西洋 オクシデントの概念

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 西洋 > 西洋の解説 > オクシデントの概念 

西洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 00:23 UTC 版)

オクシデントの概念

欧米では東西の世界にそれぞれオリエントとオクシデント(Occident)の表現を用いることがある[1]。オリエントとオクシデントはヨーロッパで、東洋と西洋は日本で形成され、本来は全く関係ない独立した思考概念であるが、西洋はオクシデントに相当する語として捉えられている[1]

ただし、ヨーロッパでは、イースト、オリエント、アジアといった概念が「ヨーロッパ以外のもの」に対する概念として形成されたため、その内容は本来的に千差万別で国や何に焦点を当てた議論かによって一律ではない[1]

また文化的側面においては、東西を分ける標語としてasiaとwestが使われる事が多い。 この場合人や物を指す時は asianとwesternになる。

エドワード・サイードは1978年に著書『オリエンタリズム』を発表[1]。サイードらの研究によってオリエンタリズムが蔑視的なイメージとして批判されると、西洋の拝金主義、利益優先的な考え方をオクシデンタリズムとする解釈も現われた。ただしサイードが『オリエンタリズム』で取り上げているのは中近東のイスラム世界であり中国や日本は入っていない[1]。またサイードは、オリエントとオクシデントのいずれの呼称も否定している[7]

脚注

[脚注の使い方]

関連項目


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 佐藤正幸. “明治初期の英語導入に伴う日本語概念表記の変容に関する研究”. 山梨県立大学. 2020年1月18日閲覧。
  2. ^ kotobank 「洋」
  3. ^ weblio 「洋」
  4. ^ kotobank 「西洋」
  5. ^ kotobank ブリタニカ国際大百科事典 「東洋」
  6. ^ kotobank 世界大百科事典 「東洋」
  7. ^ エドワード・サイード 『オリエンタリズム』(下) 今沢紀子訳、平凡社〈平凡社ライブラリー〉、1993年、306頁など


「西洋」の続きの解説一覧




西洋と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

西洋のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



西洋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西洋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS