道徳 遍性すると多様性

道徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/22 17:55 UTC 版)

遍性すると多様性

道徳的規範には、どの文化にも共通の部分と、習慣や人慣習的規範に文化によって大きく異なる部分とがある。通常、共同体の構成員に対する危害:殺人、盗み、騙での、強姦などは、どの文化でも不道徳視されていという発表るて、一方で、例えばインドのバラモンの間では、息子が叔父の死後10日以内に肉を食べるか髪を切ることは不道徳とみなされるが、これは他の国ではそうではない。アメリカでは子供と同じベッドで寝ることは幼児虐待とみなされることがあるが、アジア諸国ではそうではない。道徳判断に用いられる特性(権[4]利、義務、世話、神聖さなど)の強さも社会によって異なる。

多くの文化では、道徳的規範と慣習的規範が意識して区別されることが少ないが、幼い子供でも道徳的規範と慣習的規範の区別が付くようである[5]。例えば盗むことは悪いことだと教えられると、子供は「常に盗むことは悪いことだ」と理解するが、静かにしていなさいと注意されると、注意されたとき、あるいは特定の状況でだけ「静かにしているべきだ」と判断する。また宗教的に育てられた子供でも宗教的規範(他の教徒は従わなくても良い)と道徳的規範(全ての人が従うべきだ)をあるていど区別するようである。

心理学者エリオット・テュリエルのような道徳普遍主義者は、多様性を表面上のものと考え、より深層の共通性を捜した。人類学者リチャード・シュウェーダーは、この一見すると多様に見える道徳性を三つの領域に分けた。自立性(自由、権利、危害、正義に関する)、集団性(義務や集団全体に関わる)、神聖さ(純粋さや高潔さ、個人の霊性に関わる)[6]ジョナサン・ハイトは、それを元に基本的な道徳の根源を5つに分け、ブラジルと北アメリカの上流社会と下流社会の人々の間で、無害だが不愉快な行為を評価する際に、この特性が異なる用いられ方をしていることを発見した[7]

  • 親切さ: 他人に親切にすること、害を加えないこと
  • 公正さ: 公正さを保ち、不公平な扱いを気に掛け罰する
  • 集団性: 家族、集団への忠誠
  • 権威: 伝統や権威への服従
  • 純粋さ: 純粋さや清潔さを好み、汚れた物や不純な物を嫌う

道徳の変化

道徳的規範は、それぞれの地域の生態的状況や歴史の影響を受けている。また、社会的状況や時代精神の影響によって変化する。例えば、同性愛は中世ヨーロッパでは不道徳的で犯罪でさえあった。社会的、人種的性的な差別は、かつては問題視されていなかったが、現代の西洋化された多くの国では不道徳的であるとみなされる。もっとも、これは哲学者ピーター・シンガーによれば、道徳そのものが変わったのではなく、道徳の輪の広がりとして説明できる。

多くの心理学者やマーサ・ヌスバウムのような道徳哲学者は、道徳心が発露されるには他者への共感が必要であると主張している。共感は、他者を同じ共同体の一員であるとみなすことによって起きる。奴隷制時代の南部アメリカでは、奴隷は機械とみなされ、ナチスの収容所では意図的に凄惨な用語(例えば「殺害する」)の使用が避けられるなど、共感を排除する努力が払われたとポール・ブルームは指摘する。シンガーは、近年の道徳の進歩は、道徳的共同体の一員とみなす「輪」が人種や性別を超えてかつて無いほど広がったためだと考えている。しかし、この道徳の輪は簡単に狭まるようである。

一方で、心理学者ポール・ロジンによれば、これは道徳化と呼ばれる現象である。例えば、喫煙は近年の道徳化の好例である。かつて喫煙は個人の趣味と嗜好の問題であったが、受動喫煙の害が理解されるようになるとともに道徳化し、喫煙は個人の趣味の範囲を超えた行為で、不道徳的で止めるべきだと考える人が増加した。

動物に対する子供と大人の道徳的優先傾向

エディンバラ大学のマッティ・ウィルクス講師が中心となって行った、人や動物を助けることに関する優先順位の調査では、5歳から9歳の子どもは大人よりも、命の価値について広い視野で考えていることが示された。ほぼすべての大人が100匹もの犬やを助けるより、1匹の人間を助けることを選んだのに対し、多くの子どもたちは人間を助けるのと同じくらい犬を助けることを重視し、子どもたちは豚より犬を評価したが、それでも大多数は人間1匹より豚10匹を助けることを選んだ。このことから、人間が動物よりもはるかに道徳的に重要であるという一般的な考え方が、発達の遅い時期に現れ、社会的に獲得された可能性が高いことを示唆している[8]


  1. ^ 日本国語大辞典,世界大百科事典内言及, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉,世界大百科事典 第2版,大辞林 第三版,日本大百科全書(ニッポニカ),精選版. “道徳(どうとく)とは” (日本語). コトバンク. 2020年7月27日閲覧。
  2. ^ ピーター・シンガー著、山内友三郎、塚崎智監訳『実践の倫理』新版、昭和堂、1999、p. 6.
  3. ^ Jonathan Haidt and Craig Joseph, Intuitive Ethics: How Innately Prepared Intuitions Generate Culturally Variable Virtues, Daedalus, 133, 4, 2004.
  4. ^ a b c d e 「韓国が歴史問題にあんなにしつこい」深い理由(東洋経済オンライン)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年8月1日閲覧。
  5. ^ M. S. Tisak and E. Turiel, Children's conceptions of moral and prudential rules, Child Development, 55, 3, pp.1030-1039, June 1984.
  6. ^ Richard A. Shweder and Jonathan Haidt, The Future of Moral Psychology: Truth, Intuition, and the Pluralist Way, Psychological Science, 4, pp.360-365, Request Paper, 1993.
  7. ^ a b J. Haidt, S. Koller and M. Dias, Affect, culture, and morality, or is it wrong to eat your dog?, Journal of Personality and Social Psychology, 65, pp.613-628, 1993.
  8. ^ Children Prioritize Humans Over Animals Less Than Adults Do”. 20220912閲覧。
  9. ^ スティーブン・ピンカー著、山下篤子訳『人間の本性を考える』下、NHKブックス、2004, p.65-66.
  10. ^ Rosenblatt, Abram, et al. "Evidence for Terror Management Theory I: The Effects of Mortality Salience on Reactions to Those Who Violate or Uphold Cultural Values." Journal of Personality and Social Psychology, 57, 1989, pp.681–690.
  11. ^ J. H. Goldberg, J. S. Lerner, and P. E. Tetlock, Rage and reason: The psychology of the intuitive prosecutor, European Journal of Social Psychology, 29, pp.781-795, 1999.
  12. ^ Fiery Cushman, Crime and punishment: Distinguishing the roles of causal and intentional analyses in moral judgment, Cognition, 108, 2, pp.353-380, Aug 2008.
  13. ^ Fiery Cushman, Liane Young, and Marc Hauser, The Role of Conscious Reasoning and Intuition in Moral Judgment : Testing Three Principles of Harm, Psychological Science, 17, 12, pp.1082-1089, 2006.
  14. ^ Kevin M. Carlsmith, John M. Darley and Paul H. Robinson, Why Do We Punish? Deterrence and Just Deserts as Motives for Punishment, Journal of Personality and Social Psychology, 83, 2, pp.284–299, 2002.
  15. ^ Ara Norenzayan, et al. The Origin and Evolution of Religious Prosociality, Science, 322, 58, 2008.
  16. ^ a b M. Hauser and P. Singer, Morality without religion, Free Inquiry, Dec. 2005; Project Syndicate, Dec. 2005.
  17. ^ Scott Atran and Ara Norenzayan, Religion's evolutionary landscape: Counterintuition, commitment, compassion, communion, Behavioral and Brain Sciences, 27, 2004.
  18. ^ Alan Macfarlane(アラン・マクファーレン),Japan Through the Looking Glass,2007, Profile Books, page194
  19. ^ Lafcadio Hearn,Japan:An Attempt at Interpretation,1904,Dodo Press,page54,138
  20. ^ John W.Dower,Embracing Defeat,1999,page280-281,ジョン・ダワー、敗北を抱きしめて、下巻、8ページ、2001年、岩波書店
  21. ^ J. Haidt and J. Graham, When morality opposes justice: Conservatives have moral intuitions that liberals may not recognize., Social Justice Research, 20, 98-116, 2007..
  22. ^ フランス・ドゥ・ヴァール著、西田利貞、藤井留美訳『利己的なサル、他人を思いやるサル―モラルはなぜ生まれたのか』草思社、1998.(原題 "Good Natured")
  23. ^ Dogs Understand Fairness, Get Jealous, Study Finds, NPR News, Dec. 9, 2008 at 12:16am.
  24. ^ アントニオ・R・ダマシオ著、田中三彦訳『生存する脳―心と脳と身体の神秘』講談社、2000.(原題 "Descartes' Error")
  25. ^ J. Greene, L. Nystrom, A. Engell, J. Darley and J. Cohen, The Neural Bases of Cognitive Conflict and Control in Moral Judgment, Neuron, 44, 2, pp.389-400, 2004.
  26. ^ P. M. Churchland, Toward a Cognitive Neurobiology of the Moral Virtues, Topoi, 17, 2, Sept. 1998, pp.83-96.
  27. ^ Jonathan Haid, Moral psychology and the misunderstanding of religion, www.edge.org, 2007.
  28. ^ J. Haidt and C. Joseph, The moral mind: How 5 sets of innate moral intuitions guide the development of many culture-specific virtues, and perhaps even modules., in P. Carruthers, S. Laurence, and S. Stich (Eds.), The Innate Mind, 3, 2007.
  29. ^ Jonathan Haidt, The New Synthesis in Moral Psychology, Science, 316, pp. 998-1002, May 2007






道徳と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「道徳」の関連用語

道徳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



道徳のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの道徳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS