親衛隊 (ナチス) 組織

親衛隊 (ナチス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 02:20 UTC 版)

親衛隊(しんえいたい、:Schutzstaffel  発音[ヘルプ/ファイル]、シュッツシュタッフェル、略号:SS)は、ドイツの政党、国民社会主義ドイツ労働者党の組織であり、主に第一次世界大戦時の将校や指揮官などの退役軍人で構成されていた。ドイツ語でSchutzが「護衛」「防護」、Staffelが「梯団」「梯隊」を意味する。


注釈

  1. ^ 山下英一郎『制服の帝国 ナチスSSの組織と軍装』(彩流社、2010年)38頁によると「司令部護衛隊」の「アドルフ・ヒトラー衝撃隊」への改称は1923年7月であるという。またハインツ・ヘーネ『SSの歴史 髑髏の結社』(フジ出版社、1981年)26頁とゲリー・S・グレーバー『ナチス親衛隊』(東洋書林、2000年)54頁によると「司令部護衛隊」と「アドルフ・ヒトラー衝撃隊」は同じ組織ではなく、旧エアハルト海兵旅団とナチ党の連携が切れたためにエアハルト海兵旅団の隊員が引き上げてしまい「司令部護衛隊」が解体し、代わりに「アドルフ・ヒトラー衝撃隊」がヒトラー護衛組織として作り直されたという。
  2. ^ グイド・クノップ著『ヒトラーの親衛隊』(原書房、2003年)によるとヒトラーのボディーガード組織に「親衛隊」の名称が与えられたのは1925年9月であるという。ロビン・ラムスデン『ナチス親衛隊 軍装ハンドブック』(原書房、1997年)によると1925年11月9日にミュンヘン一揆の記念式典で親衛隊が結成されたとある。
  3. ^ 彼ら普通党員章保持者は古参の黄金ナチ党員バッジ保持者から蔑まれることになる。
  4. ^ V2ロケットの開発に携わったヴェルナー・フォン・ブラウン博士が逮捕された際にその弊害が現れている。この時は最終的にヒトラー自らがゲシュタポに介入してようやく釈放させたものの、そのときヒトラーは「私でも彼(フォン・ブラウン)を釈放することはかなり困難だった」と言ったという。

出典

  1. ^ 93歳元ナチス看守に執行猶予付き判決 独裁判所 AFP 2020年7月23日
  2. ^ 山下(2010) p.17
  3. ^ a b ヘーネ(1981) p.26
  4. ^ a b 山下(2010) p.38
  5. ^ a b c ラムスデン(1997) p.11
  6. ^ a b 武装SS全史I p.32
  7. ^ スティン(2001) p.22
  8. ^ a b c d 武装SS全史I p.33
  9. ^ ヘーネ(1981) p.28
  10. ^ 阿部(2001)、p.117-122
  11. ^ 阿部(2001) p.125
  12. ^ a b ヘーネ(1981) p.30
  13. ^ a b グレーバー(2000) p.55
  14. ^ クノップ(2003) p.30
  15. ^ a b c ヘーネ(1981) p.31
  16. ^ a b ヘーネ(1981) p.32
  17. ^ a b 山下(2010) p.41
  18. ^ 阿部(2001) p.133
  19. ^ a b グレーバー(2000) p.56
  20. ^ a b c 山下(2010) p.39
  21. ^ a b c d e 武装SS全史I p.34
  22. ^ 阿部(2001) p.138
  23. ^ a b c ヘーネ(1981) p.33
  24. ^ 阿部(2001) p.141
  25. ^ a b ラムスデン(1997) p.13
  26. ^ グレーバー(2000)、p.57
  27. ^ 阿部(2001) p.151
  28. ^ クノップ(2003) p.99
  29. ^ グレーバー(2000) p.58
  30. ^ a b スティン(2001) p.23
  31. ^ ノイマン(1963) p.431
  32. ^ ヘーネ(1981) p.35
  33. ^ a b ヘーネ(1981)、p.64
  34. ^ クノップ(2003)、p.44
  35. ^ a b c 山下(2010)、p.43
  36. ^ a b キーガン(1972) p.39
  37. ^ 山下(2010) p.47
  38. ^ a b グレーバー、p.61
  39. ^ グレーバー(2000) p.62
  40. ^ 阿部(2001) p.168-169
  41. ^ 阿部(2001)、p.172
  42. ^ 桧山(1976) p.167-168
  43. ^ a b ヘーネ(1981) p.60
  44. ^ キーガン(1972) p.37
  45. ^ 桧山(1976) p.166
  46. ^ グレーバー(2000) p.61
  47. ^ 山下(2010) p.80
  48. ^ a b Yerger(1997) p.148
  49. ^ 桧山(1976) p.168
  50. ^ バトラー(2006) p.36
  51. ^ ヘーネ(1981) p.176
  52. ^ ドラリュ(2000) p.208
  53. ^ ヘーネ(1981)、p.212
  54. ^ ヘーネ(1981) p.78
  55. ^ ヘーネ(1981) p.150
  56. ^ スティン(2001) p.45
  57. ^ ヘーネ(1981) p.143
  58. ^ キーガン(1972) p.38
  59. ^ ヘーネ(1981) p.152
  60. ^ ヘーネ(1981)、p.141
  61. ^ ヘーネ(1981) p.84
  62. ^ a b 大野(2001) p.22-23
  63. ^ キーガン(1972) p.42
  64. ^ 桧山(1976) p.259
  65. ^ ヘーネ(1981) p.85
  66. ^ 高橋(2000) p.26
  67. ^ a b ヘーネ(1981) p.98
  68. ^ バトラー(2006) p.46-47
  69. ^ 大野(2001) p.29
  70. ^ a b c 武装SS全史I p.115
  71. ^ グレーバー(2000) p.86
  72. ^ スティン(2001) p.31
  73. ^ ヘーネ(1981) p.197
  74. ^ Yerger(1997) p.22
  75. ^ 武田知弘「ナチスの発明」45ページ
  76. ^ ヘーネ(1981) p.148
  77. ^ ヘーネ(1981) p.147
  78. ^ グレーバー(2000) p.152
  79. ^ グレーバー(2000) p.149
  80. ^ 芝(1995) p.30
  81. ^ 芝(1995) p.35
  82. ^ クノップ(2003) p.288
  83. ^ 芝(1995) p.60
  84. ^ 武装SS全史I p.52
  85. ^ a b ヘーネ(1981) p.151
  86. ^ ラムスデン(1997) p.17
  87. ^ 芝(1995) p.85
  88. ^ ビショップ(2008) p.186
  89. ^ クノップ(2003) p.100
  90. ^ ヘーネ(1981) 巻頭の組織図
  91. ^ Yerger(1997) p.225-229
  92. ^ ヘーネ(1981) p.153
  93. ^ グレーバー(2000) p.110
  94. ^ ヘーネ(1981) p.154
  95. ^ a b 芝(1995) p.170
  96. ^ ヘーネ(1981) p.142
  97. ^ 芝(2002) p.33
  98. ^ ヘーネ(1981) p.55
  99. ^ ヘーネ(1981) p.160
  100. ^ ヘーネ(1981) p.161
  101. ^ a b c ヘーネ(1981) p.162
  102. ^ クノップ(2003) p.108
  103. ^ グレーバー(2000) p.115
  104. ^ グレーバー(2000) p.116
  105. ^ クノップ(2003) p.112
  106. ^ クノップ(2003) p.107
  107. ^ ヘーネ(1981) p.158
  108. ^ 山下(2010) p.286
  109. ^ a b ラムスデン(1997) p.51
  110. ^ 山下(2010)、p.287
  111. ^ ラムスデン、p.41
  112. ^ a b 武装SS全史I p.81
  113. ^ ラムスデン(1997) p.43
  114. ^ ラムスデン(1997) p.59
  115. ^ 山下(2010) p.322
  116. ^ ラムスデン(1997) p.63
  117. ^ ラムスデン(1997) p.65
  118. ^ ラムスデン(1997) p.179


「親衛隊 (ナチス)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

親衛隊 (ナチス)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



親衛隊 (ナチス)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの親衛隊 (ナチス) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS