谷川浩司 谷川浩司の概要

谷川浩司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/16 08:47 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
 谷川浩司 九段
名前 谷川浩司
生年月日 (1962-04-06) 1962年4月6日(59歳)
プロ入り年月日 1976年12月20日(14歳)
棋士番号 131
出身地 兵庫県神戸市須磨区
師匠 若松政和八段
永世称号 十七世名人(襲位は原則引退後)
段位 九段
棋士データベース 谷川浩司
戦績
タイトル獲得合計 27期
一般棋戦優勝回数 22回
2018年3月14日現在
テンプレートを表示

タイトル通算獲得数は歴代5位

日本将棋連盟棋士会会長(初代、2009年4月 - 2011年3月)[1][2]日本将棋連盟専務理事(2011年5月 - 2012年12月)を務め、日本将棋連盟会長(2012年12月 - 2017年1月)を務めた。

プロデビューまで

5歳の頃、5つ年上の兄・俊昭との兄弟喧嘩が絶えなかったため、父が兄弟喧嘩を止めさせる目的で将棋盤を買ってきて兄弟で将棋を指させた。これが、将棋との出会いである[3][4]。ルールは百科事典で調べたという[5]。そして、兵庫県の大会に出るようになって、面白さを感じるようになっていく。なお、この話には「兄弟喧嘩はむしろひどくなった」というオチがある[3]。負けず嫌いだった谷川は「駒を投げつけたり、噛んだりした」という[6]

小学生時代、神戸・三宮でおこなわれた将棋のイベントで内藤國雄(当時八段)と対局したこともある[6]。この対局について、内藤は「中盤から終盤への感覚が優れていた」と谷川を評し[6]、谷川も「大きな自信になった」と回顧している[6]

プロを目指すことになった浩司は、小学5年の4月(1973年)に、5級で奨励会で指し始める。以降、順調に昇級・昇段を重ね、中学2年時代の1976年12月20日に四段に昇段してプロデビューした。加藤一二三以来、史上2人目の「中学生棋士」となっている。プロ将棋史上、中学2年以下でプロ入りした棋士は谷川が史上初である(加藤の方が四段昇段時の年齢は若かったが、誕生日の関係で加藤のプロ入りは中学3年であった)[注 1]

なお、兄・俊昭は灘中学校・高等学校東京大学リコー(将棋大会トップクラスの常連)で将棋部に在籍し、アマチュアのタイトルを何度も獲得した[7](2016年現在はネスレ日本の神戸本社勤務)[8]。「将棋ジャーナル」誌の企画対局において、四段時代の羽生善治平手で勝ったこともあるほか[9]、『週刊将棋』のアマプロ平手戦では佐藤康光にも勝っている[8]

棋歴

末尾の年表 も参照。

1983年に史上最年少名人になった頃、「中原時代」を築いた中原誠十六世名人の後継者と目され、1991年度には四冠王となった。しかし続いてやってきたのは「谷川時代」ではなく、‘羽生世代’の棋士達との対決の時代であった。特に、羽生善治との150局を超える戦い(現役棋士同士では最多)は、ゴールデンカードと呼ばれることとなる。

史上最年少名人

「中学生棋士」として脚光を浴びてプロデビューした谷川は、順位戦名人戦の予選)において、最初の1期(1977年度)だけ足踏みをする。しかし、その後は4期連続昇級して一気にA級に上がる。この間、1978年度に、若手の登竜門である若獅子戦(優勝者のほとんどが後のA級棋士)で棋戦初優勝をしている。なお、この頃の順位戦(1977 - 1985年度)は、A級に相当するリーグが「名人戦挑戦者決定リーグ戦」、B級1組 - C級2組に相当するリーグが「昇降級リーグ戦1組」 - 「〃4組」という名称であった(主催社が朝日新聞社から毎日新聞社に変わった影響)。

かくして、A級八段(1982年4月1日付け)となった谷川であるが、夢は中原名人を破って名人となることであった。その4月から中原名人は加藤一二三挑戦者と名人戦を戦っていた。この第40期名人戦七番勝負は、フルセットで、しかも、持将棋が1局、千日手が2局という「十番勝負」となっていた。谷川は、この最終局の解説会(東京・将棋会館)で解説役を務めていた。結果は加藤の勝ちとなったが、谷川は当時の心境について「加藤先生には申し訳ないが、中原先生に名人のままでいてもらわなければ困ると思っていた。(解説役を務める立場なのに)加藤先生の勝ちとなったときには呆然とした。」との旨を語っている。また、後年の自著には、「名人戦の舞台で、加藤先生と戦えたことは、幸運であった。」と書いている[10]

谷川は、加藤名人への挑戦者を決める第41期名人戦挑戦者決定リーグ戦(A級順位戦)でも快進撃を続け、7勝2敗で1位タイの成績を収め、中原誠とのプレーオフを制して名人挑戦権を得る。そして、第41期名人戦(谷川4-2加藤)において、第6局(1983年6月14日 - 6月15日)までで勝ち、初タイトル・名人を獲得。史上最年少名人(21歳)[注 2]の記録を打ち立てた。谷川は五段から八段を全て順位戦昇級により昇段したため、名人位獲得をA級から名人への昇級と考えると、史上初めて五段から九段まで全て順位戦昇級で昇段したことになる(後に丸山忠久も達成)。タイトル獲得での会見で「1年間、名人位を預からせていただきます」と語った。後に、将棋フォーカスのインタビューでは、「他のタイトル戦は中原誠先生に後れを取っていると感じていた。」と語っている。

1983年7月19日の対・大山康晴戦(王位リーグ)で、大山の玉を詰ます手順の中で打ち歩詰め回避の角不成(99手目▲4三角引不成)という、まるで作った詰将棋のような手を指して勝っている(実際の局面図は打ち歩詰め#実戦における打ち歩詰め を参照)。

1983年度の第2回全日本プロトーナメントで、プロ入りが同期の田中寅彦と決勝三番勝負を戦う。若手時代、谷川は序盤不得意で終盤得意、逆に田中は序盤得意で終盤不得意ということで、よく比較され、ライバルと呼ばれることがあった。谷川は、この決勝を2-1で制して優勝。これが、全棋士参加のトーナメント棋戦における初優勝である。同棋戦とは相性が良く、19回の歴史の中で谷川の優勝は通算7回、準優勝は通算3回である[注 3]

翌年(1984年)、初のタイトル防衛戦となる第42期名人戦(谷川4-1森安秀)では、粘り強い棋風から「だるま流」と呼ばれた森安秀光を相手に、4勝1敗で名人位防衛に成功する。このとき「これで弱い名人から、並みの名人になれたと思います」と述べている[11]

第44期(1984年度前期)棋聖戦(谷川0-3米長)で米長邦雄棋聖(棋王・王将)に挑戦。名人対三冠王ということで注目された。しかし、第1局で相手の歩の数を間違えて読むというポカがあり、また、第2局では米長の「泥沼流」の受け(91手目▲5八玉)から逆転負けをするなどして[12]、ストレート負けで、タイトル戦での初の敗北を喫する。ちなみに、米長はこの少し後に中原から十段位を奪い、谷川名人と中原十段を倒して四冠王になった。

1985年度、3度目の防衛戦となる第43期名人戦(谷川2-4中原)で、挑戦者の中原に敗れる。また、同年度の第33期王座戦(谷川1-3中原)では、谷川が中原への挑戦権を得たが、奪取はならなかった。しかしながら、全日本プロトーナメントで3連覇し、第11期棋王戦(谷川3-0桐山)では「いぶし銀」こと桐山清澄から棋王位を奪取した。さらには、NHK杯戦優勝、初の最多勝利(56勝)、前述の王座挑戦などの活躍により、将棋大賞最優秀棋士賞を初受賞する。

四冠王へ

次は、谷川より少し遅れて台頭してきた「55年組」の一人である高橋道雄とのタイトル戦が3つ続く。

1986年度、第12期棋王戦(谷川1-3高橋)は、高橋が先手の2局は相矢倉、谷川が先手の2局は角換わり腰掛銀となり、相手の得意戦法を2度ずつ受けて立つ戦いとなった。結果は、角換わりで1敗した谷川が棋王を失冠し、無冠となった。

しかし、翌1987年度に、第28期王位戦(谷川4-1高橋)で高橋から奪取する。なお、この王位戦七番勝負の日程と並行して、両者は十段戦リーグでも2度対戦しており、結果は1勝1敗であった(高橋はこの期に福崎文吾から十段位を奪う)。さらに、第13期棋王戦(谷川3-(持1)-2高橋)においては、前年に高橋から奪われた棋王位を奪還する。これで、自身初の二冠(王位・棋王)となる(2度目の最優秀棋士賞受賞)。

1988年度、第46期名人戦(谷川4-2中原)は「中原名人への挑戦」となった。3勝1敗で中原を追い詰めた後の第5局で、中原の悠然とした態度に威圧され2勝目を返されるが[10]、第6局で勝ち名人に復位。この時点で初めて三冠(名人・王位・棋王)となった。しかし、同年度の第29期王位戦(谷川3-4森)で‘終盤の魔術師’こと森雞二に敗れ、第14期棋王戦(谷川2-3南)では「55年組」の一人で‘地蔵流’こと南芳一に敗れて、名人のみの一冠となった。

1989年度、第47期名人戦(谷川4-0米長)で名人位を防衛し、さらに第30期王位戦(谷川4-1森雞二)で森から王位を奪還して二冠(名人・王位)に復帰する。

1990年度、第48期名人戦(谷川2-4中原)で再び中原誠に名人位を奪われたものの、第38期王座戦(谷川3-1中原)で中原誠から王座を奪取し、すぐに二冠(王位・王座)に復帰する。その間、第31期王位戦(谷川4-3佐藤康)ではタイトル戦初登場の五段・佐藤康光にフルセットに持ち込まれたが、辛くも防衛に成功した。

同年度、第3期竜王戦(谷川4-1羽生)で、羽生善治と初めてタイトル戦の舞台で戦い、羽生から竜王を奪取。自身2度目の三冠(竜王・王位・王座)となった(3度目の最優秀棋士賞受賞)。しかしながら、この竜王戦で3-0の後の第4局で、(入玉模様ではない攻め合いの)203手の名局で羽生から1勝を返されたことに関し、「4-0か4-1かというのは(その後のことを考えれば)大きかったかもしれない」[10]と述べている。

そして、四冠王となる年である1991年度を迎える。

第32期王位戦(谷川4-2中田宏樹)では、三冠のうちの一冠を防衛。

第39期王座戦(谷川2-3福崎)での相手は、かつて谷川に「感覚を破壊された」[注 4]とまで言わせた穴熊の名手・福崎文吾であった。最初の2局で福崎の穴熊戦法の前に屈したのが大きく、王座を失冠した(二冠に後退)。この最終局は千日手指し直しとなったが、その終盤、喉が渇いて苦しそうにしている福崎に、谷川は自分の茶を差し出した。福崎はそれを飲み干した後、自らを勝ちに導く妙手を発見した[13]

しかし、それでも谷川は失速しなかった。

第4期竜王戦(谷川4-(持1)-2森下)で、矢倉の「森下システム」で知られる森下卓の挑戦を退けて、防衛に成功する。第1局は角換わりの出だしからの持将棋であった。

次に、第59期(1991年度後期)棋聖戦(谷川3-0南)で南芳一を破り、初めて棋聖位に就く。さらには、第41期王将戦(谷川4-1南)でも南を破り、初めての王将位を獲得する(1992年2月28日)。

これで、全7タイトルを各1回以上獲得したことになり[注 5]、また、大山康晴、中原誠、米長邦雄に次いで史上4人目の四冠王(竜王・棋聖・王位・王将)となった(4度目の最優秀棋士賞受賞)。

四冠達成までの過密スケジュール
1991年
11月22日 ○ 棋聖戦・挑戦者決定戦(阿部) = 棋聖挑戦権獲得
11月26日-27日 ● 竜王戦第4局(森下)
11月30日 ○ 天王戦・決勝(村山) = 優勝
12月1日 ○ 棋王戦・敗者復活戦1回戦(加藤(一))
12月4日-5日 ○ 竜王戦第5局(森下)
12月7日 ○ 王将リーグ6回戦(中原)
12月10日 ○ 棋聖戦第1局(南)
12月12日 ○ 棋王戦・敗者復活戦2回戦(塚田(泰)
12月13日 ○ 王将リーグ7回戦(屋敷) = 4勝2敗で4人が並ぶ
12月17日-18日 ○ 竜王戦第6局(森下)
12月20日 ● A級順位戦(高橋)
12月24日 ○ 棋聖戦第2局(南)
12月26日-27日 ○ 竜王戦第7局(森下) = 竜王防衛
12月29日 ○ 王将リーグ・プレーオフ1回戦(米長)
12月31日 ○ 王将リーグ・プレーオフ2回戦(中原) = 王将挑戦権獲得

1992年

1月7日 ○ 棋王戦・敗者復活戦3回戦(高橋)
1月10日 ○ 棋聖戦第3局(南) = 棋聖奪取
1月14日 ○ A級順位戦(石田
1月16日-17日 ● 王将戦第1局(南)
1月23日 ● 棋王戦・敗者復活戦決勝(南)
1月27日-28日 ○ 王将戦第2局(南)
2月3日 ● 全日プロ・準々決勝(中田(宏))
2月5日-6日 ○ 王将戦第3局(南)
2月12日 ● A級順位戦(南)
2月17日-18日 ○ 王将戦第4局(南)
2月27日-28日 ○ 王将戦第5局(南) = 王将奪取四冠達成
(3月2日 ● A級順位戦(大山))

※タイトル戦の各局の前日には、対局場検分と前夜祭のスケジュールもある。
※テレビ棋戦(NHK杯戦早指し選手権)の対局日は不明。

羽生世代との対決(1)

1992年度は6度のタイトル戦(うち、防衛戦が5つ)で「羽生世代」のうちの3人と対決する。

前期・後期の棋聖戦・第60期棋聖戦(谷川3-1郷田)と第61期棋聖戦(谷川3-(持1)-0郷田)では、郷田真隆を相手に2度防衛する。しかし、第33期王位戦(谷川2-4郷田)では郷田に敗れて三冠(竜王・棋聖・王将)に後退するとともに、郷田の史上最低段タイトル獲得(四段)の記録達成を許してしまう。

第5期竜王戦(谷川3-4羽生)では羽生に奪取され、二冠(棋聖・王将)に後退する。

第42期王将戦(谷川4-0村山聖)では防衛に成功したものの、第18期棋王戦(谷川2-3羽生)ではフルセットの戦いの末、奪取に失敗する。

そして、翌1993年度からは、タイトル戦の相手がほとんど羽生だけになる。

1993年度前期の第62期棋聖戦(谷川1-3羽生)で失冠し、王将のみの一冠となる。これで、羽生とのタイトル戦で3連続敗退となり、この頃から羽生に対して苦手意識を持ったという[10]。第41期王座戦(谷川1-3羽生)では奪取失敗。

同年度、第63期(1993年度後期)棋聖戦(谷川2-3羽生)は、羽生へのリターンマッチとなる。最初の2局で2連敗したが、この2敗目の一局(1993年12月24日)での羽生の指し方は、従来の将棋の常識からかけ離れたものであった。まず、序盤早々、18手目△4二角と引いて4四の歩のタダ取りを許し、さらには、谷川の玉に迫っていた7九の と金を9九の香車を取るだけのために2手をかけて、△8九と(56手目)- △9九と(64手目)と「退却」させた。売られた喧嘩を谷川が買う乱戦となったが、最後は羽生の勝ちとなった。しかし、この2連敗の後、千日手2回による日程繰り延べがあり、その後に2連勝という粘りを見せてフルセットの戦いに持ち込んだ。その2勝目(1994年1月31日)は、タイトル戦としては非常に珍しい49手という短手数で羽生を投了に追い込んだものである。しかし、最終局の矢倉戦で敗れて奪取に失敗した。

第43期王将戦(谷川4-2中原)では、中原を相手に王将の一冠を死守した。一方、羽生は、この年度に佐藤康光に竜王位を獲られたものの、棋聖と王位を防衛して四冠を堅持、名人戦で、米長を降し、五冠に復帰、竜王戦や、王将戦の挑戦権を獲得、翌年、佐藤から、竜王位を、取り返し、史上初の6冠を達成するなど、全冠制覇への道を歩んでいた。

執念・屈辱

1994年度は、第64期棋聖戦(谷川1-3羽生)と第42期王座戦(谷川0-3羽生)で羽生に挑戦するが、いずれも敗退する。一方、羽生は、二大タイトルの名人、竜王をそれぞれ米長邦雄、佐藤康光から奪取して史上初の六冠王となり、残るタイトルは、谷川が持つ王将位だけという状況になった。そして、羽生は第44期王将リーグで5勝1敗で郷田と並び、プレーオフを制して、ついに全七冠制覇をかけて谷川王将に挑んでくる。

そして迎えた第44期王将戦(谷川4-3羽生)は、第1局(1995年1月12日 - 13日)の谷川の先勝で始まった。

ところが、その第1局と第2局(1月23日 - 24日)の間に谷川は、阪神・淡路大震災1995年1月17日)で被災する。しかも、第2局より前の1月20日には米長邦雄とのA級順位戦があった。19日に妻の運転で神戸から大阪に脱出したが、13時間もかかったという[14]。それでも谷川は、対・米長戦で勝ち、羽生との王将戦第2局でも勝った。しかし、羽生も粘って3勝3敗とし、フルセットに持ち込んだ。

そして、青森県・奥入瀬で行われた最終第7局(1995年3月23日 - 3月24日)は相矢倉の将棋となったが、2日目に76手で千日手が成立し、その日のうちに指し直しとなった。指し直し局は、先手・後手が逆であるにもかかわらず、40手目まで千日手局と全く同じ手順で進み、「お互いの意思がピッタリ合った」[15]。41手目で初めて先手の谷川が手を変えた。結果、111手で先手・谷川の勝ちとなり、4勝3敗で王将を防衛。最後の砦として羽生の七冠独占を阻止した。この日は、将棋界の取材としては異例の数の報道陣が大挙して詰めかけていた。勝利したのが谷川であったのにもかかわらず、対局後にカメラやマイクが主に敗者である羽生善治に向けられたのも異例のことであった。後に谷川は、「震災がなかったら獲られていたかもしれない」と語っている。また、後年、インタビューにて「一度、七冠のチャンスは作れても、二度は無理だろうと思っていた。」とも語っている[10]

1995年度、羽生は開幕から名人、棋聖、王位、王座、竜王と全て防衛に成功し、さらに王将リーグも再び制覇して2年連続で谷川王将の挑戦者となる。

この第45期王将戦七番勝負(谷川0-4羽生)では、羽生が開幕から3連勝し、あっという間に谷川を追い詰める。

山口県マリンピアくろいで行われた第4局(1996年2月13日 - 2月14日)の戦形は、勝っても負けても大差の内容になりやすい「横歩取り」となり、谷川は先手番で中原囲いを組むという新構想を見せる。2日目の模様は、NHKの衛星テレビで放送され、時間枠は午前9時から終局まで(12:00 - 13:30は中断)という異例の長さであった。その中継会場(大盤解説)は大入りで、その熱気で解説役の森下卓山田久美は汗だくだったという[16]

谷川にとって37手目が悔やまれる一手であった。2日目の15時半頃にはすでに羽生が勝勢。そして、もはや自玉に受けがなくなった谷川は、77、79手目の形作りの手で、首を差し出した。以下は易しい詰み。羽生が82手目△7八金と引いて王手をかけた手を見て、17時6分、ついに谷川は投了した。谷川にとっては屈辱の、七冠王誕生である。前年とは異なり4戦4敗であっけなくタイトルを渡す形となった。終局直後のインタビューでは「せっかく注目してもらったのに、ファンの方にも羽生さんにも申し訳ない」[16]と述べた。

再起

第9期竜王戦七番勝負第2局
第79手 ▲6九飛まで
(この次の一手が△7七桂)
△谷川浩司 持駒:桂歩
▲羽生善治 持駒:桂歩三

羽生に7冠目を献上した屈辱の後、1996年、第9期竜王ランキング戦1組の2位で本戦出場となった谷川は、挑戦者決定三番勝負で佐藤康光を2勝0敗で破り、羽生竜王へのリベンジの機会をつかみ取る。そして第9期竜王戦七番勝負(谷川4-1羽生)で羽生から竜王位を奪取する。この七番勝負第2局の終盤80手目で、谷川が△7七桂(右図参照)と打った手は、まさに「光速の寄せ」(の復活)と言われた。一見、ただで取られるだけのところに桂馬を放り込んだと言ってもよい。この手を境に羽生の玉はたちどころに寄り形となり、谷川の勝ちとなった。当時、NHK将棋講座で講師を務めていた中原誠は、番組の中で「今回の竜王戦は面白くなりましたね。7七桂という手が出ましてね。」とコメントした。

谷川自身は当時のことを回顧し、「このような手が浮かぶのは理屈ではない。7七の地点が光って見えたと書いて、信じてもらえるだろうか。」と語っている[17]

なお、直後の第46期王将戦(谷川0-4羽生)でも、王将リーグで村山聖との4勝2敗同士のプレーオフを制して羽生に挑戦したが、こちらでは敗退している。しかし、第55期A級順位戦では1敗後の8連勝で、羽生名人への挑戦を決める。

そして、年度が明けての1997年の第55期名人戦(谷川4-2羽生)で勝利を収め、前年獲得した竜王も含め、二大タイトル(竜王・名人)を独占する。また、この名人獲得は通算5期であり、規定により永世名人十七世名人)の資格を得た。翌朝NHK総合テレビのニュースに出演した谷川は、「内容が良くなかった」「まだ‘谷川時代’を作っていない」と語った。

名人戦と日程が並行した1997年4月 - 5月(棋戦としての年度は1996年度)の第15回全日本プロトーナメント決勝五番勝負(谷川3-2森下)では、森下卓を下して6度目の優勝をする。この決勝五番勝負では、谷川が後手番の2局において、先手・森下卓の相矢倉への誘いに谷川が応じず、後手急戦棒銀(原始棒銀)を見せて話題となった(その2局の勝敗結果は1勝1敗)。

同年度は、第10期竜王戦(谷川4-0真田圭一)で竜王防衛も果たし、(タイトル獲得数は羽生の四冠より少ないものの)2つのビッグタイトルを独占した。これが評価され、最優秀棋士賞(5度目)を受賞。また、1997年(1 - 12月)の獲得賞金・対局料ランキングで1位(11762万円)となった[注 6]。ちなみに、2位は羽生善治の10182万円、3位は屋敷伸之の3555万円であった。1993年〜2018年の間に羽生以外の棋士が1位になったのは、この年と2013年と2017年だけである[注 7]

羽生世代との対決(2)

1998年度以降のタイトル戦は、羽生善治、佐藤康光、藤井猛、郷田真隆、丸山忠久森内俊之といった羽生世代の棋士達ばかりを相手にしての戦いとなった。

1998年度、第56期名人戦七番勝負(谷川3-4佐藤康)は、フルセットの戦いとなる。第6局までは、すべて先手を持った側が勝ちの展開で3勝3敗となった。谷川が先手で勝った3局は、すべて、谷川が得意とする角換わりの戦形を佐藤が受けて立ったものであった。最終第7局は、振り駒で谷川が先手を引き当てた。しかし、谷川は初手▲7六歩、2手目△8四歩の後、角換わりを目指す▲2六歩ではなく▲6八銀として矢倉を選択した。結果は佐藤が勝ち、「佐藤新名人」を誕生させてしまった。

同年度、第11期竜王戦(谷川0-4藤井)は、4組からの挑戦者として勢いに乗る藤井猛との戦いとなった。藤井は、革新的な四間飛車戦法「藤井システム」の創始者として知られる。谷川は、第1局は穴熊を見せつつ玉頭戦を仕掛けて負け。第2局は相振り飛車にしたが負け。第3局と第4局は、自陣の囲いが堅いままでも絶望の局面、いわゆる「姿焼き」となって負け。結局ストレート負けで「藤井新竜王」を誕生させてしまい、自身は無冠となった。

名人と竜王を失冠した谷川には、次期まで「前竜王・前名人」の肩書きを名乗る権利があった。しかし、本人の意向により、連盟から発表されたのは通常の「九段」の肩書きであった[注 8]

1998年度のA級順位戦は、村山聖の休場(同年に死去)により9人でのリーグ戦となる。谷川は7戦全勝で迎えた最終第8回戦で島朗に敗れる。これにより島はA級に残留となり、代わりに弟弟子であり仲もよい井上慶太がA級から陥落した。7勝1敗同士の森内俊之とのプレーオフを制して佐藤康光名人へのリターンマッチの権利を得たものの、「井上君には申し訳なかった」と語った。

そして迎えた1999年度の佐藤康光との第57期名人戦(谷川3-4佐藤)は、最初の2局で連敗した。しかし、第3局と第5局で前年と同様、谷川得意の角換わりを佐藤が受けて立って谷川が勝つなどして3連勝し、奪還まであと1勝とした。次の第6局では佐藤が居飛車穴熊を用い、2日目の深夜まで続く長手数の将棋となった。ダイジェストを短時間で伝えるだけの予定だった深夜のNHK BS2の放送枠(1999年6月8日 23:40 - 24:00)は生中継と化した。司会の吉川精一アナウンサーは冒頭に「なお熱闘が続いています」を2度繰り返した。放送が始まった時は189手目で、谷川が佐藤の玉を詰ますことができるかどうかの難解な局面であったが、詰ますことができず、佐藤の203手目を見て23:54に谷川は投了した。そして、最終局も佐藤の勝ちとなり、谷川は名人を取り返すことができなかった。なお、このシリーズで谷川は、後手番の2局で、当時本格的に流行し始めた戦法・「横歩取り8五飛」を採用している。

この名人戦の直後、第70期棋聖戦(谷川3-0郷田)で郷田真隆から棋聖位を奪取し、「無冠」を返上する。このとき、テレビのインタビューで、「1つぐらいは…(タイトルを持っていないと)」と苦笑しながら語り、依然、第一人者となるべき身の自覚と向上心を示唆した。

2000年度は、王位戦で2年連続挑戦するなどして、第71期棋聖戦(谷川2-3羽生)、第41期王位戦(谷川3-4羽生)、第50期王将戦(谷川1-4羽生)という3つのタイトル戦で羽生と対決する。特に棋聖戦と王位戦は日程が重なり、また、どちらも最終局までもつれ込んだため、‘十二番勝負’と言われた。結果は、3つとも敗退し無冠となる。しかし、この年度の第59期A級順位戦では最終9回戦で佐藤康光との同星決戦(6勝2敗同士)を制し、丸山忠久名人への挑戦権を得る。

そして、2001年度の第59期名人戦(谷川3-4丸山)は、3年前の佐藤との名人戦と同様、第6局まですべて先手が勝ち、最終局だけ後手が勝つという展開(千日手指し直しがあった点は異なる)で、丸山の防衛となった。この名人戦は、後手の谷川の四間飛車に対して丸山が「ミレニアム囲い[注 9]」を2度用いたり、横歩取り8五飛が3度現れたりするなど、当時の流行を象徴する戦いとなった。

第62期(2003年度)A級順位戦
第53手▲8八銀まで
(この次の一手が△7七銀成)
△谷川浩司王位 持駒:歩
▲島朗八段 持駒:歩四

2002年度、第43期王位戦七番勝負(谷川4-1羽生)で羽生善治から王位を奪取。およそ2年ぶりにタイトル保持者となる。このシリーズの全6局(第5局の千日手指し直しも含む)は、全て異なる戦形であった(第1局から順にゴキゲン中飛車超急戦、横歩取り青野新手3六歩、矢倉、角換わり腰掛け銀、向かい飛車、相穴熊)。なお、この王位戦の第1局で、ちょうど公式戦通算1000勝特別将棋栄誉賞、史上7人目)を記録したので、当時、NHKに解説役で出演した棋士が「1000勝で先勝」という駄洒落を言っている。

2003年度の第44期王位戦(谷川4-1羽生)は、羽生に奪還を許さず2連覇した。羽生を相手に、同一タイトル戦で2年連続勝利したのは谷川が初である[注 10]。また、同年度、第29期棋王戦(谷川3-1丸山)では、丸山忠久得意の、先手・角換わり、後手・横歩取り8五飛を打ち破って棋王位を奪取。1998年の名人失冠以来、約6年振りに二冠(王位・棋王)となる。

しかし、これら2つのタイトルは、次年度(2004年度)に、第45期王位戦(谷川1-4羽生)と第30期棋王戦(谷川0-3羽生)で、いずれも羽生に奪取されてしまい。またも無冠に追い込まれる。

2003年12月19日、A級順位戦の対・島朗戦において、棒銀の銀をタダ捨てした名手を指す。出だし、島が自分から角交換をして「先後逆の角換わり」の将棋となり、右図はその53手目、谷川の棒銀による銀交換を先手の島が拒否して、7七にいた銀を▲8八銀と引いた局面である。ここで、「△7七銀成」(54手目)が炸裂。以下、▲同桂△3八馬▲同金△8九飛▲7九銀△8八飛行成▲同金△7九飛成▲4八玉△8八竜▲4七玉△4五金と進み、たちまち寄り形。この54手目△7七銀成で将棋大賞の升田幸三賞を受賞した。同賞では、戦法でも囲いでもない特定の一手に対する初の授与であった。

竜王戦で、第1期(1988年度)から第18期(2005年度)まで18期連続で1組に在籍(竜王在位を含む)。第1期からの連続記録としては最長である。

2005年度の第64期A級順位戦では8勝1敗で羽生と並んでトップタイとなる。二者によるプレーオフは2006年3月16日に行われ、流行の、後手番一手損角換わりの戦形となった。最終盤で羽生は127手目に▲3一角と打ち捨ててから谷川の玉を猛然と詰ましにかかったが、谷川は巧みに詰みを逃れて156手で勝利。この一局の内容は高く評価され、将棋大賞で新設されたばかりの「名局賞」を、羽生とともに受賞した[注 11]

そして、11度目の名人戦登場となる第64期(2006年度)名人戦(谷川2-4森内)を迎えたが、第1局では、終盤に森内が自陣の7二と8二に銀を並べ打つという珍形の強い受けを見せて勝ち、また、第2局では、一転してゴキゲン中飛車・超急戦での一方的な内容で居飛車側の森内が勝つという出だしとなった。あとは、先手番に自信を持つ森内に着実に2勝を上積みされて敗退。9年ぶりの名人復位はならなかった。

奮闘

第67期(2008年度)A級順位戦は、最終局1局だけ残した時点でも降級の可能性があるという、谷川にとっては初めての危機を迎え、このことは地方紙でさえ取り上げられた。そして、最終局(2009年3月3日)の対・鈴木大介戦は、「勝った方が残留、負けた方が降級」という決戦となった。この大事な一局で先手番の谷川が選択し、誘導した戦形は、相振り飛車であった。結果は谷川の勝ちとなり、A級残留に成功した。

2007年度、2008年度と、タイトル戦登場も優勝もない年度が続いたが、2009年度はJT将棋日本シリーズで優勝し、同棋戦での最多優勝記録を6に更新した。なお、前年度獲得賞金・対局料ランキング13位だった谷川には、もともと日本シリーズへの出場権がなかったが、渡辺明(竜王として出場予定)が近親者から新型インフルエンザを感染している可能性があって欠場したため、繰り上げ出場した。優勝後のインタビューでは、「本来、出場できる立場ではなかった」とし、優勝賞金(500万円)は主催者や連盟と相談の上、小学生への普及のために使ってほしいとの旨を語った[18]。そして、翌年の9月に3000セット(東京都に2000セット、大阪市に1000セット)の将棋盤を寄付した[19]

第69期(2010年度)A級順位戦で残留し、第70期順位戦をA級のまま迎えることが決定。これで、A級在籍の連続記録を30期(名人在位を含む)に伸ばして中原誠の記録を抜き、歴代単独3位となった[注 12]

2011年3月10日、第24期竜王戦2組昇級者決定戦1回戦で中川大輔に勝ち、史上4人目の公式戦通算1200勝(1901局・698敗・3持将棋、勝率0.632)を達成。48歳11か月での達成は当時の最年少であり、四段昇段後34年2か月での達成は、33年8か月の中原誠十六世名人に次ぐ記録であった[20][注 13]

「永世棋聖」獲得(棋聖位通算5期)まであと1期と迫っているが、2000年度の棋聖失冠以降、2009年度のベスト4が最高である(当時新人の稲葉陽にリーグと準決勝の両方で負けた)。

2012年4月26日、竜王戦2組昇級者決定戦1回戦において阿久津主税に敗れて、3組への陥落が確定(A級棋士で3組以下に在籍するのは屋敷伸之以来)。

第71期(2012年度)A級順位戦では、2勝6敗で谷川(4位)・高橋道雄(8位)・橋本崇載(9位)の3人が並び、降級の可能性を残して最終局(2013年3月1日)に臨んだ。順位が他の2名より上位のため勝てば自力で残留を決められる対局であったが、屋敷伸之に敗れ、谷川の残留は他の対局の結果へ委ねられることになった。しかし高橋と橋本が揃って敗れたため、辛くもA級残留を果たした。

B級に降格

第72期(2013年度)A級順位戦に参加し、連続A級在籍記録は升田幸三を抜き歴代単独2位となったが、2014年1月7日に渡辺明に敗れ1勝6敗となった後、10日に行方尚史屋敷伸之が勝った為、B級1組への降級が決定し、連続在籍記録は32期で途絶えた。なお、永世名人(厳密には永世名人資格保持者)がB級1組所属となるのは第59期(2000年度)の中原誠十六世名人以来となる[21][22]

2018年10月1日、第68回NHK杯2回戦で稲葉陽に勝ち、史上5人目の公式戦通算1300勝(2135局・832敗・3持将棋、勝率0.610)を達成[23][注 14]。2019年1月22日には、第32期竜王戦4組ランキング戦で船江恒平に勝ち、中原誠の通算1308勝を超えて歴代4位の勝ち星となる1309勝を達成[24]。また、2019年9月12日には、第78期順位戦B級1組で松尾歩に勝利し、加藤一二三の通算1324勝を超え、羽生善治・大山康晴に次いで歴代3位の勝ち星となる1325勝を達成した[25]

しかし、松尾戦以降は順位戦で勝ち星を挙げることが出来ず、2020年1月23日の千田翔太戦で敗れたことにより、最終局を待たずにB級2組への降級が決まった(最終結果は3勝9敗のクラス12位)。名人経験者のB級2組降級は加藤一二三・丸山忠久に次いで史上3人目、永世名人資格者でA級から降級した3人のうち、中原誠と森内俊之はB級1組でフリークラスに転出しており、永世名人資格者のB級2組降級は谷川が史上初となる。


注釈

  1. ^ 2018年現在も、中学2年でのプロ入りを達成したのは、谷川と藤井聡太の2名のみ。
  2. ^ a b 名人位を獲得すると、規定により九段に昇段する。谷川の最年少九段の記録は2021年藤井聡太王位・棋聖がタイトル3期獲得による九段昇段(18歳11か月)によって破られた。既に2005年に渡辺明竜王によって破られていたが、谷川が初の名人位を獲得した当時の規定では、名人就位翌年の4月1日が九段昇段日とされていた。その規定が適用されたのは谷川が最後であり、その後に新名人になった者(佐藤康光以降)は、名人位奪取の日付で九段昇段している。仮に、谷川が新名人になった日に九段昇段していたとすると、谷川は21歳2か月で九段、渡辺明は21歳7か月で九段であり、記録は破られなかった。さらには、竜王戦昇段規定も飛び昇段を認めるなどの変更がされたことにより、渡辺明は僅か2か月の間に3つ昇段して九段になった。
  3. ^ 「全日本プロ将棋トーナメント」は2001年度をもって発展解消して「朝日オープン将棋選手権」に移行した。そのため、同棋戦では谷川の優勝回数歴代1位が確定している。
  4. ^ 第23期十段リーグ(1984年8月3日)にて、自玉が王手がかからない穴熊であることを生かし、71手目に▲3二飛成と切って‘乱暴に’谷川玉を寄せて勝利。
  5. ^ 2020年現在、タイトル戦が7つになった以降に7タイトル(新設タイトル8番目の叡王戦を除く)を各1回以上獲得した棋士は、他には中原誠羽生善治のみである。ただし、竜王戦創設後では谷川が最初である(中原は竜王戦の前身の十段戦ではタイトルを獲得しているものの、竜王の獲得経験はない)。
  6. ^ 前年に竜王を獲得したことも、当年の賞金額に寄与している。竜王戦七番勝負登場は、2つの年にまたがって高い収入をもたらす。
  7. ^ 2013年と2017年は渡辺明が1位。
  8. ^ これ以降も名人や竜王のタイトルを失冠して無冠になった後に段位を称する棋士が続いた事情もあり、2020年に前竜王と前名人の称号が廃止された。
  9. ^ 三浦弘行が藤井システムの対策として考案
  10. ^ 2年後に森内俊之、5年後には深浦康市も‘達成’している。
  11. ^ 2019年5月24日時点において、公式戦で谷川が羽生に勝利した対局は、このプレーオフが最後となっており、この後、谷川は羽生に公式戦16連敗をしている。
  12. ^ 歴代1位は大山康晴で、2位は升田幸三。詳細は将棋棋士の在籍クラス を参照。
  13. ^ 2012年8月17日に羽生善治が史上最速の1200勝を41歳10か月・四段昇段後26年8か月で達成している。
  14. ^ 1300勝は、谷川より先に羽生善治が2014年11月20日に41歳10か月・四段昇段後28年11か月で達成しており、また、1400勝も羽生が2018年4月12日に47歳6か月・四段昇段後32年3か月で達成している。
  15. ^ 十段リーグ内の順位は加藤の方が上位だった。
  16. ^ たとえば、朝日杯将棋オープン戦の前身の前身は全日本プロ将棋トーナメント。タイトル戦では竜王戦の前身は十段戦

出典

  1. ^ 新棋士会発足について|将棋ニュース|日本将棋連盟
  2. ^ 「棋士会」役員変更のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟
  3. ^ a b 光より速く(第2回柏将棋フェスティバル)
  4. ^ 日本経済新聞 1997年10月14日夕刊”. 2012年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月27日閲覧。
  5. ^ 中平邦彦『名人谷川浩司』(池田書店)91頁
  6. ^ a b c d ホリデーインタビュー “負けず嫌い”を貫く〜プロ棋士・谷川浩司〜”. gooテレビ番組(関東版). goo. 2015年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月27日閲覧。
  7. ^ グランドチャンピオン2回・読売日本一・アマ王将3回・ 朝日アマ挑戦者 ・レーティングチャンピオン2回・学生王将・よい子名人中学生の部優勝リコー将棋部員 プロフィール
  8. ^ a b 谷川俊明さんインタビュー - マイナビ将棋情報局・2016年5月16日
  9. ^ 「週刊将棋」1988年12月28日号
  10. ^ a b c d e 別冊宝島380『将棋王手飛車読本』谷川浩司著『中学生棋士』
  11. ^ 『第四十二期将棋名人戦全記録』(毎日新聞社
  12. ^ 「米長邦雄の本」(日本将棋連盟)。
  13. ^ 将棋世界」(日本将棋連盟)2000年1月号付録
  14. ^ 将棋マガジン』(日本将棋連盟)1996年3月号「米長邦雄のタイトル戦教室」
  15. ^ 日本将棋連盟書籍編『谷川vs羽生100番勝負-最高峰の激闘譜!』日本将棋連盟、2000年。ISBN 978-4819702102
  16. ^ a b 将棋マガジン』(日本将棋連盟)1996年4月号「同時進行ドキュメント」
  17. ^ 「7七の地点が光って見えた」谷川浩司九段が語る、2100局以上の公式戦史上最高の一手とは?|将棋コラム|日本将棋連盟” (日本語). www.shogi.or.jp. 2019年4月12日閲覧。
  18. ^ 2009年11月28日放送の「囲碁・将棋ジャーナル
  19. ^ 谷川浩司JT覇者が東京都・大阪市に盤駒寄贈|将棋ニュース|日本将棋連盟
  20. ^ 谷川浩司九段が1200勝を達成!|将棋ニュース|日本将棋連盟
  21. ^ 谷川浩司九段、A級陥落…連続在籍32期”. 読売新聞社. 2014年1月11日閲覧。
  22. ^ 谷川九段 初のA級陥落 十七世名人、将棋連盟会長”. 産経新聞社. 2014年1月11日閲覧。
  23. ^ 谷川浩司九段、通算1300勝を達成!”. 日本将棋連盟 (2018年10月1日). 2018年11月21日閲覧。
  24. ^ 谷川浩司九段、通算1309勝で単独4位 将棋”. 産経新聞社 (2019年2月8日). 2019年2月15日閲覧。
  25. ^ 谷川浩司九段が歴代単独3位の1325勝”. 産経新聞社 (2019年9月13日). 2019年9月13日閲覧。
  26. ^ 『日本将棋用語事典』p.71 斜体部は当該ページより引用。ママ。
  27. ^ 第35回将棋の日 次の一手名人戦の解説において
  28. ^ NIKKEI NET 将棋王国
  29. ^ 将棋世界1972年6月号
  30. ^ 日本経済新聞2001年12月25日夕刊
  31. ^ 『集中力』谷川浩司著(角川書店)
  32. ^ 藤井二冠 憧れの谷川九段を破り順位戦4連勝…谷川九段は先に入室し下座に(デイリースポーツ) 2020年9月9日
  33. ^ 「渡辺明五段に聞く 3年目で開眼、「プロらしい将棋」に」日経ネット 2003年6月23日
  34. ^ Suma Cafe ~すまカフェ(vol.22)神戸市須磨区
  35. ^ 中外日報 平成7年1月21日付
  36. ^ 光速ノート 1472008年10月3日
  37. ^ 定期刊行物:大乗(本願寺出版社)
  38. ^ 『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)2008年6月30日号「5年目岡田野球の変貌」
  39. ^ 阪神・今岡選手に二段免状贈呈!(関西将棋会館)
  40. ^ ヤクルト古田捕手に参段免状贈呈(NIKKEI NET 将棋王国)
  41. ^ 『心を読み、かけひきに勝つ思考法』(PHP研究所)および『「勝負脳」を鍛える』(PHP研究所)
  42. ^ 平成9年フォトニュース(神戸市)
  43. ^ 「誉」賞・スポーツ優秀選手特別賞(兵庫県)
  44. ^ 神戸大使(神戸市)
  45. ^ 谷川浩司九段が「兵庫県文化賞」を受賞|将棋ニュース|日本将棋連盟
  46. ^ 日本将棋連盟新役員のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟
  47. ^ 日本将棋連盟、新会長に谷川専務理事を選出 朝日新聞 2012年12月25日閲覧
  48. ^ 谷川浩司専務理事、新会長に|将棋ニュース|日本将棋連盟
  49. ^ 日本将棋連盟新役員のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟
  50. ^ 日本将棋連盟新役員のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟
  51. ^ シンクロ(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:西井敏恭)
  52. ^ 将棋ニュース(2016年07月19日)
  53. ^ エキサイトニュース 「加藤一二三が「Kato, one hundred twenty-three」将棋連盟公式サイト」(2016年09月14日)など)
  54. ^ [Twitter@hirokazuueno(2016.9.16)][Twitter@YoshiyukiKubota(2016.9.26)]など)
  55. ^ 「公式Webサイトに関するお詫びとお知らせ」(2016年09月27日 20:06)
  56. ^ 第29期竜王戦七番勝負挑戦者の変更について”. 日本将棋連盟 (2016年10月12日). 2016年10月12日閲覧。
  57. ^ ソフト使用疑惑「不正の証拠ない」 第三者委”. 毎日新聞 (2016年12月26日). 2016年12月26日閲覧。
  58. ^ 日本将棋連盟web(将棋ニュース「第三者委員会調査結果を受けて」2016年12月27日 18:55)
  59. ^ 朝日新聞DIGITALニュース「離席発言「真偽の調査を怠った」 将棋連盟の説明詳細」(2016年12月28日2時4分)
  60. ^ 会長の辞任に関するお知らせ”. 日本将棋連盟 (2017年1月18日). 2017年1月18日閲覧。
  61. ^ 棋士、それぞれの海外旅行 - 将棋ペンクラブログ・2013年1月17日
  62. ^ 第32回近鉄将棋まつり
  63. ^ 谷川浩司九段が紫綬褒章を受章|将棋ニュース|日本将棋連盟
  64. ^ 第34回将棋大賞決まる!|将棋ニュース|日本将棋連盟






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「谷川浩司」の関連用語

谷川浩司のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



谷川浩司のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの谷川浩司 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS