結婚詐欺 結婚詐欺の概要

結婚詐欺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/19 06:32 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search

概要

結婚する意思がないにもかかわらず、結婚を餌にして異性に近づき、相手を騙して金品を巻き上げたり、返済の意志もないのに金品を借りたりし、異性の心身を弄ぶ行為。

代表的な手口として、「結婚前に清算しなければならない借金がある」「結婚を機に独立するつもりなので開業資金が必要」「先物取引で失敗して金が必要」などと偽り、金品を騙し取る。また、これと同様にクレジットカードサラ金カードを相手に渡してしまい、多額の借金を背負ってしまう被害や金を渡した相手と連絡が取れなくなり、後で被害を受けたと発覚するケースがある。男性よりも女性が被害者になることが多い。

中華民族中国台湾)と朝鮮民族の男性がアジア諸国の女性に国際結婚を持ちかけ、査証支給費用などの名目で金銭を騙し取る事件が発生しており[1][2]、国際結婚詐欺を仲介するブローカーも存在しているという。

関連項目




「結婚詐欺」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「結婚詐欺」の関連用語

結婚詐欺のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



結婚詐欺のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの結婚詐欺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS