紅藻 系統と分類

紅藻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 05:37 UTC 版)

系統と分類

進化・系統

紅藻は藍藻に似た光合成色素組成 (クロロフィルa のみ、フィコビリンが存在) をもち、また鞭毛を欠くことから、古くは藍藻と他の藻類をつなぐ原始的な真核生物であると考えられていた。また、当時は葉緑体の共生起源説が一般的ではなく、藻類が光合成能を失うことで菌類へと進化したとする考えが一般的であった。紅藻と子嚢菌は両者とも鞭毛を欠き、一見類似した有性生殖を行うことから、菌類は紅藻から進化したとする考えもあった[55]

その後、葉緑体の共生起源説が一般的になり、現在では、紅藻の葉緑体藍藻との一次共生に起源をもつと考えられている。一般的に、紅藻 (紅色植物) は他の一次植物 (一次共生によって葉緑体を獲得した生物; 灰色植物緑色植物) と単系統群を形成していると考えられており、これら3群は合わせてアーケプラスチダ (古色素体類 Archaeplastida) にまとめられ[註 5][56]、また正式な分類群名としては、植物界 (Plantae) が用いられることがある[57]

ただし分子系統解析からは、灰色植物や緑色植物よりも紅藻に近縁な生物の存在が示唆されている。ロデルフィス属 (Rhodelphis) は、2本鞭毛をもつ捕食栄養性鞭毛虫であるが、分子系統解析からは紅藻の姉妹群であることが示唆されている[58]。この鞭毛虫は葉緑体をもたないが、ゲノム情報からは光合成能を欠く色素体 (おそらくヘム合成のため) をもつことが示唆されている。

また紅藻は、クリプト藻ハプト藻不等毛藻渦鞭毛藻 (の約半数) の葉緑体の起源となったと考えられている。2019年現在、これらの生物は紅藻を直接取り込み (二次共生)、取り込まれた紅藻が葉緑体になったとする説が一般的である[6][8][59]。そのため、これらの藻類は緑色植物を取り込んで葉緑体としたと考えられているユーグレナ藻クロララクニオン藻とともに二次植物とよばれる。

約12億年前の地層から、現生のウシケノリ属 (Bangia) (ウシケノリ綱) によく似た生物の化石 (Bangiomorpha pubescens) が見つかっている[1]。この化石は、多細胞性真核生物および有性生殖の存在を示唆するものとして広く受け入れられている最古の化石である。またおよそ16億年の地層から単列糸状の生物化石が見つかっており、紅藻であると主張されている[60]。サンゴモ類 (真正紅藻綱) と考えられる化石は、約6億5000万年前以降から報告されている[61]

一方、ある分子時計解析からは、紅色植物と緑色植物の分岐が約17億年前、イデユコゴメ綱とその他の紅藻の分岐が約15億年前、ウシケノリ綱真正紅藻綱の分岐が約9億4000万年前と推定されている[62]

分類

紅藻は、ふつう紅色植物門 (紅藻植物門[63]) (学名:Rhodophyta) にまとめられる。さらに高次の階級として、紅色植物亜界 (学名:Rhodoplantae) が用いられることもある[64]

古くは、紅藻は果胞子体の有無などに基づいて2つのグループ (綱または亜綱[註 6]のレベル)、原始紅藻 (Bangiophyceae または Bangiophycidae, Protoflorideophycidae) と真正紅藻 (Florideophyceae または Florideophycidae, Euflorideophycidae) に分けられていた[5][6][65] (下表)。

紅藻の古典的な分類
綱または亜綱 体制 ピットプラグ 果胞子体 代表例
原始紅藻 単細胞〜多細胞 なし (一部あり) なし チノリモ、オオイシソウ、アマノリ
真正紅藻 多細胞 あり あり サンゴモ、テングサ、オゴノリ、トサカノリ

もともと上記の原始紅藻という分類群は、紅藻の初期分岐群を集めた側系統群であるという認識であったが[16]、やがて分類体系から側系統群を排除する考え方が一般的になるとともに、分子系統学的研究などによって、紅藻内の系統関係が明らかになってきた。そのため、2019年現在では、原始紅藻は複数の綱 (イデユコゴメ綱チノリモ綱ロデラ綱ベニミドロ綱オオイシソウ綱ウシケノリ綱) に分けられている[64][66][67][68][69]。紅藻の中では、イデユコゴメ綱が最初に分岐したグループであり、イデユコゴメ門 (Cyanidiophyta)[64]またはイデユコゴメ亜門 (Cyanidophytina)[66]として、他の紅藻と分けられている (2019年現在、後者が一般的[4][23])。イデユコゴメ綱以外の紅藻は紅藻亜門 (Rhodophytina) としてまとめられることもあるが、その中でウシケノリ綱真正紅藻綱が明らかに近縁であるため、両者を合わせて"真正紅藻亜門"[3] (Eurhodophytina) に分類することが提唱されている[64][70][71]。さらに残りの4つの綱 (ベニミドロ綱オオイシソウ綱チノリモ綱ロデラ綱) が単系統群を形成することが示唆されており、これを"原始紅藻亜門"[2] (上記の伝統的な意味での原始紅藻とは範囲が異なる) (Proteorhodophytina) に分類することが提唱されている[71]。これら7綱の系統関係、特徴、紅藻 (紅色植物門) の分類体系を以下に示す。


紅色植物門
イデユコゴメ亜門

イデユコゴメ綱

原始紅藻亜門

ベニミドロ綱

オオイシソウ綱

チノリモ綱

ロデラ綱

真正紅藻亜門

ウシケノリ綱

真正紅藻綱

紅藻 (紅色植物門) の系統[66][70][71]

紅色植物に属する7綱の特徴[9][23][25][69]
体制[註 7] ピットプラグ 周縁チラコイド ゴルジ体[註 8] 低分子炭水化物[註 9] カロテノイド[註 10] 有性生殖 生育環境
イデユコゴメ綱 あり E F, I Z, β 未知 温泉
ベニミドロ綱 単、多 なし あり/なし E Di, S, F, (Du, T) Z, β 未知 海、淡水、陸上
オオイシソウ綱 なし/あり あり E F, (Di, I) A, Z, β 一部で2世代交代 海、淡水
チノリモ綱 なし EM F, (Di, T) Z, β 未知 海、陸上
ロデラ綱 あり/なし E/N M Z, β 未知 海、(淡水)
ウシケノリ綱 なし/あり あり/なし EM F, I L, Z, α, β 2世代交代 海、(淡水)
真正紅藻綱 あり あり EM F, (Di, Du, M, S, T) A, Z, β / L, Z, α, β ふつう3世代交代 海、(淡水)

紅藻の綱までの分類体系[4] (2019年現在)

注釈

  1. ^ この写真はウィキメディア・コモンズではイデユコゴメ属の1種 (Cyanidium sp.) とされているが、AlgaeBase中のGaldieria sulphurariaのページではG. sulphurariaとされている.形態的には後者が妥当.
  2. ^ 千原 (1997) では type III としている。
  3. ^ 千原 (1997) では type IV としている。
  4. ^ 千原 (1997) では type II としている。
  5. ^ この名は正式な分類群名ではなく、系統群名である。
  6. ^ この場合、全ての紅藻を1つの綱、紅藻綱 (Rhodphyceae) にまとめていた。
  7. ^ 単 = 単細胞、多 = 多細胞
  8. ^ ゴルジ体シス面が面する構造:E = 小胞体、EM = 小胞体・ミトコンドリア複合体、N = 核膜
  9. ^ Di = ジゲネアシド、Du = ズルシトール、F = フロリドシド、I = イソフロリドシド、M = マンニトール、S = ソルビトール、T = トレハロース、カッコ内は一部の種がもつ
  10. ^ A = アンテラキサンチン、L = ルテイン、Z = ゼアキサンチン、α = α-カロテン、β = β-カロテン

出典

  1. ^ a b Butterfield, N.J. (2000). “Bangiomorpha pubescens n. gen., n. sp.: implications for the evolution of sex, multicellularity, and the Mesoproterozoic/Neoproterozoic radiation of eukaryotes”. Paleobiology 26: 386-404. doi:10.1666/0094-8373(2000)026<0386:BPNGNS>2.0.CO;2. 
  2. ^ a b 和名は「鈴木 雅大 (2019) 紅藻類. 日本産海藻リスト. 生きもの好きの語る自然誌. (2019年9月29日閲覧)」より。ただし古典的な意味での原始紅藻綱 (または亜綱) とは範囲が異なるので注意。古典的な原始紅藻類からイデユコゴメ綱ウシケノリ綱を除いたものに相当する。
  3. ^ a b 和名は「鈴木 雅大 (2019) 紅藻類. 日本産海藻リスト. 生きもの好きの語る自然誌. (2019年9月29日閲覧)」より。
  4. ^ a b c Guiry, M.D. & Guiry, G.M. (2019) AlgaeBase. World-wide electronic publication, Nat. Univ. Ireland, Galway. http://www.algaebase.org; searched on 4 October 2019.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n 千原 光雄 (1997). 藻類多様性の生物学. 内田老鶴圃. pp. 386. ISBN 978-4753640607 
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 千原 光雄 (編) (1999). バイオディバーシティ・シリーズ (3) 藻類の多様性と系統. 裳華房. pp. 346. ISBN 978-4785358266 
  7. ^ a b c d e f g h i j van den Hoek, C., Mann, D., Jahns, H. M. & Jahns, M. (1995). Algae: an introduction to phycology. Cambridge University Press. ISBN 978-0521316873 
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w Graham, J.E., Wilcox, L.W. & Graham, L.E. (2008). Algae. Benjamin Cummings. ISBN 978-0321559654 
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 神谷 充伸, 長里 千香子 & 川井 浩史 (2012). “紅藻類”. In 渡邉 信 (監). 藻類ハンドブック. エヌ・ティー・エス. pp. 113-122. ISBN 978-4864690027 
  10. ^ a b 吉田 忠生 (1998). 新日本海藻誌 日本海藻類総覧. 内田老鶴圃. pp. 1222. ISBN 978-4753640492 
  11. ^ 千原 光雄 (1983). 学研生物図鑑 海藻. 学習研究社. pp. 292. ISBN 978-4051004019 
  12. ^ 田中 次郎 & 中村 庸夫 (2004). 日本の海藻. 平凡社. pp. 245. ISBN 978-4582542370 
  13. ^ 神谷 充伸 (監) (2012). 海藻 ― 日本で見られる388種の生態写真+おしば標本. 誠文堂新光社. pp. 271. ISBN 978-4416812006 
  14. ^ Judson, B. L. & Pueschel, C. M. (2002). “Ultrastructure of trichocyte (hair cell) complexes in Jania adhaerens (Corallinales, Rhodophyta)”. Phycologia 41: 68-78. 
  15. ^ Pueschel, C. M. & Cole, K. M. (1982). “Rhodophycean pit plugs: an ultrastructural survey with taxonomic implications”. American Journal of Botany 69: 703-720. doi:10.1002/j.1537-2197.1982.tb13310.x. 
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Cole, K. M. & Sheath, R. G. (Eds.) (1990). Biology of the Red Algae. Cambridge University Press. pp. 517. ISBN 0-521-34301-1 
  17. ^ 岡崎 惠視 (2008). “藻類の炭酸カルシウム形成: その機構と大気 CO2 循環への貢献”. 藻類 56: 185-205. 
  18. ^ 松田 伸也 (2002). “日本のサンゴ礁域における無節サンゴモ研究”. 日本におけるサンゴ礁研究 1: 29-42. 
  19. ^ 藤田 大介 (2002). “磯焼け”. 21世紀初頭の藻学の現況: 102-105. http://sourui.org/publications/phycology21/materials/file_list_21_pdf/31Isoyake.pdf. 
  20. ^ a b Goff, L. J. (1982). “The biology of parasitic red algae”. In Round F, Chapman D, (eds.). Progress in Phycological Research Vol. 1. Elsevier Biomedical Press, Amsterdam. pp. 289–369 
  21. ^ Coleman, A. (1985). “Diversity of plastid DNA configuration among eukaryote algae”. J. Phycol. 21: 1-16. doi:10.1111/j.0022-3646.1985.00001.x. 
  22. ^ Yang, E. C., Scott, J., West, J. A., Orlova, E., Gauthier, D., Küpper, F. C., ... & Karsten, U. (2010). “New taxa of the Porphyridiophyceae (Rhodophyta): Timspurckia oligopyrenoides gen. et sp. nov. and Erythrolobus madagascarensis sp. nov.”. Phycologia 49: 604-616. doi:10.2216/09-105.1. 
  23. ^ a b c Kamiya, M., Lindstrom, S. C., Nakayama, T., Yokoyama, A., Lin, S. M., Guiry, M. D., ... & Cho, T. O. (2017). Syllabus of plant families ‐ A. Engler's Syllabus der Pflanzenfamilien Part 2/2: Photoautotrophic eukaryotic algae ‐ Rhodophyta. Borntraeger Science Publishers, Berlin. pp. 171. ISBN 978-3-443-01094-2 
  24. ^ Murakami, A., Miyashita, H., Iseki, M., Adachi, K. & Mimuro, M. (2004). “Chlorophyll d in an epiphytic cyanobacterium of red algae”. Science 303: 1633-1633. doi:10.1126/science.1095459. 
  25. ^ a b Takaichi, S., Yokoyama, A., Mochimaru, M., Uchida, H. & Murakami, A. (2016). “Carotenogenesis diversification in phylogenetic lineages of Rhodophyta”. Journal of Phycology 52: 329-338. doi:10.1111/jpy.12411. 
  26. ^ Tabita, F. R., Satagopan, S., Hanson, T. E., Kreel, N. E. & Scott, S. S. (2008). “Distinct form I, II, III, and IV Rubisco proteins from the three kingdoms of life provide clues about Rubisco evolution and structure/function relationships”. Journal of Experimental Botany 59: 1515-1524. doi:10.1093/jxb/erm361. 
  27. ^ Valentin, K. & Zetsche, K. (1990). “Rubisco genes indicate a close phylogenetic relation between the plastids of Chromophyta and Rhodophyta”. Plant Molecular Biology 15: 575-584. doi:10.1007/BF00017832. 
  28. ^ Shimonaga, T., Konishi, M., Oyama, Y., Fujiwara, S., Satoh, A., Fujita, N., Colleoni, C., Buléon, A., Putaux, J., Ball, S.G., Yokoyama, A., Hara, Y., Nakamura, Y. & Tsuzuki, M. (2008). “Variation in storage α-glucans of the Porphyridiales (Rhodophyta)”. Plant and Cell Physiology 49: 103-116. doi:10.1093/pcp/pcm172. 
  29. ^ Eggert, A. & Karsten, U. (2010). “Low molecular weight carbohydrates in red algae - an ecophysiological and biochemical perspective”. Red Algae in the Genomic Age. Springer Netherlands. pp. 443-456. ISBN 978-90-481-3794-7. 
  30. ^ Pickett-Heaps, J. D., West, J. A., Wilson, S. M. & McBride, D. L. (2001). “Time-lapse videomicroscopy of cell (spore) movement in red algae”. European Journal of Phycology 36: 9-22. doi:10.1017/S0967026201002992. 
  31. ^ Ackland, J. C., West, J. A. & Pickett-Heaps, J. (2006). “Actin and myosin regulate pseudopodia of Porphyra pulchella (Rhodophyta) archeospores”. Journal of Phycology 43: 129-138. doi:10.1111/j.1529-8817.2006.00311.x. 
  32. ^ 堀 輝三 (編) (1993). 藻類の生活史集成. 褐藻・紅藻類. pp. 396. ISBN 978-4753640584 
  33. ^ West, J. A., Zuccarello, G. C. & Kamiya, M. (2001). “Reproductive patterns of Caloglossa species (Delesseriaceae, Rhodophyta) from Australia and New Zealand: multiple origins of asexuality in C. leprieurii. Literature review on apomixis, mixed‐phase, bisexuality and sexual compatibility”. Phycological Research 49: 183-200. doi:10.1046/j.1440-1835.2001.00239.x. 
  34. ^ Littler, M. M., Littler, D. S., Blair, S. M. & Norris, J. N. (1986). “Deep-water plant communities from an uncharted seamount off San Salvador Island, Bahamas: distribution, abundance, and primary productivity”. Deep Sea Research Part A. Oceanographic Research Papers 33: 881-892. doi:10.1016/0198-0149(86)90003-8. 
  35. ^ Gonzalez, M. & Goff, L. (1989). “The red algal epiphytes Microcladia coulteri and M. californica (Rhodophyceae, Ceramiaceae). II: Basiphyte specificity”. Journal of Phycology 25: 558-567. 
  36. ^ Nelson, W. A. & Knight, G. A. (1996). “Life history in culture of the obligate epiphyte Porphyra subtumens (Bangiales, Rhodophyta) endemic to New Zealand”. Phycological Research 44: 19-25. doi:10.1111/j.1440-1835.1996.tb00034.x. 
  37. ^ Ciciotte, S. L. & Thomas, R. J. (1997). “Carbon exchange between Polysiphonia lanosa (Rhodophyceae) and its brown algal host”. American Journal of Botany 84: 1614-1616. doi:10.2307/2446623. 
  38. ^ 熊野 茂 (2000). 世界の淡水産紅藻. 內田老鶴圃. pp. 395. ISBN 978-4753640881 
  39. ^ a b 環境省 レッドリスト. (2019.9.22閲覧)
  40. ^ 廣瀬 弘幸 & 山岸 高旺 (編) (1977). 日本淡水藻図鑑. 内田老鶴圃. pp. 933. ISBN 978-4753640515 
  41. ^ Sheath, R.G. (2003). “Red Algae”. In Wehr, J.D. & Sheath, R.G. (eds.). Freshwater Algae of North America. Ecology and classification. Elsevier Science USA, San Diego. pp. 197-224. ISBN 0127415505 
  42. ^ Wujek, D.E. & Timpano, P. (1988 '1986'). Rufusia (Porphyridiales, Phragmonemataceae), a new red alga from sloth hair. 25/26. 163-168 
  43. ^ Lee, J. J. (1990). “Fine structure of the rhodophycean Porphyridium purpureum in situ in Peneroplis ertusus (Forskal) and P. acicularis (Batsch) and in axenic culture”. The Journal of Foraminiferal Research 20: 162-169. doi:10.2113/gsjfr.20.2.162. 
  44. ^ Seckbach, J. (2010). “Overview on cyanidian biology”. In Seckbach, J. & Chapman, D.J. (eds.). Red Algae in the Genomic Age. Springer, Netherlands. pp. 345-356. ISBN 978-90-481-3794-7 
  45. ^ Reeb, V. & Bhattacharya, D. (2010). “The thermo-acidophilic Cyanidiophyceae (Cyanidiales)”. In Seckbach, J. & Chapman, D.J. (eds.). Red Algae in the Genomic Age. Springer, Netherlands. pp. 409-426. ISBN 978-90-481-3794-7 
  46. ^ a b c 渡邉 信 (監) (2012). 藻類ハンドブック. エヌ・ティー・エス. pp. 768. ISBN 978-4864690027 
  47. ^ 菊池 則雄 (2012). “アマノリ”. In 渡邉 信 (監). 藻類ハンドブック. エヌ・ティー・エス. pp. 611-616. ISBN 978-4864690027 
  48. ^ 農林水産省 漁業産出額.
  49. ^ a b 岩本 浩二 & 白岩 善博 (2012). “カラゲナン”. In 渡邉 信 (監). 藻類ハンドブック. エヌ・ティー・エス. pp. 749-753. ISBN 978-4864690027 
  50. ^ 埋橋 祐二 (2012). “寒天”. In 渡邉 信 (監). 藻類ハンドブック. エヌ・ティー・エス. pp. 742-748. ISBN 978-4864690027 
  51. ^ 大野 正夫 (2002). “新しい海藻養殖”. 21世紀初頭の藻学の現況 112-115. http://sourui.org/publications/phycology21/materials/file_list_21_pdf/34SeaweedCultivation.pdf. 
  52. ^ Hehemann, J. H., Correc, G., Barbeyron, T., Helbert, W., Czjzek, M. & Michel, G. (2010). “Transfer of carbohydrate-active enzymes from marine bacteria to Japanese gut microbiota”. Nature 464: 908-915. doi:10.1038/nature08937. 
  53. ^ Smith, J. E., Hunter, C. L. & Smith, C. M. (2002). “Distribution and reproductive characteristics of nonindigenous and invasive marine algae in the Hawaiian Islands”. Pacific Science 56: 299-315. doi:10.1353/psc.2002.0030. 
  54. ^ 羽生田 岳昭 (2012). “外来種としての海藻”. In 渡邉 信 (監). 藻類ハンドブック. エヌ・ティー・エス. pp. 429-431. ISBN 978-4864690027 
  55. ^ 廣瀬 弘幸 (1972). 藻類学総説. 内田老鶴圃新社. pp. 506 
  56. ^ Adl, S. M., Bass, D., Lane, C. E., Lukeš, J., Schoch, C. L., Smirnov, A., ... & Cárdenas, P. (2019). “Revisions to the classification, nomenclature, and diversity of eukaryotes”. Journal of Eukaryotic Microbiology 66: 4-119. doi:10.1111/jeu.12691. 
  57. ^ Cavalier-Smith, T. (1981). “Eukaryote kingdoms: seven or nine?”. BioSystems 14: 461–481. doi:10.1016/0303-2647(81)90050-2. 
  58. ^ Gawryluk, R. M., Tikhonenkov, D. V., Hehenberger, E., Husnik, F., Mylnikov, A. P. & Keeling, P. J. (2019). “Non-photosynthetic predators are sister to red algae”. Nature 572: 240-243. doi:10.1038/s41586-019-1398-6. 
  59. ^ 井上 勲 (2006). 藻類30億年の自然史 -藻類からみる生物進化-. 東海大学出版会. ISBN 4-486-01644-0 
  60. ^ Bengtson, S., Sallstedt, T., Belivanova, V. & Whitehouse, M. (2017). “Three-dimensional preservation of cellular and subcellular structures suggests 1.6 billion-year-old crown-group red algae”. PLoS Biology 15: e2000735. doi:10.1371/journal.pbio.2000735. 
  61. ^ Cohen, P. A., Macdonald, F. A., Pruss, S., Matys, E. & Bosak, T. (2015). “Fossils of putative marine algae from the Cryogenian glacial interlude of Mongolia”. Palaios 30: 238-247. doi:10.2110/palo.2014.069. 
  62. ^ Yang, E. C., Boo, S. M., Bhattacharya, D., Saunders, G. W., Knoll, A. H., Fredericq, S., ... & Yoon, H. S. (2016). “Divergence time estimates and the evolution of major lineages in the florideophyte red algae”. Scientific Reports 6: 21361. doi:10.1038/srep21361. 
  63. ^ 鈴木 雅大 (2019) 紅藻類. 日本産海藻リスト. 生きもの好きの語る自然誌. (2019年10月11日閲覧)
  64. ^ a b c d Saunders, G.W. & Hommersand, M.H. (2004). “Assessing red algal supraordinal diversity and taxonomy in the context of contemporary systematic data.”. Am. J. Bot. 91: 1494-1507. doi:10.3732/ajb.91.10.1494. 
  65. ^ Fritsch, F.E. (1945). The structure and reproduction of algae, vol 2. University Cambridge Press, Cambridge. pp. 939 
  66. ^ a b c Yoon, H.S., Muller, K.M., Sheath, R.G., Ott, F.D. & Bhattacharya, D. (2006). “Defining the major lineages of red algae (Rhodophyta)”. J. Phycol. 42: 482-492. doi:10.1111/j.1529-8817.2006.00210.x. 
  67. ^ Yoon, H.S., Zuccarello, G.C. & Bhattacharya, D. (2010). “Evolutionary history and taxonomy of red algae”. In Seckbach, J. & Chapman, D.J.. Red Algae in the Genomic Age. Springer, Netherlands. pp. 25-42. ISBN 978-90-481-3794-7 
  68. ^ Müller, K.M., Lynch, M.D., & Sheath, R.G. (2010). “Bangiophytes: from one class to six; where do we go from here?”. In Seckbach, J. & Chapman, D.J.. Red Algae in the Genomic Age. Springer, Netherlands. pp. 241-259. ISBN 978-90-481-3794-7 
  69. ^ a b 鈴木 雅大 (2010) 原始紅藻綱は6綱に分けられた. 生きもの好きの語る自然誌.
  70. ^ a b Qiu, H., Yoon, H. S. & Bhattacharya, D. (2016). “Red algal phylogenomics provides a robust framework for inferring evolution of key metabolic pathways”. PLoS Currents 8. doi:10.1371/currents.tol.7b037376e6d84a1be34af756a4d90846. 
  71. ^ a b c Muñoz-Gómez, S. A., Mejía-Franco, F. G., Durnin, K., Colp, M., Grisdale, C. J., Archibald, J. M. & Slamovits, C. H. (2017). “The new red algal subphylum Proteorhodophytina comprises the largest and most divergent plastid genomes known”. Current Biology 27: 1677-1684. doi:10.1016/j.cub.2017.04.054. 


「紅藻」の続きの解説一覧




紅藻と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

紅藻のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



紅藻のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紅藻 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS