航空自衛隊 職種

航空自衛隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/12 09:57 UTC 版)

職種

幹部

  • 飛行 - 戦闘機輸送機偵察機など航空機を運用する業務を行う。
  • 航空管制 - 飛行場に離着陸する航空機の誘導などを行う。
  • 要撃管制 - 領空の警戒監視などの業務を行う。
  • 高射運用 - 地対空誘導弾ペトリオットの運用を行う。
  • 高射整備 - 地対空誘導弾ペトリオットの整備を行う。
  • プログラム - コンピューターのプログラム作成及び管理を行う。
  • 気象 - 気象観測に基づく気象解析や航空気象予報の作成などを行う。
  • 通信電子 - 通信電子機器などの維持及び運用などを行う。
  • 武装 - 戦闘機などの搭載武器に関する業務などを行う。
  • 整備 - 航空機などの整備を行う。
  • 施設 - 基地施設などの建設取得及び維持管理などを行う。
  • 衛生 - 医療業務などを行う。救難員として救難機に搭乗する者もいる。
  • 法務 - 航空自衛隊に関連する損害賠償訴訟などを取り扱う。
  • 総務人事 - 各部隊の司令部等において総務業務、人事業務などを行う。
  • 警備 - 基地の安全管理などを行う。
  • 音楽 - 公式行事などでの演奏を行う。
  • 会計 - 予算、契約行為などに関する業務を行う。
  • 補給 - 航空自衛隊における物品等の管理を行う。
  • 輸送 - 航空自衛隊で必要とする人や物資を輸送する業務を行う。
  • 情報 - 情報収集部隊等に配置され、外国の航空機やミサイルなどの軍事情報の収集、分析を行う。
  • 研究開発 - 航空自衛隊における航空機および地上電子機材等の研究開発を行う。
これらを含めて約30種類の職種がある。

准曹士

准曹士の職種はアメリカ空軍の制度に倣い幹部よりもさらに細分化されているが、特に平成8年度以降防衛費削減の影響で職種の統廃合が急速に進められ、各隊員の業務量は過大となりつつある。

実務経験と試験などにより30(初級レベル・初級専門員)、50(中級レベル・専門員)、70(上級レベル・技術員)の特技が付与される。特技付与のうち50(中級レベル)について、旧制航空自衛隊生徒及び一般空曹候補学生は、各術科学校の中級課程修了時に付与される場合と部隊実習と空曹候補者課程を修了し3曹昇任時に付与される場合の2通りがあり職種、ショップによりこれらは異なっていた。一般隊員(一般空曹候補生及び任期制隊員)は、実務訓練(OJT)を通常10ヶ月した後に特技試験(APT)が課される。特技拡大(職種替え)を受けた場合以前の職種は順次技術レベルを格下げされていく。

女性自衛官の職種

  • 2015年に性別による制限が撤廃され、戦闘機の操縦士を含む全職種に採用される[9]



  1. ^ 平成29年度防衛白書 資料9 主要航空機の保有数・性能諸元
  2. ^ 自衛隊法施行令及び防衛省の職員の給与等に関する法律施行令の一部を改正する政令(官報平成24年3月22日、号外第63号第5面)
  3. ^ 陸上イージス・宇宙部隊…日米連携が理由、新装備次々
  4. ^ 空自「宇宙部隊」創設へ…対衛星兵器など監視
  5. ^ 防衛省、「イージス・アショア」導入の方針
  6. ^ 増田弘『自衛隊の誕生』中公新書172-176頁
  7. ^ 増田弘『自衛隊の誕生』中公新書230-231頁
  8. ^ 武市照彦『政界風土記』国政出版室
  9. ^ 女性、戦闘機パイロットに…空自が登用方針 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「航空自衛隊」の関連用語

航空自衛隊のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



航空自衛隊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの航空自衛隊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS