読売新聞 人事

読売新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/22 08:43 UTC 版)

人事

主筆

  • 高田早苗(半峰)(1887年8月1日 - 1891年12月31日)
  • 市島謙吉(春城)(1892年1月1日 - 1894年5月31日)
  • 中井喜太郎(錦城)(1894年6月1日 - 1901年10月22日)
  • 松平康國(1901年10月23日 - 1902年2月28日)
  • 石井勇(白露)(1902年3月1日 - 12月)
  • 足立荒人(北鴎)(1903年1月1日 - 1906年11月20日)
  • 竹越與三郎(三叉)(1906年11月20日 - 1907年6月27日)
  • 足立荒人(1907年6月27日 - 1910年3月20日)
  • 笹川潔(東花)(1910年3月20日 - 1913年12月28日)
  • 五来欣造(素川)(1914年2月10日 - 1915年8月)
  • 金崎賢(1915年8月 - 1918年3月30日)
  • 伊達源一郎(1918年5月1日 - 1919年9月1日)
  • 松山忠二郎(1919年9月1日 - 1921年)
  • 大庭景秋(柯公)(1921年)
  • 山崎光二郎(1930年3月 - 1933年1月15日)
  • 高橋雄豺(1933年11月10日 - 1945年10月24日)
  • 小林光政(1935年10月24日 - 1946年2月)
  • 岩淵辰雄(1946年6月14日 - 10月19日)
  • 馬場恒吾(1946年10月19日 - 1948年9月14日)
  • 安田庄司(1948年9月14日 - 1949年5月20日)
  • 小林與三次(1965年8月1日 - 1970年5月30日)
  • 渡邉恒雄(1985年6月26日 - )[19]

組織

社会部

1953年には「読売新聞社会部」が第1回菊池寛賞を受賞(原四郎を中心とする同社会部の暗黒面摘発活動)、1955年には社会部記者の安部光恭が第3回菊池寛賞を受賞している。

また、読売新聞は、かつて立松和博、本田靖春(東京本社)、黒田清大谷昭宏(大阪本社)といった辣腕記者を社会部に擁し「社会面に強い」と言われた。

競馬の予想記事や漫画欄を作ったりして、庶民向きの読みやすい紙面作りを進めたが、その推進役は編集局長になった柴田勝衛である。…この柴田が正力社長の下で起死回生を狙ったのが、日本各地に縄張りを持って君臨していた、素性の知れたヤクザの親分衆36人を選んだ企画であり、『人物の森』風の人物評伝に仕立てて連載すると、それが評判になり売上げを大いに伸ばした。

連載が終わった年の正月のことである。紋付きハカマに正装した36人の親分衆が市電を止めて数寄屋橋の大通りに並び、読売新聞社の正面玄関に向かい土下座して一斉に頭を下げると、「柴田編集長にご挨拶したいので、読んで頂きたい」と申し入れた。…柴田は悠然と正面玄関に現れたのであり、その前にひれ伏した親分衆の代表が、「われわれのような日陰者を、こんな晴れがましい紙面で世間様に紹介くださり、光栄の至りに思う次第であります。このご恩は孫子末代まで忘れることはせず、…、われらの血筋が続く限り読売新聞の進展に死力を尽くすことを、ここで一同で誓約いたします」と言って、粛然と引き上げていったそうである。

田辺則雄発行名儀人(昭和27年頃)の話によると、読売新聞の社会部は大躍進を遂げ、親分衆の協力による物凄い特ダネ続きとなり、下町衆の支持を受け売り上げを伸ばした。…社会部長の田辺則雄も、読売の名物男で、戸籍にバツ印(×)が11も付いており、幾ら日本の新聞界に人材がキラ星でも、前科11犯はそうザラにある話ではない。…親分衆から一目を置かれる存在だったという。こんな伝統があることが大きく影響して、朝日を始め他社は暗黒街の取材が仲々出来ないのに、読売の社会部だけはスクープを記録し続け、新聞界では未だに一頭突出するのだそうだ — 藤原肇『朝日と読売の火ダルマ時代』国際評論社、1997年

読売新聞大阪社会部はコラム「窓」、長期連載「戦争」を拠点に、社会的弱者の視点に立つ特集記事を数多く発し、黒田が社会部長になってのち社会部は“黒田軍団”という異名で呼ばれた。しかし1980年代に社内で渡邉恒雄らによる保守的思潮が主流になると圧力が高まり、1987年に黒田は退社に追い込まれた。渡邉に放逐された記者は数多いが、渡邉が直接手を下すことはなかった。渡邉の意を体した周囲が該当する記者を左遷したり、仕事を取り上げたりして、退社に追い込むのが常であったと言われている[20]

医療情報部

読売新聞は、他の全国紙にはない医療専門の取材機関「医療情報部」を持つ。同部長である前野一雄は、自身が脳動脈瘤、次いで甲状腺がんを患った経験を生かして「脳動脈瘤がある人の不安と選択」(ISBN 4-88320-246-1)、「甲状腺がんなんて怖くない」(ISBN 4-385-36190-8)を著している(後者は杉谷巌との共著)。また、「『健康常識』ウソ・ホント55」(ISBN 4-06-257370-9)で世間に伝わる「健康常識」に疑問を呈している。

紙面・論調・歴史

現在の論調は、概ね中道右派親米保守である[21]大衆主義とも評される[22]

2009年(平成21年)の新聞通信調査会の調査では、「最も保守的=10点、最も革新的=0点」という分布の中で、読売新聞は5.6点となって産経新聞の5.3点を上回り、全国紙の中で最も保守的であるとされた。日本経済新聞は5.2点、毎日新聞は5.0点、最も革新的な朝日新聞は4.4点である[23]

大垣藩士・子安峻、佐賀藩士・本野盛亨柴田昌吉らの創業した読売新聞は、「文学新聞」として知られた。分かりやすい新聞、だれでも読める新聞を目指しただけでなく、西郷隆盛戦死の号外を自決した当日に出すなど早くから電信の導入をおこない、1877年 (明治10)、発行部数は2万5千部を突破して、早くも日本最大の発行部数を誇った[24]1887年 (明治20)には、立憲改進党早稲田大学創設に携わった高田早苗が初代主筆となり、国会や憲法についての解説を記事にしたが、明治中期以降、部数が衰えた読売新聞は、1919年 (大正8)、白虹事件によって東京朝日を退社した松山忠二郎たちをむかえ、「大正デモクラシー梁山泊」として、プロレタリア文学などの発表の場となるとともに、政治・経済の硬派記事を加え、部数も3万部から13万部に急伸させた。1923年 (大正12)、関東大震災の襲来にともない経営不振に陥った読売新聞は、1924年 (大正13)2月26日、警視庁刑事課長・警務部長を歴任し、虎の門事件で退官していた、まだ38歳の正力松太郎の手に委ねられる。

正力は、品川主計、小林吉政などの警察官僚を積極的に経営・販売に迎え入れ、「警察新聞」化をすすめる一方、アメリカのハースト系新聞社のイエロージャーナリズムにならい、警察ネタとセンセーショナルな記事を結合させる独自の紙面作りを推し進めた。とくに、暗黒街の取材に関しては他紙の追随を許さず、戦後は、原四郎社会部長の下、読売「社会部王国」を築き、「読売の在野精神」とよばれ、「庶民感覚」に根ざしたリベラルな論調を展開した。これは、絶対的な権力をもつ社長・社主の正力松太郎自身、自民党の政治家でありながら、社論に容喙することが少なく、また「販売の鬼」「販売の神様」と呼ばれた後任社長務臺光雄も、新聞の心臓部である編集に口を差し挟まなかったことが大きい[25]

1979年渡邉恒雄の論説委員長就任以降、紙面の編集方針や論調は右派保守主義となった。現在は基本的に自民党支持、改憲支持、日本経団連支持、新自由主義経済改革支持である。その一方、「大連立構想」以降の社説等で見られるように民主党やその支持母体である労働組合への論調は厳しいものが多いが、民主党「も」政権に参加する「大連立」には積極的である[26]という側面もある。そのためか、民主党については、方向が違うために批判する場合だけでなく、税制改革[27]のように基本的な方向は現在の民主党主流派と一緒だが程度の違いがあるための批判という場合もある。その他に、主筆・渡邉恒雄が戦争経験者であるため、特に靖国神社(特に遊就館)における歴史認識には批判的で、小泉純一郎靖国参拝には反対した[要出典]

政府の政策に関し、政策分野によっては(憲法改正問題、防衛政策など)、社の見解(社論)を明確に打ち出すのが特徴である(「本社、憲法改正試案を発表」、1994年11月3日)。他方、不得意な政策分野については、基本的に官庁発表をベースに報道を行い、官庁発表に顕れていない問題意識を独自に掘り起こすような記事に紙面を割かないのも特徴である。また、個々の記者の見解が前面に出るような記事が少なく、社論に沿った記事がほとんどであることも特徴である[28]

原子力発電については正力松太郎が原子力委員会の初代委員長に就任した経緯から一貫して推進を主張しており、社説で風力発電などの再生可能エネルギーの件で普及に課題を呈した後は、必ずと言っていいほど原子力発電推進の主張で締めくくっている[29][30]

また、新聞業界の権益を確保するために、社説で新聞特殊維持を主張したり(2006年2月20日付社説)、新聞への軽減税率導入をたびたび主張したり(2015年12月20日・2016年2月20日付社説)するなどして、結局それが実施されるなど紙面の政治への影響も大である[31]

5大全国紙中で唯一の人生相談コーナー「人生案内」を紙面に持っている。また教育面は早稲田大学と提携[32]。また2008年に読売ウイークリーを販売不振で休刊させて以降、週刊誌を発行していない唯一の全国紙となった。

読売新聞の読者層について、木村雅文は大阪商業大学JGSS(Japanese General Social Surveys、日本版総合的社会調査)研究センターの調査をもとに、「日経や朝日と比べて高卒(新制)の割合、ブルーカラーの割合、非正社員の割合が多い」としている。これら学歴、職業を反映して読者世帯の平均年収は、毎日と並んで、日経、朝日、産経に次ぐとしている(いずれも木村、2004[3])。

全国紙への道

読売新聞社は、戦前に「九州日報」など日本各地の地方紙を買収して経営に参画し、全国進出を計画したが、第二次世界大戦に伴う新聞統制により、その計画は頓挫した。

1952年(昭和27年)11月25日、大阪府大阪市北区野崎町で「大阪讀賣新聞」の第一号を発刊した。東京の讀賣新聞社(現・読売新聞東京本社)とは別会社・別法人による「株式会社大阪讀賣新聞社」によって「讀賣新聞」が関西に進出し、全国紙としての体制を整えた。1953年4月1日付から、題字から「大阪」を外し、東京と同じ「讀賣新聞」の題号で発行。1971年から「読売新聞大阪本社」の呼称を使用。
1964年(昭和39年)9月23日、福岡県北九州市小倉北区砂津中津口(現・明和町1-11)で「読売新聞」の西部版第一号を発刊。当時の読売新聞西部本社は、読売巨人軍の運営会社、読売興業株式会社(後に『株式会社よみうり』に商号変更)の一事業として発足した。
1975年3月25日に、読売新聞の東海3県での発行としての形で、愛知県岐阜県三重県を対象地域とする『中部読売新聞』(題号:中部讀賣新聞、読み:ちゅうぶよみうりしんぶん)が創刊された。紙面は、東京で製作された紙面を一部共用し、読売本社と中部読売は編集・工務・販売・広告などの部門で互いに協力し合った。創刊号は、一般的な読売新聞の横並びの題字ではなく、中部読売独自による縦並びの題字[33]が使われた。

毎週日曜には週刊二部紙として日曜版「よみほっと」が一緒に封入されている。以前は「日曜版」→「y&y」という題名だった。また「y&y」の時代は「y&y日曜版」とは別に、週間のテレビ番組表「y&yテレビ」が木曜に連載されていたが、2008年10月の号から日曜版と一緒に封入されるようになった[34]

Jリーグのチーム表記問題




注釈

  1. ^ 2019年4月度ABC部数の最も大きい減少は読売新聞で、1ヵ月約6万部、1年約42万部減である。[1]
  2. ^ 社長就任前は、横浜税関の翻訳官を務め、『横浜毎日新聞』の記者でもあった。
  3. ^ 1951年8月に朝刊に移動。
  4. ^ 報道協定を参照
  5. ^ a b 夕刊のスクリーントーンは夕刊創刊時〜1993年11月30日までは東京本社、および東京本社傘下の北海道・北陸両支社版のみで、バックに灰色と白の縦じまを入れていたものであった。1993年にカラー化が本格的に進むと、同年12月1日付より大阪本社・西部本社を含めて夜をイメージする薄い青紫色に白の縦じまを入れたトーンが採用された。題字へのトーン廃止後は発行所(札幌、東京、高岡、名古屋、大阪、福岡)を記載する欄にトーンの配置を変更。朝刊は黄土色、夕刊は薄い青紫色のバックを使っている
  6. ^ 2009年5月31日付までは西部本社管轄の北九州工場で印刷されていたが、輸送上の問題から大阪本社管轄の尾道工場の印刷に切り替えた。
  7. ^ 全国紙では産経新聞東京本社管内で2002年3月末、毎日新聞北海道支社管内で2008年8月末、朝日新聞西部本社管内で2010年3月末に佐賀県と大分県、2012年3月末に福岡県山口県のそれぞれ一部で夕刊を休廃止した例がある。また朝日新聞は名古屋本社管内の土曜日付夕刊発行を2012年10月中旬で休止した。
  8. ^ 川鉄・川重とも登記上本店は神戸市である。なお川鉄はその後NKKと統合、JFEスチールとなって以後、登記本店を東京都千代田区に移している。
  9. ^ 実際に川崎重工がチームの広告看板スポンサーに就いたこともあった。現在はヴィッセル神戸の広告看板スポンサーに就いている。
  10. ^ なお、当時のヴェルディ川崎が本拠地を置いていた川崎市は他に富士通サッカー部東芝サッカー部(いづれもJFL=当時のJリーグの2・3部に当たる組織)が本拠地としていたが、前者は「富士通川崎FC」を経て現在の川崎フロンターレとなり1999年にJリーグに加盟。東芝は1996年に本拠地を北海道札幌市に移し、北海道コンサドーレ札幌となって、1998年にJリーグに加盟している。
  11. ^ 1995年で解消。その後は横浜市にホームタウンを統合
  12. ^ 1998年に横浜Fが横浜Mに吸収される形で統合され、現在は横浜F・マリノスである。なおフリューゲルスのサポーター有志により、改めて横浜FCが設立。JFL(当時のJリーグの3部に当たる組織)への特例参加を経て2001年にJリーグに参加している。
  13. ^ 2020年3月までは岩手日日新聞社の関連会社「青森高速オフセット」への委託だったが、運営会社の事業譲渡により同4月から読売新聞東京本社に移譲。10月に社名を変更し事実上の直営化となった。
  14. ^ 凸版印刷系の工場で印刷
  15. ^ 十勝毎日新聞の工場にて印刷。
  16. ^ a b 岩手日日新聞社の関連会社の工場(仙台高速オフセット、栃木高速オフセット)で印刷
  17. ^ a b アサガミプレスセンターの工場で印刷
  18. ^ a b 光村印刷の工場で印刷
  19. ^ 朝日プリンテック船橋工場にて印刷。
  20. ^ 新潟日報社黒埼本社内にある印刷センターにて印刷。
  21. ^ 北日本新聞・創造の森 越中座」にて印刷。2011年3月21日に、それまで高岡工場(北陸支社内)で印刷していた石川富山両県発行分の印刷を引き継いだ(それと同時に最終面左下隅での表記も「北陸」から「富山」に変更となった)。
  22. ^ 宮崎日日新聞社佐土原センターにて印刷。2019年7月から、これまで鳥栖工場で印刷していた宮崎鹿児島両県発行分の印刷を引き継いだ。
  23. ^ その他の全国紙では、産経新聞東京本社管内の夕刊が2002年3月30日に、毎日新聞北海道支社管内の夕刊が2008年8月30日にそれぞれ休廃止された例がある。また朝日新聞名古屋本社管内の土曜日の夕刊発行が2012年10月13日をもって休止された。

出典

  1. ^ 宇野俊一ほか編 『日本全史(ジャパン・クロニック)』 講談社、1991年、922頁。ISBN 4-06-203994-X
  2. ^ a b “20年10月ABC部数”. 新聞情報. (2020年11月16日) }
  3. ^ デジタル大辞泉プラス コトバンク. 2018年11月21日閲覧。
  4. ^ 春原昭彦. 日本大百科全書(ニッポニカ) コトバンク. 2018年11月21日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n 「創刊135周年 読売新聞『あの時』読者と歩んだ135年」『読売新聞』2009年11月2日付朝刊。
  6. ^ a b c d e f g h i j k 明治以来の紙面のあゆみ、読売新聞公式サイト - 2018年12月2日閲覧。
  7. ^ 1904(明治37)年5月7日 電報通信 【『読売新聞百二十年史』(読売新聞社, 1994)掲載】、実業史研究情報センター(公益財団法人渋沢栄一記念財団)、2009年5月7日。
  8. ^ 『読売新聞』1979年11月3日付朝刊、4頁。
  9. ^ 「メガ文字」3月31日スタート
  10. ^ 読売新聞とウォール・ストリート・ジャーナル紙が提携読売新聞、2009-02-27閲覧。[リンク切れ]
  11. ^ 読売新聞のニュースリリースより
  12. ^ 読売新聞のニュースリリースより
  13. ^ 本社「適正報道委員会」を新設 正確・信頼の紙面追求及び2014年11月12日13S版1面
  14. ^ 読売新聞2014年12月1日13S版1面
  15. ^ 共同通信 (2018年12月31日). “読売新聞、きょうから値上げ 朝夕刊セットで4400円に - 共同通信 | This Kiji” (日本語). 共同通信. 2019年1月3日閲覧。
  16. ^ 明治以来の紙面のあゆみ
  17. ^ 読売新聞の創始者で、元大垣藩士の子安峻について知りたいレファレンス協同データベース、2015年09月07日
  18. ^ (株)読売新聞社『読売新聞八十年史』(1955.12)渋沢社史データベース
  19. ^ 読売新聞社社史編集室編 『読売新聞発展史』 読売新聞社、1987年11月2日、661頁。 
  20. ^ 魚住明『渡邊恒雄 メディアと権力』(講談社文庫、2003年)
  21. ^ 伊藤元重ゼミ 東京大学経済学部
  22. ^ 現代日本の新聞の読者層 (PDF) 大阪商業大学
  23. ^ 第2回メディアに関する全国世論調査(2009年(平成21年))公益財団法人新聞通信調査会
  24. ^ 上之郷利昭『読売王国 世界一の情報集団の野望』講談社、1984年、57-58頁
  25. ^ a b 佐野真一 1994, p. 137
  26. ^ 2007年11月3日付社説。なお、毎日新聞は同日付の社説で大連立を批判している。
  27. ^ 読売新聞2010年12月17日付社説。
  28. ^ a b c d 魚住昭 2000
  29. ^ エネルギー政策 安定供給と脱温暖化に責任を – 読売新聞2019年7月20日付社説 2020年5月3日閲覧
  30. ^ 洋上風力発電 普及に向け課題の検証進めよ – 読売新聞2020年2月24日付社説 2020年5月3日閲覧
  31. ^ 「進次郎が訴えてもメディアはスルー…「新聞軽減税率」はなぜタブーか”. gendai.ismedia.jp. 週刊現代. 2020年5月3日閲覧。
  32. ^ 教育×WASEDA ONLINE 読売新聞
  33. ^ 中部版創刊号の紙面の写真
  34. ^ 「Y&Yテレビ」の日曜発行、読者層の拡大に期待(読売新聞広告局)
  35. ^ a b c 菊池賞受賞者一覧
  36. ^ a b c d e f g h i j k l 新聞協会賞受賞作
  37. ^ 「日本にも睡眠薬の脅威 奇形児七例のうち五人の母親が服用」『読売新聞』1962年8月28日付
  38. ^ 水島朝穂読売「憲法改正試案」にもり込まれた危険な意図』、法学セミナー1995年1月号
  39. ^ 千葉功『桂太郎 外に帝国主義、内に立憲主義』中公新書、2011年、167、170~172頁
  40. ^ 『現代新聞批判』1938年9月15日
  41. ^ a b 『現代新聞批判』1941年10月1日
  42. ^ 三田和夫『戦後・新聞風雲録 読売梁山泊の記者(ぶんや)たち』紀尾井書店、220~234頁
  43. ^ http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2012/06/01/japans-nuclear-industry-the-cia-link/
  44. ^ 佐高信『田原総一朗とメディアの罪』講談社文庫、2009年、47~49頁
  45. ^ 『週刊実話』2012年2月2日号
  46. ^ 中山典之『昭和囲碁風雲録(下)』岩波書店、2003年
  47. ^ a b 後藤文康『誤報―新聞報道の死角』岩波新書、1996年
  48. ^ http://d.hatena.ne.jp/eichi44/20090628/p1
  49. ^ SAPIO』 2009年11月11日号 p.12
  50. ^ イラク大量破壊兵器、開発計画なし…米最終報告
  51. ^ 川端幹人『ダブーの正体! ―――マスコミが「あのこと」に触れない理由』ちくま新書、2012年、70~72頁
  52. ^ J-CASTニュース 「アサヒ・サッポロ経営統合提案」報道を両社否定
  53. ^ ロイター アサヒのサッポロへの経営統合提案、両社とも「事実ない」と否定
  54. ^ 読売の挿絵に著作権侵害の疑い 高知新聞などに謝罪
  55. ^ 読売記者、ネット情報だけで記事 休職1カ月処分 金沢
  56. ^ 読売新聞記者が記事を捏造
  57. ^ 「小沢報道~記者クラブよ、この《疑惑報道》を謝罪訂正しないのか?」『週刊ポスト』2012年4月20日
  58. ^ 読売記者が中国新聞盗用 野球コラム酷似、謝罪
  59. ^ 読売記者が記事盗用 中国新聞のプロ野球コラム
  60. ^ 読売記者の記事盗用は8本=諭旨退職など社内処分
  61. ^ 大手マス・メディアの信用を毀損する読売新聞の世論調査記事JANJAN2009年7月24日
  62. ^ 「小沢報道~記者クラブよ、この《疑惑報道》を謝罪訂正しないのか?」『週刊ポスト』2012年4月20日
  63. ^ 赤っ恥!!日経、読売大誤報
  64. ^ 「小沢報道~記者クラブよ、この《疑惑報道》を謝罪訂正しないのか?」『週刊ポスト』2012年4月20日
  65. ^ [2]
  66. ^ 千葉県柏市内で高い空間線量率が確認された件に関する現地調査の結果について
  67. ^ 「半年間住民を見殺しにした大新聞と天下り財団」『日刊ゲンダイ』2011年10月26日
  68. ^ 東電社長に築舘氏…赤字1・5兆、清水氏引責
  69. ^ 東電、赤字1兆2千億円…社長は西沢常務が昇格
  70. ^ 烏賀陽弘道・上杉隆『報道災害【原発編】 事実を伝えないメディアの大罪』幻冬舎新書、2011年7月、270頁
  71. ^ 小沢氏側近の山岡氏が初入閣、鹿野農相は再任
  72. ^ 誤算の「岡田玉突き」=藤井氏の説得不調-閣僚人事時事通信社
  73. ^ 上杉隆『新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか』PHP新書、2011年、178-183頁
  74. ^ 読売記者vs上杉隆 小沢会見場外バトルの舞台裏
  75. ^ 小沢一郎氏会見での「諍い」に関する読売新聞の記事に反論する
  76. ^ 石川知裕・佐藤優『小沢一郎はなぜ裁かれたのか』徳間書店、2011年、167頁
  77. ^ 読売支持はわずか2割、記者バトルめぐる読者アンケートで明暗
  78. ^ 巨人・新人契約金「超過」読売新聞が朝日新聞に「もっと取材しろよ!」『J-CASTテレビウォッチ』2012年3月15日
  79. ^ 「海外取材までして警視庁『2ちゃんねる潰し』を応援する読売の見識」『週刊ポスト』2012年4月13日号
  80. ^ 「夏の連ドラ記者座談会(上)」『読売新聞』2012年7月25日夕刊
  81. ^ 『週刊実話』2012年8月16日号
  82. ^ “柏崎刈羽の運転再開申請へ…7月の新基準施行受け”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2013年5月19日). http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130518-OYT1T01329.htm?from=ylist 2013年5月21日閲覧。 
  83. ^ “平成25年5月19日付(朝刊)読売新聞1面・8面『柏崎再稼働7月申請 東電方針 地元同意課題に』について” (プレスリリース), 東京電力, (2013年5月19日), http://www.tepco.co.jp/news/2013/1227464_5311.html 2013年5月21日閲覧。 
  84. ^ 読売記者、福島・楢葉町長の談話を捏造 他紙参考に作成
  85. ^ “振り袖被害、横浜市が成人式やり直しを検討”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2018年1月11日). オリジナルの2018年1月11日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/dLDEU 2018年1月12日閲覧。 
  86. ^ “振袖トラブル「はれのひ」の波紋 成人式やり直し報道に困惑する横浜市教委”. NETIB NEWS (データ・マックス). (2018年1月11日). http://www.data-max.co.jp/300111_dm1771_2/ 2018年1月12日閲覧。 
  87. ^ 読売新聞記者が談話捏造 懲戒処分方針、富山”. 日本経済新聞 (2019年10月25日). 2019年10月29日閲覧。
  88. ^ ピストル密輸のテキ屋「拡販団長」の身元を隠す大手紙報道
  89. ^ Truman Library - Truman Papers: Psychological Strategy Board Files
  90. ^ CIA Records - Name Files
  91. ^ Research Aid: Cryptonyms and Terms in Declassified CIA Files Nazi War Crimes and Japanese Imperial Government Records Disclosure Acts
  92. ^ 有馬哲夫『日本テレビとCIA : 発掘された「正力ファイル」』(新潮社 、2006年)ISBN 4-10-302231-0 ISBN 978-4-7966-8475-0
  93. ^ 朝日からウィキペディア修正820件! 厚労省の8倍の仰天事実 - Jcastニュース2007/9/12
  94. ^ 裁判員に読売新聞が取材 裁判員法に抵触のおそれ
  95. ^ 裁判員法:抵触か 奈良の裁判員に読売記者が取材
  96. ^ 地裁所長、読売新聞に抗議=裁判員取材の記事掲載問題―奈良
  97. ^ 裁判員を取材 読売新聞に抗議
  98. ^ 読売に地裁が抗議文 裁判員取材「誠に遺憾」
  99. ^ 裁判員取材の読売新聞に奈良地裁が抗議
  100. ^ 「読売新聞1面に期待していたのに」 巨人の「お家騒動」ほぼ無視でガッカリ
  101. ^ popstyle 夕刊購入方法 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  102. ^ 聖教新聞の配達を読売新聞が担当することになったワケ 学会と読売に聞くと…”. デイリー新潮 (2020年4月28日). 2020年4月28日閲覧。







読売新聞と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「読売新聞」の関連用語

読売新聞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



読売新聞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの読売新聞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS