金沢市 人口

金沢市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/29 13:03 UTC 版)

人口

かつては、ドーナツ化現象が顕著で、郊外の太陽が丘などにニュータウンが建設されたが、近年は都心部に集合住宅が盛んに建設されており、都心回帰が鮮明となっている。山間部では空き家が目立ち、高齢化が深刻となっている。2000年(平成12年)以降、人口は横ばいを続けている。

金沢市と全国の年齢別人口分布(2005年) 金沢市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 金沢市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

金沢市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

行政

市長

副市長

  • 未定

歴代市長

歴代区長[27]
氏名 就任 退任 備考
大野木克正 1878年(明治11年)12月17日 1879年(明治12年)4月10日 区長代理
1879年(明治12年)4月10日 1879年(明治12年)7月7日 区長心得
石川昌三郎 1879年(明治12年)7月7日 1879年(明治12年)11月11日 区長心得
1 1 相馬朔郎 1879年(明治12年)11月11日 1881年(明治14年)6月20日
2 2 加藤恒 1881年(明治14年)6月20日 1881年(明治14年)10月8日
3 3 梅原可也 1881年(明治14年)10月8日 1884年(明治17年)2月18日
4 4 稲垣義方 1884年(明治17年)2月18日 1889年(明治22年)3月31日
歴代市長
氏名 就任 退任 備考
1 1 稲垣義方 1889年(明治22年)5月27日 1893年(明治26年)4月11日
2 2 長谷川準也 1893年(明治26年)6月23日 1897年(明治30年)12月2日
3 3 奥村栄滋 1898年(明治31年)1月12日 1902年(明治35年)5月10日
4 4 渡瀬政礼 1902年(明治35年)6月16日 1908年(明治41年)6月15日
5 1908年(明治41年)7月24日 1909年(明治42年)11月6日
6 5 山森隆 1909年(明治42年)12月15日 1915年(大正4年)12月14日
7 1915年(大正4年)12月15日 1919年(大正8年)5月14日
8 6 飯尾次郎三郎 1919年(大正8年)5月28日 1922年(大正11年)4月24日
9 7 相良歩 1922年(大正11年)5月23日 1926年(大正15年)5月22日
10 1926年(大正15年)5月23日 1930年(昭和5年)5月22日
11 8 吉川一太郎 1930年(昭和5年)6月9日 1934年(昭和9年)6月8日
12 9 片岡安 1934年(昭和9年)7月13日 1936年(昭和11年)4月20日
13 10 澤野外茂次 1936年(昭和11年)7月30日 1940年(昭和15年)7月29日
14 1940年(昭和15年)7月30日 1944年(昭和19年)7月29日
15 1944年(昭和19年)7月30日 1945年(昭和20年)9月22日
16 11 武谷甚太郎 1945年(昭和20年)10月18日 1947年(昭和22年)2月28日
17 12 井村重雄 1947年(昭和22年)4月5日 1951年(昭和26年)4月4日
18 1951年(昭和26年)4月23日 1955年(昭和30年)4月22日
19 13 土井登 1955年(昭和30年)5月2日 1959年(昭和34年)5月1日
20 1959年(昭和34年)5月2日 1963年(昭和38年)1月16日
21 14 徳田與吉郎 1963年(昭和38年)2月10日 1967年(昭和42年)2月9日
22 1967年(昭和42年)2月10日 1971年(昭和46年)2月9日
23 1971年(昭和46年)2月10日 1972年(昭和47年)7月8日
24 15 岡良一 1972年(昭和47年)8月6日 1976年(昭和51年)8月5日
25 1976年(昭和51年)8月6日 1978年(昭和53年)11月23日
26 16 江川昇 1978年(昭和53年)12月10日 1982年(昭和57年)12月9日
27 1982年(昭和57年)12月10日 1986年(昭和61年)12月9日
28 1986年(昭和61年)12月10日 1990年(平成2年)12月9日
29 17 山出保 1990年(平成2年)12月10日 1994年(平成6年)12月9日
30 1994年(平成6年)12月10日 1998年(平成10年)12月9日
31 1998年(平成10年)12月10日 2002年(平成14年)12月9日
32 2002年(平成14年)12月10日 2006年(平成18年)12月9日
33 2006年(平成18年)12月10日 2010年(平成22年)12月9日
34 18 山野之義 2010年(平成22年)12月10日 2014年(平成26年)12月9日 [注釈 3][28]
35 2014年(平成26年)12月10日 2018年(平成30年)12月9日
36 2018年(平成30年)12月10日 2022年(令和4年)2月16日 [29]
37 19 村山卓 2022年(令和4年)3月13日 現職 [26]

金沢市の行政組織

石川県の機関

国の行政機関

司法機関

独立行政法人

議会

市議会

役員

(2021年3月19日現在[30][31]

  • 議長 - 久保洋子(自由民主党金沢市議員会)
  • 副議長 - 山本由起子(みらい金沢)

定数・会派

(2020年7月16日現在[32]

会派 議員数 所属議員
自由民主党金沢市議員会 8 高村佳伸 横越徹 福田太郎 久保洋子 野本正人
高岩勝人 上田雅大 荒木博文
金沢市議会自由民主党議員会 8 黒沢和規 清水邦彦 下沢広伸 喜多浩一 高誠
坂本泰広 小間井大祐 中川俊一
みらい金沢 6 中西利雄 森一敏 山本由起子 麦田徹 喜成清恵
田中美絵子
金沢保守議員会 6 澤飯英樹 宮崎雅人 前誠一 小林誠 粟森慨
新谷博範
公明党金沢市議員会 4 秋島太 源野和清 上原慶子 稲端明浩
日本共産党金沢市議員団 3 森尾嘉昭 広田美代 大桑初枝
創生かなざわ 2 玉野道 熊野盛夫
令政会 1 松村理治
38

委員会

(2020年7月16日現在[33]

  • 議会運営委員会(定数12)
  • 常任委員会
    • 総務常任委員会(定数8)
    • 経済環境常任委員会(定数7)
    • 市民福祉常任委員会(定数8)
    • 建設企業常任委員会(定数7)
    • 文教消防常任委員会(定数8)
  • 特別委員会
    • 防災・安全対策特別委員会(定数10)
    • ガス事業・発電事業民営化に関する特別委員会(定数10)
    • まちづくりにおける公共施設再整備等に関する特別委員会(定数10)
  • 議会広報委員会(定数6)

石川県議会(金沢市選出)

  • 定数:16名
  • 任期:2019年(令和元年)6月9日〜2023年(令和5年)6月8日
議員名 会派名 備考
長田哲也 自由民主党石川県議会議員協議会
下沢佳充 自由民主党石川県議会議員協議会
中村勲 自由民主党石川県議会議員協議会
田中敬人 自由民主党石川県議会議員協議会
不破大仁 自由民主党石川県議会議員協議会
増江啓 公明党
佐藤正幸 日本共産党
谷内律夫 公明党
盛本芳久 未来石川議員会 党籍は社会民主党
打出喜代文 未来石川議員会 党籍は無所属
米沢賢司 自由民主党石川県議会議員協議会
紐野義昭 自由民主党石川県議会議員協議会
石坂修一 未来石川議員会 党籍は無所属
安居知世 自由民主党石川県議会議員協議会
太郎田真理 自由民主党石川県議会議員協議会
川裕一郎 WILL石川 無所属

衆議院

  • 選挙区:石川1区(金沢市)
  • 任期:2021年10月31日 - 2025年10月30日
  • 投票日:2021年10月31日
  • 当日有権者数:376,122人
  • 投票率:52.20%
当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 重複
小森卓郎 51 自由民主党 88,321票
荒井淳志 27 立憲民主党 48,491票
小林誠 44 日本維新の会 45,663票
亀田良典 72 日本共産党 8,930票

注釈

  1. ^ 石川県・福井県は雨が多く「弁当忘れても傘忘れるな」という言葉がよく使われる。加藤迪男『お国柄ことばの辞典』(東京堂出版p.99f)では「富山浄瑠璃加賀謡」という言葉を紹介している。
  2. ^ 『金沢市統計書』では明治5年12月末とある。
  3. ^ 2014年8月18日に辞職し、出直し市長選で再選。
  4. ^ かつては実店舗である金沢支店を置いていたが、2018年6月29日をもって本店(東京都中央区)内にブランチインブランチとなり、同時にカナザワ支店へ改称された。

出典

  1. ^ かなざわ積雪情報
  2. ^ 平年値ダウンロード”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  3. ^ 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  4. ^ Climate Normals 1961-1990”. アメリカ海洋大気庁. 2016年8月15日閲覧。
  5. ^ 産総研地質調査総合センター
  6. ^ 瀬戸薫「金沢城と前田利家」大西泰正 編『シリーズ・織豊大名の研究 第三巻 前田利家・利長』戎光祥出版、2016年、p. 265。「付記」(2008年に記された原論文には記載されていないので注意)
  7. ^ 『経済で読み解く日本史 室町・戦国時代』株式会社飛鳥新社、6月9日 2019。 
  8. ^ 『越登賀三州志』石川県図書館協会、1933年、79頁。 
  9. ^ 『城端町の歴史と文化』城端町史編集委員会。 
  10. ^ 『加賀藩史話』能登印刷株式会社出版部、1/1。 
  11. ^ 『百万石の光と影』地方・小出版流通センター、5/1。 
  12. ^ 明治前期における旧加賀藩主前田家の資産と投資決定過程 -藩政から華族家政へ- 松村敏
  13. ^ 瀬戸薫「金沢城と前田利家」(初出:『加能史料研究』第20号(2008年)/所収:大西泰正 編『シリーズ・織豊大名の研究 第三巻 前田利家・利長』戎光祥出版、2016年。ISBN 978-4-86403-207-0
  14. ^ 大西泰正「織豊期前田氏権力の形成と展開」(所収:大西泰正 編『シリーズ・織豊大名の研究 第三巻 前田利家・利長』戎光祥出版、2016年、pp. 14-16。ISBN 978-4-86403-207-0
  15. ^ 『加賀藩の宗教政策と芦隙寺・ 岩隙寺』米原寛。 
  16. ^ 『加賀藩・富山藩の社会経済史研究』文献出版、9。 
  17. ^ 『新井白石全集』(第6巻) p. 673
  18. ^ a b c 土屋敦夫「金沢の人口変遷―その1 藩政期人戸数と人口―」『金沢工業大学研究紀要A』11号、1979年、pp. 125–155。
  19. ^ a b 土屋敦夫「金沢の人口変遷―その2 藩政期武士戸数と人口―」『金沢工業大学研究紀要A』14号、1980年、pp. 145–177。
  20. ^ 土屋敦夫「金沢の人口変遷―その3 戸籍による人口戸籍統計 (明治5年〜大正8年)―」『金沢工業大学研究紀要A』18号、1982年、pp. 99–148
  21. ^ 金沢市史編さん委員会『金沢市史 資料編6 近世四 町政と城下』金沢市、2000年。
  22. ^ 金沢十九枚御絵図及び関係資料 78点”. 石川県 (2021年1月29日). 2021年5月2日閲覧。
  23. ^ 土屋喬雄, 『封建社会崩壊過程の研究』, 弘文堂, 1927.
  24. ^ a b 斎藤誠治「江戸時代の都市人口」『地域開発』9月号、1984年、pp. 48–63
  25. ^ 『『季刊社会学』2輯』東京社会科学研究所、1931年、108-109頁。 
  26. ^ a b 金沢市長、村山氏圧勝 小間井氏に3万1467票差 投票率55.95% 前回を大幅に上回る 〈金沢市長選〉|社会|石川のニュース|北國新聞”. 北國新聞 (2022年3月14日). 2022年3月14日閲覧。
  27. ^ 近代デジタルライブラリー 石川県史. 第四編 168-169ページ
  28. ^ 2014年8月19日から10月6日までは丸口邦雄副市長が職務代理に就任した。金沢市告示第256号金沢市選挙管理委員会告示第119号
  29. ^ 2022年2月16日から相川一郎副市長が職務代理に就任した。
  30. ^ 議長・副議長(金沢市公式ページ「いいね金沢」)2021年7月10日閲覧
  31. ^ 金沢市議会議長に初の女性 久保氏「多様な意見を反映」(2021年3月20日、朝日新聞)2021年7月10日閲覧
  32. ^ 議員名簿(会派等別)(金沢市公式ページ「いいね金沢」)2020年8月1日閲覧
  33. ^ 議員名簿(委員会別)(金沢市公式ページ「いいね金沢」)2020年8月1日閲覧
  34. ^ 目黒区と友好都市協定を締結”. 金沢市ホームページ. 金沢市. 2017年11月3日閲覧。
  35. ^ 金沢市と友好交流都市協定に向けての覚書を締結しました”. 目黒区公式ホームページ. 目黒区. 2017年11月3日閲覧。
  36. ^ 統計局ホームページ/統計でみる市区町村のすがた2011
  37. ^ さよなら平和町図書館 72年の歴史に幕 「30年以上、何冊も借りました」”. 北國新聞. 2022年4月2日閲覧。
  38. ^ 石川県埋蔵文化財センターの紹介と利用案内. 石川県埋蔵文化財センター
  39. ^ 金沢市埋蔵文化財収蔵庫. 金沢市
  40. ^ ANAウイングスによる運航便含む
  41. ^ 全日本空輸とコードシェア
  42. ^ 東京・さいたま・群馬〜富山・金沢線. 日本中央バス
  43. ^ a b ロム・インターナショナル(編) 2005, pp. 156–157.
  44. ^ 金沢市統計データ集 統計書24年度版”. 2013年7月25日閲覧。
  45. ^ 『日本の町』丸谷才一、山崎正和、文藝春秋、1987、p12
  46. ^ 金沢21世紀美術館、5周年で記念式典-累計入館者数は700万人超に - 金沢経済新聞
  47. ^ 日本に関するフランス語の観光ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」2009掲載内容(中部地域抜粋)”. 愛知県. 2009年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月15日閲覧。
  48. ^ 映画「リトル・マエストラ」公式サイト”. 2013年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月15日閲覧。
  49. ^ 『金沢ロケ「ワクワクする」 映画「いのちの停車場」 吉永さん、撮影に意欲』(2020年9月12日付け北國新聞朝刊30面)2020年9月12日閲覧
  50. ^ 医師役「演じ切りたい」 吉永小百合、撮影現場会見(2020年09月11日、東京新聞)2020年9月12日閲覧
  51. ^ 『日本音声製作者名鑑2004』 Vol.1、小学館、2004年、112頁。ISBN 978-4-09-526301-4 






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「金沢市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

金沢市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



金沢市のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの金沢市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS