藤岡弘、 略歴

藤岡弘、

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/16 02:50 UTC 版)

略歴

1946年昭和21年)2月19日愛媛県警警察官で全国的にも知られた柔道家、家伝の流派の古武道である「藤岡流」を継承する武道家でもあった父と、茶道華道の師範だった母との間に生まれる。当時の生家は駐在所で、近所には四国八十八箇所霊場の第四十四番札所である菅生山 大覚院 大寶寺があり、母はよくお遍路さんに「お接待」を施してもてなしていたのが印象的だったとしている。生まれたばかりの頃は病弱で、肺炎を患った時には「もうダメだろう」と医師から告げられる中、「遺影に…」と写真が撮影された程だった。この時は母の献身的な看病で一命を取り留めるが、小学校に上がってからも、引っ込み思案で恥ずかしがり屋な線の細い子供だった。6歳の頃から病弱を心配した父から武道の手ほどきを受け、肉体と精神の修行・鍛練の中、病弱を克服する。少年時代から滝行も経験している [5]

小学校時代は、父の仕事の都合で転校が多く、よくいじめの対象にされた。そんなある日、我慢できなくなって相手に反撃し、重傷を負わせる。すぐさま母の知るところとなり、帰宅するなり仏壇の前に連れて行かれ、凄まじい形相で「あなたがこれ以上、人様に迷惑をおかけするんだったら、私があなたの命をいただきます。そして私もあなたの後を追います。それでよろしいですか?」と、母子心中も辞さない覚悟を示され、反省を促された。弁解しようとすると「ならぬものはなりません! 先祖の血を汚してはいけません、ちゃんと先祖に謝りなさい!」と、一切の反論を認めなかった。その迫力に、武道の怖さとともに母の本気を知り、猛省したという。また、父との思い出としては、家の道場の掃除を言いつけられ、窓の桟や畳の縁など「手抜き」をして掃除をさぼると、父はそれを見抜き、その場所を指でなぞるとそれを舐め「馬鹿者! お前は自分の心を掃除しているということを忘れたのか! 掃除というのは己の心を掃除することなのだ。心を清らかに、掃除をしたところを舐めてもいいくらいの掃除をお前はしてるのか」と、よく怒鳴られたと述べている[5]。また「一子相伝」とされる家伝の古武道について、「人に見せるな、教えるな、商いにするな」と、特に厳しく申し渡されていたという[6]

1957年(昭和32年)、小学校6年の時に父が突如失踪。その日から家族の暮らしは貧しさを極め、3度の食事にも事欠き、学校に給食費すら納められない状況に陥る。藤岡はこの頃からアルバイトで生活を支える一方、惨めな生活を誰にも相談できず、後年まで父を許すことができなかったと語っている[注釈 1][7]

1961年、松山聖陵高等学校に入学。柔道部に在籍して主将を務めた。長身でその容姿・容貌が一際目立つこともあり、よく不良にからまれた。ある日、「5人以上はいた」という不良にからまれ、相手の攻撃は全て見切った上で、かわしたり間合いを外したりしていたが、止まらないために堪忍袋の緒が切れて、集団に1人で反撃する(逃げた者もいたが、全て撃退した)。ただ、武道を通じて我慢することや耐えることが日常だったため「堪忍袋の緒は(人より)長いですよ。物凄く我慢強いですよ」と語っている[8]

1964年劇団NLT俳優教室に入所。1965年には松竹映画ニューフェイスとして入社[1]香山美子都はるみの主演映画『アンコ椿は恋の花』(監督:桜井秀雄)でデビュー[1]。同年、『若いしぶき』(監督:八木美津雄)で初主演。

1970年、アクションドラマ『ゴールドアイ』(日本テレビ系・東映制作)第12話「密売大組織」(5月1日放送分)より、「藤弘」役としてレギュラー出演。のちに『仮面ライダー』で共演する千葉治郎も同じ回からレギュラー入りしている。

1971年(25歳)、特撮テレビドラマ『仮面ライダー』(毎日放送 - NET系・東映制作)に、主人公・本郷猛 / 仮面ライダー1号役で出演。最高視聴率30%の大ヒットとなり、一躍人気スター俳優となる。この年、五社協定が事実上の崩壊となり、出演決定を契機に松竹との専属契約を正式に打ち切る。

1972年NHKドラマ『赤ひげ』のオーディションを受けて合格したが、『仮面ライダー』の制作元である東映・毎日放送には無断でのことだったため、トラブルが発生。『赤ひげ』への出演は見送られることになった[注釈 2]。藤岡は一時失踪。このことは『仮面ライダー』の第66 - 68話と劇場版『仮面ライダー対じごく大使』の制作に影響を及ぼしている(詳細は『藤岡弘の失踪と制作中断』を参照)。

同年7月1日、ファンクラブ「藤岡弘友の会」が発足[9]。ひと月で5万人が入会したが、会員は子供がほとんどのため会費を多くとることができず赤字運営となり、スポンサーからの寄付金で賄われた[9]

1973年12月29日公開の東宝映画日本沈没』(監督森谷司郎)に主演。1974年邦画部門興行収入第1位の大ヒットとなる。

1974年NHK大河ドラマ勝海舟』の坂本龍馬役に抜擢。大河ドラマではこの作品を含め7作品に出演している。

1977年(31歳)、4月6日からテレビ朝日系でスタートした東映制作の刑事ドラマ特捜最前線』に桜井哲男(哲夫)警部役でレギュラー出演。途中、他作品への参加のため、一時降板しているが、その後復帰。10年間に及ぶ人気長寿番組となった今作品の中で、二谷英明本郷功次郎らと共に「番組の顔」的存在として中枢を支えた。

1984年(38歳)、SFサムライ映画『SFソードキル』(制作国:アメリカ、監督:J・ラリー・キャロル)の主演を務め、国際俳優となる[1]。日本人として初めて全米映画俳優組合へ加入する[1]。この映画を見て感激したオーストラリアの総督オーストラリアの名目上の元首であるエリザベス女王の代理人)は、後に結婚したばかりの藤岡夫妻に対して、新婚旅行先としてオーストラリアに招待したほどであった。

1986年には東京国際ファンタスティック映画祭でヒーロー賞を受賞。1987年、『白い牙』で共演した女優鳥居恵子と結婚(3年3ヵ月後に離婚)。

これと前後して、本人いわく「最も信頼していた者達の裏切り」に遭い、多額の負債を抱える。また、同時期に健康を害した[注釈 3][6]ことでしばらく芸能活動を休止し、一時活動が停滞する事態となった。

1992年統一教会の信者であると報じられたが、関与はないと語った。この件については「俳優以外の活動」を参照。

1997年、家庭用ゲーム機「セガサターン」のテレビCMでイメージ・キャラクター「せがた三四郎」に起用され、CMコピー「セガサターン、シロ!」とともに大人気となる[注釈 4]。11月から1年間オンエアーされたこのCMを契機に本格的に芸能活動を再開。『仮面ライダー』のリバイバルブームも追い風となり、藤岡自身の再評価・本格復帰にもつながった。このセガサターンのCMと翌年のオートレースのCMが、ともにCM大賞を受賞している。

1999年、10月からNHK連続テレビ小説あすか』に竹内結子演じるヒロインの父親役で出演。11月には「天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典」に招かれている。

2001年11月(55歳)、24歳年下の一般女性と再婚。同年12月には長女・愛理(天翔愛)が誕生している。

2002年川口浩の後任として、藤岡が2代目隊長に起用された『藤岡弘、探検隊シリーズ』が開始。

2007年8月23日、知人から融資実態がないにもかかわらず、2億円の抵当権を設定され、民事訴訟を起こされる。最高裁の決定により藤岡への4億5000万円の支払い命令が確定する[注釈 5]

2008年テレビ愛知 - テレビ東京系『トミカヒーロー レスキューフォース』の劇場版『トミカヒーロー レスキューフォース 爆裂MOVIE マッハトレインをレスキューせよ!』(監督:岩本晶、制作:ドッグシュガー、制作・配給:松竹)では、俳優としての古巣である松竹作品で、レスキューフォースR0こと世界消防庁長官・刑部零次役で出演。「37年ぶりに仮面ライダー以外のヒーローに変身する」として話題となった。この役についても、藤岡自身から「謎の男っぽさや過去の出来事をイメージ」して顔や手の傷、衣装、「変身後は(汚しや傷を入れて)少し古いデザインのスーツに変えてもらえないか」などスタッフに役作りのアイデアが出されている(ただ、変身後のスーツは「全員が同じスーツを着用する」と言う番組上の制約のためデザインの変更はされていない)。また『レスキューフォース』の続編である『トミカヒーロー レスキューファイアー』(2009年4月 - 2010年3月、テレビ愛知 - テレビ東京系)でも同じ役を演じた。

2014年1月23日、33年ぶりに『徹子の部屋』にゲスト出演[10]。この中で敬愛する母が2013年の春に103歳で他界した事を報告した。下積み時代には自分の着物を質草にし、『SFソードキル』でのハリウッド進出の際には既に高齢だったにも関わらず自ら現地に足を運ぶなど、明治生まれの気丈さで藤岡をまさに物心両面で支え続けた。亡くなる直前まで意識が鮮明で「子供のことを考えて生きるように」と藤岡を諭した後、眠るように息を引き取ったという[11]

同年5月13日、自ら企画したフジテレビ系のドキュメンタリー番組『海を越えた侍たち〜藤岡弘、がブラジルで見つけた日本人の心〜』[12]の取材・収録のため訪中、過去5回の訪伯でのボランティア支援で日本とブラジルの国際交流に貢献したことや、日系人社会を正しく伝えるための番組作りなどが評価され、ブラジル連邦議会より「感謝表彰」、名誉下院議員より「大十字勲章」が授与された[13]

2015年ベストジーニスト2015(協議会選出部門)を受賞[14]

2020年、長男・藤岡真威人が俳優デビュー[15]




注釈

  1. ^ その後、1980年(昭和55年)頃に父から突然電話が入る。父は静かな口調で「お前には財産も何も残してやれなかったが、地位や名誉という財産は他人に奪われることはあっても、『生き方』という財産は決して奪われない。だから、お前も誇りを持って生きなさい」と告げられた。しかし、突然のことでその言葉を理解しようとは思わなかった。その数日後、父の死を知らされて父の知人たちから失踪の真相を聞かされるうち、父に対する不信感は氷解したという。その真相については「差し障りがある」として明かしていないが、幼少時から父によく聞かされた「この国のために生きたい」との思いに、決して恥じないことだったとしている。
  2. ^ ちなみに、藤岡が演じる予定だった保本登役にはあおい輝彦が配役された。この時、『赤ひげ』の合格に加え、1973年大河ドラマ国盗り物語』のオーディションにも合格しており、織田信長役にキャスティングされていたが、信長役には改めて高橋英樹がキャスティングされた。藤岡としてはあくまで「勉強のため」との意識であり、合格するつもりなどなかったという。この作品での信長は高橋の当たり役となったが、藤岡は『おんな太閤記』(1981年(昭和56年))や『春日局』(1989年(平成元年))で信長役を演じることとなる。
  3. ^ 2013年8月15日、産経新聞関西版に掲載された阿含宗管長・桐山靖雄との対談の中で、「睡眠時間を削るなどしてがむしゃらに仕事したあげく、肝臓を壊してしまった」と明かしている。
  4. ^ せがた三四郎人気はNHK紅白歌合戦1998年)に応援ゲストとして登場するまでの勢いを見せた。この時は舞台上で藤岡がコメントしていると、ショッカー怪人や戦闘員が現れ、舞台上でアクションを展開、ついに変身ポーズの末、仮面ライダーが登場し怪人らを一網打尽、という演出だった。
  5. ^ 週刊ポスト2007年11月23日号より。知人と称するこの人物は、過去にも土地取引で問題を起こし、約6年の服役生活を送っていたなど、詐欺の常習者であった事と、別件で暴力行為による刑事事件も起こしており、藤岡自身も己の未熟さから騙されてしまったと告白している。この人物の娘の結婚式に藤岡が出席。程なく融資話を持ちかけられ、それに応じてしまい、金銭授受のない状態にも関わらず、口車に乗せられ、先方へ借用証書、直筆の領収書、礼状の3点を予め提出してしまった事から敗訴判決が命じられる結果となった。最高裁の判決に対してはあくまで戦うという意志表示を行っている。
  6. ^ 制作:フジテレビバラエテイ制作センター、チーフプロデューサー・演出:挾間英行、演出:奥村達哉、森田篤、司会:バナナマン生野陽子 出演者:デヴィ・スカルノ淡路恵子中尾ミエ美川憲一ミッツ・マングローブほか。
  7. ^ 日本空手道無門会」代表・富樫宜資の実弟。
  8. ^ シーンによっては、大野剣友会岡田勝中村文弥中屋敷鉄也が演じ分けている。
  9. ^ 第9話「恐怖コブラ男」(1971年5月29日放送分)、第10話「よみがえるコブラ男」(1971年6月5日放送分)。
  10. ^ 走り下りるシーンは第10話のラストカットとして使用されている。
  11. ^ 第14話「魔人サボテグロンの襲来」(1971年7月3日放送分)。
  12. ^ 佐々木は、藤岡の復帰が正式に決まった際にスタッフから「是非ダブルライダーで引き続き主演を」と依頼されたが、「藤岡君がカムバックするまでという約束で引き受けたのだから、藤岡君に返すべきだ。自分がいたままでは彼が付録のようになってしまう。」と固辞すると、当初の約束どおりに第52話『おれの名は怪鳥人ギルガラスだ!』(1972年3月25日放送分)をもって降板した(詳細は仮面ライダー#本郷猛(仮面ライダー1号 / 新1号)の復帰を参照)。
  13. ^ 第53話「怪人ジャガーマン決死のオートバイ戦」(1972年4月1日放送分)から。
  14. ^ 第40話「死斗(しとう)! 怪人スノーマン対二人のライダー」(1972年1月1日放送分)、第41話「マグマ怪人ゴースター桜島大決戦」(1972年1月8日放送分)。
  15. ^ 声のみの出演は『仮面ライダーV3』第21話と映画『仮面ライダーV3対デストロン怪人』、映画『五人ライダー対キングダーク』、『仮面ライダーストロンガー』第38話、映画『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』、顔出し出演は『仮面ライダーV3』第1話・第2話・第33話・第34話と『仮面ライダーストロンガー』第39話と正月特番だけである。『仮面ライダー (スカイライダー)』と『劇場版仮面ライダースーパー1』、『仮面ライダーZX』、『仮面ライダーBLACK RX』、『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』にも1号が登場しているが、藤岡自身は出演しておらず、素顔の本郷としての登場シーンはない。『オールライダー』では1号の声を声優・稲田徹が担当した。
  16. ^ なお、隊長と初めて呼ばれたのは『深夜戦隊ガリンペロ』(2002年10月26日 - 2003年3月22日フジテレビ系)で、探検隊復活もこの番組がきっかけといわれている。
  17. ^ 第10話まではスーツアクター兼任。第92・93話ではショッカーライダーの声も一部担当。第11 - 13話はライブラリー出演。第9 - 13話の声は納谷六朗による吹き替え。第14 - 39話は出演なし、第40 - 52話は不定期出演であり、この間は佐々木剛が主演扱いになっている。第66・67話は変身後の姿のみの登場で藤岡の出演はなく、声は市川治による吹き替え。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 仮面ライダー怪人大画報 2016, p. 203, 「仮面ライダー スタッフ・キャスト人名録 2016年版」
  2. ^ 『テレビ・タレント人名事典 第5版』日外アソシエーツ、2001年、914頁。ISBN 978-4816916779
  3. ^ a b 内田涼 (2012年9月12日). ““隊長”藤岡弘、実はヘビが嫌い! インディ・ジョーンズ顔負けの冒険談を披露”. ぴあ映画生活. オリジナルの2014年2月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140214003943/http://cinema.pia.co.jp/news/0/48071/ 2014年2月14日閲覧。 
  4. ^ a b スタープロフィール / 藤岡 弘、”. Web版TVスター名鑑. 2013年5月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年1月7日閲覧。
  5. ^ a b OGな人びとVol.39「藤岡弘、」1ページ”. OCN TODAY. 2013年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月21日閲覧。
  6. ^ a b “桐山靖雄×藤岡弘、8月15日特別対談「命を敬い明日に進む」”. 産経関西. (2013年8月15日). オリジナルの2014年2月14日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/8gubf 2014年2月14日閲覧。 
  7. ^ 週刊現代編集部『おやじ、ありがとう』講談社、2002年、134-135頁。ISBN 9784063389586
  8. ^ OGな人びとVol.39「藤岡弘、」2ページ”. OCN TODAY. 2013年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月21日閲覧。
  9. ^ a b 「概説 変身ブームの変遷」『テレビマガジン特別編集 変身ヒーロー大全集』講談社、1995年11月30日、130-133頁。ISBN 4-06-178419-6
  10. ^ 藤岡弘、が33年ぶりに「徹子の部屋」に出演 !”. 藤岡弘、オフィシャルブログ「藤岡弘、の侍道」Powered by Ameba (2014年1月23日). 2014年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月19日閲覧。
  11. ^ 徹子の部屋 / 今週の徹子の部屋 / 1月23日(木) / 出演 藤岡弘、 - 「103歳で逝った母の武勇伝」”. テレビ朝日 (2014年1月23日). 2014年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月19日閲覧。
  12. ^ 海を越えた侍たち〜藤岡弘、がブラジルで見つけた日本人の心〜”. フジテレビジョン. 2014年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月16日閲覧。
  13. ^ “「日本の若者よ、日系社会見て」=藤岡弘、さんTV取材で来伯=〃バナナ王〃山田さんらと意気投合=「日本人の誇りを取り戻せ!」”. JORNALニッケイ新聞. (2014年5月16日). オリジナルの2014年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140616140755/http://www.nikkeyshimbun.jp/2014/140516-71colonia.html 2014年6月16日閲覧。 
  14. ^ 【ベストジーニスト】ローラ、V3で殿堂入り 7人目選出「本当にうれしい」”. ORICON STYLE (2015年10月5日). 2015年10月5日閲覧。
  15. ^ “藤岡弘、の長男・真威人が「せが四郎」となって俳優デビュー!「せがた三四郎」に続いて親子2代で“セガ愛”炸裂”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年3月25日). https://hochi.news/articles/20200325-OHT1T50233.html 2020年3月26日閲覧。 
  16. ^ 藤岡弘、大型自動二輪免許に何度もチャレンジした過去告白 - 公開記念トークショーにネオサイクロン号と登場”. マイナビニュース (2016年3月22日). 2016年3月25日閲覧。
  17. ^ “「仮面ライダー」から40年。藤岡弘、驚異の若さを語る”. 日刊SPA!. (2011年8月23日). オリジナルの2012年7月21日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/vhdg 2014年2月14日閲覧。 
  18. ^ 藤岡弘、さん「この無造作な味いいねぇ」/「俺のワイルド珈琲道」日経MJ』2018年6月29日(トレンド面)2018年7月15日閲覧。
  19. ^ 有機栽培 藤岡、珈琲(2018年7月15日閲覧)。
  20. ^ 〜〜平山亨;プロデューサー お別れ会〜〜”. 我が俳優人生 ここに記す 堀田眞三. 2013年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月15日閲覧。
  21. ^ ただし、キャメロンの作品に出たことは一度も無い。
  22. ^ “フジ、藤岡弘、に「誤った表現」し謝罪”. ORICON STYLE. (2013年8月23日). オリジナルの2013年11月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131108071452/http://www.oricon.co.jp/news/movie/2027902/full/ 2014年2月14日閲覧。 
  23. ^ 【フジテレビからのお知らせ】バラエティ番組「ドラゴンレイディ」藤岡弘、氏ご出演VTRに関する訂正とお詫び”. フジテレビジョン (2013年8月20日). 2013年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月23日閲覧。
  24. ^ フジテレビからの謝罪文の掲載について”. 藤岡弘、オフィシャルブログ「藤岡弘、の侍道」Powered by Ameba (2013年8月23日). 掲載日と同日に閲覧。
  25. ^ a b 仮面ライダー1971-1984 2014, pp. 62-65, 「INTERVIEW 藤岡弘、」
  26. ^ a b c 仮面ライダー怪人大全集 1986, pp. 202-205, 「藤岡弘青春記 仮面ライダーから日本沈没、そしてソードキル」
  27. ^ ゲーム雑誌「CONTINUE」のインタビューより[要ページ番号]
  28. ^ “藤岡弘、: 被災地へ1トンの米送る「仮面ライダーから勇気をもらって」とエール”. MANTANWEB. (2011年4月2日). オリジナルの2012年7月12日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/cj7z 
  29. ^ 梁山泊空手プロフィール”. 梁山泊空手道連盟. 2014年3月11日閲覧。
  30. ^ 加盟団体・会員募集”. 眞日本武道空手道連盟. 2014年3月11日閲覧。
  31. ^ a b c d e f OFM仮面ライダー1 2004, p. 26, 「主演俳優の素顔1 藤岡弘、」
  32. ^ a b c d 仮面ライダー大全集 1986, pp. 226-231, 「スペシャルSTAFF CAST座談会 仮面ライダーを語る」
  33. ^ a b c OGな人びとVol.39「藤岡弘、」3ページ”. OCN TODAY. 2013年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月21日閲覧。
  34. ^ 仮面ライダー1971-1984 2014, p. 57, 「制作第11話-第12話」.
  35. ^ OGな人びとVol.39「藤岡弘、」4ページ”. OCN TODAY. 2013年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月21日閲覧。
  36. ^ FUKUOKAヒーローフェスタ2005 国際ヒーロー映画祭公式サイト(インターネットアーカイブ2008年2月24日分キャッシュ)
  37. ^ ライダー、ウルトラ…福岡でヒーローをテーマに映画祭 - ZAKZAK
  38. ^ 初代ライダー藤岡弘ら迎え「ヒーロー映画祭」が開幕 - ZAKZAK
  39. ^ “初代ライダーの藤岡弘、 日本にエール「今こそ“変身”のとき」”. ぴあ映画生活. (2011年4月1日). オリジナルの2014年2月14日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/BM9ug 2014年2月14日閲覧。 
  40. ^ “藤岡弘、38年ぶりライダー変身!「平成 VS 昭和ライダー大戦」で”. スポーツ報知. (2014年1月17日). オリジナルの2014年2月14日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/90X7k 2014年2月14日閲覧。 
  41. ^ “藤岡弘、38年ぶりに仮面ライダー1号に変身!”. シネマトゥデイ. (2014年1月17日). オリジナルの2014年1月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140119182309/http://www.cinematoday.jp/page/N0059718 2014年1月20日閲覧。 
  42. ^ 藤岡弘、44年ぶりに「仮面ライダー1号」として映画主演 - RBB TODAY
  43. ^ 「1号」藤岡弘、が平成仮面ライダーに“注文” - 東スポWeb
  44. ^ 『(秘)荷物!開封バラエティー ビックラコイタ箱』 【歴代の仮面ライダー俳優に(秘)荷物】(2016年3月30日放送分)” (2016年3月30日). 2016年4月14日閲覧。
  45. ^ 『(秘)荷物!開封バラエティー ビックラコイタ箱』 【歴代の仮面ライダー俳優に(秘)荷物】(2016年4月8日放送分)” (2016年4月8日). 2016年4月14日閲覧。
  46. ^ 水曜スペシャル川口浩探検隊シリーズ」を参照のこと。
  47. ^ “藤岡弘、「役者バカな人」…二谷英明さん死去”. スポーツ報知. (2012年1月9日). オリジナルの2014年2月14日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/N0H55 2014年2月14日閲覧。 
  48. ^ “藤岡弘、「早すぎる。無念」…荒木しげるさん死去”. スポーツ報知. (2012年4月16日). オリジナルの2013年8月15日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/FAT8I 2013年8月15日閲覧。 
  49. ^ 「祈り」”. 藤岡弘、オフィシャルブログ「藤岡弘、の侍道」Powered by Ameba (2013年8月7日). 2013年8月15日閲覧。
  50. ^ 泣き虫プロデューサーの「いいから、俺にしゃべらせろ !」”. 拡散希望 !!【待望の藤岡弘さんがお見舞いに !!】のはなし (2013年10月3日). 2013年8月15日閲覧。
  51. ^ “「仮面ライダーの父・阿部征司さん死去…東映元チーフプロデューサー」”. スポーツ報知. (2013年1月1日). オリジナルの2013年1月1日時点におけるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0101-0818-38/hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20121231-OHT1T00108.htm 2014年2月14日閲覧。 
  52. ^ 『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』せがた三四郎など新登場キャラクター続々、『TOV』ザギ、『.hack//G.U.』葬炎のカイトなども!?”. ファミ通.com. 2015年9月9日閲覧。
  53. ^ わけもん ! GT”. MRT宮崎放送. 2014年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月30日閲覧。
  54. ^ 相葉雅紀MC『I LOVE みんなのどうぶつ園』 番組ファミリーに那須雄登、藤岡弘、家族ら”. ORICON NEWS (2020年9月20日). 2020年9月21日閲覧。
  55. ^ 聞き手:小峯隆生




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「藤岡弘、」の関連用語

藤岡弘、のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



藤岡弘、のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの藤岡弘、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS