銃規制 アフリカ諸国

銃規制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/02 21:34 UTC 版)

銃規制(じゅうきせい)は、の所持・携帯・使用・販売などを制限・禁止したり条件を課したりする法令や政策をいう。軍や警察にも銃の取り扱いに関する規則・規制があるが、一般には民間人の銃に対するものを指すことが多い。本項目ではもっぱら民間の銃に対する規制について解説する。


  1. ^ ノエル・ペリン、川勝平太(訳)、1991年(平成2年)、『鉄砲を捨てた日本人―日本史に学ぶ軍縮』、中央公論社(原著1984年) ISBN 978-4122018006 ASIN 4122018005「鉄砲を捨てた日本人―日本史に学ぶ軍縮」中公文庫
  2. ^ Noel Perrin (1988-01-01) (英語). Giving Up the Gun: Japan's Reversion to the Sword, 1543-1879. David R. Godine. ASIN 0879237732. ISBN 978-0879237738 
  3. ^ 塚本学『生類をめぐる政治』文庫版15-16頁。
  4. ^ 塚本学『生類をめぐる政治』文庫版16-18頁。
  5. ^ 塚本学『生類をめぐる政治』文庫版23-25頁。阿部英樹「幕末瀬戸内農村における鉄砲売買の実態と特質」49-50頁。
  6. ^ 塚本学『生類をめぐる政治』文庫版41-42頁。
  7. ^ 塚本学『生類をめぐる政治』文庫版25頁。
  8. ^ 塚本学『生類をめぐる政治』文庫版66-67頁。
  9. ^ 塚本学『生類をめぐる政治』文庫版67-74頁。
  10. ^ 塚本学『生類をめぐる政治』文庫版12-14頁。渡辺尚志『百姓たちの幕末維新』194-196頁。
  11. ^ 渡辺尚志『百姓たちの幕末維新』209頁。
  12. ^ 阿部英樹「幕末瀬戸内農村における鉄砲売買の実態と特質」52-56頁。
  13. ^ 原仙吉『銃砲火薬類の取締』(1935年)、7頁。
  14. ^ 原仙吉『銃砲火薬類の取締』、68 - 82頁。
  15. ^ 原仙吉『銃砲火薬類の取締』、181 - 184頁。
  16. ^ 原仙吉『銃砲火薬類の取締』、311 - 312頁。
  17. ^ 原仙吉『銃砲火薬類の取締』、330 - 334頁。
  18. ^ 原仙吉『銃砲火薬類の取締』、318 - 322頁。
  19. ^ “自民が猟銃規制緩和迫る 銃器犯罪被害者は反発”. 47News. (2003年2月15日). http://www.47news.jp/CN/200302/CN2003021501000221.html 2014年3月16日閲覧。 
  20. ^ イギリスでの銃および武器規制の厳しさは日本に匹敵し、護身用ポケットスティックさえ見つかると没収対象だが、狩猟や射撃競技の認知度が高く500万丁が流通。人口比で日本の4倍程度の銃器事件が発生している。
  21. ^ 拳銃はミネベアミツミ、ライフルは豊和工業、散弾銃はミロク、空気銃はカスタムテクニクス(CTC)のみ。
  22. ^ 捕獲に関する統計資料集計 (PDF) - 環境省
  23. ^ “深刻化する鳥獣害 対策強化へ検討進む/財源・人材の確保が課題”. 農業共済新聞. (2011年12月). https://web.archive.org/web/20140316080528/http://nosai.or.jp/mt/2011/12/post-2058.html 2014年3月16日閲覧。 
  24. ^ 鳥獣被害防止特別措置法等の改正について (PDF) - 自民党
  25. ^ “自民が猟銃規制緩和迫る 銃器犯罪被害者は反発”. 47NEWS. (2003年2月15日). https://web.archive.org/web/20140316064104/http://www.47news.jp/CN/200302/CN2003021501000221.html 2014年3月16日閲覧。 
  26. ^ よくあるご質問 - 日本ライフル射撃協会
  27. ^ 競技人口が少ないスポーツランキング(日本) - トウシロウLAB
  28. ^ “日本船に小銃警備員 海賊対策措置法が成立”. 日本経済新聞. (2013年11月13日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1204N_T11C13A1EB1000/ 2014年3月16日閲覧。 
  29. ^ “日本船にも武装警備員OK 海賊対策で特措法成立、民間人武装を初規定”. 産経新聞. (2013年11月13日). https://web.archive.org/web/20131113061843/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131113/plc13111312400007-n1.htm 2014年3月7日閲覧。 
  30. ^ 丸山ゴンザレス「フィリピンの密造銃は“日本製”だった!?」 - AERA
  31. ^ 中国で銃の闇製造・不法所持拡大 (2/4ページ) - 産業経済新聞社
  32. ^ http://www.recordchina.co.jp/a103452.html 銃乱射事件が多発した韓国、朴政権が銃規制を強化=GPS装着を義務付け位置を把握―韓国メディア
  33. ^ a b c 台湾の銃保有率、100人に5丁? 警察「ありえない」 - 中央社フォーカス台湾
  34. ^ インドの銃所持許可証、UPがトップ
  35. ^ a b c d 安全対策基礎データ パキスタン - 海外安全ホームページ
  36. ^ a b 銃がスマホより安いパキスタンの町 - AFPBB
  37. ^ アジアクレー射撃選手権 - 2006年にシンガポールで開催されたアジアクレー射撃選手権に出場した銃砲店経営者の記録
  38. ^ シンガポール特有の生活関連主要法律案内 - 在シンガポール日本国大使館
  39. ^ 過激派組織ISが中国系富豪を誘拐の対象に?マレーシアで自衛の銃所持申請が増加―中国メディア(2015年2月16日) - エキサイトニュース
  40. ^ 丸山ゴンザレス「フィリピンの拳銃密造工房で“I'll kill you”の殺害予告!?」 (1/3) - AERA
  41. ^ 比セブ島で韓国人男性殺害、銃弾8発浴びる - 中央日報
  42. ^ フィリピン・セブ島で日本人女性が銃で撃たれ死亡
  43. ^ 安全対策基礎データ インドネシア - 海外安全ホームページ
  44. ^ カナダ首相、銃規制で「広範囲な」選択肢検討と表明 - ロイター通信
  45. ^ Justin Trudeau announces federal ban on assault-style firearms in Canada (Full transcript) - Macleans.ca”. www.macleans.ca. 2020年5月1日閲覧。
  46. ^ ブラジル:銃規制への反対派圧勝 国民投票インターネットアーカイブに保存されたMSN毎日の記事。)
  47. ^ 「銃砲取締法緩和を狙っているというのは間違い」” (2018年3月3日). 2018年3月5日閲覧。
  48. ^ a b c d NZ、銃規制強化へ 乱射事件、死者50人に (写真=ロイター) - 日本経済新聞
  49. ^ a b 日本人のための ニュージーランド ハンティングツアーガイド ニュージーランド狩猟案内
  50. ^ 海外主要国における銃砲行政についての調査研究報告書 日工組社会安全財団
  51. ^ 例として、2002年フランス、2002年ドイツ、2006年フィンランドなど。
  52. ^ 銃好きのスイス、規制の歴史”. swissinfo.ch (2017年10月6日). 2018年9月1日閲覧。
  53. ^ Guns in Switzerland: Facts, Figures and Firearm Law”. Gunpolicy.org. University of Sydney School of Public Health (2016年). 2017年4月20日閲覧。
  54. ^ Adrian Meyer (2014年2月18日). “Waffenkammer Schweiz: So viele Waffen liegen bei Schweizern zu Hause” (German). Zürich, switzerland: Blick. 2015年10月3日閲覧。 “Damit kämen in der Schweiz rund 250 Waffen auf 1000 Einwohner.”
  55. ^ Vote results: May 19, 2019”. swissinfo.ch. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  56. ^ a b c Lov om skytevåpen og ammunisjon m.v”. Lovdata.no (1961年6月9日). 2014年4月19日閲覧。
  57. ^ a b Weapon rental - Spitsbergen Travel
  58. ^ ノルウェー、半自動小銃を禁止へ 2011年に銃乱射事件 - フランス通信社
  59. ^ a b スヴァールバルへの旅 3 - オウル大学客員教授だった黒田知宏(京都大学医学研究科教授)が2006年に滞在した際の記録
  60. ^ スバールバル諸島ニーオルスンでの野外調査 - 飯村康夫(滋賀県立大学環境科学部生物資源管理学科助教)
  61. ^ 地球最北端の町「ロングイェールビーン」はこんなところ - GIGAZINE
  62. ^ a b クルーズ船員のホッキョクグマ射殺に非難集中 ノルウェー - (1/2) - CNN
  63. ^ a b 北極圏の島、人とホッキョクグマの共生に異変 気候変動も一因か - フランス通信社
  64. ^ −50℃の氷の世界は出稼ぎ移民たちの町 - クーリエ・ジャポン
  65. ^ ゾウ狩猟の記念品持ち込み、許可方針覆し保留に トランプ大統領 - フランス通信社
  66. ^ 金色のヌーなら1000万円以上!? まったく野性味のないアフリカのトロフィー・ハンティング事情 - 日刊SPA!


「銃規制」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「銃規制」の関連用語

銃規制のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



銃規制のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの銃規制 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS