米州機構 参加加盟国

米州機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 13:29 UTC 版)

参加加盟国

加盟国は南北アメリカとカリブ海の全ての35カ国の独立主権国で、日本を含む59カ国とヨーロッパ連合が常任オブザーバーの資格を持つ[8]

グリーンランドプエルトリコ、カリブ海にあるイギリスフランスオランダの海外領土及びオランダ王国の構成体であるアルバキュラソーシント・マールテン、南アメリカのフランス領ギアナなどはいずれも独立国では無いため、参加資格を有しない。

北アメリカ

中米

カリブ海

南アメリカ

オブザーバー


注釈

  1. ^ 旧国会は9割の与党勢力、2010年9月選挙で2011年1月5日開会の新国会は野党勢力が4割を占める。
  2. ^ 憲法に基づくもので、国会を通さずに法律を制定する権限を大統領に付与する法、18ヶ月間の期限付き法
  3. ^ 上記クーデターにより2011年まで資格停止。
  4. ^ 追放後も加盟枠は形式的には保持されている。

出典



「米州機構」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「米州機構」の関連用語

米州機構のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



米州機構のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの米州機構 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS