青森テレビ アナウンサー

青森テレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/24 08:53 UTC 版)

アナウンサー

出典:[56]

現職アナウンサー

過去に所属していたアナウンサー

男性

  • 竹内博嗣(元青森放送。ATVの記念すべき第一声を担当した。また、「ATVニュースワイド」初代メインキャスター[放送開始 - 1978年3月31日まで担当])
  • 工藤敏幸(「ATVニュースワイド」開始当初の木・金曜を担当)
  • 江坂文男(「ATVニュースワイド」2代目メインキャスター[1978年4月3日 - 1990年3月まで担当])
  • 工藤全道(1976年 - 「ATVニュースワイド」3代目メインキャスター[1990年4月 - 1998年3月まで担当]、2010年4月より仙台支局長)
  • 竹下秀樹(1988年 - 現:編成部)
  • 鎌田裕一(1997年 - 現:報道部長)
  • 小浜英博(1998年 - 2004年3月、現:SUN-TVアナウンサー)
  • 小野道洋
  • 横田光幸(2003年4月 - 2008年6月、テレビ信州を経て、現:フリーアナウンサー)
  • 小林祐太(2008年 - 2010年)
  • 小川功二(2006年11月 - 2011年3月、新潟テレビ21を経て、現:長野放送アナウンサー)
  • 郷間翔(2010年 - 2012年)
  • 津田禎(1987年、1990年代は報道部に在籍)
  • 川口浩一(1974年 - 2016年12月、定年退職。但し、フリーとして、青森テレビの番組には引き続き出演する。)
  • 板垣真太朗(2017年 - 2018年12月)
  • 狩股直輝(現 八戸支社記者)

女性


注釈

  1. ^ 1969年12月1日の東奥日報で開局当日の記事に当時のロゴが載っている
  2. ^ 2006年3月17日放送の『おしゃべりハウス』内でキャラクター名を発表した。
  3. ^ かつては毎日新聞社産業経済新聞社も少数ながら株式を保有していた。
  4. ^ 両大会の開催場所を含む近畿広域圏放送対象地域のため。
  5. ^ 青森テレビ 代表取締役会長
  6. ^ a b c 青森テレビ 代表取締役社長
  7. ^ a b c 青森テレビ 相談役
  8. ^ 平日は10:00から、土日は8:30からサービス放送を開始(東奥日報昭和44年11月のテレビ欄)。
  9. ^ 2008年7月23日東奥日報夕刊の「ふるさとあの瞬間」より。
  10. ^ 「ATV十年のあゆみ」75頁にその記載あり。
  11. ^ 開局当初は平日・土曜は7時、日曜は8時30分から、それぞれ放送開始だった。
  12. ^ 当初は番販扱い。これら開局時の流れは「加盟局は他系列局のニュースをネットしないこと。」というJNNの原則がJNN結成時ではなく、結成後に加えられた項目であることも関係している。
  13. ^ 第一声は「JOAI-TV JOAI-TV、こちらはATV青森テレビです。ただ今からATVの本放送を開始します。UHF38チャンネルでお送りします。」(竹内博嗣アナウンサー)であった。
  14. ^ ただし、1980年代後半~1990年代にかけてや2009年(平成21年)頃からゴールデンタイムでのローカルセールス枠で、フジ系番組のゴールデンタイム放送が再開されている。
  15. ^ デジタル放送本放送開始後の最初の番組も『JNNニュース』。
  16. ^ 11:30 - 13:55は全国ネット。
  17. ^ 通常は17:50 - 18:15(『わっち!!』に内包)の全国ネット枠のみの放送だが、有事・緊急時やスポーツ中継等の特別編成で第0部(15:49 - 16:50)または第1部(16:50 - 17:50)のどちらかを臨時ネットで放送する場合がある(前者は「ゴゴスマ×Nスタ きょうの"気になる"60秒」も臨時ネットで放送)。
  18. ^ 通常時は非ネットだが、有事・緊急時による報道特別番組扱いまたはスポーツ中継等の特別編成で同番組の放送開始時間が繰り下げられる際に臨時ネットで放送される場合がある。
  19. ^ 前身番組「カムイ外伝」は、青森放送で放送。
  20. ^ 年末年始や『FNS27時間テレビ』の放送分に当たる場合は変更・休止となる場合ある他、「オールスター感謝祭」・「音楽の日」・「お笑いの日」が放送される日は、放送時間が繰り上がる。
  21. ^ 最終日曜に『いい☆ふる』を放送する日は14:00 - 14:57に放送。
  22. ^ 青森放送と放送日を調整しているが、両局で放送しない週もある。
  23. ^ フジテレビと同時ネット。一部G1開催日は14:30開始の場合あり。
  24. ^ 青森放送からネット移行。
  25. ^ 福島テレビなどでは12:00から生中継されるが、青森テレビでは12時台にTBS制作の全国ネット番組『アッコにおまかせ!』を同時ネットしている関係で福島テレビなどと同時間に放送できないため、開催日の深夜に録画放送する。一部スポンサードネット。
  26. ^ 青森テレビでのネット開始当時は火曜18時から放送。
  27. ^ キッコーマン提供ではなく、地元スポンサー提供だった。
  28. ^ 2006年から2008年まではBSフジで、同じく2006年から2009年まではCS放送関西テレビ☆京都チャンネルでも放送されていた。
  29. ^ 理由は日曜日の「JNNニュースの森」と「JNN報道特集」の枠が30分繰り上がったことによって同時ネットが事実上不可能となったものによるもの。
  30. ^ 1992年3月まで土曜13時、以降打ち切りまでは日曜6時の放送。(出典:「ATV30年のあゆみ」に記載の基本番組表から)
  31. ^ 土曜深夜の45分時代にRABで放送された実績あり。
  32. ^ 2ndハウスからトラブルマンまで、嬢王3 〜Special Edition〜からマジすか学園2まで、ここが噂のエル・パラシオからマジすか学園3までとリミット殺しの女王蜂は放送なし。
  33. ^ 青森テレビでは、ネットチェンジ前までは、日曜16時から、ネットチェンジ後は10時30分からの放送だった。
  34. ^ その後、ガンダムシリーズについてはSEED開始で青森テレビに戻った。
  35. ^ 但し、腸捻転解消から1977年4月1日(日曜は1985年12月)まで、青森放送では、昼のANNニュースは未ネットだった。
  36. ^ 「テレビ三面記事」は本来のサブタイトルである。
  37. ^ 『青森テレビ30年のあゆみ』133頁「3.制作活動 急増する番組制作から」
  38. ^ 当時のネット局はMMT、ATVのほかにTVI テレビ岩手、ABS 秋田放送、YTS 山形テレビ(FNN→1993年(平成5年)4月よりANN)→YBC山形放送、FCT 福島中央テレビ、TNN(現在のTeNY) テレビ新潟である。
  39. ^ 2013年から2016年6月までは、ジャパン・モバイルキャスティングNOTTV)が送信アンテナを設置(ATV・ABAアナログ送信アンテナと入れ替え)。
  40. ^ 現・海洋研究開発機構(JAMSTEC)所属の海洋調査船みらい」。

出典

  1. ^ a b c 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2021』コーケン出版、2021年12月10日、246頁。 
  2. ^ a b 株式会社青森テレビ 第54期決算公告
  3. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2021』コーケン出版、2021年12月10日、245頁。 
  4. ^ 日本民間放送連盟 『日本放送年鑑'78』洋文社、1978年12月、117頁。 
  5. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、174頁。 
  6. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、179頁。 
  7. ^ 2008年7月23日東奥日報夕刊の「ふるさとあの瞬間」より。
  8. ^ 1969年10月14日東奥日報朝刊記事「青森テレビ馬ノ神山送信所完成」記事
  9. ^ 出典:「ATV30年のあゆみ」282ページ「年表 1970~1971年」
  10. ^ 出典:『ATV30年のあゆみ』281頁
  11. ^ 東奥日報1970年8月7日朝刊10面「七日から放送 烏帽子岳テレビ中継局」記事とATV30年のあゆみの282頁
  12. ^ 出典:ATV30年のあゆみの282頁
  13. ^ 12月特別番組 - 青森テレビホームページ内
  14. ^ 青森テレビ20周年記念出版編集委員会 企画制作 『ATV20年のあゆみ』青森テレビ、1989年、74頁。 
  15. ^ 出典:『青森テレビ十年のあゆみ』533頁の「自社製作レギュラー番組年次別一覧表」から
  16. ^ 出典:「ATV30年の歩み」307頁の年表と1991年3月付け東奥日報テレビ欄
  17. ^ “苦情や相談も/エステ店摘発”. 東奥日報. (2010年11月26日). オリジナルの2010年11月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101127154339/http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20101126091616.asp 
  18. ^ a b 河北新報』1971年11月11日付朝刊、テレビ欄。
  19. ^ 『アニメディア 1988年10月号』 1988年、学研パブリッシング、テレビ局ネットワーク p.79。
  20. ^ 出典:『デーリー東北』1982年10月付青森放送テレビ欄
  21. ^ 『東奥日報』1979年3月の青森放送テレビ欄
  22. ^ 出典:1989年4月6日付『東奥日報』ATVテレビ欄
  23. ^ 出典:1991年3月28日付『東奥日報』テレビ欄
  24. ^ a b c d e f g 『河北新報』1972年4月12日付朝刊、テレビ欄。
  25. ^ 『河北新報』1972年7月30日付朝刊、テレビ欄。
  26. ^ 『河北新報』1973年9月3日付朝刊、テレビ欄。
  27. ^ a b 『河北新報』1971年8月23日付朝刊、テレビ欄。
  28. ^ 『河北新報』1971年9月23日付朝刊、テレビ欄。
  29. ^ a b 『河北新報』1972年5月28日付朝刊、テレビ欄。
  30. ^ 出典:『東奥日報』1987年9月26日朝刊テレビ欄
  31. ^ 1973年3月21日から4月10日の東奥日報テレビ欄及び同年4月1日付け東奥日報の青森テレビ番組のお知らせから。
  32. ^ 出典:『東奥日報』1975年3月及び4月のテレビ欄
  33. ^ 「テレビ局ネットワーク」『アニメディア』1991年7月号、学研、 105頁。
  34. ^ a b 『河北新報』1971年8月3日付朝刊、テレビ欄。
  35. ^ 『河北新報』1972年12月4日付朝刊、テレビ欄。
  36. ^ 『河北新報』1972年4月18日付朝刊、テレビ欄。
  37. ^ 『河北新報』1972年2月26日付朝刊、テレビ欄
  38. ^ 『河北新報』1971年10月8日付朝刊、テレビ欄。
  39. ^ 『河北新報』1972年11月15日付朝刊、テレビ欄。
  40. ^ 『河北新報』1972年12月13日付朝刊、テレビ欄。
  41. ^ 『河北新報』1973年2月14日付朝刊、テレビ欄。
  42. ^ 『河北新報』1972年6月3日付朝刊、テレビ欄。
  43. ^ a b 『河北新報』1972年7月8日付朝刊、テレビ欄。
  44. ^ 『河北新報』1973年5月12日付朝刊、テレビ欄。
  45. ^ 『河北新報』1973年1月17日付朝刊、テレビ欄。
  46. ^ 日刊スポーツ』1975年3月26日付テレビ欄。
  47. ^ 『河北新報』1971年10月6日付朝刊、テレビ欄。
  48. ^ 『河北新報』1972年7月7日付朝刊、テレビ欄。
  49. ^ 『河北新報』1973年1月26日付朝刊、テレビ欄。
  50. ^ 『河北新報』1974年8月25日付朝刊、テレビ欄。
  51. ^ 『河北新報』1973年4月7日付朝刊、テレビ欄。
  52. ^ 『日刊スポーツ』1975年2月6日付テレビ欄。
  53. ^ 『河北新報』1971年10月24日付朝刊、テレビ欄。
  54. ^ 『河北新報』1971年9月18日付朝刊、テレビ欄。
  55. ^ 出典:1969年10月付『東奥日報』(ここに青森放送でネットの記載あり)及び1977年から1981年の『東奥日報』テレビ欄から。
  56. ^ アナウンサー│ATV青森テレビ”. www.atv.jp. 2019年10月20日閲覧。
  57. ^ 出典:『青森放送65年史』(青森放送・2019年6月30日発行)27頁「業績回復へ試練の時代」より。ページ最左の「年表」にその記載あり。
  58. ^ 出典:「ATV30年の歩み」309頁より参照






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「青森テレビ」の関連用語

青森テレビのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



青森テレビのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの青森テレビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS