銀河鉄道999 (アニメ) 銀河鉄道999 (アニメ)の概要

銀河鉄道999 (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 07:46 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
銀河鉄道999 > 銀河鉄道999 (アニメ)

テレビアニメ

作品解説

フジテレビ系列で、1978年9月14日 - 1981年3月26日に全113話 + テレビスペシャル3話が放送され、翌1982年に総集編が放送された[注 1]東映動画製作。文化庁推薦作品。最高視聴率は22.8%[3]。なお後述する劇場アニメ版の製作はテレビシリーズ放送開始の3日前に決定されていた[4]

アニメ化にあたってはさまざまな工夫がなされた。チーフディレクター・西沢信孝がこだわったのは旅をする鉄郎の内面をどう表現するかであった[5]。以下に例示する。

  1. 意図的に色調を全体的に暗くすることで、鉄郎が訪れる惑星で直面するさまざまな出来事に対し、悩みや疑問を抱く鉄郎の心理を表現。
  2. 鉄郎への感情移入を視聴者に促す演出として、『宇宙戦艦ヤマト』にもみられた女性スキャットの挿入、叙情的なバイオリンの音楽を多用。
  3. センチメンタルノスタルジックな情感を視聴者に与えるため、惑星や人々との別れの様子を尺を長く使って細かく描写。特に各話終盤における、999が発車した直後の車内にいる鉄郎らと惑星に残された人々の表情や感情を、時にオーバーレイや声優によるモノローグなどをも駆使して、それぞれ丁寧に描いている。
  4. ナレーター・高木均によるエンディングでの朗読。その時間に1分とることで作品を締め、話を盛り上げ、幻想的な雰囲気作りを行った。またエンディングは、このナレーションに加え上記の3要素も合わさることで、相乗効果を生んでいる。

そのストーリーの多くは他の漫画原作アニメ同様に「原作をトレースするスタイル」で、原作のストックが尽きた際には別の松本短編作品をアレンジしたアニメオリジナルエピソードなども盛り込まれた(各話リストも参照)。低年齢視聴者への配慮として過激な台詞回しを抑えたり[注 2]、結末を変更した作品もある[注 3]。また、作中のヒロイン・メーテルのヌードシーンなどを一部カットする一方で、原作よりも過激で暴力的な表現も多々見られた[注 4]。また、文化庁推薦のアニメでありながら10歳の鉄郎が飲酒を行うシーン(「時間城の海賊」ほか)があるなど、教育上、問題のある場面もある[注 5]。なおテレビアニメ版の最終回は漫画版終了前の放送であったため、原作の結末とも映画版の結末とも違う独自の展開となっているが、終着駅の消滅とそれに伴うプロメシュームの死、メーテルとの別離という基本的な流れは踏襲されている。

次回予告を車掌役の肝付兼太が行い、最後に「次回の銀河鉄道999は、(次回タイトル)に停まります」で締めることが定番であった。例外として、新番組予告の際には「(タイトル)は、いよいよ出発進行!」で、最終回予告の際には「(タイトル)に到着します」でそれぞれ締められている。また、最終話(第113話)のみ、冒頭で表示されるサブタイトルの読み上げも行っている。

スポンサーのポピー(現・プレックス)からは関連商品として、999号に加えて111号から888号までのダイキャストのおもちゃが発売されて、オープニングアニメやアイキャッチなどに登場したが、売り上げは今ひとつだったとされる[6]

再放送

本放送終了後はフジテレビで再放送が数回行われた後、1993年末には日本テレビにおいて3日連続で「歳末波動砲! 松本零士スペシャル」と銘打ち、OVA『ザ・コクピット』と共に、「永遠の旅人エメラルダス」をのぞくテレビスペシャル2本が放送された。1996年には同局にて4月から9月にかけ、テレビシリーズの再放送も行われている(時間帯はともに16時台)。このほか、BSフジNHK衛星第2テレビジョン(2010年8月)などでも再放送が行われた。2015年2月からフジテレビTWOにて再び放送されて、2016年にはテレ朝チャンネル2デジタルリマスター版の再放送を開始したほか、tvkでも2020年7月5日から再放送が開始された。

2008年9月よりアニマックスで放送が開始された際には、放送中のCMで「銀河鉄道999クイズ」と題し、車掌役の肝付兼太によるナレーションで本作を収録したDVDやその他関連商品が当たるクイズが行われたほか、アニマックス主催により「ミス銀河鉄道999 〜あなたの選ぶメーテル〜」と称してメーテルに似た女性を募集するコンテストも開かれた。審査委員長は原作者の松本が務め、グランプリには元チェキッ娘藤岡麻美が選ばれた[7]。2009年には15歳未満の男子を対象として「ミス銀河鉄道999」同様にアニマックス主催で鉄郎そっくりの少年を募集するコンテスト「銀河鉄道999 あなたの選ぶ鉄郎」も開かれた[8]

劇場版との世界観の相違

後述のりんたろう監督作品である劇場版アニメが冒険活劇、青春ものの作品としてまとまっているのに比べると、原作からのトレースが多いこのテレビアニメ版は、男女間の恋愛や家族愛による人間同士のつながりと、その反面として人間(多くの場合は大人)が陥りがちな愚かさや孤独、弱さがより強調されたエピソードが目立つ。こうした設定の背景として、格差社会や死の運命、時間の流れなどがもつ不条理さを描いている。また、人間による植民地支配や奴隷制、独裁国家の歴史を下地にした描写[9]も多く見られるほか、一部の挿話で公害やゴミ問題など人間社会の負の部分を取り上げた描写[10]も見られた。

エメラルダスハーロックなど、他の松本作品のキャラクターが登場するエピソードもあるが、彼らが前線で目立った活躍を見せていた劇場版に比べると、テレビアニメ版ではエメラルダスは代理が乗っ取りを謀っており、ハーロックは偽者が羽振りを利かせているといった状況で直接戦闘にも加わらないなど、いずれもほぼ原作に準じた描写となっている。

主な登場人物

銀河鉄道999の項も参照。ナレーターは高木均で、原作でいうところのキャラクターの心中や状況説明などに使用される「巻紙」の役回りである。

星野鉄郎(ほしの てつろう)
- 野沢雅子
主人公。永遠の命を求めてメーテルとともに999号で旅をする少年。年齢は10歳。
メーテル
声 - 池田昌子
ヒロイン。第1話から登場。鉄郎とともに999号で旅をする謎の美女。
車掌
声 - 肝付兼太
999号の車掌。テレビ版では第2話で初登場。以後ほぼすべての回に登場するが、第80・81・97話など登場しない回もある[注 6]
また肝付は、一部スペシャル番組を除いたテレビ版のすべての回の次回予告を担当し、車掌以外にも1シーンのみ登場する男性キャラクターの声としてたびたび登場している。
鉄郎の母 / 星野加奈江(ほしの かなえ)
声 - 坪井章子
第1話で機械伯爵に撃たれ鉄郎と死別するが、その後も鉄郎の回想などを通じてたびたび登場する。原作と映画1作目においては機械伯爵によって剥製にされているが、テレビ版では剥製にはされていない。
原作、アニメともに劇中で「加奈江」という名前は出てこないが、『銀河鉄道999 PERFECT BOOK』などの関連書籍でこの名前を確認できる。
また坪井はこの他に、第37話でジミー役、第52話でアルテミスの母親役も演じている。
機関車 / C62形50号機
声 - 戸谷公次( - 第8話、第50話 - 最終話)、山田俊司(第14 - 45話までの一時期)
999号の機関車コンピューター(人工知能)。「機関車」やC62形の愛称「シロクニ」と呼ばれる。時折、車掌と口喧嘩をする。原作及び劇場版での機関車は実際に存在したC62形の48号機であるが、テレビ版のみ架空の50号機となっている。
謎の声 / メーテルの父
声 - 田中崇
メーテルに指令を出す謎の男性の声として第1話から登場、物語の終盤でその正体がメーテルの父であることが明らかになる。
また田中はこのほかに、第66話でタト役、第89話でホワイト役も演じている。
プロメシューム
声 - 来宮良子
物語終盤の鍵を握る人物であり、メーテルの母。テレビ版では第108話「マカロニグラタンの崩壊」で初登場。

スタッフ

  • 企画 - 別所孝治、横山賢二、小湊洋市
  • 原作 - 松本零士
  • 音楽 - 青木望
  • 指揮 - 中谷勝昭
  • 演奏 - コロムビア シンフォニック・オーケストラ
  • チーフディレクター - 西沢信孝
  • 製作担当 - 佐伯雅久
  • 美術設定 → チーフデザイナー - 浦田又治
  • キャラクター設計 - 荒木伸吾(初期数話のみ)、湖川滋(31話からクレジット表記が滋から「友謙」に変更)
  • 総作画監修 - 湖川滋(1 - 63話、74 - 88話)、小松原一男(64 - 73話)
  • 制作 - フジテレビ、東映動画

主題歌

オープニングテーマ - 「銀河鉄道999」 / エンディングテーマ - 「青い地球」
作詞 - 橋本淳 / 作曲 - 平尾昌晃 / 編曲 - 青木望 / 歌 - ささきいさお杉並児童合唱団
主題歌シングルは、オリコンの「TVマンガ童謡部門」のチャートで1979年度の年間チャート1位を記録した[11]
主題歌のアニメーション
オープニング曲(OP)では鉄郎やメーテルといった登場人物が一切映らず、主役メカ・999号をはじめとする列車が宇宙空間を飛び交うというものである。3つのバージョンがあり、1番目のものは第7話まで、2番目のものは第8話から第29話まで、3番目のものは第30話から最終話までとなっており、3番目が一番長い期間使用されている。なお、OPに登場する列車や3番目のバージョンに登場するオメガベースなどはすべて、スポンサーのポピーより商品化されている。
OP時画面の下部に表示される手書きの歌詞は当時、低年齢視聴者を意識して極力ひらがな・カタカナで表示されることが多かったのに対し、本作OPではほぼ作詞者の記述通りに漢字が使われ、ルビも振られなかった。
最後に「フジテレビ 東映」とクレジット表記されるため、他の系列局で再放送される場合には最後の部分だけクレジット表記を修正した止め絵になる場合が多い。日本テレビでの再放送ではクレジット表記を修正した動画で放送され、1番目のものが最終話まで使用された。
エンディング曲の映像は登場人物がメインとなっている。2パターンがあるが、2パターン目はメーテルの横顔を右半分に大きく取り、左側で鉄郎がゆらゆら浮遊するように映っている場面でバックに列車が追加された程度のマイナーチェンジである。イントロ部分で独楽のように回転しているオブジェは、第1話で鉄郎の母が鉄郎に遺した形見のペンダントである。

各話リスト

各回のサブタイトルは基本的に原作と同様である。前半パートと後半パートで使用されたエピソードが異なる回では、後半パート側の原作サブタイトルが使用されている。『999』以外の松本の他作品を原作とした回には、その作品タイトルを備考欄に記した。これらを収録している短編集の表題については脚注を参照。タイトルコールはなしだが、最終話のみ肝付兼太がタイトルコールを勤めている。

テレビスペシャル・総集編

  • 「君は戦士のように生きられるか!!」
1979年10月11日放送。テレビシリーズ第12話・13話「化石の戦士」を元に再構成(他に第1話・第5話・第17話が回想シーンで登場)
  • 「永遠の旅人エメラルダス」
1980年4月3日放送。テレビシリーズ第22話「海賊船クィーン・エメラルダス」を元に再構成。
  • 「君は母のように愛せるか!!」
1980年10月2日放送。テレビシリーズ第51話・52話「透明海のアルテミス」を元に再構成。
  • 総集編「少年の旅立ちと別れ」
1982年4月5日放送[注 1]。鉄郎の回想でこれまでの旅を振り返る。第1話「出発のバラード」、第79・80・81話「時間城の海賊」、第112・113話「青春の幻影・さらば999」を元に構成。

スペシャル版のオープニングは、1979年から山口線で運行されている「SLやまぐち号」こと「C57 1」の実写が最初に映し出され、同機がトンネルに入ってからレギュラーのオープニング映像につながるというもので、C57 1正面の999号のヘッドマークと、デフレクター(除煙板)と炭水車側面にアニメと同様のロゴが合成で書き込まれていた他、冒頭では「山口線で走行している…」旨のテロップが用意されていた。またテーマ曲は後述のゴダイゴによる映画版主題歌であった。

撮影は、C57 1が復活し話題となった1979年の9月8 - 9日にかけて行われた。出発は津和野駅から、走行時は仁保駅から新山口へ向かうところ、長門峡駅鉄橋走行、徳佐 - 船平山間、地福 - 鍋倉間、徳佐を出て船平山から白井トンネル、鷲原トンネル等、計6箇所のトンネルを潜る箇所が撮影されている[14]

なお、日本テレビでスペシャル版を放送した時には、番組開始時に鉄郎とメーテルのやり取りが新規に追加されたほか、コンピューターグラフィックス(CG)を使用したオリジナル映像で999号などがCGで再現された。

放送局

系列は本放送終了時点の系列。放送日時は個別に出典が掲示されているものを除き、1978年11月中旬 - 12月上旬時点のものとする[15]

放送地域 放送局 放送系列 放送時間 備考
関東広域圏 フジテレビ フジテレビ系列 木曜 19:00 - 19:30 制作局
北海道 北海道文化放送
宮城県 仙台放送[16]
長野県 長野放送
静岡県 テレビ静岡
富山県 富山テレビ
石川県 石川テレビ
福井県 福井テレビ
中京広域圏 東海テレビ
近畿広域圏 関西テレビ
島根県鳥取県 山陰中央テレビ
岡山県
岡山県・香川県
岡山放送 1979年4月から香川県でも放送
広島県 テレビ新広島
福岡県 テレビ西日本
佐賀県 サガテレビ
沖縄県 沖縄テレビ
秋田県 秋田テレビ

フジテレビ系列
テレビ朝日系列

長崎県 テレビ長崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
青森県 青森テレビ TBS系列 水曜 17:30 - 18:00
山形県 山形テレビ フジテレビ系列 月曜 19:00 - 19:30
岩手県 テレビ岩手 日本テレビ系列 木曜 17:30 - 18:00(1979年9月まで)
木曜 17:10 - 17:40(1979年10月から)[17]
福島県 福島テレビ TBS系列
フジテレビ系列
日曜 7:00 - 7:30[18]
山梨県 山梨放送 日本テレビ系列 金曜 17:30 - 18:00 1978年11月24日から放送開始。
新潟県 新潟総合テレビ フジテレビ系列
テレビ朝日系列
水曜 17:20 - 17:50 木曜19:00は新潟テレビ21開局までテレビ朝日クイズタイムショックを同時ネット
山口県 テレビ山口 フジテレビ系列
TBS系列
水曜 17:30 - 18:00
徳島県 四国放送 日本テレビ系列 月曜 18:00 - 18:30
香川県 西日本放送 土曜 17:25 - 17:55 1979年4月の岡山県への相互乗り入れ開始に伴い打ち切り
愛媛県 テレビ愛媛 フジテレビ系列 火曜 19:00 - 19:30 木曜19:00はテレビ朝日の『クイズタイムショック』を同時ネット
高知県 テレビ高知 TBS系列 月曜 16:55 - 17:25
熊本県 テレビ熊本 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
木曜 18:30 - 19:00
大分県 テレビ大分 火曜 17:30 - 18:00
宮崎県 テレビ宮崎 木曜 17:00 - 17:30
鹿児島県 鹿児島テレビ 金曜 17:20 - 17:50

ネット配信

  • 2016年10月27日より、東映アニメーションがYouTubeに設立した「東映アニメーションミュージアムチャンネル」から第1話が常時無料配信されている。
  • また2021年7月に同チャンネルがリニューアルしたのに伴い、毎週木曜日に1話ずつ、25話分の期間限定無料配信が行われている。なお第1話は引き続き常時配信されている。
フジテレビ系列 木曜19時台前半枠
前番組 番組名 次番組
銀河鉄道999

映画版

テレビシリーズ放送中に夏休み映画として公開されてヒットした2本の長編作品と、1998年に公開された中編作品がある。先に製作された映画版2作品の大きな特徴として、青春映画にしたいという製作陣の意図により、映画版1作目において主人公の鉄郎の年齢が10歳から15歳へと5歳引き上げられたことと、漫画版・テレビアニメ版に比べ鉄郎の顔が男前になっていることである。鉄郎の顔の変化についての詳細は星野鉄郎#原作・TV版と劇場版旧2作の設定の違いを参照。

映画版ではテレビシリーズとはメインの3人(鉄郎・メーテル・車掌)以外の声優が一部異なり、ナレーターは2作共通で城達也、3作目のエターナル・ファンタジーでは夏八木勲。映画版1作目でペンダントとなっているメーテルの父・ドクター・バン納谷悟朗

のちに映画版1作目と2作目が地上波でテレビ放送されたときはテレビシリーズ同様、フジテレビゴールデン洋画劇場などの時間枠で放送していたが、1989年と1990年の12月下旬にTBS奥さま劇場(「冬休みアニメフェスタ」)の時間枠にこれら映画版2作品を前後編に分けて放送したこともあった。

前2作の家庭用ビデオソフト化の際、当時VHSの標準モードの有効長に収まらず、VHS版はカット版となっていた。一方、ベータではβIIの有効長に収まったのでノーカットであった。

銀河鉄道999 (The Galaxy Express 999)

銀河鉄道999
Galaxy Express
銀河鉄道999のメーテルと鉄郎
監督 りんたろう
脚本 石森史郎
製作総指揮 今田智憲
出演者 野沢雅子
池田昌子
肝付兼太
音楽 青木望
主題歌 ゴダイゴ銀河鉄道999
配給 東映洋画[19]
公開 1979年8月4日
上映時間 129分
製作国 日本
言語 日本語
配給収入 16億5000万円
(1979年邦画配給収入1位)
次作 さよなら銀河鉄道999
アンドロメダ終着駅
テンプレートを表示

漫画版アンドロメダ編を、コンパクトな形で再構成した全編新作のアニメ映画作品。1979年公開。製作した東映動画は、設立以来、親会社の東映の下で劇場アニメ映画の制作をしていたが、本作が東映動画にとっての初の自社製作の劇場映画となる[20][21]

監督のりんたろう、キャラクターデザインの小松原一男、美術の椋尾篁のトリオは松本原作のテレビアニメ『宇宙海賊キャプテンハーロック』のスタッフであり、これを気に入っていた東映動画の今田智憲社長による指名である[22]。従来、東映動画の劇場長編の監督を務めるのは社員のみで、社外の人間に監督を任せたのは初めてのことであった[4][21]。当時はりんたろう監督の知名度が低いため、興行上の要請で看板としてネームバリューのある市川崑が監修として参加[23]。市川は、脚本絵コンテを見て「原作冒頭の鉄郎の母の死のシーンを回想に回して、旅立ちから映画をスタートさせる」等、りんたろうらスタッフにアドバイスなどをしている[24]

ストーリー構成は、制作当時までに原作で描かれてきた山場というべきエピソードを中心に再構成。原作・テレビでは旅立ち前の出来事であった機械伯爵との決戦が中盤に移動しているなど、時系列の入れ替えが大胆に行われている。999での旅を通じて描かれる鉄郎の成長とともに、『ハーロック』で登場するアルカディア号が、どういう経緯でトチローの意思を持つようになったのか、未完となっていた漫画『クイーン・エメラルダス』での、トチローを探す彼女の旅の結末なども本作では描かれている。

ラストの鉄郎とメーテルが別れるシーンは、収録の際、野沢・池田共に感極まって泣き出し、他のスタッフももらい泣きしてなかなか進まなかったという[25]

本作最大の特徴は、原作・テレビアニメ版共に未完結の時点での制作であったにもかかわらず、「これからも鉄郎の旅は続く」といった尻切れにせず、これらに先んじてアンドロメダ編の結末を最初に披露したことである。メーテルの正体や機械の体をただでくれる星の真実といった、序盤から挙げられていた謎の回答を先に見せるという、当時としては大胆な試みがなされた。そのため原作への影響を懸念する声も出たが、原作者の松本は「鉄郎が停車駅で繰り広げる幾多の出会いが大切なのだから大丈夫」と答えたという[26]。また、この制作方針は1986年公開のアニメ映画『北斗の拳』でも踏襲された[27]

東映の岡田茂社長は記者会見で、中高生を対象にして配給収入の目標を10億円としていた[28]。1978年公開の『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』一週目の配収の80%の出足だったことから[29]、『さらば宇宙戦艦ヤマト』に比べると客層が低く、小・中学生主体だったことから夜の回の興行が弱く、9月に入って学校が始まると動員力が大きく落ちると見られ、最終的には『さらば宇宙戦艦ヤマト』の60%ぐらいで最終配収12~13億円と予想された[29]。しかし結果はそれを上回る16億5000万円。『宇宙戦艦ヤマト』の劇場シリーズは大ヒットしても儲け(歩合)をごっぽりオフィス・アカデミーに持っていかれるが[29]、『銀河鉄道999』は東映の製作・配給・興行のため旨みが大きく[29]、東映にとっても正に孝行息子であった[29]。1979年度の邦画の第1位で、これはアニメ映画史上初の快挙だった。さらに1980年の第3回日本アカデミー賞特別賞(話題賞)を受賞。映画雑誌『キネマ旬報』のキネマ旬報ベストテンでは17位と、映画としてアニメ映画が評価されなかった[30] 時代に異例の評価を得る。同じくキネマ旬報の読者選出ベストテンでは5位、ぴあのぴあテンでは8位を獲得している。映画パンフレットも105万部を売り上げ[31]、松本零士ブームの頂点を成した。1970年代後半から1980年代前半に巻き起こったアニメブームを代表する作品の一つである。

青木望の音楽によるサウンドトラック『交響詩銀河鉄道999』(CQ-7025)はオリコンLPチャートで1位[32][注 8]、『銀河鉄道999 ドラマ編』(CS-7136-7)も同チャート5位[32]を獲得。当時人気絶頂だったロックバンド・ゴダイゴによる主題歌『銀河鉄道999』もオリコンシングルチャート最高位2位・ザ・ベストテン最高位1位を獲得。当時のアニメ主題歌として歴代最高売上枚数を記録し、シングル売上は120万枚[34]に達した。

アメリカでは『Galaxy Express』の題名で1981年にロジャー・コーマンが設立したニューワールドにより公開された[35]。アメリカ版を製作したのは『風が吹くとき』などを監督したジミー・T・ムラカミで、英語字幕を作り、長すぎるという理由で再編集して1時間30分に短縮された[36]。映画評論家の森卓也は1983年公開のアメリカ映画『銀河伝説クルール』に影響を与えた可能性を指摘している[37]

このアニメ映画を元にした小説版は出版社別に3作あり、ソノラマ文庫ではテレビシリーズの脚本を手がけた藤川桂介が、集英社からはコバルト文庫若桜木虔と少年少女モンキー文庫のはやしたかし[注 9]の他、原作を掲載していた少年画報社からは井口佳江子により小説化している。

2020年10月4日、2020年度後期の番組改編によって新設されたBS12トゥエルビのアニメ番組枠『日曜アニメ劇場』の初回放送作品として放映された。

キャスト
スタッフ
主題歌 - 「銀河鉄道999」 / 挿入歌 - 「Taking off」
作詞 - 奈良橋陽子山川啓介 / 作曲 - タケカワユキヒデ / 編曲 - ミッキー吉野 / 歌 - ゴダイゴ
挿入歌 - 「やさしくしないで」
作詞 - 中原葉子 / 作曲 - 中村泰士 / 編曲 - 青木望 / 歌 - かおりくみこ[注 10]

さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅

さよなら銀河鉄道999
-アンドロメダ終着駅-
Adieu Galaxy Express
監督 りんたろう
脚本 山浦弘靖
製作総指揮 今田智憲
出演者 野沢雅子
池田昌子
肝付兼太
音楽 東海林修
主題歌 メアリー・マッグレガー
配給 東映洋画
公開 1981年8月1日
上映時間 130分
製作国 日本
言語 日本語
配給収入 11億5000万円
(1981年邦画配給収入8位)[38]
前作 銀河鉄道999
次作 銀河鉄道999
エターナル・ファンタジー
テンプレートを表示

前作からさらに2年後[注 11]の世界を舞台にした続編。1981年公開。

松本零士は、続編を制作したのは、前作では解決していなかった機械帝国の問題に決着をつけ、少年の自立を描くためとして、これをもって『銀河鉄道999』は完結としていた。そのため前作で描かれなかった、生身の人間から魂を抜き取り、機械化人のエネルギーにしていたという「機械帝国の実態」と「メーテル、プロメシューム親子の過去」や車掌の正体という全ての謎を明かしている[39]。生身の人間(鉄郎)と機械化人(黒騎士ファウスト)との戦いに決着をつけることで本シリーズ通じての根本のテーマである限りある命の尊さを印象づけた。機械化世界の衰退とそれへの反発を表現した内容が多く見られ、機械化世界のコントロールの難しさが表現されている。

前作ほどの配給収入は得られなかったが、目標としていた興行成績はクリアして、商業的には成功。前作の大ヒットにより、会社命令で作ることになったのだが、監督のりんたろうは第1作でやり尽くしたとして、当初監督を固辞していた。プロデューサーの高見義雄も内容的には1作目の輝きがなかったと認めており、アニメ監督の細田守のようにりんたろう作品でナンバーワンというファンもいるが、一般的な評価は(前作と比較すると)低い[40]。999号の描写はより実車に近いものとなっている[注 12]

本作の主題歌「SAYONARA」は30万枚を売り上げた[41]

物語中盤と終盤にて鉄郎に対決を臨む機械化人・黒騎士ファウストは江守徹。前作で死んだキャラクターの声を当てているキャストも別の役で再登場しており、機械伯爵の柴田秀勝は機関車、クレアの麻上洋子はメーテルの体を狙う機械化人で999号の新ウェイトレス・メタルメナ、トチローの富山敬は惑星ラーメタルで鉄郎を助けたパルチザンのミャウダー[注 13]、リューズ役の小原乃梨子は『ハーロック』で持ち役だったミーメとして声をあてている。

映画キャンペーンとしては、前作のミステリー列車に引き続き、列車関連として中国大陸SLロマンの旅を50名にプレゼントすることになり、1万人が応募した[42]。公開当日の1時から5時には、ニッポン放送の『オールナイトニッポン』が4時間スペシャルのラジオ番組を放送し、番組内ではラジオドラマも行われた。

原作に相当する漫画が存在しない劇場オリジナル版だが、終着駅のビジュアルデザインは映画公開後も続いた原作漫画にも反映され、プロメシュームの顔を彫刻した巨大なタワーや生身の人間から命の火を抜き取る工場が「るつぼ」として登場している。また、999号が到着する駅の全景を1ページ全部使って載せているシーンでは、松本の筆で描かれた終着駅のラフが用いられている。

終盤に『ずっこけナイトドンデラマンチャ』の第6話のゲストキャラ、アル・カポネンとカポネンの子分がカメオ出演しているが、これは第06話の絵コンテ、原画、作画監督、キャラクターデザインを手掛けた金田伊功によるものである。

小説版も前作と同じ出版社3社から出された。コバルト文庫の若桜木虔と、少年少女モンキー文庫のはやしたかしは前作から続投、ソノラマ文庫は脚本を担当した山浦弘靖が執筆した[43]

あらすじ
鉄郎はかつて惑星メーテルを破壊したが、その後も地球での機械化人の勢いは止まらず、機械化人と生身の人間による血みどろの戦いが続いていた。栄華を誇ったメガロポリスも、もはや見る影もなく機械化人との戦いで廃墟となっている。その戦いのさなか、鉄郎宛てにメーテルの声で999への乗車を促すメッセージカードが届けられる。鉄郎が仲間たちと共にメガロポリス99番ホームに向かうと、そこには999が停車していた。銃弾飛び交う中、鉄郎は仲間たちの援護を受け再び999で旅立つ。
スタッフ
  • 製作総指揮 - 今田智憲
  • 企画・原作・構成 - 松本零士
  • 企画 - 有賀健、高見義雄
  • 脚本 - 山浦弘靖
  • 作画監督 - 小松原一男
  • 美術監督 - 椋尾篁
主題歌 - 「SAYONARA」 / 劇中未使用曲 - 「LOVE LIGHT」
作詞・作曲・歌 - メアリー・マッグレガー(Mary MacGregor)、ブライアン・ウィットカム、ディビッド・J・ホルマン

銀河鉄道999 エターナル・ファンタジー

銀河鉄道999
エターナル・ファンタジー
監督 宇田鋼之介
脚本 武上純希
出演者 野沢雅子
池田昌子
肝付兼太
音楽 田中公平
主題歌 THE ALFEEBrave Love 〜Galaxy Express 999
配給 東映
公開 1998年3月7日
上映時間 54分
製作国 日本
言語 日本語
興行収入 2億円
前作 さよなら銀河鉄道999
-アンドロメダ終着駅-
テンプレートを表示

1996年より再開された漫画の「エターナル編」を映像化。1998年の春休み映画で東映アニメフェア扱いではない。東映動画創業40周年記念のファン投票で1位を得た『長靴をはいた猫』(1969年)[44]のニュープリント版との同時上映の形で公開された54分の中編作品。

「999の年」ということから翌1999年に完結編となる2時間超の長編が予定されており、ストーリー的には導入部のみで完結していない[45]。ポスターや前売券では専ら本作主体のデザインの隅に旧作の「長猫」の紹介が配置された程度にもかかわらず、旧作の「長猫」約80分に対して、新作の本作が54分とOVA程度の時間尺であり、原作のエピソードが削られたり、もっと後の物語が含まれたりしていた。東映の直営館には上映終了後に多数の苦情が寄せられ[46]、東映側が目標としていた配給収入7億円に及ばない約2億円の興行結果により、1999年公開予定の完結編は製作中止となる[47]

当作は「エターナル編」を下敷きにアニメ化しており、従ってテレビアニメ版とも映画前2作とも違った設定の部分がある。部分的に前2作の映画版やテレビ版の設定がなされていることがあるが、基本的に「原作アンドロメダ編」の設定を引き継いでいる。鉄郎の容姿が劇場版として初めて原作と同じものになっている。テレビ版や初期映画2部作からスタッフは一新されたが、メーテル、鉄郎、車掌の3名はこれまでと同じ担当声優が17年振りに再登板している。再登場となるキャラクターではクレアが皆口裕子、ハーロックが山寺宏一に変更されており、この作品が初登場となるメタノイドの女戦士ヘルマザリア(地獄の聖母騎士)は榊原良子、電子妖精カノンは戸田恵子が担当している。

本作の公開に併せ、1997年10月10日から1998年にかけてニッポン放送の『岩男潤子と荘口彰久のスーパーアニメガヒットTOP10』内とABCラジオで「原作アンドロメダ編」と「エターナル編」の冒頭エピソードを基にした全18話のラジオドラマが放送された。回想シーンに出てくるプロメシュームの姿は原作のものとなっている。

『999』シリーズでは初の、全編デジタル彩色で制作され、999号は3DCGで描かれている。翌年の完結編で「ヤマト」の登場が予定されていたため、本編エンディング直前のカットに後ろ姿で登場している。

スタッフ
主題歌 - 「Brave Love 〜Galaxy Express 999
作詞・作曲 - 高見沢俊彦 / 編曲・歌 - THE ALFEE
挿入歌 - 「Galaxy Express 999 MOTHER」
作詞 - 冬杜花代子 / 作曲・編曲 - 田中公平 / 歌 - 吉岡小鼓音

上記の作品はすべて東映動画製作。

その他の劇場公開作品

銀河鉄道999 ガラスのクレア
東映まんがまつり上映作品
ジャンル SF、ファンタジー
映画:銀河鉄道999 ガラスのクレア
監督 西沢信孝
音楽 青木望
制作 東映動画
配給 東映
封切日 1980年3月15日
上映時間 17分
テンプレート - ノート
テレビシリーズ放映中、アニメ映画版の第1作と第2作のあいだにあたる1980年3月15日に、東映まんがまつりの1本として劇場公開された17分の短編作品。テレビシリーズのスタッフにより製作された。TV版第3話では物語の一部として描かれ多少省略されていた部分が詳しく描かれており、クレア役の声優も川島千代子から麻上洋子に変更されている。
銀河鉄道999 虹の道標
北九州博覧祭2001にて公開された作品。内容は、北九州を舞台にしたオリジナル・ストーリー。2010年8月13日にはBS2「全駅停車!銀河鉄道999ぜんぶみせます」にてテレビ放映された。
銀河鉄道999〜夢と希望のステーション〜
京都・東映太秦映画村にて上映された9分間の作品。内容はオリジナル・ストーリー。
銀河鉄道999 ダイヤモンドリングの彼方へ
鹿児島県で開かれたイベント『銀河鉄道999映画祭in鹿児島』で上映。初上映は同イベント開催初日の2009年9月9日。内容は鹿児島を舞台にしたオリジナル・ストーリーで、2009年7月22日の日食皆既日食を迎えた鹿児島に鉄郎とメーテルが999号で訪れ、鉄郎が宇宙飛行士志望の少年・翔(声:安田早希、成人後は桜塚やっくん)に999のパスを渡すというもの。JAXA宇宙飛行士の若田光一も本人役で登場している。上映時間は16分39秒(999秒)。

注釈

  1. ^ a b c 当初は最終回である113話の翌々週に放送予定だったがプロ野球ナイター中継のため放送休止となり[1]、実際に総集編が放送されたのは1982年の第1回再放送終了後であった[2]。またこの総集編はフジテレビの都合で制作されたため権利元の東映は正式な話数に含めずあくまで全113話としており(東映以外のムックなどでは第114話と表記されることもあった)、長らくソフト化もされなかったが、2003年発売のDVD-BOX6「無限への旅立ち」の特典映像として初ソフト化された。宝島社発行の『完全版 銀河鉄道999 PERFECT BOOK』(2006年)には、‘今まで一度もソフト化はなされていない’と記されていたが、同書の文庫化(2008年)に際して訂正された。
  2. ^ 例としては、原作では鉄郎が母の仇討ちのあとに機械化人たちへの憎しみから「地球の機械人間どもを皆殺しにしてやる」と発言しているが、テレビアニメではカットされている。このほか「17億6千5百万人のルンペン星」では、作中のゲストキャラクターが「人を殺してでも生き抜いて」といった台詞を口にしているが、74話で映像化した際にはこうした問題のある表現はカットされている。ただし、TV版「C62の反乱」では制圧した強盗に鉄郎が「死の恐怖に怯えているが良い」と過激なセリフをしゃべっている。
  3. ^ 「心優しき花の都」は原作では鉄郎の説得も虚しく悲劇的な結末になっているが、アニメでは全く正反対の結末になる。ただし、その過程で鉄郎が銃で官憲を脅迫するシーンが入る。
  4. ^ 具体例としては、「ミーくんの思い出の館」では動物虐待のシーンが追加され、「卑怯者の長老帝国」では敵役が泣きながら命乞いをしていても、鉄道管理局の武装列車は構わずに惑星上を無差別攻撃した挙句に惑星を破壊し(原作でも惑星が破壊されたが、999号が出発した直後に惑星が爆発する表現になっている)、「沈黙の聖地」ではアドルフ・ヒトラーのイラストとナチスのマークが登場し、「フライング・クロ」では飛行する機械化猫の大群を惑星の軍隊が毒ガスで虐殺している、など。
  5. ^ もっともこの当時はアニメの表現への意識がそれほど厳しくなく、未成年飲酒や未成年喫煙のシーンは珍しくなかった。
  6. ^ ただし、EDのクレジットでは、車掌と担当声優の肝付の名前はクレジットされている
  7. ^ 内山まさゆきの別名義
  8. ^ 1996年の『新世紀エヴァンゲリオン』のサウンドトラック『NEON GENESIS EVANGELION III』まで、その後17年間オリコンチャートで1位を獲得するアニメ関連のアルバムはなかった[33]
  9. ^ 現在は青春出版社から出版されている。
  10. ^ 漫画版の「時間城の海賊」のエピソードでは、劇場版のリューズに相当するキャラクター・レリューズがこの曲を惑星ヘビー・メルダーの酒場で歌っている(テレビ版で歌っているのは「想い出なみだ色」)。また、かおりくみこはテレビ版ではレリューズの「歌」だけでなく、声優として「声」も担当している。
  11. ^ DVDパッケージの説明や、公開当時に出版された各種書籍などで前作から2年後と記述されるが、劇中では明示されていない。
  12. ^ C62のキャブは、C58形以降の中・大型機で採用された密閉キャブだが、第1作、およびテレビ版では、C57以前の、背面開放型キャブで描かれてしまっていた。
  13. ^ ラーメタル到着時の駅構内でのアナウンスのほか、トチロー役としても声を担当している。

出典

  1. ^ 『読売新聞』1981年4月9日・10日
  2. ^ 『読売新聞』1982年4月5日
  3. ^ 東映ビデオ『銀河鉄道999』ブルーレイ紹介ページ
  4. ^ a b 藤津亮太「『銀河鉄道999』(映画版)」『20世紀アニメ大全』双葉社、2000年、pp.30-33
  5. ^ NHK衛星第2テレビジョンお宝TVデラックス』「宇宙へのロマン」(2007年10月13日放送)、西沢信孝インタビュー。
  6. ^ 赤星政尚、高橋和光、早川優「第8章 ボクらの欲望に火をつけたキャラクターグッズ大行進 90|時代の寵児『銀河鉄道999』もオモチャの販売では大苦戦!?」『懐かしのTVアニメ99の謎〈東映動画 編〉』二見書房、1995年1月25日、ISBN 4-576-94199-2、225-226頁。
  7. ^ ミス銀河鉄道999が決定 原作者も認定したメーテルは…”. 朝日新聞 (2008年11月13日). 2016年10月31日閲覧。
  8. ^ 「銀河鉄道999 あなたの選ぶ鉄郎」 webアーカイブのキャッシュ、2014年1月23日閲覧。
  9. ^ アメリカインディアンの歴史を下地にしたエピソード「水の星のシャイアン」など。
  10. ^ 第100話「ルーズゾーンの妖怪」など。
  11. ^ 『オリコン年鑑 1980年版』、44頁。
  12. ^ a b c d e f g h 短編集『四次元世界』収録
  13. ^ a b c d 短編集『帰らざる時の物語』収録
  14. ^ 「ロケハン紀行 山口路に999号を見た!」『Fantastic Album 銀河鉄道999 アニメ画集 PART.8 TVアニメ大特集』少年画報社、1980年
  15. ^ 「全国放映リスト」『アニメージュ』1978年12月号、徳間書店、 50 - 52頁。
  16. ^ 『福島民報』1978年9月14日 - 1981年3月26日付朝刊、テレビ欄。
  17. ^ 『河北新報』1979年3月1日 - 1980年4月24日付朝刊、テレビ欄
  18. ^ 『福島民報』1978年10月22日 - 1981年6月21日付朝刊、テレビ欄。
  19. ^ 岡田茂『悔いなきわが映画人生 東映と、共に歩んだ50年』財界研究所、2001年、461頁。ISBN 4-87932-016-1
  20. ^ 50周年実行委員会/50周年事務局50年史編纂チーム他編「第3章 アニメビジネスの開花 「銀河鉄道999」と「宇宙戦艦ヤマト」劇場版」『東映アニメーション50年史 1956-2006 〜走りだす夢の先に〜』東映アニメーション、2006年8月1日、53頁。
  21. ^ a b スタジオ雄構成・編集『PLUS MADHOUSE 04 りんたろう』キネマ旬報社、2009年、p.69
  22. ^ りんたろうインタビュー、小出正志『アニメクリエータになるには』ぺりかん社、2003年、p17-18。
  23. ^ スタジオ雄構成・編集『PLUS MADHOUSE 04 りんたろう』キネマ旬報社、2009年、p.70,144
  24. ^ 『アニメージュスペシャル ロマンアルバム・デラックス24 銀河鉄道999』徳間書店、1979年
  25. ^ 野沢雅子「第6章『銀河鉄道999』発車!! 劇場版、涙のラストシーン」『ボクは声優。』オプトコミュニケーションズ、1995年11月19日、ISBN 4-07-217886-1、84頁。
  26. ^ 赤星政尚・たるかす・早川優・山本元樹・原口正宏「第4章 強敵・ライバルの魅力を徹底解剖 48|メーテルが戦いを挑む"偽ハーロック"は情ない裏切者!?」『懐かしのTVアニメベストエピソード99〈東映動画編〉』二見書房、1995年10月25日、ISBN 4-576-95158-0、146頁。
  27. ^ キネマ旬報1986年7月上旬号。
  28. ^ 「記者会見 銀河鉄道999」『キネマ旬報』1979年5月下旬号、p.175
  29. ^ a b c d e 高橋英一・西沢正史・脇田巧彦・黒井和男「映画・トピック・ジャーナル 大きな問題を残したお盆興行」『キネマ旬報』1979年9月下旬号、キネマ旬報社、 175頁。
  30. ^ 津堅信之『日本アニメーションの力 85年の歴史を貫く2つの軸』NTT出版、2004年。
  31. ^ 日経産業新聞1982年1月18日付、15頁。この記録は東映の映画作品としては、1982年の『セーラー服と機関銃』まで破られなかった。
  32. ^ a b 『オリコン・チャートブック LP編 昭和45年-平成1年』オリジナル・コンフィデンス、1990年、333頁。ISBN 4871310256
  33. ^ 竹熊健太郎編『庵野秀明パラノ・エヴァンゲリオン』太田出版、1997年、p109
  34. ^ アニメージュ』1981年3月号、120頁。木村英俊『THEアニメ・ソング―ヒットはこうして作られた』角川書店、1999年、174頁。ISBN 4048531522
  35. ^ 草薙聡志 『アメリカで日本のアニメは、どう見られてきたか?』徳間書店、2003年、p.134
  36. ^ 小野耕世『世界のアニメーション作家たち』人文書院、2006年、p.139
  37. ^ 森卓也『アラウンド・ザ・ムービー』平凡社1989年、p37。
  38. ^ 1981年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  39. ^ 松本零士「さらば私のメーテル さらば999……」『ロードショー特別編集 さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅』集英社、1981年。
  40. ^ スタジオ雄構成・編集『PLUS MADHOUSE 04 りんたろう』キネマ旬報社、2009年、p.145,178
  41. ^ 『THEアニメ・ソング―ヒットはこうして作られた』156頁
  42. ^ 佐藤忠男、山根貞男責任編集『シネアルバム 日本映画1982 1981年公開映画全集』芳賀書店、1982年、p.193。
  43. ^ 『アニメノベライズの世界』洋泉社、2006年、p.81。
  44. ^ 映連データベース 長靴をはいた猫(1998)
  45. ^ 岡田斗司夫、田中公平、山本弘『史上最強のオタク座談会2 回収』音楽専科社、2000年、p.71。
  46. ^ 映画秘宝 Special Extra この映画を見ろ!'99』洋泉社、1999年、p.32
  47. ^ 「銀河鉄道999集大成版製作ピンチ!! 先月公開 エターナル・ファンタジー大赤字」『中日スポーツ』1998年4月5日号。
  48. ^ 東映アニメーション2007年5月25日付プレスリリースより
  49. ^ 東映アニメーション2002年12月28日付プレスリリースより
  50. ^ デアゴスティーニ・ジャパン公式サイトのアナウンスより [1]
  51. ^ 講談社BOOK倶楽部 講談社公式サイト内
  52. ^ NHKスペシャル“生命”の未来を変えた男 ~山中伸弥・iPS細胞革命~ NHK公式サイト内


「銀河鉄道999 (アニメ)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「銀河鉄道999 (アニメ)」の関連用語

銀河鉄道999 (アニメ)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



銀河鉄道999 (アニメ)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの銀河鉄道999 (アニメ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS