西田恒夫 西田恒夫の概要

西田恒夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/09 06:48 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

経歴

東京都出身。東京大学法学部第3類(政治コース)在学中の1969年(昭和44年)外務公務員採用上級試験に合格[1]、翌1970年(昭和45年)東大法学部を卒業し外務省に入省した。

外務審議官更迭

2005年(平成17年)8月、外務省事務方のナンバー3である政務担当外務審議官に就任するが北朝鮮政策をめぐり慎重論を唱えたことと、安倍晋三首相らを批判したことで事実上、更迭され、2007年(平成19年)1月 カナダ大使に任命された。




  1. ^ 『国際開発ジャーナル』1996年発行、63ページ
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]
  4. ^ (日本語) 大使館案内・西田大使略歴(日)”. 在カナダ日本国大使館. 2011年3月20日閲覧。
  5. ^ (日本語) 代表部案内”. 国際連合日本政府代表部 Permanent Mission of Japan to the United Nations. 2011年3月20日閲覧。
  6. ^ https://jp.unu.edu/news/announcements/unu-welcomes-12-new-council-members.html#info
  7. ^ https://unu.edu/about/unu-council
  8. ^ 新国連大使・西田恒夫氏が着任会見 日テレNEWS24


「西田恒夫」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「西田恒夫」の関連用語

西田恒夫のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



西田恒夫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西田恒夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS