都市鉱山 都市鉱山の概要

都市鉱山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/08 18:30 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

概要

1980年代東北大学選鉱製錬研究所の南條道夫教授らが提唱したのが最初であるとされている[1][2][3]。しかしそれ以前に、航空機に限った話ではあるものの、北原比呂志と古賀政雄によって研究がなされており、論文の最後では航空機以外の資源回収について言及されている[4]。その後、東北大学多元物質科学研究所の中村崇教授らによって、都市鉱山開発のための人工鉱床計画などの構想も生まれた[5]

近年の産業界では、レアメタル価格の暴騰などにより、廃棄された携帯電話パソコンの部品から希少資源を回収するなどの対策が進められており、都市鉱山という概念が再評価されている。

その地域の産業によっては、下水や汚泥から採算が取れる水準で貴金属を精製できることがある[6]

日本の都市鉱山

性能向上の為に金メッキが施された端子

都市鉱山という観点から見ると、日本は世界有数の資源大国である。独立行政法人物質・材料研究機構が2008年1月11日に発表した数字によると、日本の都市鉱山に存在するの総量は6,800トンで、これは全世界の現有埋蔵量の約16%にあたる。銀は60,000トンで、これは世界の埋蔵量の22%にもおよぶ。同様にインジウムは世界の16%、は11%、タンタルは10%と、日本の都市鉱山には全世界埋蔵量の一割を超える金属が多数存在する[7]

なおテレビ朝日の番組によると、富山高等専門学校准教授が廃棄パソコン100台分の金メッキ端子から2gの金を採取したとのことである[8]

都市鉱山からの金属回収を進めるため、日本は2013年4月に小型家電リサイクル法を施行している[9]

商業ベースによる活用の例

DOWAホールディングス小坂鉱山(秋田県)では、家電の電子基板類のリサイクルを通じて金、銀、銅のほかスズニッケルアンチモンセレンなどの20種類を超える金属の回収を行っている[10]。また、野村興産のイトムカ鉱業所(北海道)では、水銀灯蛍光灯のリサイクルを通じて水銀の回収を行っている[11]

国内だけでなく、海外からも廃棄家電を輸入し、金属を回収する企業も出てきている[12]

行政による活用の例

日本下水道事業団の実施した汚泥分析調査によって諏訪湖流域下水道豊田終末処理場で下水汚泥に金が含まれていることが判明し、長野県はこれを精製して2008年だけで4000万円もの売却益を出している(収益は維持管理費に充当。同施設の廃棄物に多量の金が含まれていた理由として、周辺の貴金属を多く含む地層から金が下水道に溶け出した可能性や、周辺の精密機械工場で基板などに使った金メッキの排水が流れ込んだことなどが考えられる。)[13][14]

この他にも下水処理場の廃棄物からリンを取り出して活用する取り組みも岐阜市などで行われている[13]

都市鉱山を扱ったフィクション

  • 『アトム今昔物語』 - 漫画『鉄腕アトム』の続編。1967年-1968年に連載。日本中のゴミを資源として大都市を東京湾に作るという、都市鉱山構想のさきがけ的な発想が見られる。
  • 太陽の黙示録』 - 近未来のSF漫画。大地震のため海中に水没した都市鉱山を復興の切り札とする、というアイディアを葛城亮(主人公の参謀役)が出す。
  • SHOGUN』 - 浮浪者による立身出世物語。夢の島に廃棄されていたパソコンや冷蔵庫などから仲間の浮浪者と共に部品として使用されている金を集める描写がある。
  • 「都市鉱山」(キリンジのアルバム「Buoyancy」に収録) - 都市鉱山を主題とした曲。歌詞にはイッテルビウム等鉱物名がそのまま並べられている。

  1. ^ 南條道夫, 「都市鉱山開発--包括的資源観によるリサイクルシステムの位置付け」『東北大學選鑛製錬研究所彙報』第43巻、第2号、1988年、239-251頁。
  2. ^ 「「都市鉱山」を活用する発送と技術:携帯電話やパソコンを資源化するには」『NIMS NOW』第8巻、第5号、2008年5月、2-5頁 - PDFファイル、閲覧:2009年11月2日。
  3. ^ 知恵蔵,朝日新聞掲載「キーワード」,デジタル大辞泉. “都市鉱山(としこうざん)とは - コトバンク” (日本語). コトバンク. 2018年11月8日閲覧。
  4. ^ 北原比呂志, 古賀政雄「羽田空港の金塊--都市鉱山の時代が到来(どこに・何が・使われて・いるか)」『金属』第51巻第1号、1981年、 55-57頁、 NAID 40000770697
  5. ^ 白鳥寿一, 中村崇、「人工鉱床構想 - Reserve to Stock の考え方とその運用に関する提案-」『資源と素材』 122巻 6,7号 2006年 p.325-329, doi:10.2473/shigentosozai.122.325
  6. ^ 【世界ミニナビ】下水処理場に“ゴールドラッシュ”の予感…金銀レアメタルが採れたスイス、「黄金の国」日本でも”. 産経WEST. 産経新聞社 (2017年11月5日). 2020年1月25日閲覧。
  7. ^ わが国の都市鉱山は世界有数の資源国に匹敵
  8. ^ ANNスーパーJチャンネル』、2011年12月2日愛媛朝日テレビ放映分
  9. ^ “「都市鉱山」小型家電回収へ”. 読売新聞. (2013年6月23日). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gunma/news/20130623-OYT8T00975.htm 2013年6月27日閲覧。 
  10. ^ 都市鉱山にレアメタル 時事ドットコム特集(時事通信社)
  11. ^ 使用済み蛍光灯のリサイクルシステム 野村興産株式会社ホームページ[リンク切れ]
  12. ^ “インドから廃基板輸入、レアメタル回収へ”. 読売新聞. (2013年6月27日). http://kyushu.yomiuri.co.jp/nature/ecology/20130627-OYS8T00492.htm 2013年6月27日閲覧。 
  13. ^ a b 下水道は資源の宝庫か 自治体が下水から金やリンを回収し、販売を開始”. MONEYzine (2010年9月4日). 2020年1月25日閲覧。
  14. ^ 資源としての下水汚泥の有効活用”. 国土交通省. 2020年1月25日閲覧。


「都市鉱山」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「都市鉱山」の関連用語

都市鉱山のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



都市鉱山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの都市鉱山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS