雑草 研究機関・学会

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > > 雑草の解説 > 研究機関・学会 

雑草

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/21 00:58 UTC 版)

研究機関・学会

関連発言

  • 「雑草という植物は存在しない」 - 牧野富太郎の言葉。どんな草にも名前や役割はあり、人間の都合で邪険に扱うような呼び方をすべきではない、という意味。昭和天皇もまた「雑草ということはない」として同様の趣旨を語ったと侍従だった田中直が紹介している。しかし、繁殖力が強く、他の植物の害となりやすい外来種は、自ら草抜きした[14]
  • ヨーロッパには雑草がない」- 和辻哲郎が著書『風土』で、ヨーロッパへの船の上である生物学者から聞いた話として、記している[9]。この発言は、三浦励一によって誤解が含まれていると指摘されている。
  • 「雑草魂」 - プロ野球投手上原浩治が自らを例えた言葉。1999年新語・流行語大賞を受賞した[15]。同様の言葉に同じくプロ野球投手だった鈴木啓示の「草魂」がある。

雑草防除

農作物の耕作を行う際には、雑草が原因で収穫量が減少し、収益が低下してしまうどころか、農業害虫の発生源で、放置すれば壊滅的な被害をもたらすため、雑草の防除を定期的に行う。雑草の防除方法には草刈りの他にも、除草剤を使って効率的に除草したり、防草ブロックや防草シートを用いて、雑草が生える事を抑える方法がある。

脚注

[脚注の使い方]

参考文献

関連項目


  1. ^ 一般には、発芽直後の(木本)も雑草扱いされることもあるが、大きくなる前に駆除されるのが普通。なお、林業の立場からは有用樹主以外を通常雑木・柴などと呼ぶ。
  2. ^ 雑草の話 第1話
  3. ^ 『新版 日本原色雑草図鑑』
  4. ^ 雑草の話 第1話 第25話
  5. ^ 三浦 (2009)
  6. ^ 雑草の話 第1話
  7. ^ 雑草の話 第1話
  8. ^ 『きらわれものの草の話』p.8
  9. ^ a b 三浦励一「ドメスティケーションとは何か : 雑草とは何か : 特にドメスティケーションとの関係において」『国立民族学博物館調査報告』第84巻、2009年3月、 35-50頁。
  10. ^ [1]
  11. ^ [2]
  12. ^ [3]
  13. ^ [4]
  14. ^ 田中直著「雑草とご愛草」『宮中侍従物語』p.225-230
  15. ^ 流行語大賞は「雑草魂」「リベンジ」「ブッチホン」(1999年12月2日 読売新聞)


「雑草」の続きの解説一覧



雑草と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「雑草」の関連用語

雑草のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



雑草のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雑草 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS