箸 関連項目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/25 09:53 UTC 版)

(はし)は、東アジア地域を中心に広く用いられている食器道具の一種であり、二本一対になった棒状のものを片手で持ち、ものを挟んで移動させるために用いる。多くの場合、などの器にある料理を掴んで別の皿や自分の口に持って行くために用いられ、食器の一種に位置づけられる。材質には各種の金属プラスチック象牙などがあり、中を傷つけないように表面をていねいに削るか、などでコーティングしてある。


  1. ^ a b c d 一色八郎 『箸の文化史 世界の箸・日本の箸』 新装版, 御茶の水書房, 1998年8月, p.36 “世界の食法” ISBN 4-275-01731-5
  2. ^ a b 一色, 1998年, p.40 “日本だけが純粋な箸食”
  3. ^ 一色, 1998年, p. 117 “塗り箸”. 『日本の漆器』, 読売新聞社, 1986年, ISBN 978-4-643-62330-7 および 本田総一郎『箸の本』, 柴田書店, 1978年, ASIN B000J8P4P4 第四章からの引用.
  4. ^ 一色, 1998年, p. 95 “神社・仏閣の授与箸”
  5. ^ a b 一色, 1998年, p.132 “調理箸と取り箸”
  6. ^ 一色, 1998年, p.43 “包丁式と真名箸”
  7. ^ 庖丁式が開催されました!!, いばらき食の安全対策室.
  8. ^ 水谷令子, 久保さつき, 西村亜希子 三重県における真名箸(まなばし)神事, 鈴鹿短期大学紀要 17, 11-20, 1997. NAID 110007042501
  9. ^ パスイ[pasuy]箸[リンク切れ], 札幌市アイヌ文化交流センター, 2009年5月1日.
  10. ^ a b c 一色, 1998年, p. 71 “アイヌ民族のイペパスイ(箸)”
  11. ^ イクパスイ[捧酒箸], アイヌ民族博物館.
  12. ^ I-16-(3) キケウシパスイとカムイイペパスイ, アイヌ民族博物館.
  13. ^ イオマンテ[道具編]パスイ類(2012年12月19日時点のアーカイブ), 財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構.
  14. ^ a b c d 一色, 1998年, p. 136 “世界の箸”
  15. ^ 割り箸からみる環境問題(2006年5月12日 レコードチャイナ)
  16. ^ 橋本慶子 『箸の物語 青山学院女子短期大学学芸懇話会シリーズ 16』, 青山学院女子短期大学学芸懇話会, 1990, (8).
  17. ^ 石毛直道 『食事の文明論』, 中央公論新社, 1982, 第7章. ISBN 4-12-100640-2
  18. ^ (英語) CHOPSPOONS(2008年1月24日時点のアーカイブ
  19. ^ 一色八郎, 『箸』, 保育社, 1991, p. 1 “世界の箸”. ISBN 978-4-586-50816-7
  20. ^ 中尾佐助 『中尾佐助著作集 料理の起源と食文化 (2)』, 北海道大学図書刊行会, 2005年9月, p. 635. 「第IV部 台所と調理の文化 共食器の文化、個人食器の文化 共食器の時代」 ISBN 978-4-8329-2881-7.
  21. ^ (中国語) 嚴志斌 洪梅編著殷墟青銅器︰青銅時代的中國文明』 上海大学出版社、2008年08月、p. 48、“第二章 殷墟青銅器的類別與器型 殷墟青銅食器 十、銅箸 這三双箸長26、粗細在1.1-1.3厘米之間,出土于西北崗1005号大墓。陳夢家認為這種箸原案有長形木柄,應該是烹調用具。ISBN 7-81118-097-9 OCLC 309392963
  22. ^ a b 太田昌子 『箸の源流を探る 中国古代における箸使用習俗の成立』 汲古書院、2001年9月、p. 49-65 “第三章 中国古代における箸の出土について(一)——殷・春秋・戦国時代——” ISBN 4-7629-2661-2
  23. ^ Wikisource reference 司馬遷. 史記/卷038. - ウィキソース. 紂始為象箸, 歎曰:“彼為象箸,必為玉杯;為杯,則必思遠方珍怪之物而禦之矣。輿馬宮室之漸自此始,不可振也。”
  24. ^ Wikisource reference 韓非子. 韓非子/喩老. - ウィキソース. 昔者紂為象箸而箕子怖。以為象箸必不加於土鉶,必將犀玉之杯。象箸玉杯必不羹菽藿,則必旄象豹胎。旄象豹胎必不衣短褐而食於茅屋之下,則錦衣九重,廣室高臺。
  25. ^ a b 一色, 1998年, p.48 “中国の箸とその伝来”.
  26. ^ 太田昌子 『箸の源流を探る 中国古代における箸使用習俗の成立』 汲古書院、2001年9月、p. 1-23 “第一章 中国古代における箸使用の定着について——古代文献よりみた定着年代の考察——” ISBN 4-7629-2661-2
  27. ^ a b 一色, 1998年, p.45 “大嘗祭のピンセット状の「折箸」”. 鳥越憲三郎 『箸と俎』毎日新聞社, 1980年, 第一章からの引用.
  28. ^ 一色の記述は橋本慶子 『箸の物語 青山学院女子短期大学学芸懇話会シリーズ 16』, 青山学院女子短期大学学芸懇話会, 1990, (3)からの引用。
  29. ^ 中尾佐助 『中尾佐助著作集 第II巻 料理の起源と食文化』, 北海道大学図書刊行会, 2005年9月, p. 607-611. 「第VI部 台所と調理の文化 包丁とまな板」 ISBN 978-4-8329-2881-7.
  30. ^ 石毛直道『食文化 新鮮市場』毎日新聞社、1992年、pp.218 -219.
  31. ^ 一色, 1998年, p. 159 “食事器具(匙・箸)の推移概要”. 石毛直道 『食事の文明論』, 中央公論新社, 1982, p. 125. ISBN 4-12-100640-2 からの引用。
  32. ^ 一色, 1998年, p. 54 “聖徳太子と箸食制度”.
  33. ^ 一色, 1998年, p. 55 “二本箸の起源”.
  34. ^ Wikisource reference 陳壽. 三國志/卷30. - ウィキソース. 
  35. ^ Wikisource reference 魏志倭人伝. 魏志倭人伝. - ウィキソース. 
  36. ^ 張 2013,第六章 1.箸はなぜ縦向きに置くのか(1841-/2623)
  37. ^ 張 2013,第六章 1.箸はなぜ縦向きに置くのか(1873-/2623)
  38. ^ 一色, 1998年, p. 184 “キャンペーン「しつけのはしばし」”.
  39. ^ しつけのはしばし-1984年度作品(2008年9月24日時点のアーカイブ), ACジャパン.
  40. ^ a b c (中国語) 吳曉洋 亞洲大力推廣公筷(2013年4月25日時点のアーカイブ),CCTV.com, 2005年09月02日.
  41. ^ 公筷公羹 安全衛生, 香港醫學會.
  42. ^ (英語) Survey respondents clean up their acts(2007年3月23日時点のアーカイブ), Hong Kong's Information Services Department(政府新聞處), December 26, 2006.
  43. ^ (朝鮮語) 한식이 세계화가 안되는 진짜 이유(2012年7月31日時点のアーカイブ), uKopia, 2009-05-11.
  44. ^ 一色, 1998年, p.9 “箸墓古墳と三輪山”
  45. ^ 一色, 1998年, p.11 “箸杉信仰(箸立信仰)”. 本田総一郎『箸の本』, 柴田書店, 1978年, ASIN B000J8P4P4 第三章からの引用.
  46. ^ 一色, 1998年, p.100 “「ハシの日」と御箸まつり”.
  47. ^ どれもすてき“迷い箸”…福井・「箸まつり2010」[リンク切れ], 読売新聞関西発地域経済ニュース, 2010年8月5日.
  48. ^ 「はしの日」で県央食品衛生協会三条支部が恒例のはし供養祭, ケンオー・ドットコム(新潟県央情報交差点), 2010.8.4.





箸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「箸」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

箸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



箸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの箸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS