都心 工業都市

都心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/27 13:23 UTC 版)

工業都市

広島市

都心:金座街
都心:本通
副都心:横川

立地適正化計画公表済み[4]

広島市は、中国地方及び中国・四国地方最大都市であり、この地方を管轄する機能を持つ都市である。広島市の都市機能は、太田川デルタ内に集中している。 都心部はデルタの中北部にあり、北端が広島駅北口周辺および県道84号、西端が天満川、南端が国道2号、東端が段原再開発事業区域および東広島貨物駅貨物ヤード跡地で囲まれた地域である。
広島空港移転によってビルの高層化が可能になったため、超高層ビルが広島駅前や平和大通り沿いなどに、本社ビル・ホテル・マンションが中心となり立ち並ぶ。 鉄道では、2002年(平成14年)からJR西日本広島シティネットワークを構築し、広域交通を担っている広島駅は1日14万人が乗降する中国地方最大の駅である。近年では、広島駅前再開発によって業務機能が広島駅周辺へ集積されつつある。 また、広島電鉄においては1999年(平成11年)からは超低床車両の導入が始まった。これに加えて2001年(平成13年)に広電西広島駅の改良がなされ、2003年(平成15年)には横川駅において広電の電停が駅前広場に移設の上に駅前広場の改良整備が実施された。 広島港でも広島港停留場が移設されるなど、「都心への玄関口」としての整備が進んだ(広島港は、広島湾内や松山港からの船が発着し、通勤・通学客が多い)。 さらに、都市高速である広島高速道路も放射状の路線が整備され、郊外から都心へのアクセス向上が進んだ。

一方で、1994年広島アジア大会を機に太田川デルタ内から広島空港を移転し、西風新都東広島市に大学等の教育機関を多数移転させ、近年では広島市民球場を都心部から広島駅ヤード跡地へ移転させるなど、デルタ内の都市機能転換が進められている[64]

なお、広島西飛行場は直線距離で紙屋町交差点から約5kmと都心と近接しているものの、同空港では円錐表面および外側水平表面が設定されておらず、水平表面が半径3,000mと小さく設定されているため、都心の高層ビル等の高さは同空港の制限表面[65] による規制を受けない。

都心
広域拠点地区
流通
広域拠点
地域拠点

北九州市

都心:小倉駅周辺
副都心:黒崎駅周辺

立地適正化計画公表済み[4]

北九州市は、高度経済成長期の1963年(昭和38年)に門司市小倉市若松市八幡市戸畑市市制施行順)の5市対等合併で発足した市であり、「多核都市論」に基いて旧5市の均衡発展を目指してきたが、市制施行および政令指定都市移行25周年を迎えた1988年(昭和63年)に北九州市ルネッサンス構想を策定し、小倉都心と黒崎副都心を中心とした「集中型都市」へと政策転換した。同構想において都市軸の外に位置する地域では、門司港レトロ北九州学術研究都市など、業務以外の都市機能集積が図られた。

市が指定する小倉都心は、小倉駅を中心におおよそ国道3号、市道原田金田1号線、市道堅町大門1号線、そして小倉港の海岸線により囲まれるエリアで、面積は380ha[66][67]。小倉駅およびその周辺は、同駅に接続するJR各線と北九州モノレール、関東・関西方面のフェリーが発着する新門司フェリーターミナルとの間の無料送迎バス、そして高速バスが発着するバスターミナルにより陸・海の交通の要衝となっており、かつて門司港地区が担っていた九州の玄関口の地位を受け継いでいる。また、おおよそX字形になっている当市の都市軸の交点に小倉都心は位置し、北九州都市高速、国道、県道などが集積する[68]。小倉駅新幹線口(北口)は国際コンベンション地区として再開発され、ホテルや展示場が集積している[69]。小倉駅小倉城口(南口)、かつ、紫川右岸(東岸)は当市の中心業務地区となっており、小区画に中低層のオフィスビルが密集して建ち並ぶ[69]。また、魚町銀天街旦過市場をはじめとする25の商店街・市場がひしめき合う中心商業地区ともなっている[69]西小倉駅南口、かつ、紫川左岸(西岸)には、リバーウォーク北九州勝山公園小倉城)、北九州市役所といった動線が集まる施設が集積する。これらの南側は小倉陸軍造兵廠跡地であり、土地区画整理事業によって大区画の土地が供給された。そのため、密集度の高い右岸とは対照的な景観となっている。


注釈

  1. ^ 耐震設計などの技術革新により、海に近い低層地でも適地であれば超高層ビルが続々建設されるようになった。
  2. ^ 例:三省堂『新コンサイス和英辞典』(机上版)第1版(1976)においては、「都心」の訳語にthe center 〔heart〕 of Tokyo.のみが挙げられている。
  3. ^ 東武鉄道浅草駅が開業したのは1931年(昭和6年)、それまでは東武亀戸線を経由して総武鉄道(現JR総武線)に乗り入れて両国橋駅を都心側ターミナルとしていた時期もあった
  4. ^ 降雪期以外の半年間営業。
  5. ^ 夏季運行。
  6. ^ 広電駅前大橋線・環状線計画で電停が改廃予定。
  7. ^ 一体的な福岡都心エリアから離れている東比恵駅および福岡空港駅が、都市再生整備計画事業の範囲に飛び地的に組み込まれた形になっているので、両駅は統計から外した。2020年度の福岡市地下鉄七隈線延伸で地下駅が2駅新設予定。

出典

  1. ^ 都心』 - コトバンク
  2. ^ 立地適正化計画の意義と役割 ~コンパクトシティ・プラス・ネットワークの推進~(国土交通省)
  3. ^ a b c 都市計画運用指針における立地適正化計画に係る概要(国土交通省 都市局 都市交通課)
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 立地適正化計画の作成状況(国土交通省)
  5. ^ 札幌市都心における地区まちづくり推進制度
  6. ^ 千葉市立地適正化計画
  7. ^ なごや集約連携型魅力ある名古屋ライフスタイルを育む大都市の形成のために
  8. ^ 川越市 4.都市機能誘導区域
  9. ^ 第5章 都市機能誘導区域(長岡京市)71P
  10. ^ 三省堂・Web_Dictionary
  11. ^ [1] (PDF) 財務省による使用例《2014年1月14日閲覧→現在はインターネットアーカイブに残存》
  12. ^ 曽根悟(監修) 著、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集) 編 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』 26号 総武本線・成田線・鹿島線・東金線、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月17日、16-19頁。 
  13. ^ エキサイトよこはま22 横浜駅周辺大改造計画 概要版(改訂版) (PDF) 横浜市都市整備局都心再生部都心再生課、平成25年(2013年)6月発行。
  14. ^ 関内・関外地区活性化推進計画(概要版) (PDF) 横浜市都市整備局都市再生推進課、平成22年(2010年)3月発行。
  15. ^ 新横浜都市整備基本構想パンフレット(1999年) (PDF) 横浜市都市計画局都市企画部企画調査課、平成11年(1999年)6月発行。
  16. ^ 横浜市都市計画マスタープラン(全体構想) (PDF) 横浜市都市整備局企画部企画課、平成25年(2013年)3月発行。
  17. ^ 上大岡が副都心に選ばれた理由、そして副都心の定義とは?(はまれぽ.com 2012年8月19日)
  18. ^ 京都都市計画区域マスタープラン”. 京都府. p. 6. 2021年3月6日閲覧。
  19. ^ 京都市持続可能な都市構築プラン
  20. ^ 京都都市圏をめぐる現状 巻末資料”. 京都TDM施策基本計画. 京都府. p. 6. 2021年3月2日閲覧。
  21. ^ 平成30年確報 地域別統計表|工業統計調査|経済産業省”. www.meti.go.jp. 2020年2月13日閲覧。
  22. ^ 企業の地方移転減税、継続検討 コロナ禍で本社機能分散後押し―政府
  23. ^ 日本の超高層ビル(札幌市)
  24. ^ JR札幌駅、苗穂駅(都市機能誘導区域(都心の範囲))(札幌市)
  25. ^ 札幌市交通局 地下鉄(高速電車)の概要(札幌市)
  26. ^ 札幌市交通局 路線図(札幌市)
  27. ^ 都心内100円バス(札幌市「さっぽろえきバスnavi」)
  28. ^ ポロクル(特定非営利活動法人ポロクル)
  29. ^ 「さっぽろうぉ~く」や「さっぽろ散策バス」について知りたい(札幌市コールセンター)
  30. ^ [2] 日本の高層ビル(仙台市)
  31. ^ [3] 日本の高層ビル(広島市)
  32. ^ 広島市観光レンタサイクル「ぴーすくる」NTTドコモ
  33. ^ [4] 日本の高層ビル(北九州市)
  34. ^ 北九州100円バス(西鉄バス北九州「にしてつバスっちゃ!北九州」)
  35. ^ 市営バスの100円バスの運行について(北九州市)
  36. ^ シティバイク
  37. ^ [5] 日本の高層ビル(福岡市)
  38. ^ 福岡都心100円バス西日本鉄道「西鉄くらしネット」)
  39. ^ 中心市街地活性化基本計画データベース
  40. ^ 各区域及び誘導施設の設定
  41. ^ 都心アクセス強化(札幌市)
  42. ^ JR琴似駅周辺地区
  43. ^ 札幌駅前通地下歩行空間(札幌市)
  44. ^ (仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業
  45. ^ (仮称)札幌駅交流拠点北5西1・西2地区第一種市街地再開発事業
  46. ^ 新さっぽろ駅周辺地区のまちづくり(札幌市)
  47. ^ 都心の構造(札幌市)
  48. ^ すすきのエリアMAP 一般社団法人すすきの観光協会
  49. ^ 豊水地区の出来事(札幌市)
  50. ^ 「札幌市長期総合計画」の「厚別副都心開発基本計画」(昭和46年)において「副都心」として位置づけた厚別地区、現在の新さっぽろ駅周辺の開発推進のため昭和49年に設立され、副都心形成の実現に向けてまい進して参りました。(株式会社 札幌副都心開発公社)
  51. ^ ○流通業務地区 都市の流通業務機能を向上させるために定めます。本市では、「大谷地流通業務地区」として、面積187haを指定しています。〔令和元年(2019年)8月31日現在〕
  52. ^ a b 市制等資料番号 重点整備地区候補(札幌市)
  53. ^ 都市再生整備計画の区域
  54. ^ 仙台市都市計画マスタープラン地域別構想(都心地区・泉中央地区・長町地区)
  55. ^ a b 都市計画マスタープランの策定について(仙台市)
  56. ^ 福岡市内の都市再生緊急整備地域
  57. ^ 福岡空港事務所からのお知らせ (PDF) (国土交通省大阪航空局)… 福岡空港の制限表面区域図あり。
  58. ^ 博多コネクティッド
  59. ^ 天神ビッグバン
  60. ^ ウォーターフロント地区(中央ふ頭・博多ふ頭)再整備の事業内容の見直しについて 福岡市
  61. ^ 都心部(福岡市)
  62. ^ 福岡流通業務地区における施設の建設等の許可基準(流通業務団地を除く)等
  63. ^ a b 福岡市が目指す将来像(福岡市)
  64. ^ ひろしま都心のあした(中国新聞)
  65. ^ 航空法による手続きについて(広島市。広島西飛行場の制限表面について記載あり)
  66. ^ 北九州市小倉都心地区都市再生整備計画 (PDF) (北九州市)
  67. ^ 社会資本総合整備計画 北九州市小倉都心地区都市再整備計画 (PDF) (北九州市 2012年3月29日)
  68. ^ 第1部 まちづくりの背景と基本姿勢 (PDF) (北九州市)
  69. ^ a b c 北九州市中心市街地活性化基本計画(小倉地区・黒崎地区)について (PDF) (国土交通省)






都心と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「都心」に関係したコラム

  • 株365取引に関するセミナーの一覧

    株365を取り扱う証券会社や東京金融取引所では、株365に役立つセミナーを開催しています。株365のセミナーでは、株365の基礎知識から取引方法など、初心者向けの内容が多いようですが、売買タイミングや...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「都心」の関連用語

都心のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



都心のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの都心 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS