豆腐 歴史と調理法

豆腐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 21:54 UTC 版)

歴史と調理法

中国

中国の豆腐
中国の豆腐店
台湾風豆腐

豆腐の起源については諸説ある。16世紀李時珍によって編纂された『本草綱目』では、豆腐は紀元前2世紀前漢時代の淮南王で優れた学者でもあった劉安によって発明されたとしている[10][11][12]。また、本草項目よりも前の12世紀の朱熹(朱子)の著作に「世に伝う、豆腐はすなわち准南王の術」というくだりがあり、これ(豆腐准南王(劉安)起源説)が朱子学を通じて世に広まったともされる。現代の淮南市には「豆腐村」があり、劉邦の孫でもある劉安が不老長寿の食べ物を研究させていたときに偶然生まれたのが豆腐であるという伝説が残る[13]。しかし、真偽については必ずしも明らかではなく[14]、劉安の著した『淮南子』にも豆腐の文字は出てこない[13]

豆腐の原料となる大豆は遅くとも紀元前2000年頃までには中国の広い範囲で栽培されていたと考えられ、大豆加工食品は前漢時代の馬王堆漢墓からも出土しているとされるが、日本豆腐協会では劉安の時代の中国には豆腐の原料となる大豆が存在しなかったとしている[10][13]。大豆が中国に入ってきたのは劉安の活躍した約半世紀後のことであるという見方もある[13]

また一説には豆腐の起源は8世紀から9世紀にかけての唐代中期であるともいわれている[9][12]。実際、6世紀の農書『斉民要術』には諸味や醤油についての記述はあるものの豆腐の記述が見当たらず、文献上「豆腐」という語が現れるのは10世紀の『清異録』からである[13][12][15]。唐代には北方遊牧民族との交流によって、乳酪(ヨーグルト)、酪(バター)、濃縮乳)、乳腐(チーズ)などの乳製品が知られていた。このことから、豆腐は、遊牧民族の乳製品を漢民族がアレンジし、豆乳を用いて乳製品(特にチーズ)の代用品(乳「腐」から豆「腐」へ)として、発明されたものであるという説が唱えられている(篠田統(しのだおさむ)など)[13][注 2]。「腐」の文字は、中国では「くさる」という意味ではなく、「やわらかい個体」を意味することが多いことから、豆乳を固めてつくられた植物性チーズに「豆腐」の字を充当したものとも考えられる[13]

一方、乳腐は北方遊牧民族の常食の乳餅のことであるという見方もある。『本草綱目』での乳腐には「釈名:乳餅」とあり、他でも乳餅としている書物が多い[16]。このことから、乳腐は漢人の一部が胡人の乳餅を「乳腐」(畜乳で作った豆腐に似たもの)とも称したのではないかという説もある[7]。いずれにせよ、豆腐の起源については、未解明の部分が今なお存在する[13]

中国においては、伝統的には豆腐は生で食べるのではなく発酵豆腐などとして食べていたとされる[11]。また、中国の伝統的な豆腐は日本の豆腐よりも堅いが、これは油を用いる調理法が主流のため水分が少ないほうが都合がよかったためとされる[11]。少なくとも唐代後半には造られていた豆腐は、南宋末期のころには一般に普及し、朝や朝の時代になると豆腐の加工品も盛んに作られるようになった[11]安徽省南部で伝統的に生産されてきた毛豆腐は、白い毛カビが付着した発酵豆腐であり、現在も伝統食品として流通している。

今日、中国南部や香港・台湾では、日本の絹ごし豆腐のような滑らかな豆腐を冷やしてシロップをかけ、アズキフルーツトッピングして食べるデザートがあり、これを「豆花」と呼んでいる[17]

日本

おから(豆腐を作る際に残る物)
ゆし豆腐

日本の豆腐は柔らかくて淡白な食感を特徴とする独特の食品として発達した[11]

一般に豆腐は中国から日本へ伝えられたとされる。遣唐使によるとする説が最も有力とされるが[18]、その一員でもあった空海によるという説、鎌倉時代の帰化僧によるとするなど諸説ある。ゆばこんにゃくなどとともに鎌倉時代に伝来したとみる説もある[11]。ただ、1183年寿永2年)の奈良・春日神社の供物帖の中に「唐府」という記述がある[18][9][12]

鎌倉時代末期頃には民間へ伝わり、室町時代には日本各地へ広がった。そして江戸時代にはよく食べる通常の食材となったとされる[9][11]。この江戸時代の豆腐は、今日でいう木綿豆腐のみであった[9]

豆腐は庶民の生活に密着しており、江戸では物価統制の重要品目として奉行所から厳しく管理されていた。「豆腐値段引下令」に応じない豆腐屋は営業停止にされるため、豆腐屋は自由に売値を決めることは出来なかった[19]。江戸後期には各藩で財政難となり大名の献立にもしばしばのぼる食材であった[20]下野国壬生藩の鳥居家の食事記録を調べると、菜は月に1日を除いて全て豆腐料理が出されていた[20]

一方、江戸において豆腐料理屋は評判で、江戸で初めて絹ごし豆腐を売った「笹の雪」はいまだに続いている老舗である。当時、庶民に親しまれたのは豆腐の田楽であり、豆腐を串に刺して焼き、赤みそを付けて食べる料理であった[21]

天明2年(1782年)に刊行された『豆腐百珍』には、100種類の豆腐料理が記述されている[20]。また、豆腐は様々な文学でも親しまれてきた。当時より、豆腐は行商もされており、前述の豆腐百珍は大きな人気を得るほど一般的な料理であった。行商の豆腐屋はラッパを鳴らしながら売り歩いていた。関東地方では、明治時代初期に乗合馬車鉄道馬車の御者が危険防止のために鳴らしていたものを、ある豆腐屋が「音が“トーフ”と聞こえる」ことに気づき、ラッパを吹きながら売り歩くことを始めたものである。その由来のようにラッパは「豆腐」の高低アクセントに合わせて2つの音高で「トーフー」と聞こえるように吹くことが多いが、地域や販売店によっても異なり、「トー」と「フー」が同じ音高の場合もある。2つの音高を使うラッパの場合、1つのリードで2つの音高が出る仕組みになっており、呼気と吸気で音高が変わる。スーパーなどが増えて歩き売りをする豆腐屋が減ったものの、近年では昭和の頃のように地域に密着した商売をする人も出て来ており豆腐屋のラッパが復刻されている[22][23][24]近畿地方では、豆腐屋はラッパではなく鐘(関東ではアイスクリーム屋が用いていた)を鳴らしていた[25]

近代工業が発達するに連れて豆腐の製造作業の機械化も進み、わずかの大豆から効率よく豆腐が大量生産できるようになり、より安価で提供されるようになった。柔らかいタイプの豆腐は昭和以前には[注 3]個人経営の豆腐屋で毎日作られ、動かすことで形が崩れることの無いよう、売る間際まで店頭の水槽の中に沈められているものであった。

現代日本でも豆腐は非常に一般的な食品であり、そのまま調味料をかけて食べられるほか、様々な料理に用いられている。冷奴湯豆腐味噌田楽などのように主要食材になるほか、汁物鍋料理の具材、料理のベースになる食材として使われるなど用途は多彩になっている。

技術進歩で、常温で120日保存可能な豆腐も販売されている[26]厚生労働省によると日本では、かつて細菌の繁殖で健康被害が発生したことから、1974年に、おおむね10以下の冷蔵保存か、水槽内で冷水を絶えず交換しながら保存するなどの製造・保存基準が定められたという。国内メーカーは1986年から常温保存用の豆腐(無菌充填など)を輸出しており、これに関して業界団体は災害時の販売・配布の観点からも基準の見直しを要望してきた[27] [28][29]

水にさらさず直接容器にすくい上げたものは「寄せ豆腐」「おぼろ豆腐」と言う。ほぼ同様の沖縄の伝統食品として「ゆし豆腐(ゆしどうふ)」がある。

堅豆腐(固豆腐)や五箇山豆腐など非常に硬い豆腐があり、これは濃度の高い豆乳を使用したり、多めに凝固剤を使用したり、重石で脱水したりする事による。

沖縄諸島

沖縄県地方の豆腐も、日本同様中国との交易を通じて伝来したものであり、中国の豆腐と似ていて固くしまり、ずっしりとした重量をもち、「しま豆腐」と呼ばれる[30]。中国同様、生しぼりの豆乳で製造し、強く押圧して水分をしぼる[30]。しかし、天然の石膏が豊富で内陸が深く広大な中国大陸では凝固剤として石膏が用いられることが多いのに対し、琉球列島では日本同様「にがり」が凝固剤として用いられる[30]

朝鮮半島

朝鮮半島では「トブ」といい、中国同様固い豆腐である[30]高知県土佐国)の「一升豆腐」は、安土桃山時代長宗我部元親李氏朝鮮より豆腐職人を連れ帰り、彼らに造らせた豆腐が起源だとされる[30]

ミャンマー

ミャンマーでは「トーフー」という[30]シャン族ヒヨコマメから豆腐を作っている(「ビルマ風豆腐」を参照)。

ジャワ島

インドネシア・スラカルタ(ジャワ島中部)の豆腐料理

インドネシアジャワ島では「トーフ」と称する[30]

欧米諸国

17世紀にで布教したスペインドミニコ会宣教師ドミンゴ・フェルナンデス・ナバレテはその著書の中で「teu fu」を豆から作られる中国のチーズとして紹介した。18世紀にナバレテの書物の英訳を読んだベンジャミン・フランクリンは豆腐に強い興味を示し、イギリス東インド会社のジェームズ・フリントに「tau-fu」の製法を問い合わせた。フリントはフランクリンあての1770年1月3日づけの手紙で「towfu」の製法を説明した。これが英語で初めて豆腐に言及した文献と考えられている[31]

20世紀末期以降のアメリカを始めとする欧米諸国では、高カロリー・高脂質動物性食品嗜好食品を多く摂る不健康な食習慣への反省と健康的な食品への関心の高まりによる健康ブームに伴い、健康の視点から優れた食品と言える豆腐が注目を集めるようになった。

しかし、1980年代までのアメリカでは、家畜のエサである大豆から作られたイメージなどから、消費者調査で不人気ナンバーワンの食品に位置づけられたこともあった。日常的にスーパーマーケットの棚に並ぶようになったのは、森永乳業のアメリカ現地法人が売り込みに成功した1990年代以降である[32]。以降、菜食主義者にとってはバーベキューステーキハンバーガージャーキーなどの肉の代替品として豆腐が使われている。


注釈

  1. ^ 日本の豆腐は豆腐ようなど一部を除いてほとんどが発酵していないものである。中国では豆腐を発酵させた腐乳臭豆腐も一般的。
  2. ^ この説には腐乳は清朝(『隋園食単』岩波書店 1980年)になってからであるという反論がある。著者は北方遊牧民族に腐乳が見当たらないとも書いてある。
  3. ^ 古来の豆腐は堅いタイプであるため、豆腐の全史からすれば、柔らかい豆腐のデリケートさは最近のものである。
  4. ^ ほととぎす自由自在にきく里は酒屋へ三里豆腐やへ二里」(ほととぎすの声が聞けるような場所は、近くの酒屋豆腐屋へ2里3里もある不便な田舎だ)江戸時代後期に、ほととぎすの多い郊外へ引っ越すことが流行った。当時の見さかいのない風流ばやりを馬鹿にした句。
  5. ^ 古典的製法の古文書は『豆腐集説』を参照のこと

出典

  1. ^ 水を抜いて固める、堅豆腐 日本豆腐協会(2021年5月25日閲覧)
  2. ^ a b 「豆腐 健康志向で新商品/肉のように加工■食べやすく棒状に」『読売新聞』朝刊2021年4月15日くらし面
  3. ^ 「豆腐・こんにゃく食べ方革命」『日経MJ』2021年5月10日フード面
  4. ^ 醒狂道人何必醇 輯『豆腐百珍』正編(1782年)
  5. ^ 滑壽(写作) 呉勉学『難経本義』(三十一難) 宋代
  6. ^ 『中国語大辞典』角川書店 1994年
  7. ^ a b 松崎修『食文化雑学:言語から考えるホントの語源』文芸社 2015年
  8. ^ いわれ”. 豆富料理 笹乃雪. 2015年11月18日閲覧。
  9. ^ a b c d e f 杉田浩一編『日本食品大事典』 医歯薬出版 p.84 2008年
  10. ^ a b 豆腐の歴史 15. 豆腐のルーツは中国。その発明者は?”. 日本豆腐協会. 2012年2月11日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g 『Cook料理全集5 豆腐と豆の料理』(千趣会 1976年)p.202
  12. ^ a b c d 岡田哲著『たべもの起源事典』(東京堂出版 2003年)p.314
  13. ^ a b c d e f g h 『日本の伝統食』(角川春樹事務所・グルメ文庫)pp.200-201
  14. ^ a b c 『丸善食品総合辞典』(丸善 1998年)p.754
  15. ^ 陶穀 『清異録』 官志門・小宰羊https://archive.org/stream/06047418.cn#page/n34/mode/2up。"時戢為青陽丞、潔己勤民、肉味不給、日市豆腐数箇。邑人呼豆腐為小宰羊。"。 
  16. ^ 『古代日本のチーズ』角川書店 1996年
  17. ^ 次なるブーム「豆花」ってなに!?材料や味を詳しく解説!, docomo, (2019-10-24), https://apprev.smt.docomo.ne.jp/news/news-294026/ 2021年9月26日閲覧。 
  18. ^ a b 豆腐の歴史 16. 日本に豆腐の製造方法をもたらしたのは遣唐使?”. 日本豆腐協会. 2018年6月16日閲覧。
  19. ^ 飯野亮一『居酒屋の誕生』ちくま学芸文庫 2014年、ISBN 978-4-480-09637-1 pp.284-285
  20. ^ a b c 世界の食文化雑学講座”. キッコーマン. 2020年4月10日閲覧。
  21. ^ 豆腐の歴史 7. 江戸で評判だった豆腐料理屋”. 日本豆腐協会. 2018年6月16日閲覧。
  22. ^ “探訪 都の企業:<こだわり製品編>【上】豆腐屋のラッパ復刻 日本教育楽器(港区芝大門)”. 東京新聞. (2013年7月30日). http://www.tokyo-np.co.jp/feature/kigyou/news/130730.html 2018年6月16日閲覧。 
  23. ^ ぶらり途中下車の旅 放送内容 2012年11月3日放送分”. 日本テレビ. 2018年6月16日閲覧。
  24. ^ 11月16日放送 “ものづくり”心と技を次世代へ NHK「団塊スタイル」公式ホームページ”. 日本放送協会. 2012年12月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年6月16日閲覧。
  25. ^ 野瀬泰申. “豆腐(その3)豆腐屋の合図はラッパ、それとも鐘?”. 日本経済新聞 電子版. 日本経済新聞社. 2011年12月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月11日閲覧。
  26. ^ 「豆腐 120日常温保存実現/備蓄・野外活動に最適」『日本農業新聞』2021年5月14日14面
  27. ^ “豆腐の「常温」販売を解禁へ 非常食での利用も可能に”. 朝日新聞. (2016年11月29日). オリジナルの2016年11月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161129182116/https://www.asahi.com/articles/ASJCY55H2JCYULBJ00F.html 
  28. ^ “災害時の重要なたんぱく源…豆腐「常温で販売」解禁へ”. 読売新聞. (2016年11月30日). オリジナルの2016年12月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161201132751/https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161130-OYTET50014/ 
  29. ^ 長澤まき (2016年11月30日). “1~2年後に「豆腐」が常温販売されるように?厚労省の決定に驚きの声”. IRORIO. 2018年6月16日閲覧。
  30. ^ a b c d e f g 『日本の伝統食』(角川春樹事務所・グルメ文庫)pp.206-207
  31. ^ William Shurtleff; Akiko Aoyagi (2013). History of Tofu and Tofu Products (965 CE to 2013). Soyinfo Center. pp. 72-73. ISBN 1-928914-55-1. https://books.google.com/books?id=gGrUNvZt0_YC&pg=PA73 
  32. ^ JBAセミナー 豆腐バカ世界に挑む” (2015年). 2019年5月21日閲覧。
  33. ^ a b c d e f 『丸善食品総合辞典』丸善 p.753 1998年
  34. ^ a b c d e 杉田浩一編『日本食品大事典』(医歯薬出版 2008年)p.86
  35. ^ a b 安達巖『日本型食生活の歴史』
  36. ^ a b c d e 食品成分データベース 文部科学省(2019年4月1日)
  37. ^ a b c 杉田浩一編『日本食品大事典』(医歯薬出版 2008年)p.85
  38. ^ 『丸善食品総合辞典』丸善 pp.753-754 1998年
  39. ^ 森孝夫『食品加工学実験書』
  40. ^ ]https://www.weblio.jp/content/%E5%85%85%E5%A1%AB%E8%B1%86%E8%85%90 充填豆腐(Weblio辞書)]
  41. ^ 山口百々男『日本の文化・観光・歴史辞典』
  42. ^ a b c d e f g 食彩の王国 第412回『堅とうふ』”. tv asahi (ウェブサイト). テレビ朝日. 2018年6月16日閲覧。
  43. ^ 豆腐・原料大豆の消費量”. 全国豆腐連合会. 2018年6月16日閲覧。
  44. ^ 大豆のまめ知識:Q.5 大豆の自給率は?”. 農林水産省. 2018年6月16日閲覧。
  45. ^ 大豆のまめ知識:Q.18 日本の大豆の輸入相手先は?”. 農林水産省. 2018年6月16日閲覧。
  46. ^ 大北昌彦「商社の人と仕事 非遺伝子組み換え大豆の安定確保への取り組み (PDF) 」 『日本貿易会月報』2009年5月号No.670、日本貿易会、2009年5月、 51-53頁、2018年6月16日閲覧。
  47. ^ アメリカ大豆って?”. アメリカ大豆輸出協会. 2018年6月16日閲覧。
  48. ^ 大豆のまめ知識:Q.49 国産大豆使用製品の表示は?”. 農林水産省. 2018年6月16日閲覧。
  49. ^ 加工食品品質表示基準改正のポイント 「特色のある原材料表示」及び「原料原産地表示」 (PDF)”. 東京都福祉保健局. 2018年6月16日閲覧。[リンク切れ]
  50. ^ 大豆のまめ知識:Q.50 遺伝子組換え大豆に係る表示は?”. 農林水産省. 2018年6月16日閲覧。
  51. ^ 『本草綱目』穀之四・豆腐
  52. ^ a b 『Cook料理全集5 豆腐と豆の料理』(千趣会 1976年)p.203
  53. ^ 豆腐事業者数の推移・販売額等”. 全国豆腐連合会. 2018年6月16日閲覧。
  54. ^ a b c 森永宅配ミルク”. (公式ウェブサイト). 森永乳業. 2012年2月11日閲覧。
  55. ^ a b c ほんとうふ”. (公式ウェブサイト). ハウス食品. 2012年2月11日閲覧。[リンク切れ]
  56. ^ 豆腐 - チルド商品”. SHOPハウス(公式ウェブサイト). 井村屋. 2012年2月11日閲覧。[リンク切れ]
  57. ^ a b “豆腐店、続々廃業「365日働いても利益ない」”. 読売新聞. (2013年11月2日). http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20131102-OYT1T00227.htm 2013年11月3日観覧閲覧。 
  58. ^ くるみ豆腐
  59. ^ 『広辞苑』(第四)岩波書店、1991年、718頁。ISBN 4000801015 
  60. ^ 富江 ハス子「茶わん蒸し」『調理科学』第24巻第1号、日本調理科学会、1991年、 71-75頁、 doi:10.11402/cookeryscience1968.24.1_71
  61. ^ 広辞苑 第5版』岩波書店
  62. ^ a b 『Cook料理全集5 豆腐と豆の料理』(千趣会 1976年)p.190
  63. ^ 豆腐が持つ驚きの6つのパワー 木綿と絹ごし栄養多いのはどっち? (1/1)”. 介護ポストセブンl (2020年6月25日). 2020年11月20日閲覧。
  64. ^ 豆腐と栄養・健康”. (公式ウェブサイト). 愛知県豆腐商工業協同組合[1]. 2012年2月11日閲覧。
  65. ^ Google Noto Fonts”. Google Inc.. 2017年4月20日閲覧。






豆腐と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

豆腐のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



豆腐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの豆腐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS