解脱会 泉涌寺・醍醐寺との関係

解脱会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 19:10 UTC 版)

泉涌寺・醍醐寺との関係

解脱会は戦前より泉涌寺・醍醐寺との関係が深く、泉涌寺長老・醍醐寺座主(三宝院門跡)は毎年新宿の解脱会本部を訪問している。

  • 解脱会は1939年(昭和14年)に御寺泉涌寺と結縁を成した。岡野聖憲は、敗戦により維持・運営に困難をきたしていた御寺泉涌寺に対する援助を行った。聖憲は死後、同寺境内に埋葬されることを希望し、1954年(昭和29年)、聖憲の遺骨を祀る「解脱金剛宝塔」が泉涌寺境内に建立された。聖憲の位牌は泉涌寺海会堂(かいえどう)に安置されており、聖憲の命日にあたる11月4日には、「解脱金剛御年祭」が行われるほか、毎月4日には、聖憲に対する法要が執り行われている。解脱会は泉涌寺を、伊勢神宮橿原神宮と並ぶ三聖地と定め、聖地巡拝として毎年1000人ほどが参列している[2][8]。教団の関西道場も泉涌寺東林町にある。
  • 岡野聖憲は1931年(昭和6年)、醍醐寺三宝院にて出家得度し、法名を授かった。この時解脱会は醍醐寺三宝院と法縁を結び、解脱教会本院に「真言宗醍醐派醍醐教会解脱分教会所」を併設。解脱教会は真言宗醍醐派を上部団体として教団活動を開始している。1948年(昭和23年)に聖憲が遷化すると、醍醐寺三宝院から諡号「解脱金剛」と権大僧正位が贈られた。更に1954年(昭和29年)、醍醐寺三宝院から聖憲に大僧正位が追贈された。解脱会は醍醐寺にも集団参拝を行っている。

青少年育成活動

  • 1971年(昭和46年)、北本市市制施行を機に地域青少年育成施設「解脱錬心館」を設立(初代名誉館長・佐藤顕埼玉大学教授。初代館長・早川啓記)。同館では剣道の稽古を行っている。
  • 北本市内に「解脱会 北本スポーツセンター」(野球ソフトボール場3面。研修施設・合宿所もあるが現在は営業していない)を有しており、1979年(昭和54年)から年1回、「解脱選抜少年野球大会」(北本市スポーツ少年団野球部会(北本市少年野球連盟)主管)を主催している[9]。スポーツセンター敷地内に神明稲荷神社があり、教団関係者が祭礼に参加している。

政治活動




  1. ^ 文化庁『宗教年鑑』令和2年版 89頁
  2. ^ a b 井上順孝『世界宗教百科事典』2012年12月 丸善出版 426頁
  3. ^ 梅原正紀ほか『新宗教の世界3』1978年 大蔵出版 150-155頁
  4. ^ a b 島田裕巳『現代にっぽん新宗教百科』2011年9月 柏書房 263-265頁
  5. ^ 宗教社会学者の塚田穂高は、岡野の主張・言行について、国粋主義的である、との指摘をしている。塚田穂高『宗教と政治の転轍点』2015年 花伝社
  6. ^ 梅原正紀ほか『新宗教の世界3』1978年 大蔵出版 155-163頁、177-187頁
  7. ^ Headline No.97 故岡野聖法長老 聖葬祭─解脱会2019年5月27日 公益財団法人新日本宗教団体連合会
  8. ^ 解脱金剛御年祭”. 解脱会. 2016年6月5日閲覧。
  9. ^ 北本市少年野球連盟 大会結果記録連盟主催・主管大会に「解脱選抜少年野球大会」があり、毎年行われている。
  10. ^ 役員等名簿平成29年6月13日現在 公益財団法人日本宗教連盟
  11. ^ 設立10周年 > 各界より平成19年10月・設立10周年大会開催 日本会議
  12. ^ 役員名簿平成29年9月1日現在 日本会議
  13. ^ 「ご協力者御芳名」、『教育再生』、日本教育再生機構、2015年9月号


「解脱会」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「解脱会」の関連用語

解脱会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



解脱会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの解脱会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS