薬剤耐性 分布

薬剤耐性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/27 01:02 UTC 版)

分布

医薬品を扱う医療施設や療養施設だけで無く自然環境中からも発見され、都市河川[11]のみならず、畜産地帯の河川においても薬剤耐性を獲得した細菌の存在が発見されている[12]。これらの自然環境中から発見される耐性菌は人[12]と家畜[12]の糞便由来のほか、環境中(主に下水)に排出された医薬品の自然界での分解過程での構造変換による影響が指摘されている[13]。医薬品の影響を全く受けていない400万年前にできた洞窟や北極の永久凍土からも見つかっている[14]

耐性獲得に対する対策

新しい薬剤耐性を獲得した病原体の蔓延を防ぐためには、

  1. 耐性病原体に有効な新薬を開発しつづけること
  2. 耐性獲得を起こさない計画的な化学療法の実施
  3. 耐性病原体の発生状況の監視と把握(感染症の場合)

が主な対策となる。このうち1. の新薬の開発は、実際の治療を行う上でも重要である。しかし開発された新薬に対する耐性病原体もすぐに現れることが多く、薬剤耐性に対する根本的な解決には結びつかない。このため、対策上では、2. 計画的化学療法の実施と、3. 発生状況の監視が、特に重要である。

計画的化学療法の実施

化学療法を行う上で、耐性獲得を防ぐためにもっとも理想的なことは、その病原体に対してのみ著効を示す薬剤を単独で投与し、短期間のうちに治療することである。問題となった病原体が耐性を獲得する前に速やかに排除するとともに、病原体以外の常在微生物などが耐性を獲得する機会も最低限にとどめることが可能だからである。このため (1) MICができるだけ小さく(=その病原体への効果が強く)、(2) 抗菌スペクトルが狭い(=その病原体に特異的で、他の微生物に対する影響が少ない)、薬剤を選択することが望ましい。

しかし、これを実施する上では二つの大きな障害がある。一つは疾患の初期段階の場合、もう一つは慢性疾患の場合である。

まず、疾患が発生した初期の段階では有効な治療薬が特定できないケースが多々ある。特に「著効を示す薬剤」を特定するためには、原因となった病原体を分離・純粋培養した後で、薬剤感受性試験を行う必要があるが、この作業には少なくとも2 - 3日を要する。この間、患者に何の治療も施さずに放置することは、患者の生命、健康を害することになる。

従って初期治療の段階では、症候や短時間で得られる検査知見から、病原体の候補を推定し、それが複数考えられる場合などには、どのケースであっても治療上の有効性が高い治療法(いわゆるエンピリック治療)が採用される。このような場合、複数の病原体候補に対して有効な、抗菌スペクトルの広い薬剤が選択されることがある。ただしこのようなケースでも、病原体の分離と薬剤感受性試験を治療と並行して進めておき、有効な薬剤が判明した後に投薬の必要がある場合には、途中でその薬剤に切り替える。

また、HIV感染症や結核、あるいはがんなどの慢性疾患の場合、病原体が宿主に潜伏感染しているなどの要因によって、有効な薬剤であっても短期間の投与では十分に排除が行えず、長期にわたる投与が必要になる。

このような場合には、病原体や常在微生物などが耐性を獲得する機会が多いため、

  1. 作用メカニズムが異なる複数の薬剤を併用(多剤併用)し、
  2. 計画にそった服薬を徹底する

ことが重要である。

多剤併用を行った場合には、病原体が生き残るためには、使用中のすべての薬剤に対して同時に耐性を獲得する必要があるため、その出現を効果的に抑制できる。ただし投薬が複雑になる分、薬剤の副作用の出現や他の薬剤との組み合わせなどに注意が必要となる。慢性疾患の治療では特に服薬の管理が重要であり、治療の途中で服薬を中断したり、また症状の悪化に伴って再開したりということが行われると、耐性病原体の出現する危険性が極めて高くなる。このため服薬コンプライアンスの重要性が指摘されている。

またエイズや結核患者の多い開発途上国では、服薬による治療という概念が十分に理解されていなかったり、場合によっては支給された薬剤を換金する事例も存在することが、耐性病原体が蔓延する危険性を高めているとも考えられている。このため、世界保健機関がDOTS戦略(直接監視下の短期間の薬剤治療)を推進するなど、服薬コンプライアンス改善のための対策が行われている。

発生状況の監視

感染症の対策において、その発生状況を監視し把握することは、他の全ての対策に先立って必要となる重要な事項である。また伝染性が高く重篤な感染症については、発生状況の把握と同時に、患者の入院や外出、就業の制限などによって、流行の蔓延を食い止めることが重要になることも多い。このため、世界的に重要な感染症の発生状況は各国の担当機関から世界保健機構 (WHO) に報告されて、世界規模で発生状況が監視されるとともに、その情報を元に各国が具体的な対応を行っている。

薬剤耐性病原体についても、ヒト免疫不全ウイルス (HIV) や結核マラリアなど元々重大な感染症の薬剤耐性の状況に加え、バンコマイシン耐性腸球菌やペニシリナーゼ産生淋菌などの薬剤耐性菌などについての情報が集積されている。日本では、感染症新法に基づいて、いくつかの薬剤耐性菌による感染症が5類感染症に指定され、発生後一週間以内に届け出ることが義務づけられている。

アメリカ疾病予防管理センター (CDC) は、病院や高齢者福祉施設などから検体を集めて、耐性菌の分析・発見を行っている[15]。また日本では、薬剤耐性菌実験施設を持つ群馬大学が事務局である「薬剤耐性菌研究会」が国内外での発生情報を収集・提供している。

また、インド、パキスタンが発生源とみられ、ほとんどの抗生物質が効かない新種の細菌に感染した患者がヨーロッパで増えており、ベルギーで2010年8月16日までに最初とみられる死者が確認された[16]。欧米メディアによると、イギリス、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツ、アメリカ合衆国、カナダ、オーストラリアで感染が確認され、今後さらに拡大する恐れがある。

英医学誌『ランセット』によると、何種類かの細菌が「NDM1」と名付けられた遺伝子を持ち、ほとんどすべての抗生物質に対して耐性を持つようになった。こうした細菌に感染すると死亡率が非常に高くなるため、感染への監視強化と新薬の開発が必要だとしている。同誌によると、イギリスでは約50件の感染が確認されている。感染者の多くは、医療費の安いインドやパキスタンで美容整形手術などを受けており、感染源は両国との見方を論文は示している。

応用

薬剤耐性は薬剤耐性遺伝子によって水平伝播が可能である。このため、ある薬剤に感受性の生物に薬剤耐性遺伝子を人為的に導入すれば薬剤耐性にすることが可能である。この原理を利用して、遺伝子工学などの分野でさまざまに応用されている。

例えば、大腸菌にある特定の遺伝子をプラスミドなどを用いて実験的に導入したいときでも、用いた大腸菌のすべてに均一に遺伝子が導入されるわけではない。このため、遺伝子が導入された大腸菌と導入されていないものとを何らかの方法で選別する必要が生じる。このとき用いるプラスミドに、目的の遺伝子とともに薬剤耐性遺伝子を入れておき、遺伝子導入後にその薬剤で処理することによって、薬剤耐性遺伝子が入っている、すなわち、それと同時に目的の遺伝子が入っている大腸菌だけを選別できる。このように、薬剤耐性遺伝子は遺伝子導入の選択マーカーとして利用できる。

また、農学分野への応用では、除草剤耐性遺伝子を導入したGM作物を作製することで、その除草剤によって作物だけを選択的に生き残らせて雑草のみを殺し、作業の効率化を図ることなども行われている。


  1. ^ 橋本知幸、殺虫剤による衛生害虫駆除の実際と課題 学術の動向 2016年 21巻 3号 p.3_72-3_76, doi:10.5363/tits.21.3_72
  2. ^ 村野多可子、並木一男、椎名幸一、安川久、国内の養鶏場におけるワクモDermanyssus gallinaeの市販殺虫剤に対する抵抗性出現 日本獣医師会雑誌 2015年 68巻 8号 p.509-514, doi:10.12935/jvma.68.509
  3. ^ 内野彰、多年生水田雑草の除草剤抵抗性 農業および園芸 90(1), 174-180, 2015-01, NAID 120005864802
  4. ^ 市原実、石田義樹、小池清裕 ほか、静岡県内の水田周辺部におけるグリホサート抵抗性ネズミムギ (Lolium multiflorum Lam.) の分布 雑草研究 2016年 61巻 1号 p.17-20, doi:10.3719/weed.61.17
  5. ^ GCSAA GOLFCOURSE MANAGEMENT 芝草分野におけるハロスルフロン抵抗性の一年生カヤツリグサ科雑草と他のALS阻害剤 : 芝生分野で抵抗性カヤツリグサ科雑草が除草剤抵抗性雑草の問題に加わったことを確認する (日本語版ダイジェスト アメリカの最新コース管理情報を読む) 月刊ゴルフマネジメント 37(407), 125-128, 2016-04, NAID 40020765398
  6. ^ 山田理恵、定成秀貴、松原京子 ほか、「ヒトサイトメガロウイルスとその感染症」 北陸大学紀要 第30号(2006) 平成18年12月31日発行
  7. ^ 抗微生物薬耐性について(ファクトシート)”. FORTH; 厚生労働省検疫所 (2017年11月). 2019年12月6日閲覧。
  8. ^ 臨床検査データブック2019-2020 耐性菌,多剤耐性〔MDR〕についての概説
  9. ^ 厚生労働省健康局結核感染症課 (2017-06) (pdf). 抗微生物薬適正使用の手引き 第一版 (Report). 厚生労働省. http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000166612.pdf 2017年12月10日閲覧。. 
  10. ^ a b Negut I, Grumezescu V, Grumezescu AM (September 2018). “Treatment Strategies for Infected Wounds”. Molecules (9). doi:10.3390/molecules23092392. PMC: 6225154. PMID 30231567. https://www.mdpi.com/1420-3049/23/9/2392/htm. 
  11. ^ 清野敦子、長谷川泰子、益永茂樹 ほか、【原著論文】金目川,鶴見川,多摩川における薬剤耐性大腸菌の分布 水環境学会誌 2004年 27巻 11号 p.693-698, doi:10.2965/jswe.27.693
  12. ^ a b c 中尾江里、中野和典、野村宗弘 ほか、宮城県内の畜産地帯を流域とする河川における薬剤耐性菌分布の実態 環境工学研究論文集 2008年 45巻 p.187-194, doi:10.11532/proes1992.45.187
  13. ^ 緒方文彦、東剛志、医薬品による環境汚染問題-実態・生態影響・浄化技術-YAKUGAKU ZASSHI 2018年 138巻 3号 p.269-270, doi:10.1248/yakushi.17-00177-F
  14. ^ 薬剤耐性菌の歴史・変遷 国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンター
  15. ^ 抗生物質効かぬ「悪夢の耐性菌」米CDC発見『日本経済新聞』朝刊2018年4月8日サイエンス面掲載の共同通信記事。
  16. ^ 新種の細菌感染で初の死者 ベルギー
  17. ^ a b 感染症法に基づく医師の届出のお願い”. 厚生労働省 (2019年5月7日). 2019年12月6日閲覧。
  18. ^ 厚生労働省 院内感染対策サーベイランス 薬剤耐性菌 判定基準(Ver.3.2) (PDF) 厚生労働省(2019年1月)
  19. ^ 多剤耐性菌関連 III.どのような薬剤感受性を示す菌が要注意か 日本臨床微生物学会





薬剤耐性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「薬剤耐性」の関連用語

薬剤耐性のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



薬剤耐性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの薬剤耐性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS