長崎県 人口

長崎県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/26 14:47 UTC 版)

人口

長崎県市町村人口増減率分布図(2005年度と2010年度国勢調査から算出)
長崎県と全国の年齢別人口分布(2005年) 長崎県の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 長崎県
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
北海道地方
東北地方
関東地方
中部地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方

注釈

  1. ^ 平成28年三角点標高成果の改定に伴う標高変更で649 mから648 mと1 m低くなった[3]。なお、山頂にある三等水準点の標高は648.40 m[4]

出典

  1. ^ a b 第4章 県の地理的、社会的特徴 (PDF)”. 長崎県. 2019年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月6日閲覧。
  2. ^ 日本の島の数”. 日本海事広報協会. 2020年7月12日閲覧。
  3. ^ 日本の主な山岳標高〔更新内容(平成21年度以降)はこちらをご覧下さい。〕 (PDF)”. 国土地理院. 2016年5月11日閲覧。
  4. ^ 基準点成果等閲覧サービス”. 国土地理院. 2016年5月11日閲覧。 “基準点コード TR35129211801”
  5. ^ あすにかけ全国的に厳しい冷え込み続く
  6. ^ 『カトリック教会現勢2006』 宗教法人カトリック中央協議会 2007年6月発行 p.1
  7. ^ 平成20年度県民経済計算(推計)の概要
  8. ^ 世界の名目GDP(USドル)ランキング
  9. ^ “十八銀が上場廃止、長崎県の上場企業消える”. 日本経済新聞. (2019年3月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42983780X20C19A3LX0000/ 2019年3月29日閲覧。 
  10. ^ 長崎県広報資料「長崎“新生”産学官連携コンソーシアムの設立と活動について」 2013年7月11日閲覧
  11. ^ 長崎大学公式ウェブサイト「長崎“新生”産学官連携コンソーシアム(NRC)」発会式を開催 2013年7月11日閲覧
  12. ^ “管内空港の利用状況概況集計表(平成24年度速報値)” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省大阪航空局, http://www.ocab.mlit.go.jp/about/total/report/pdf/riyou_h24d.pdf 2014年2月16日閲覧。 
  13. ^ 長崎県対馬市における一部のアナログテレビ放送中継局の1月24日先行停波について 九州総合通信局、2011年1月14日。
  14. ^ 長崎県”. プライドフィッシュ公式サイト. 2018年8月8日閲覧。
  15. ^ ミネラル豊富な牧草で育った4大長崎和牛”. ながさき旅ネット. 長崎県観光連盟・長崎県文化観光国際部観光振興課. 2018年7月4日閲覧。
  16. ^ 「初秋の霧ヶ峰高原テーマ曲「「冒険者たちのメロディー」を流してロケ撮影」 (パンフレット) 『冒険者 (アドベンチャー) カミカゼ』、東映株式会社映像事業部、1981年11月7日、 12 - 13頁。
  17. ^ a b 長崎県名誉県民条例 - 長崎県例規集、2020年4月17日閲覧。
  18. ^ 長崎県名誉県民条例施行規則 - 長崎県例規集、2020年4月17日閲覧。
  19. ^ a b c d e 長崎県の歴史 - 長崎県、2020年4月17日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「長崎県」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

長崎県のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング
長崎県の温泉情報



長崎県のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの長崎県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS