陳吉寧 陳吉寧の概要

陳吉寧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/31 21:58 UTC 版)

陳吉寧
陳吉寧
プロフィール
出生: 1964年2月??
出身地: 中国遼寧省営口市
職業: 政治家
各種表記
簡体字 陈吉宁
拼音 Chén Jíníng
テンプレートを表示

人物

1964年遼寧省営口市生まれ。原籍は吉林省四平市梨樹県

1981年9月清華大学土木工程系卒業、1986年9月に清華大学環境工程系修士号取得。英国ブルーネル・ユニバーシティ・ロンドン英語版にて生物化学を学ぶ。その後インペリアル・カレッジ・ロンドンにて土木工学を学び、1993年に博士号を取得。

1994年12月インペリアル・カレッジ・ロンドンのリサーチ・アシスタントに就任。

1998年3月に帰国後は清華大学の環境工程系副主任、1999年7月に主任に就任する。

2006年2月に清華大学党委常委、副校長に就任、同年9月には清華大学学科建設弁公室主任を兼任する。2007年12月には清華大学常務副校長、秘書長に就任。2010年1月には清華大学研究生院院長を兼務。

2010年1月から2011年7月まで清華大学深圳研究生院中国語版院長も兼務。2012年2月から清華大学学長に就任する[1]

2013年には全人代代表に選ばれる[2]。その後2015年2月周生賢環境保護相の後任に指名された[3]。就任時において李克強内閣で最年少の閣僚である[4]

2017年には北京市代理市長に就任[5]

2018年1月30日からは正式に北京市市長に就任[6]。同年2月の2018年平昌オリンピックの閉会式では2022年北京オリンピックを準備する北京市オリンピック組織委員会執行主席としてトーマス・バッハIOC会長から五輪旗を引き継いだ[7]

2018年9月12日、来日し小池百合子東京都知事と会談する[8]

中国共産党第二十回全国代表大会中国共産党中央政治局委員に選ばれる[9]

2022年10月28日、政治局常務委員に昇格した李強の後任の上海市党委員会書記に就任した[10]

脚注

中国共産党党職
先代
李強
中国共産党上海市委員会書記
2022.10- 現職
次代
現職

外部リンク


  1. ^ http://news.xinhuanet.com/edu/2012-02/20/c_111546140.htm 陈吉宁接替顾秉林任清华大学校长(图/简历)
  2. ^ http://www.npc.gov.cn/delegate/viewDelegate.action?dbid=2008120037 全国人大代表信息-陈吉宁
  3. ^ https://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0LV0WC20150227/ 中国、環境保護相に陳吉寧氏を指名 清華大学前学長
  4. ^ http://www.guancha.cn/politics/2015_02_28_310548.shtml 清华大学校长陈吉宁获任环保部长 成李克强政府最年轻“阁员”
  5. ^ 中国の新環境保護相、長期にわたる汚染との戦い呼び掛けReuters
  6. ^ 陳吉寧氏、北京市長に昇格NNA
  7. ^ “「北京の8分」、世界を2022年冬季五輪に招待”. 中国網. (2018年2月26日). http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2018-02/26/content_50606949.htm 2018年2月28日閲覧。 
  8. ^ 小池知事が北京市長と面会”. 日本経済新聞 (2018年9月12日). 2019年6月28日閲覧。
  9. ^ 中共二十届一中全会公报-新华网”. www.news.cn. 2022年10月23日閲覧。
  10. ^ “上海市トップに陳吉寧氏、広東省トップに黄坤明氏”. 産経新聞. (2022年10月28日). https://www.sankei.com/article/20221028-S3MXDHRMQJPZPNPRYSHAUSGV7I/ 2022年10月29日閲覧。 


「陳吉寧」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「陳吉寧」の関連用語

陳吉寧のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



陳吉寧のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの陳吉寧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS