萼とは?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/01 11:42 UTC 版)

(がく、蕚は異体字: calyx[1])とは、植物用語の一つで、花冠(花弁、またはその集まり)の外側の部分をいう。ひらがな書きで「がく」とすることも多い[要出典]。萼の個々の部分を萼片(がくへん、: sepal[1])という。多くの場合、花弁(「花びら」のこと)の付け根(最外側)にある緑色の小さいのようなものが萼である。萼は全体を支える役割を持つ。


  1. ^ a b 文部省日本植物学会編『学術用語集 植物学編』丸善、1990年、増訂版。ISBN 4-621-03376-X


「萼」の続きの解説一覧



萼と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「萼」の関連用語

萼のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



萼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの萼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS