道路 用語

道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/04 23:01 UTC 版)

用語

  • 認定道路:都道府県道市町村道等で道路法が適用される道路。
  • 特定道路:幅員15m以上の道路をいい、前面道路が70m以内で接続していれば、容積率が緩和される。
  • 前面道路建築基準法第43条で規定される、建築物の敷地に2 m以上接する道路。

脚注

[ヘルプ]

参考文献

関連項目

外部リンク


注釈

  1. ^ 『魏志倭人伝』によれば当時の日本の様子について、「土地は険しく、樹木が生い茂り、細々とした道路が続いていた」といった旨の記述があり、「道路」の文字が使われていたとされる[4]
  2. ^ 私道など、一部の個人所有物を除く。
  3. ^ 漢は紀元前206年 - 220年の間にあった中国の王朝

出典

  1. ^ デジタル大辞泉
  2. ^ 広辞苑第六版「道路」
  3. ^ a b c 武部健一 2015, pp. 21–23.
  4. ^ 浅井建爾 2015, p. 12.
  5. ^ a b c 峯岸邦夫 2018, p. 12.
  6. ^ a b c d e f 峯岸邦夫 2018, p. 34.
  7. ^ a b 浅井建爾 2001, p. 76.
  8. ^ 特別史跡「三内丸山遺跡」三内丸山遺跡 道路?”. 三内丸山遺跡. 2016年7月5日閲覧。
  9. ^ a b c d 浅井建爾 2001, p. 78.
  10. ^ a b 武部健一 2015, p. 2.
  11. ^ 武部健一 2015, pp. 7–8.
  12. ^ a b c 武部健一 2015, pp. 5–6.
  13. ^ a b 浅井建爾 2001, pp. 80–81.
  14. ^ a b 武部健一 2015, pp. 8–9.
  15. ^ 峯岸邦夫 2018, p. 2018.
  16. ^ a b 武部健一 2015, pp. 14–15.
  17. ^ a b 武部健一 2015, p. 16.
  18. ^ 武部健一 2015, pp. 17–18.
  19. ^ a b c d e f 峯岸邦夫 2018, p. 36.
  20. ^ a b c d 武部健一 2015, pp. 18–19.
  21. ^ a b c d e f 峯岸邦夫 2018, pp. 18–19.
  22. ^ a b c d e 峯岸邦夫 2018, pp. 20–21.
  23. ^ a b c d 峯岸邦夫 2018, pp. 22–23.
  24. ^ 太閤下水(背割下水)が街路に面して建つ家屋の間を通っており、それが町名の区分となっている。
  25. ^ a b c d e 窪田陽一 2009, p. 18.
  26. ^ a b c d ロム・インターナショナル(編) 2005, p. 217.
  27. ^ a b c d e f 窪田陽一 2009, p. 19.
  28. ^ 窪田陽一 2009, pp. 19-20.
  29. ^ 窪田陽一 2009, p. 20.
  30. ^ 窪田陽一 2009, p. 21.
  31. ^ a b 木村俊文「協働で守る農地・道路 - 長野県栄村 -」『農中総研 調査と情報』第4巻、株式会社農林中金総合研究所、2008年1月、 ISSN 1882-2460
  32. ^ “農家・地域住民等参加型の直営施工推進マニュアル” (プレスリリース), 農水省, (2005年8月), http://www.maff.go.jp/j/nousin/seko/top/t_rikai/t_chokuei/pdf/manual.pdf 
  33. ^ 「日本の未来が見える村 長野県下條村、出生率「2.04」の必然」 『日経ビジネス』 、2009年2月10日http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090209/185533/ 





道路と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「道路」の関連用語

道路のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



道路のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの道路 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS