邑 脚注・出典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/14 08:19 UTC 版)

脚注・出典

[ヘルプ]

関連項目


  1. ^ a b c 浅見直一郎 (1988), “ゆう 邑”, 世界大百科事典, 28, 東京: 平凡社, pp. 554-555, ISBN 4-582-02200-6 
  2. ^ a b c 西嶋定生 (1972), “こだいしゃかい 古代社会 中国の古代社会”, 世界大百科事典, 11, 東京: 平凡社, pp. 241-242 
  3. ^ a b 尾形勇 (1999-03-20). “城壁のある街 : 中国都城の景観(平成 10 年度定例会発表要旨)”. 立正大学人文科学研究所年報 (立正大学人文科学研究所) 36: 72-73. ISSN 03899535. NAID 120005420407. http://repository.ris.ac.jp/dspace/handle/11266/1939. 
  4. ^ a b 齋藤道子「春秋時代の「国」:「国」空間の性質とその範囲」『東海大学紀要. 文学部』第71巻、東海大学文学部、1999年、 75-89頁、 ISSN 05636760NAID 110001048446
  5. ^ a b c d 梅原郁 (1988), “とし 都市 【中国】”, 世界大百科事典, 20, 東京: 平凡社, pp. 276-277, ISBN 4-582-02200-6 
  6. ^ 呂超 (2016-04-01). “宮崎市定の中国史像の形成と世界史構想”. 関西大学東西学術研究所紀要 (関西大学東西学術研究所) 49: 353-376. ISSN 0287-8151. NAID 120005775454. http://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/handle/10112/10284. 


「邑」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

すべての辞書の索引



Weblioのサービス

「邑」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

邑のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



邑のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの邑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS