芥川龍之介 作品の変遷

芥川龍之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/25 04:44 UTC 版)

作品の変遷

芥川龍之介の作品は、初期と晩年でかなり違うといわれる。

初期

説話文学を典拠とした『羅生門』『鼻』『芋粥』など歴史物、加えてキリシタン物が有名である。日夏耿之介は初期の作品を「非常によい」と評価している。歴史物では、人間の内面、特にエゴイズムを描き出したものが多い。

中期

芸術至上主義的な面が全面に出た『地獄変』などを書き、長編『邪宗門』に挑んでいた。

晩年

自殺を考えていたのか、自分のこれまでの人生を見直したり、生死を取り上げたりした作品が多く見られる。初期より晩年の方を高く評価する見解も示されている。『一塊の土』など、これまでと比べ現代の話を書くようになるが、台頭するプロレタリア文壇にブルジョア作家と攻撃されることとなる。このころから主人公の一人称を「僕」とする私小説が増え、告白的な自伝も書き始める(『大導寺信輔の半生』、『点鬼簿』、『或阿呆の一生』など)。晩年の代表作『河童』は、河童の世界を描くことで人間社会を痛烈に批判しており、当時の人々に問題を提起した。

『歯車』の内容から、晩年には自分自身のドッペルゲンガー(Doppelgänger)を見たのではないか、また、片頭痛あるいはその前兆症状である閃輝暗点を患っていたのではないか、という説がある。

「水洟(みづぱな)や 鼻の先だけ 暮れ残る」と、自殺直前に書いた色紙の一句が辞世とされる。

自殺に関して

1927年(昭和2年)7月24日、雨の降りしきるなか、田端の自室で芥川龍之介は服毒自殺を行い、社会に衝撃を与えた。使用した薬品については、ベロナールとジェノアルとする説が一般的である。死の数日前に芥川を訪ねた、同じ漱石門下で親友の内田百閒によれば、芥川はその時点でもう大量の睡眠薬でべろべろになっており、起きたと思ったらまた眠っているという状態だったという。すでに自殺を決意し、体を睡眠薬に徐々に慣らしていたのだろうと推測される。一方で、自殺の直前には身辺の者に自殺をほのめかす言動を多く残しており、実際には早期に発見されることを望んだ狂言自殺で、たまたま発見が遅れたために死亡したとする説がある。また、死後に見つかり、久米正雄に宛てたとされる遺書或旧友へ送る手記[15]」の中では自殺の手段や場所について具体的に書かれ、「僕はこの二年ばかりの間は死ぬことばかり考へつづけた。(中略)…僕は内心自殺することに定め、あらゆる機会を利用してこの薬品(バルビツール酸系ヴェロナール (Veronal) およびジャール)を手に入れようとした」とあることから、記述を信頼すれば計画的に自殺を企てていた節も窺える。エンペドクレスの伝記にも言及し「みずからを神としたい欲望」についても記している。

遺書として、妻・に宛てた手紙、菊池寛小穴隆一に宛てた手紙がある。芥川が自殺の動機として記した「僕の将来に対する唯ぼんやりした不安」との言葉は、今日一般的にも有名であるが、自殺直前の芥川の厭世的あるいは「病」的な心境は『河童』を初めとする晩年の作品群に明確に表現されており、「ぼんやりした不安」の一言のみから芥川の自殺の動機を考えるべきではないともいえる。芥川命日は小説『河童』から取って河童忌と称される。

死の直前である7月初め、菊池寛に会うため二度文藝春秋社を訪れているが会うことができなかった。社員が菊池に芥川が訪れたことを報告せず、生前に菊池が芥川を訪ねることもなかった[16]

死の前日、芥川は近所に住む室生犀星を訪ねたが、犀星は雑誌の取材のため上野に出かけており、留守であった。犀星は後年まで「もし私が外出しなかったら、芥川くんの話を聞き、自殺を思いとどまらせたかった」と、悔やんでいたという。また、死の直前に

橋の上ゆ胡瓜なくれは水ひひきすなはち見ゆる禿の頭

と河童に関する作を残した。

芥川の自殺報道の直後からその死にショックを受けたと思われる若者たちの後追い自殺が相次ぎ、「芥川宗」とも呼ばれた[17]

死の8年後、親友で文藝春秋社主の菊池寛が、芥川の名を冠した新人文学賞「芥川龍之介賞」(芥川賞)を設けた。芥川賞は直木賞と共に日本でもっとも有名な文学賞として現在まで続いている。

菊池寛による弔辞

  • 菊池寛は第一高等学校での同級生以来の付き合いであり、友人総代として弔辞を読んでいる。

芥川龍之介君よ
君が自ら擇み 自ら決したる死について 我等 何をか云はんや
たゞ我等は 君が死面に 平和なる微光の漂へるを見て 甚だ安心したり
友よ 安らかに眠れ!
君が夫人 賢なれば よく遺兒を養ふに堪ふるべく
我等 亦 微力を致して 君が眠の いやが上に安らかならん事に努むべし
たゞ悲しきは 君去りて 我等が身辺 とみに蕭篠たるを如何せん
                                     友人總代 菊池寛

  • なお、芥川の死について、菊池寛は「芥川の事ども」という文章を残している[18]



注釈

  1. ^ 長女の急死が原因であったと推測されることがある。
  2. ^ 防衛省防衛研究所図書館史料閲覧室が所蔵する海軍記録『職員進退録』に、芥川の自筆履歴書が残る。2010年現在、複写した履歴書の写真が同室に展示されている。個人情報なので、アジア歴史資料センターでのネット公開の対象外である。
  3. ^ 西川は弁護士であったが偽証教唆の罪で失権し、刑務所に収監され、出所後に自宅が半焼した際に直前に多額の保険金をかけていたことや家屋の2階押入の二箇所からアルコール瓶が発見されたことから保険金詐欺目的の放火が疑われていた。

出典

  1. ^ 神の罠, 36頁
  2. ^ 神の罠, 38.178頁
  3. ^ 関口 1992, p. 213
  4. ^ 芥川龍之介 「入社の辞」、1919年3月。
  5. ^ 海軍兵学校物語, p. 73
  6. ^ 関口 2010, p. 52
  7. ^ 川端康成 「芥川龍之介氏と吉原」
  8. ^ 神の罠, 39頁
  9. ^ 山崎光夫 『藪の中の家』 中公文庫、2008年。(第四章六 - より)
  10. ^ 芥川文、中野妙子記 『追想芥川龍之介』 中公文庫、1981年、p.170
  11. ^ https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1172662/15 『侏儒の言葉』芥川龍之介「小兒」「武器」1939年版(検閲による削除あり)国立国会図書館所蔵}
  12. ^ https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1180947/16 『侏儒の言葉』芥川龍之介「小兒」「武器」1927年版(検閲による削除なし)国立国会図書館所蔵}
  13. ^ 神の罠, 40.177頁
  14. ^ 神の罠, 178-179頁
  15. ^ 芥川龍之介 「或旧友へ送る手記」、1927年7月。
  16. ^ 久世番子『よちよち文藝部』文藝春秋、2012年10月、152-153頁
  17. ^ 『芸能人と文学賞 〈文豪アイドル〉芥川から〈文藝芸人〉又吉へ』川口則弘、ベストセラーズ, 2017、「芥川のブロマイドが芥川賞の根源にあった--「作家」というアイドルの誕生」の章
  18. ^ 菊池寛 「芥川の事ども」、『文藝春秋』1927年9月号。
  19. ^ a b 木口直子(田端文士村記念館学芸員) 「芥川龍之介没後九十年”河童忌”の新たな幕開けに添えて」 『文藝別冊 芥川龍之介』 河出書房新社、2017年、201-208頁。 
  20. ^ イベント一覧”. 田端文士村記念館 北区文化振興財団. 2019年2月4日閲覧。
  21. ^ 「芥川龍之介記念館」整備/北区が旧居跡地購入へ 書斎再現や資料展示『毎日新聞』朝刊2018年6月7日(東京面)2018年6月7日閲覧。
  22. ^ a b 片野 2006, p. 15-16
  23. ^ 芥川龍之介 「わが俳諧修業
  24. ^ 吉野裕之緑いろの何か-あるいは、芥川を撃った赤い光」、『歌壇』1996年6月号。
  25. ^ 天満ふさこ『「星座」になった人―芥川龍之介次男・多加志の青春』新潮社、2007年6月。ISBN 978-4103049715
  26. ^ 2007年8月15日放送「世界バリバリ★バリュー」、2008年4月20日放送「大胆MAP」より


「芥川龍之介」の続きの解説一覧



芥川龍之介と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「芥川龍之介」の関連用語

芥川龍之介のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



芥川龍之介のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの芥川龍之介 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS