金沢市 歴史

金沢市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/23 00:45 UTC 版)

歴史

第二次世界大戦以前

「金沢」という都市名は「昔、山科の地(現:金沢市郊外)に住んでいた芋掘り藤五郎が山芋を洗っていたところ、砂金が出たため、金洗いの沢と呼ばれた」という伝説による。

金洗いの沢」は、兼六園内の金沢神社の隣りにあり、現在は「金城霊沢」と呼ばれている。

古文書における「金沢」の初見は、『高野山正智院聖教目録』に文明13年10月8日(1481年10月30日)付で記載された「加州金沢惣持寺」が知られている[6]

権門体制から幕藩体制への過渡期の時代、荘園性の崩壊と重課税で混沌とした中世には、強い支持を得た本願寺関連の一向一揆(一向宗)が治めた領地であった。当時、比叡山、京都五山、本願寺に代表される寺社勢力は支那と盛んに交易し大量の銭貨を得、経済的に幕府を支える存在であり対立していた。中でも京都五山や比叡山とは異なり、本願寺勢力は基本的に荘園を持たず、信徒からの喜捨により資金を集めていた。領地からの不安定な年貢や関所の通行税に寄らず、人の集積や経済活動に伴う需要や生産性増加に合わせて、支那から得た銭貨を用いたマネタリーベース増加が適切に可能であったことから経済的に栄えて自然と寄付金が増加した。蓮如たちは小高い丘の上に寺院を建設しその下を門前町とする都市計画(寺と町をセットとしたという意味での寺内町)を持っており、尾崎御坊など北陸の寺社・城跡でも同様の地形で寺内町の名残が残る。また、中世は幕府の内紛により権威が弱く地侍や盗賊がやりたい放題で、戦乱による財政難から度重なる徳政令で金融も麻痺していた。一方、本願寺の寺内町だけは、大量の資金、人材に恵まれ、規制緩和で酒や魚等の自由な商売が出来、軍事組織もあったため治安も良く、徳政令からも免れ、経済的に繁栄していた。従って、安心した暮らしを求めて帰依する者が多かったと考えられる。そして北陸は石山本願寺の財政基盤として重要な地域として機能していた。その中で、守護大名富樫氏一族の内紛に、地元武士、浄土真宗本願寺派と髙田派の内部抗争が入り混じった紛争が起こる。これに勝利した富樫正親と本願寺派勢力が内部対立を起こし、本願寺が勝利したことで、戦国大名化した寺社勢力の自治が行われていた[7]

1339年延元4年)に金沢城址の場所に、本源寺(現西別院)が開創され、中世に寺社勢力が統治する直前には、棟梁、松田次郎左衛門が田井城(金沢の旧奥村河内守の屋敷から出羽町にかけての土地。松山寺周辺は二の丸、成瀬内蔵助宅周辺は三の丸、八坂は馬場)を居城としていた。松田次郎左衛門の先祖は京の北面武士で、観應の頃(1350-1352年)に移り住んでいた。明応3年(1494年)、州崎慶覚坊(近江の土豪出身、一揆にて富樫政親を滅ぼす)に謀殺され、越中荒木村(現南砺市荒木)に逃れ、元亀8年(1508年)頃には現南砺市城端に移り子孫は城端城に居住していくも、江戸時代には前田家から家禄千石を賜り城下町(金沢別院近く)に屋敷を拝領し廃藩まで居住することになる[8][9]

天文15年(1546年)、本源寺を尾山御坊(金沢御坊)と定めて、戦国時代一向一揆本願寺の拠点とした(本源寺はのちに前田利家・利常による寄進地で再建)。この寺内町が現在の金沢市の原型と言える。天正8年(1580年)、織田信長配下の柴田勝家の甥佐久間盛政が尾山御坊を攻め落とし、その地に金沢城を築城した。

賤ヶ岳の戦い以降、前田利家が金沢城に入り、加賀藩の原型が形成された。一罰百戒が当たり前の封建時代で着実な占領政策を行い、徹底的に残酷な弾圧による恐怖統制を強いた[10][11]。遺恨の痕跡や資料が旧加賀藩各地に残るとはいえ、顕著な加賀藩プロパガンダに成功し、さらには寺社勢力を懐柔できたことが加賀藩にとっては大きい。つまり、前田利家や加賀藩は一向宗勢力を中心とした寺社勢力の懐柔政策を以って利用し藩領の自治を行って行く。藩政初期寺社寺領の寄進は金沢市内中心でありほとんどが非一向宗寺院であった一方で、一向宗寺院に対して特例的に諸役免除等を行ったり、有力寺院(現南砺市の瑞泉寺や善徳寺等)に前田家の子女を縁女として送ったりなど懐柔策を徹底し、触頭として機能させ強固な統治を行った(特に南砺市の有力寺院への縁女は江戸時代を通じて送られた)[12]

利家は金沢城を人心の一新(羽柴秀吉に敵対した佐久間盛政色の一掃および一向一揆に加わっていた真宗門徒との融和)を意図して自身の出身地である尾張国にも通じる「尾山城」と改名するが定着せず、利家の晩年もしくは次代の前田利長の時代には再び「金沢城」の名前に戻した[13][14]。城下町には二重の惣構が掘られ、環濠都市となり、現在でもその遺構を確認することができる。特に第3代藩主前田利常は宗徒の強い信仰心、つまり門主に対する絶対的信心や勤勉性を民政に利用することを考えた[15]。金沢城の防備や、人別(現在の戸籍)を行うため、城下に散在していた寺社を3か所に移転・配置し、金沢城から南西の犀川流域、東側の卯辰山、南東の小立野台地の三ヶ所に集められ、それぞれが寺町寺院群卯辰山山麓寺院群小立野寺院群となった。

玉泉院丸庭園

慶長5年(1599年)に利家が死去すると、翌年には関ヶ原の戦いが起こる。利家の遺領を相続した長男の前田利長は、東軍の徳川家康につき、西軍に属した弟の前田利政の所領を戦後に与えられ、加賀国能登国越中国を有する大大名となる。第三代藩主前田利常の時代には、十村制改作法といった農政改革を進め、支配機構の整備が行われ藩体制が確立した。また、利常の「百姓は死なぬ様に生きぬ様に」「百姓とゴマの油はしぼればしぼるほ程出る」からその統治思想が垣間見える[16]。第五代藩主前田綱紀は名君として名高く、兼六園の前身にあたる蓮池庭(れんちてい)を作庭し、木下順庵室鳩巣稲生若水といった学者の招聘につとめ学問を振興した。また綱紀は和書や漢書、洋書などの多様な書物の収集にも努め、その書物の豊富さから新井白石は「加賀は天下の書府」と言ったと伝えられている[17]。集められた書物や美術工芸品の収蔵品は尊経閣文庫と呼ばれ、現在では前田育徳会により保存管理されている。その後金沢は150余年に渡り、加賀百万石の城下町として繁栄することとなる。参勤交代の時、前田氏は約2,000人の家来を従え、現在の価値で片道約7億円をかけて江戸との間を往来した。

以下江戸時代の藩政史料や地図、明治初期の統計書に記録されている金沢町の人口をまとめる。但しその多くが町奉行支配場(本町、地子町、旧門前地、大工地)の町方人口に関するものであり、主に寺社奉行支配地(門前地)に居住した僧侶・神職ほか、武家屋敷や一部町方・寺社方に居住した士分・武家奉公人については人口に関する資料がほとんど残っていない。

江戸時代から明治初期の金沢の人口[18][19][20][21]
元号 西暦 家数 人口 備考 典拠
寛文4年 1664年 9,868 55,106 本町2532戸1万9845人、地子町7336戸3万5261人 『越登賀三州志』
寛文5年 1665年 7,350 地子町のみ 『改作所旧記』
寛文7年6月 1667年 8,667 59,101 本町1332軒1万9840人、地子町7335軒3万9261人 『稿本金沢市史』
延宝年中 1675年頃 9,927 本町2186軒、地子町7081軒 『金沢古蹟志』
3,959 武家屋敷分。士分1677軒、足軽1953軒、小者305軒 『延宝金沢図』
貞享2年 1685年 8,448 地子町のみ 『国事雑抄』
貞享3年 1686年 8,326 地子町のみ 『国事雑抄』
元禄3年 1690年 13,601 寺社奉行支配地を含む。寺社243戸、山伏65戸、
百姓85戸、非人4戸、穢多4戸、町其外遊民1万3209戸
『加賀藩史料』
17,601 金府家数凡1万3601戸、外に士家奉公人分家4000戸の合計
元禄9年 1696年 11,927 本町2536戸、地子町9391戸 『金沢古蹟志』
元禄10年春 1697年 12,085 68,636 本町2285戸1万8949人、旧門前地大工地354戸2630人、
地子町9446戸4万7057人
『加賀藩史料』
宝永7年6月21日 1710年 12,558 64,987 『国事雑抄』
宝暦5年 1755年 13,443 外に侍屋敷1365軒(但し知行持のみ) 『稿本金沢市史』
文化7年8月 1810年 13,792 56,355 本町2540戸、旧門前地384戸、地子町1万0754戸、大工胆煎等114戸 『越登賀三州志』
14,909 町奉行支配地1万3792戸、寺社奉行支配地1117戸の合計
文化8年 1811年 11,070 本町2112戸、地子町8958戸。
但し本町4胆煎、地子町3胆煎分戸数不足
『城下町金沢』
天保9年閏4月 1838年 15,273 35,841 町方・寺社方合計、人口は15歳以上のみ 『金沢町数人口調』
安政4年2月 1857年 13,485 58,506 町方・寺社方合計、他支配2186軒を除く。
本町2650軒1万2019人、地子町9478軒4万0803人、門前地1351軒5684人
『金沢町家数人数高』
15,671 町方・寺社方合計、他支配2186軒を含む。
本町2784軒、地子町1万1281軒、門前地大工地1600軒
文久3年5月以降 1863年 15,720 町方・寺社方合計、他支配を含む。
本町3049軒、地子町1万1342軒、大工胆煎等127軒、門前地1202軒
『町役人名帳』
明治2年8月 1869年 15,715 1胆煎分戸数不足 『町役人名帳』
13,562 60,789 町方・寺社方合計、支配違2634軒を除く 『金沢町家教調』
16,196 町方・寺社方合計、支配違2634軒を含む
明治3年閏10月10日 1870年 17,222 56,295 居住制限撤廃後、家数は集計不完全、人口は町方人別之者のみ。
東郷3253軒1万2093人、西郷2263軒7943人、
南郷6600軒1万8960人、北郷5106軒1万7294人
『稿本金沢市史』
明治4年2月 1871年 24,744 123,363 全身分合計。士族4932戸2万6028人、
卒4607戸2万6888人、平民1万4907戸6万8810人、
元神官39戸139人、寺院259戸1032人、御預人466人
『金沢名数』
明治4年8月 24,146 123,453 第1区3253戸、第2区3635戸、
第3区882戸、第4区1836戸、第5区4068戸、第6区3369戸、第7区4103戸
『石川県史料』
明治5年1月29日 1872年 37,880 壬申戸籍による本籍戸数・人口。第1区5610戸、第2区5411戸、
第3区6026戸、第4区2717戸、第5区6272戸、第6区5080戸、第7区6763戸
『石川県史料』
明治6年1月1日 1873年 35,788 109,685 本籍戸数・人口[注釈 2] 『金沢市統計書』
34,580 『日本地誌提要』
34,883 『明治八年共武政表』
明治9年11月1日 1876年 23,995 108,758 本籍家数・人口 『石川県史料』
明治11年12月9日 1878年 23,937 108,263 本籍家数・人口 『石川県史料』
明治12年1月1日 1879年 23,915 107,878 本籍家数・人口 『明治十一年共武政表』
107,876 本籍人口 『日本全国郡区分人口表』

金沢城下は、1822年に藩主前田斉広遠藤高璟に命じて測量を行い、1828年までに詳細な地図である「金沢十九枚御絵図」を完成させており、市内の状況把握が可能となっている[22]

「今津甚四郎書出候人数一巻」[23]によると、享保6年(1721年)の金沢藩の15歳以上の御家中人口は6万7302人(おそらく武家奉公人を含む)。また『金沢市史』や『藩制一覧』によると、明治3年閏10月10日の旧家中人口は、華族1戸11人、士7797戸2万8683人、卒9703戸2万7038人、仲間・小者(平民扱い)2699戸5938人の合計20,200戸61,670人(但し戸数は成人男性数(名数))。江戸時代中期以降、金沢城下町に居住する武家・武家奉公人人口は4万人から5万人で推移したと推測される。以下に2人の研究者による江戸時代から明治初期の金沢の推定総人口を列挙する。なお土屋敦夫の推計人口には神社仏閣数と僧侶・神官人口(明治4年2月の時点で298箇所1171人)が加算されていない[18]。また斎藤誠治が明治11年調として『明治十一年共武政表』より引用している人口は、正確には明治12年1月1日調のものである[24]

江戸時代から明治初期の金沢の推計総人口
年号 西暦 土屋敦夫 (1980)[18][19] 斎藤誠治
(1984)

[24]

城下町
合計
武士町
居住
町人町
居住
慶安3年 1650年 114,000
寛文4年 1664年 86,300 31,200 55,100
貞享2年 1685年 62,200
元禄10年 1697年 111,200 42,600 68,600
宝永7年 1710年 70,600
寛延3年 1750年 128,000
宝暦5年 1755年 116,600 44,900 71,700
文化7年 1810年 68,900
文政4年 1821年 114,600 46,500 68,100
天保9年 1838年 73,500
嘉永3年 1850年 118,000
文久3年 1863年 73,600
明治4年 1871年 122,900 48,100 74,800
明治11年 1878年 107,878

江戸時代の金沢の人口は17世紀後半には10万人を超え、江戸、大坂、京の三都には及ばないものの、名古屋と並ぶ日本第4位から第5位の都市として発達し、美術工芸など現在に受け継がれる都市文化が花開いた。江戸時代は金銀複本位制であったため、マネタリーベースの増加に金銀山を領内に保有・管理することは重要であった。特に、参勤交代などの出費(金銀)が定期的に必要な中で領内のマネタリーベースを増加させようと思うと、領内産物を大都市に輸出し貨幣(金銀)を得る必要があった為、江戸時代は大都市が不況に陥ると途端にデフレに陥る構造をしていた。しかし、金銀山を有していれば、自前でマネタリーベースを増加させることができ(江戸後半にかけて、それでも不足し藩札が重要となってきた)、加賀藩は「越中七金山(加賀藩極秘金山でいわゆる黄金郷)」「尾小屋鉱山、金平金山、遊泉寺銅山(現小松市)」「刀利銀山」など、多数の鉱山を所有していたため、非常に経済的に潤っていた。そのような経済的潤いが背景となり、文化が花開いた。江戸時代の武士の給与体系は石高制であり、基本的に米で支給されていた。従って、江戸時代末期になるにつれ、経済の発展と共に米以外の商品作物など高価なものが増え、武士はどんどん貧乏になっていった。逆に百姓は、農業のみに専念しているわけではなく工商等を営むことで、経済発展に寄与し裕福であった。従って、大多数の武士は農工商も営んで生計を立てていた。また、加賀藩の十村制においては豪農と呼ばれる特別に裕福な者もいた。生産性の向上と共に、金銀山の採掘のみならず、藩は藩札によりマネタリーベースを増加できたことが要因と考えられる。さらに、天明の大飢饉を境に北前船に代表される海上輸送が発達。1811年加賀藩の御用商人だった銭屋五兵衛が海運業に参入し、蝦夷地との回漕業、大坂の米相場や保険まで行い、藩への献上金の見返りに北方領土やイギリス、ロシアと密貿易を行ない、莫大な利益を得て加賀一の金持ちとまで言われていた。広く加越能では米の増産を奨励、絹織物の生産に努めた(尚、生糸・加賀絹は現南砺市小松市が主体であった)。1859年安政6年)の開国以降、金銀の含有量をペースとした固定相場制になり、激しい自国通貨安であったため、当時の日本の生糸はヨーロッパの半値以下で購入できた。特に生糸貿易は成長産業として発展することになり、明治維新後の軽工業中心の経済の礎となった。

幕末から明治維新の頃の金沢は人口において東京、大阪、京都、名古屋に次ぐ日本第5位の都市であったが、明治時代に入ると産業・交通発達の基軸が太平洋側へと移り、明治20年頃には六大都市を形成することになる神戸横浜にも人口で抜かれる。金沢は明治維新後に城下町の大消費者であった武士の失業と士族授産の失敗により、特に経済が落ち込こみ激しい人口流出が起きたためである。というのも、明治維新後の徴兵国論の布告により士族は軍事専門担当から外れたにも関わらず、露頭に迷うことを防ぐために秩禄が供給され続けたことで世間の反感を買い、新聞紙上では罵詈雑言が並び、士族は生活困窮に加え世間的にも肩身の狭い状態に陥っていた。以降、段階的に、家禄税(累進課税による徴収)、家禄奉還制度(家禄放棄による現金・秩禄公債支給・農業用土地の低価販売)、廃刀令、秩禄処分に至ったことで、不平士族により西南戦争が起き、翌年には加賀藩出身の士族により大久保利通が暗殺されるほどであった。そして、明治10年代に士族(旧藩時代に於ける平士以上の家系)の9割以上は転出したが、もともと生活水準が比較的低くかつ他の生業に従事していた軽輩の武士は,明治維新による生活の急激な変化を受けることが比較的少なく、ある程度は残ったと考えられている。万石以上の上級武士は,一部は中級武士と同様に公務職等に転身したが,一方で明治期以降の消息が不明な者が少なくなく,かつての地位に対応した格式や生活習慣を引きずりつつ各方面からの支援も受けられないまま債務不履行や行き場がなくなった(無職の)者も多かったと推測される[25]。さらに近代化の日本において最大産業であった軽工業は旧加賀藩領では隣県の現富山県南砺市城端町(加賀藩時代の絹織物の主力都市)を中心に発展した。しかし、没落した士族を救済する為に 長谷川準也 が、製糸・撚糸会社を設立し、当時全国で2番目の規模を誇った(全国初の官営範器械製糸工場は富岡製糸場)。製糸織物業が金沢の産業として広がり、国内初の力織機も開発された。また、北陸本線が全国的に見ても早期に敷設されるなどの鉄道導入が進んだりと、物資流通が変貌したことで、概ね金沢・大聖寺などの鉄道駅や市街地が発展していった。さらに金沢には旧制第四高等学校金沢大学の前身)や日露戦争旅順攻囲戦で知られる陸軍第九師団が置かれ、学都・軍都として栄えていった。大正、昭和と電気機械化が進んだが、加賀藩時代に藩の有力財源であった銅の採掘権を取得した竹内明太郎(吉田茂の実兄)が、採掘の電気機械化とともに小松鉄工所(後のコマツ)を設立、工作機械、鉱山用機械を製造した。この他にも、戦時中には軍管理工場の指定を受け軍需を支えた多数のモノづくり企業が金沢市を中心に県内に創立された。尚、陸軍第九師団の全国屈指の軍事演習場が、加賀藩時代には鷹狩場であった隣県南砺市立野原に造られ、立野原監的壕 が市の史跡として今でも残る。第二次世界大戦中は機銃掃射など(金沢空襲)があったものの大規模空襲を免れ、古い町並みが残った(石川県内では空襲で60人以上が死傷した)。

地名の移り変わり

現在の金沢市中心部は、古くは石浦村と呼ばれていた。尾山御坊が置かれたことで寺内町として発展し、南町、西町、松原町、安江町、近江町、堤町、金屋町、材木町といった町が成立した。これを総じて尾山八町、或いは単に「尾山」と呼んだ。なお、尾山という地名は、「二つの川に挟まれた台地の先端」という意味を持つ。後に、前述の芋掘り藤五郎の伝説から「金沢」と称するようになるが、こちらの地名も室町時代まで遡ることが確認されており2つの地名が併用されていた。前田利家が城主になると一度「尾山」に戻され、家督を長男の前田利長が継いだ後に再び「金沢」となった。

旧町名の復活運動

金沢市は、1962年(昭和37年)に「住居表示に関する法律」の実験都市に指定され、500余りの町名が消滅してしまった。しかし、長年慣れ親しんだ旧町名の復活を望む声が多く、主計町を皮切りに次々と旧町名が復活した。これを受けて長崎市など全国へ旧町名復活運動が広がっていった。

沿革

  • 1878年明治11年)12月17日 - 郡区町村編制法が施行され金沢城下534町に金沢区成立。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 金沢区に市制施行され金沢市成立。10.40 km2
  • 1924年大正13年)1月1日 - 石川郡野村字泉野の一部との境界変更。10.61 km2
  • 1925年(大正14年)4月1日 - 石川郡野村を編入。16.82 km2
  • 1925年(大正14年)4月10日 - 石川郡弓取村を編入。20.05 km2
  • 1935年昭和10年)12月16日 - 石川郡富樫村・潟津村・米丸村・鞍月村粟崎村大野町を編入。51.55 km2
  • 1936年(昭和11年)4月1日 - 石川郡崎浦村三馬村河北郡小坂村を編入。90.71 km2
  • 1943年(昭和18年)10月1日 - 石川郡戸板村を編入。96.21 km2
  • 1943年(昭和18年)12月1日 - 石川郡金石町大野村二塚村を編入。111.09 km2
  • 1947年(昭和22年)5月3日 - 河北郡三谷村字釣部を編入(境界変更)。114.16 km2
  • 1949年(昭和24年)6月1日 - 河北郡川北村を編入。122.10 km2
  • 1954年(昭和29年)7月1日 - 石川郡安原村額村内川村犀川村湯涌谷村を編入。303.76 km2
  • 1956年(昭和31年)1月1日 - 石川郡押野村を編入。309.79 km2
  • 1957年(昭和32年)4月5日 - 河北郡浅川村を編入。393.40 km2
  • 1957年(昭和32年)4月10日 - 押野地区の一部を石川郡野々市町へ編出(境界変更)。391.34 km2
  • 1962年(昭和37年)6月1日 - 河北郡森本町を編入。458.78 km2
  • 1965年(昭和40年)7月30日 - 河北潟の一部埋立による面積増加。458.90 km2
  • 1967年(昭和42年)10月27日 - 河北潟の一部埋立による面積増加。459.18 km2
  • 1968年(昭和43年)4月1日 - 石川郡野々市町との境界変更。459.19 km2
  • 1969年(昭和44年)3月1日 - 石川郡野々市町との境界変更。459.21 km2
  • 1971年(昭和46年)3月2日 - 河北潟の一部埋立による面積増加。459.31 km2
  • 1980年(昭和55年)2月1日 - 石川郡野々市町との境界変更。459.31 km2
  • 1980年(昭和55年)5月13日 - 大野町4丁目および粟崎町4丁目に隣接する公有水面埋立による面積増加。460.20 km2
  • 1980年(昭和55年)9月1日 - 石川郡野々市町との境界変更。460.20 km2
  • 1981年(昭和56年)10月1日 - 河北潟干拓地境界決定。468.09 km2
  • 1988年(昭和63年)10月1日 - 国土地理院における新しい測定方法による修正。467.77 km2
  • 1992年平成4年)3月1日 - 松任市との境界変更。467.77 km2
  • 1996年(平成8年)6月1日 - 河北郡津幡町との境界変更。467.77 km2
  • 1999年(平成11年)5月1日 - 石川郡野々市町との境界変更。467.77 km2

注釈

  1. ^ 石川県・福井県は雨が多く「弁当忘れても傘忘れるな」という言葉がよく使われる。加藤迪男『お国柄ことばの辞典』(東京堂出版p.99f)では「富山浄瑠璃加賀謡」という言葉を紹介している。
  2. ^ 『金沢市統計書』では明治5年12月末とある。
  3. ^ 2014年8月18日に辞職し、出直し市長選で再選。
  4. ^ かつては実店舗である金沢支店を置いていたが、2018年6月29日をもって本店(東京都中央区)内にブランチインブランチとなり、同時にカナザワ支店へ改称された。

出典

  1. ^ かなざわ積雪情報
  2. ^ 平年値ダウンロード”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  3. ^ 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  4. ^ Climate Normals 1961-1990”. アメリカ海洋大気庁. 2016年8月15日閲覧。
  5. ^ 産総研地質調査総合センター
  6. ^ 瀬戸薫「金沢城と前田利家」大西泰正 編『シリーズ・織豊大名の研究 第三巻 前田利家・利長』戎光祥出版、2016年、p. 265。「付記」(2008年に記された原論文には記載されていないので注意)
  7. ^ 『経済で読み解く日本史 室町・戦国時代』株式会社飛鳥新社、6月9日 2019。 
  8. ^ 『越登賀三州志』石川県図書館協会、1933年、79頁。 
  9. ^ 『城端町の歴史と文化』城端町史編集委員会。 
  10. ^ 『加賀藩史話』能登印刷株式会社出版部、1/1。 
  11. ^ 『百万石の光と影』地方・小出版流通センター、5/1。 
  12. ^ 明治前期における旧加賀藩主前田家の資産と投資決定過程 -藩政から華族家政へ- 松村敏
  13. ^ 瀬戸薫「金沢城と前田利家」(初出:『加能史料研究』第20号(2008年)/所収:大西泰正 編『シリーズ・織豊大名の研究 第三巻 前田利家・利長』戎光祥出版、2016年。ISBN 978-4-86403-207-0
  14. ^ 大西泰正「織豊期前田氏権力の形成と展開」(所収:大西泰正 編『シリーズ・織豊大名の研究 第三巻 前田利家・利長』戎光祥出版、2016年、pp. 14-16。ISBN 978-4-86403-207-0
  15. ^ 『加賀藩の宗教政策と芦隙寺・ 岩隙寺』米原寛。 
  16. ^ 『加賀藩・富山藩の社会経済史研究』文献出版、9。 
  17. ^ 『新井白石全集』(第6巻) p. 673
  18. ^ a b c 土屋敦夫「金沢の人口変遷―その1 藩政期人戸数と人口―」『金沢工業大学研究紀要A』11号、1979年、pp. 125–155。
  19. ^ a b 土屋敦夫「金沢の人口変遷―その2 藩政期武士戸数と人口―」『金沢工業大学研究紀要A』14号、1980年、pp. 145–177。
  20. ^ 土屋敦夫「金沢の人口変遷―その3 戸籍による人口戸籍統計 (明治5年〜大正8年)―」『金沢工業大学研究紀要A』18号、1982年、pp. 99–148
  21. ^ 金沢市史編さん委員会『金沢市史 資料編6 近世四 町政と城下』金沢市、2000年。
  22. ^ 金沢十九枚御絵図及び関係資料 78点”. 石川県 (2021年1月29日). 2021年5月2日閲覧。
  23. ^ 土屋喬雄, 『封建社会崩壊過程の研究』, 弘文堂, 1927.
  24. ^ a b 斎藤誠治「江戸時代の都市人口」『地域開発』9月号、1984年、pp. 48–63
  25. ^ 『『季刊社会学』2輯』東京社会科学研究所、1931年、108-109頁。 
  26. ^ a b 金沢市長、村山氏圧勝 小間井氏に3万1467票差 投票率55.95% 前回を大幅に上回る 〈金沢市長選〉|社会|石川のニュース|北國新聞”. 北國新聞 (2022年3月14日). 2022年3月14日閲覧。
  27. ^ 近代デジタルライブラリー 石川県史. 第四編 168-169ページ
  28. ^ 2014年8月19日から10月6日までは丸口邦雄副市長が職務代理に就任した。金沢市告示第256号金沢市選挙管理委員会告示第119号
  29. ^ 2022年2月16日から相川一郎副市長が職務代理に就任した。
  30. ^ 議長・副議長(金沢市公式ページ「いいね金沢」)2021年7月10日閲覧
  31. ^ 金沢市議会議長に初の女性 久保氏「多様な意見を反映」(2021年3月20日、朝日新聞)2021年7月10日閲覧
  32. ^ 議員名簿(会派等別)(金沢市公式ページ「いいね金沢」)2020年8月1日閲覧
  33. ^ 議員名簿(委員会別)(金沢市公式ページ「いいね金沢」)2020年8月1日閲覧
  34. ^ 目黒区と友好都市協定を締結”. 金沢市ホームページ. 金沢市. 2017年11月3日閲覧。
  35. ^ 金沢市と友好交流都市協定に向けての覚書を締結しました”. 目黒区公式ホームページ. 目黒区. 2017年11月3日閲覧。
  36. ^ 統計局ホームページ/統計でみる市区町村のすがた2011
  37. ^ さよなら平和町図書館 72年の歴史に幕 「30年以上、何冊も借りました」”. 北國新聞. 2022年4月2日閲覧。
  38. ^ 石川県埋蔵文化財センターの紹介と利用案内. 石川県埋蔵文化財センター
  39. ^ 金沢市埋蔵文化財収蔵庫. 金沢市
  40. ^ ANAウイングスによる運航便含む
  41. ^ 全日本空輸とコードシェア
  42. ^ 東京・さいたま・群馬〜富山・金沢線. 日本中央バス
  43. ^ a b ロム・インターナショナル(編) 2005, pp. 156–157.
  44. ^ 金沢市統計データ集 統計書24年度版”. 2013年7月25日閲覧。
  45. ^ 『日本の町』丸谷才一、山崎正和、文藝春秋、1987、p12
  46. ^ 金沢21世紀美術館、5周年で記念式典-累計入館者数は700万人超に - 金沢経済新聞
  47. ^ 日本に関するフランス語の観光ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」2009掲載内容(中部地域抜粋)”. 愛知県. 2009年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月15日閲覧。
  48. ^ 映画「リトル・マエストラ」公式サイト”. 2013年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月15日閲覧。
  49. ^ 『金沢ロケ「ワクワクする」 映画「いのちの停車場」 吉永さん、撮影に意欲』(2020年9月12日付け北國新聞朝刊30面)2020年9月12日閲覧
  50. ^ 医師役「演じ切りたい」 吉永小百合、撮影現場会見(2020年09月11日、東京新聞)2020年9月12日閲覧
  51. ^ 『日本音声製作者名鑑2004』 Vol.1、小学館、2004年、112頁。ISBN 978-4-09-526301-4 






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「金沢市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

金沢市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



金沢市のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの金沢市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS