自由民主党の派閥 現在の主要派閥と展望

自由民主党の派閥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/01 14:33 UTC 版)

現在の主要派閥と展望

名称 通称 会長 勢力 衆院 参院 備考 先代会長 先々代会長
 
せいわせいさくけんきゆうかい/清和政策研究会 ほそた/細田派 ほそた/細田博之 98 61 37 日本民主党における岸信介の系譜に連なる第1派閥
概ねタカ派スタンスを採るが経済政策ではハト派スタンスも採る
町村信孝 森喜朗
しこうかい/志公会 あそう/麻生派 あそう/麻生太郎 60 45 15 日本民主党における松村謙三の系譜に連なる第2派閥
麻生派山東派が合流して岸田派との大宏池会構想も踏まえる
麻生太郎
山東昭子
河野洋平
大島理森
へいせいけんきゆうかい/平成研究会 たけした/竹下派 たけした/竹下亘 55 34 21 自由党における佐藤栄作の系譜に連なる第3派閥
ポスト田中角栄を巡り分裂した歴史がある
額賀福志郎 津島雄二
こうちかい/宏池会 きした/岸田派 きした/岸田文雄 48 32 16 自由党における池田勇人の系譜に連なる最古参派閥
調整役に回る例が多く政策に明るいものの政争に暗い
古賀誠 谷垣禎一
古賀誠
しすいかい/志帥会 にかい/二階派 にかい/二階俊博 44 36 8 日本民主党における河野一郎の系譜に連なるタカ派派閥
風見鶏と揶揄された中曽根康弘亀井静香二階俊博三巨頭
伊吹文明 亀井静香
すいけつかい/水月会 いしは/石破派 いしは/石破茂 20 18 2 従来の系譜を汲まないベンチャー派閥
石破茂の首相就任構想を踏まえる
- -
きんみらいせいしけんきゆうかい/近未来政治研究会 いしはら/石原派 いしはら/石原伸晃 12 11 1 ポスト中曽根康弘を巡り結成された新興派閥
山崎拓オーナー
山崎拓 渡辺美智雄
むははつ/無派閥 むははつ/- むははつ/- 73 47 26 - - -
410 284 126 - - -

ほかに、「伝統と創造の会稲田朋美会長)」、「さいこう日本甘利明代表)」、「きさらぎ会(菅義偉顧問)」、「有隣会」、「無派閥有志の会」など、無派閥議員間での連携を模索する政策集団が様々な形態で見られる。また、第2次安倍内閣では保守系超党派議員連盟(政党横断型連合)として『創生「日本」安倍晋三会長)』に参加する議員が多く登用されている。さらに、青年局が主として無派閥の1年生議員向けに主催する勉強会も開かれており、かつての派閥が果たした役割は分担されている。これらの政策集団には派閥と重複して参加している議員もいる。派閥には一長一短があり、教訓として生かされている。

一覧から見て取れるように、第46回衆議院選挙で自由民主党が大勝したことにより議員数が飛躍的に増加し、派閥の内実に大きな変化が生じた[9][10][11][12][13]




注釈

  1. ^ 旧渡辺派」と「村上派」、「旧加藤派」と「小里グループ」などがこれに当たる。
  2. ^ 大平正芳の死去による「旧大平派」、渡辺美智雄の死去による「旧渡辺派」、河本敏夫の政界引退による「旧河本派」、小渕恵三の死去による「旧小渕派」、加藤紘一倒閣運動による「旧加藤派」、橋本龍太郎の派閥離脱による「旧橋本派」、亀井静香の離党による「旧亀井派」、堀内光雄の離党による「旧堀内派」などがこれに当たる。一方で、第43回衆議院選挙で落選した山崎拓は非議員のままで山崎派会長を務めたものの、この時における通称は総じて「山崎派」のままだった。

出典








固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「自由民主党の派閥」の関連用語

自由民主党の派閥のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



自由民主党の派閥のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自由民主党の派閥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS