結婚 各国における結婚・夫婦関係

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > 結婚 > 結婚の解説 > 各国における結婚・夫婦関係 

結婚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/26 13:02 UTC 版)

自然人類学
分子人類学
文化人類学
言語人類学
社会人類学
考古学


注釈

  1. ^ これは懲罰的措置ではなく精神的治療に必要な期間とされている。

出典

  1. ^ 広辞苑 第五版 p.829 結婚
  2. ^ 大辞泉
  3. ^ 字通,百科事典マイペディア,日本大百科全書(ニッポニカ),世界大百科事典内言及, 知恵蔵,デジタル大辞泉,精選版 日本国語大辞典,ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉プラス,日本文化いろは事典,普及版. “結婚とは” (日本語). コトバンク. 2022年6月20日閲覧。 “両性が夫婦となること。夫婦の縁を結ぶこと。婚姻。”
  4. ^ a b c 『文化人類学事典』 弘文堂、1987年1月、246頁
  5. ^ 婚姻率や離婚率の移り変わりの実情をさぐる(不破雷蔵) - 個人” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年6月20日閲覧。
  6. ^ a b 婚姻(こんいん)の意味 - goo国語辞書” (日本語). goo辞書. 2020年10月27日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h 平凡社『世界大百科事典』vol.10, 【婚姻】pp.607-608 末成道夫 執筆箇所
  8. ^ a b c 『ブリタニカ国際大百科事典』 1984、p.53【婚姻 Mariage】
  9. ^ 千葉他 2005, p. 16.
  10. ^ a b 青山・有地 1989, pp. 150-.
  11. ^ 日本国語大辞典第二版
  12. ^ 令和2年国勢調査 人口等基本集計結果 結果の概要 (pdf)”. 総務省統計局. p. 2 (2021年11月30日). 2022年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月2日閲覧。
  13. ^ 非婚とは
  14. ^ 木下 2003, p. 31.
  15. ^ “母権家族の勧め”
  16. ^ 同性カップルの「事実婚」も婚姻に準じる関係であり法的保護対象となると示す初の高裁判決が下されました”. www.outjapan.co.jp. 2020年10月27日閲覧。
  17. ^ a b 木下 2003, p. 28.
  18. ^ 二宮周平著 『家族法 第2版』 新世社〈新法学ライブラリ9〉、1999年4月、51-52頁
  19. ^ 我妻 他 1999, p. 50.
  20. ^ 青山・有地 1989, p. 158.
  21. ^ 青山・有地 1989, p. 178.
  22. ^ a b 青山・有地 1989, p. 183.
  23. ^ Turkish Civil and Penal Code Reforms from a Gender Perspective: The Success of two Nationwide Campaigns”. 2006年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年12月閲覧。 (6.21 MB) (p. 18)
  24. ^ 千葉他 2005, pp. 42–43.
  25. ^ 千葉他 2005, p. 43.
  26. ^ Ontario Consultants on Religious Tolerance (2006年12月31日). “Human sexuality and gender topics: Subjects of major concern to many faith groups”. Religioustolerance.org. 2006年12月閲覧。
  27. ^ Human Rights Voices – Pakistan, August 21, 2008”. Eyeontheun.org. 2013年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月閲覧。
  28. ^ Home”. AIDSPortal. 2008年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月閲覧。
  29. ^ a b Iran”. Travel.state.gov. 2013年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月閲覧。
  30. ^ United Nations Human Rights Website – Treaty Bodies Database – Document – Summary Record – Kuwait”. Unhchr.ch. 2011年8月閲覧。
  31. ^ Culture of Maldives – history, people, clothing, women, beliefs, food, customs, family, social”. Everyculture.com. 2011年8月閲覧。
  32. ^ Fakim, Nora (2012年8月9日). “BBC News – Morocco: Should pre-marital sex be legal?”. BBC. https://www.bbc.co.uk/news/world-africa-19049000 
  33. ^ Legislation of Interpol member states on sexual offences against children – Oman”. Interpol. 2016年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月閲覧。
  34. ^ 2010 Human Rights Report: Mauritania”. State.gov (2011年4月8日). 2011年8月閲覧。
  35. ^ Dubai FAQs. “Education in Dubai”. Dubaifaqs.com. 2011年8月閲覧。
  36. ^ Judd, Terri (2008年7月10日). “Briton faces jail for sex on Dubai beach – Middle East – World”. The Independent (London). https://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/briton-faces-jail-for-sex-on-dubai-beach-863918.html 2011年8月閲覧。 
  37. ^ “Sudan must rewrite rape laws to protect victims”. Reuters. (2007年6月28日). オリジナルの2012年12月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121209050025/http://www.reuters.com/article/2007/06/28/idUSL28849488._CH_.2400 2011年8月閲覧。 
  38. ^ United Nations High Commissioner for Refugees. “Refworld | Women's Rights in the Middle East and North Africa – Yemen”. UNHCR. 2011年8月閲覧。
  39. ^ ヘロドトス歴史 1.199、A.D. Godley訳(1920)
  40. ^ 例えばジェームズ・フレイザー (1922), 金枝篇, 3e, Chapter 31: Adonis in Cyprusなど
  41. ^ Stephanie Budin, The Myth of Sacred Prostitution in Antiquity (Cambridge University Press, 2009)
  42. ^ 青山・有地 1989, pp. 150–151.
  43. ^ 青山・有地 1989, p. 151.
  44. ^ 日本カトリック司教協議会、常任司教委員会、『カトリック教会のカテキズム要約』カトリック中央協議会、2014年2月10日。181頁(346)。
  45. ^ カトリック教会の結婚観 カトリック東京大司教区
  46. ^ 第119回 結婚の秘跡の効果 カテキズムを読もう Laudate 女子パウロ会
  47. ^ 第118回 混宗結婚と異宗結婚 カテキズムを読もう Laudate 女子パウロ会
  48. ^ 日本カトリック司教協議会、常任司教委員会、『カトリック教会のカテキズム要約』カトリック中央協議会、2014年2月10日。182頁(349)。
  49. ^ 中世のキリスト教 II-3 教権と俗権の対立 カトリック中央協議会
  50. ^ 正教会にわくわくの好奇心を抱いておられる方に(結婚式について) - 名古屋ハリストス正教会
  51. ^ a b c d e f g h i j イスラーム法にもとづいた結婚
  52. ^ [1]
  53. ^ ユダヤの力(パワー)―ユダヤ人はなぜ頭がいいのか、なぜ成功するのか! (知的生きかた文庫) 加瀬 英明 著
  54. ^ 『近代統計制度の国際比較』安本稔編集 2007年12月 日本経済評論社 ISBN 978-4-8188-1966-5
  55. ^ 結婚の没落?…欧州10ヵ国で婚外出産が全新生児数の半分以上”. 東亜日報 (2018年4月19日). 2018年4月20日閲覧。
  56. ^ a b 事実婚をあえて選んだ夫婦たち、その「事情」と生の声(上)” (日本語). ダイヤモンド・オンライン (2019年9月14日). 2022年6月20日閲覧。
  57. ^ 遠藤誉「第13回 全国人民代表大会の代表が「姐弟恋」を奨励 〜でも「anego」との恋は命がけ」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年8月8日付配信
  58. ^ a b 「大都市で晩婚化進む、結婚は家と車を購入してから」recordchina、2008年1月18日付配信
  59. ^ 「男性の65%が相手は「25歳〜28歳」を希望」recordchina、2008年2月16日付配信
  60. ^ a b c d e 遠藤誉「第3回 「小鳥」になれないA女たち 有能で美人、でも「釣り合う男性」にはそっぽを向かれる」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年3月14日付配信
  61. ^ 遠藤誉「第6回 欧米人夫妻にもらわれていく中国の女児たち <A女>の出現が女児遺棄を防ぐという皮肉」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年4月25日付配信
  62. ^ 「「愛よりお城よ」、未婚者の意識調査「結婚は住居を買ってから」が過半数」recordchina、2008年2月21日付配信
  63. ^ 遠藤誉「第5回 <A女>の影に潜む「隠婚族」の女たち 「仕事にマイナスになるから」結婚をひた隠す」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年4月11日付配信
  64. ^ a b c d 遠藤誉「「第9回 私が出会った<A女>たち (2) 〜「漢民族の男とは結婚したくない!」」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年6月6日付け配信
  65. ^ a b 「「僕と婚約してくれたら高級車を1台贈呈しよう」 お金持ちが大学内で“花嫁募集”をするのが流行っている」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年6月6日付け配信
  66. ^ a b 遠藤誉「第11回 結婚も離婚も稲妻のように〜一人っ子政策が生み出した「閃婚族」と「閃離族」」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年6月27日付配信






結婚と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「結婚」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



結婚のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの結婚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS