赤穂藩 西江原藩

赤穂藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/07 05:02 UTC 版)

西江原藩

西江原藩(にしえばらはん)は、江戸中期の10年間存在した藩。元禄10年(1697年森成利(蘭丸)の弟・忠政の家系で美作国津山藩主・森家の断絶にともない、津山藩2代藩主であった隠居中の長継が2万石で立藩した。

備中国後月郡西江原(岡山県井原市)周辺を領有し、西江原に陣屋が置かれた。宝永3年(1706年)2代・長直のとき、赤穂藩に転封し廃藩となった。

歴代西江原藩主

森家

外様 2万石

  1. 長継
  2. 長直

幕末の領地

支藩

参考文献

関連項目

外部リンク

先代:
播磨国
行政区の変遷
1615年 - 1871年 (赤穂藩→赤穂県)
次代:
姫路県


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「赤穂藩」の関連用語


2
70% |||||




6
52% |||||

7
52% |||||


9
52% |||||

10
52% |||||

赤穂藩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



赤穂藩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤穂藩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS