閃ウラン鉱 閃ウラン鉱の概要

閃ウラン鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 06:24 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
閃ウラン鉱
分類 酸化鉱物
化学式 UO2
結晶系 等軸晶系
へき開 なし
モース硬度 5 - 6
光沢 亜金属光沢
黒色
条痕 黒色
比重 7.5 - 9.7
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

全ての閃ウラン鉱は、ウランが崩壊した結果として少量のラジウムを含む。また、少量のトリウム希土類なども含む。

ウランは、1789年マルティン・ハインリヒ・クラプロートによりこの鉱物から初めて発見された。

用途

ウランの原料として使用される。

ピッチブレンド

変種ピッチブレンド(pitchblende、瀝青ウラン鉱)は、塊状の閃ウラン鉱(非晶質)。ピッチ状の油脂光沢を持つことから命名された。

参考文献

関連項目




「閃ウラン鉱」の続きの解説一覧




閃ウラン鉱と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

閃ウラン鉱のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



閃ウラン鉱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの閃ウラン鉱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS