leather-shoe-armenia-science/ 2012年7月22日閲覧。 
  8. ^ Petraglia, Michael D.; Pinhasi R; Gasparian B; Areshian G; Zardaryan D; Smith A; 他 (2010). Petraglia, Michael D.. ed. “First Direct Evidence of Chalcolithic Footwear from the Near Eastern Highlands”. PLoS ONE 5 (6): e10984. Bibcode2010PLoSO...510984P. doi:10.1371/journal.pone.0010984. PMC: 2882957. PMID 20543959. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2882957/.  Reported in (among others) Belluck, Pam (2010年6月9日). “This Shoe Had Prada Beat by 5,500 Years”. The New York Times. オリジナルの2010年6月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100611103130/http://www.nytimes.com/2010/06/10/science/10shoe.html 2010年6月11日閲覧。 
  9. ^ アルメニアで発見の靴は「世界最古」=研究チーム ロイター 2010年6月10日
  10. ^ "Old Shoe- Even Older". The Norway Post, 2 May 2007. Archived 8 March 2016 at the Wayback Machine.
  11. ^ Johnson, Olivia (2005年8月24日). “Bones Reveal First Shoe-Wearers”. BBC News. オリジナルの2012年6月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120603011525/http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/4173838.stm 2012年7月23日閲覧。 
  12. ^ Trinkaus, E.; Shang, H. (July 2008). “Anatomical Evidence for the Antiquity of Human Footwear: Tianyuan and Sunghir”. Journal of Archaeological Science 35 (7): 1928–1933. doi:10.1016/j.jas.2007.12.002. 
  13. ^ Laubin, Reginald; Laubin, Gladys; Vestal, Stanley (1977). The Indian Tipi: Its History, Construction, and Use. Norman, Oklahoma: University of Oklahoma Press. ISBN 978-0-8061-2236-6. オリジナルの2018-04-27時点におけるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=koVdBGjlz8gC&pg=PA101 
  14. ^ Kendzior, Russell J. (2010). Falls Aren't Funny: America's Multi-Billion-Dollar Slip-and-Fall Crisis. Lanham, Maryland英語版: www.govtinstpress.com/ Government Institutes. p. 117. ISBN 978-0-86587-016-1. オリジナルの2017-03-19時点におけるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=2TzSKEvGDIoC&pg=PA117 
  15. ^ Kippen, Cameron (1999). The History of Footwear. Perth, Australia: Department of Podiatry, Curtin University of Technology 
  16. ^ a b DeMello, Margo (2009). Feet and Footwear: A Cultural Encyclopedia. Santa Barbara, California: ABC-CLIO, LLC. pp. 20–24, 90, 108, 130–131, 226–230. ISBN 978-0-313-35714-5. https://books.google.com/books?id=5QdKSxajwP0C&pg=PA131 
  17. ^ 聖武天皇愛用の鏡など56件「正倉院展」開会式読売新聞ニュースサイト(2018年10月26日)2018年10月26日閲覧。
  18. ^ a b c Frazine, Richard Keith (1993). The Barefoot Hiker. Ten Speed Press. p. 98. ISBN 978-0-89815-525-9. https://books.google.com/?id=edsITVCd2G0C&printsec=frontcover&dq=barefoot+hiker&q 
  19. ^ “Unearthing the First Olympics”. NPR. (2004年7月19日). オリジナルの2010年7月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100728000414/http://www.npr.org/programs/re/archivesdate/2004/jul/nemea/ 2010年7月1日閲覧。 
  20. ^ Krentz, Peter (2010). The Battle of Marathon. New Haven and London: Yale University Press. pp. 112–113. ISBN 978-0-300-12085-1. オリジナルの2018-04-27時点におけるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=ncT8JFn-ed8C&pg=PT112 
  21. ^ Turpin, Zachary. “Winning the Boston Marathon, With or Without Shoes”. Book of Odds. 2012年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月18日閲覧。
  22. ^ 'Greece and Rome at War' by Peter Connolly
  23. ^ Genesis 14:23, Deuteronomy 25:9, Ruth 4:7-8, Luke 15:22 
  24. ^ 'Shoes and Pattens: Finds from Medieval Excavations in London' (Medieval Finds from Excavations in London) by Francis Grew & Margrethe de Neergaard
  25. ^ Blair, John (1991). English Medieval Industries: Craftsmen, Techniques, Products. London: Continuum International Publishing Group. pp. 309. ISBN 978-0-907628-87-3. オリジナルの2016-04-25時点におけるアーカイブ。. https://books.google.com/?id=PDLPX7J8kW8C&pg=PA309&lpg=PA309&dq=turnshoe#v=onepage&q=turnshoe&f=false 
  26. ^ a b Dangerous Elegance: A History of High-Heeled Shoes”. Random History. 2010年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月1日閲覧。
  27. ^ The Encyclopaedia of the Renaissance. Market House Books. (1988). ISBN 978-0-7134-5967-8 
  28. ^ Yue, Charlotte (1997). Shoes: Their History in Words and Pictures. New York City: Houghton Mifflin Company. pp. 46. ISBN 978-0-395-72667-9. オリジナルの2016-05-27時点におけるアーカイブ。. https://books.google.com/?id=LoGUK45AAx0C&pg=PA46&lpg=PA46&dq=%22straights%22%2B%22shoes%22#v=onepage&q=%22straights%22%2B%22shoes%22&f=false 
  29. ^ a b c History of Shoemaking in Britain—Napoleonic Wars and the Industrial Revolution”. 2014年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月31日閲覧。
  30. ^ Richard Phillips, Morning's Walk from London to Kew, 1817.
  31. ^ R. A. McKinley (1958年). “FOOTWEAR MANUFACTURE”. British History Online. 2014年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月31日閲覧。
  32. ^ Charles W. Carey (2009). American Inventors, Entrepreneurs, and Business Visionaries. Infobase Publishing. p. 27. ISBN 9780816068838. https://books.google.com/books?id=XKiGgl36bkgC 
  33. ^ O'Sullivan, Gary B (2007). The Oak and Serpent. Lulu. p. 300. ISBN 978-0615155579. https://books.google.com/books?id=CIDWbb-yOQ0C&dq 2019年1月24日閲覧。 
  34. ^ Clark, Brian (2009年10月24日). “Biodegradable... Shoes??”. The Daily Green. オリジナルの2012年9月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120920190620/http://www.thedailygreen.com/living-green/blogs/recycling-design-technology/biodegradable-shoes-461009 2012年7月23日閲覧。 
  35. ^ “What is Nike Considered?”. Nike, Inc.. http://help-us.nike.com/app/answers/detail/a_id/13764/~/what-is-nike-considered%3F 2012年7月23日閲覧。 
  36. ^ “Ground-breaking Technology Brings World's First Biodegradable Midsole to Runners”. CSR Press Release. (2007年11月15日). オリジナルの2012年7月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120728232020/http://www.csrwire.com/press_releases/15082-Brooks-R-Sports-Unveils-BioMoGo-Biodegradable-Shoe 2012年7月23日閲覧。 
  37. ^ “Global Footwear Manufacturing Industry Market Research Report”. PRWeb英語版. (2012年6月7日). オリジナルの2013年3月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130313020222/http://www.prweb.com/releases/2012/6/prweb9580832.htm 2012年7月24日閲覧。 
  38. ^ ズックで始まるすべて辞書一覧 - goo辞書
  39. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p エコマーク商品類型No.143 分類A.革靴 公益財団法人日本環境協会
  40. ^ 静電気帯電防止靴の試験方法の評価と改正(PDF)発行:独立行政法人労働安全衛生総合研究所
  41. ^ 今倉 章 『靴が人を不健康にする』 株式会社希望 2019年 ISBN 9784909001030





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「靴」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



靴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの靴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS