説明 説明の評価

説明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/03 23:42 UTC 版)

説明の評価

心理学では、説明は話者が聞き手に概念枠を提供し、理解したという感覚を与える活動ととらえる[4]。説明によって理解が増えなかった場合、その説明は失敗した事になる。このように、説明は理解という概念を含んで考えられ、理解度によって評価される。説明の評価には、説明を受けた人に理解できたかどうかなどを問う主観的評価と、説明後に実際に作業させて結果を判定する客観的評価がある。説明に関する評価研究は共通する部分はあるものの、理解という概念の幅の広さや、研究の焦点とする知覚の水準の違いから研究者によって観点が異なることが多い[4]。理解したつもりだったが実際にやってみるとできない、という現象が珍しくないように、主観的評価と客観的評価の結果が食い違う場合も多々ある[4]

ビジネス文書やマニュアルデザインの分野では主観的評価に重点が置かれ、品位安心といった情緒に訴える表現要素も説明の評価に含まれる[4]

説明書

工業製品には、取り扱い方、操作方法、使用に当たっての注意点などを記した文書が添えられていることが多い。取扱説明書、略して「取説(とりせつ)」とも言う。

参考資料

関連項目

外部リンク


  1. ^ a b c d e 広辞苑第六版【説明】
  2. ^ a b c d e f g デジタル大辞泉【説明】
  3. ^ 注 - 例えば、《記述》のほうは、「夕日は赤い」という文章である。赤い、ということを言っているに過ぎない。理由については述べていない。一方、《説明》のほうは、例えば(あくまで、一例であるが) 「夕日は橙色や赤色だが、それは、夕日のほうは日中に比べて太陽光が人の眼に届くまでに大気層を通過する距離が長く、波長の短い青色光は障害物に衝突する回数が多くなった分、吸収される率が増し、人の眼に到達しにくく、それに対して黄、橙、赤などの長波長光線は長距離を経ても届き、その結果、青色成分が(ばかりが)除かれた光となり、それが人の眼には橙色や赤色に見えるからである。」といったもので、赤(や橙)になっている理由も述べている。
  4. ^ a b c d e f 比留間太白『よい説明とは何か:認知主義の説明研究から社会的構成主義を経て』 関西大学出版部 2002年、ISBN 4873543487 pp.3-7.
  5. ^ 『岩波哲学・思想事典』【説明】
  6. ^ 関連書:ヘンペル著、長坂源一郎訳『科学的説明の諸問題』岩波書店、1973年
  7. ^ アレックス・ローゼンバーグ 『科学哲学―なぜ科学が哲学の問題になるのか』 東克明/森元良太/渡部鉄兵訳、春秋社、2011年、89頁。ISBN 978-4-393-32322-9
  8. ^ デジタル大辞泉【記述的科学】[1]


「説明」の続きの解説一覧



説明と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「説明」に関係したコラム

  • FXの口座開設の条件は

    FX(外国為替証拠金取引)の口座を開設するには、FX業者の設けた基準をクリアしなければなりません。ここでは、一般的な基準をまとめています。なお、基準はFX業者によりまちまちのため、すべてのFX業者に該...

  • バイナリーオプションの初心者向け入門サイト一覧

    バイナリーオプションは、FXと同じように外国為替を扱う商品ですが、仕組みや取引のルールはFXと異なります。次のリストは、これからバイナリーオプションを始めようとする初心者向けに、バイナリーオプションの...

  • 株式相場のアノマリー

    株式相場のアノマリーとは、日本の経済や景気、企業の業績などとは関係なく起きる、理屈の上では説明のつかない株価の変動のことです。次は株式相場のアノマリーの一例です。▼1月の株高正月休みを終えて再び機関投...

  • 株式の投資基準とされるPSRとは

    株式の投資基準とされるPSR(Price to Sales Ratio)とは、時価総額と売上高との比率を表したもので、株価売上率、株価売上高倍率などともいいます。PSRは、次の計算式で求めることができ...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

すべての辞書の索引



Weblioのサービス

「説明」の関連用語

1
90% |||||

2
90% |||||


4
56% |||||







説明のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



説明のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの説明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS