第VIII因子 概要

第VIII因子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 06:14 UTC 版)

概要

ヒトの場合、第VIII因子は肝臓の類洞内皮細胞と、肝臓以外の体中の内皮細胞で産生される。血管を損傷する傷害が起こるまで、第VIII因子はvon Willebrand因子と呼ばれる別の分子と結合した不活性状態で血流中を循環する[5]。傷害に反応して第VIII因子は活性化され、von Willebrand因子から分離される。第VIII因子の活性型タンパク質は第VIIIa因子と呼ばれ、これは第IX因子と呼ばれる別の凝固因子と相互作用する。この相互作用が、血栓を形成する別の化学反応の連鎖を開始させる[5]。第VIIIa因子は第IXa因子の補因子であり、カルシウムイオンリン脂質の存在下で複合体を形成し、この複合体は第X因子を活性型であるXa因子へと変換するのである。

ヒトの第VIII因子は、X染色体に内のF8遺伝子にコードされている[6][7]。第VIII因子の遺伝子は、選択的スプライシングによって2種類の転写産物を産生する。転写バリアント1は巨大な糖タンパク質であるアイソフォームaをコードし、von Willebrand因子と非共有結合によって複合体を形成した状態で血漿中に含まれ、全身の血管内を不活性な状態のままで循環する。その後、このタンパク質は、必要に応じて複数回の切断が行われる。転写バリアント2は小さなタンパク質であるアイソフォームbをコードしていると推定され、第VIIIc因子のリン脂質結合ドメインを構成する。この結合ドメインは血液凝固活性に必須である[8]。第VIII因子の遺伝子の欠陥は、X連鎖劣性遺伝血液凝固障害である血友病Aを引き起こす[9]。このため第VIII因子は、抗血友病因子A (anti-hemophilic factor A, AHFA) としても知られる[注釈 1]。血友病Aの対症療法として、第VIII因子製剤英語版が必要とされている。この第VIII因子製剤は、現代の医療を行う上で必要とされる基本的な薬のリストである、WHO必須医薬品モデル・リストに挙げられている[10]

ただし、血漿中における第VIII因子の濃度が高ければ高いほど良いというわけではない。第VIII因子の濃度が高いヒトは、深部静脈血栓症肺血栓塞栓症のリスクが高いことが知られている[11]


注釈

  1. ^ なお、血友病Bは第IX因子をコードする遺伝子に問題があるために発生する。ただし、第IX因子は抗血友病因子Bと呼ばれる以外にも、クリスマス因子などとも呼ばれる。

出典

  1. ^ a b c GRCh38: Ensembl release 89: ENSG00000185010 - Ensembl, May 2017
  2. ^ a b c GRCm38: Ensembl release 89: ENSMUSG00000031196 - Ensembl, May 2017
  3. ^ Human PubMed Reference:
  4. ^ Mouse PubMed Reference:
  5. ^ a b c Reference, Genetics Home. “F8 gene” (英語). Genetics Home Reference. 2019年3月10日閲覧。
  6. ^ “Molecular cloning of a cDNA encoding human antihaemophilic factor”. Nature 312 (5992): 342–7. (1984). doi:10.1038/312342a0. PMID 6438528. 
  7. ^ “Characterization of the polypeptide composition of human factor VIII:C and the nucleotide sequence and expression of the human kidney cDNA”. Dna 4 (5): 333–49. (October 1985). doi:10.1089/dna.1985.4.333. PMID 3935400. 
  8. ^ F8 coagulation factor VIII [Homo sapiens (human) - Gene - NCBI]”. www.ncbi.nlm.nih.gov. 2019年3月10日閲覧。
  9. ^ “Molecular genetics of coagulation factor VIII gene and hemophilia A”. Thrombosis and Haemostasis 74 (1): 322–8. (July 1995). PMID 8578479. 
  10. ^ 19th WHO Model List of Essential Medicines (April 2015)”. WHO (2015年4月). 2015年5月10日閲覧。
  11. ^ “Elevated factor VIII levels and risk of venous thrombosis”. British Journal of Haematology 157 (6): 653–63. (June 2012). doi:10.1111/j.1365-2141.2012.09134.x. PMID 22530883. 
  12. ^ “Characterization of the human factor VIII gene”. Nature 312 (5992): 326–30. (November 1984). PMID 6438525. 
  13. ^ “A transcribed gene in an intron of the human factor VIII gene”. Genomics 7 (1): 1–11. (May 1990). doi:10.1016/0888-7543(90)90512-S. PMID 2110545. 
  14. ^ “Structural investigation of the A domains of human blood coagulation factor V by molecular modeling”. Protein Science 7 (6): 1317–25. (June 1998). doi:10.1002/pro.5560070607. PMC 2144041. PMID 9655335. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2144041/. 
  15. ^ “Crystal structures of the membrane-binding C2 domain of human coagulation factor V”. Nature 402 (6760): 434–9. (November 1999). doi:10.1038/46594. PMID 10586886. 
  16. ^ “The C-terminal region of the factor V B-domain is crucial for the anticoagulant activity of factor V”. The Journal of Biological Chemistry 273 (26): 16140–5. (June 1998). doi:10.1074/jbc.273.26.16140. PMID 9632668. 
  17. ^ Kumar; Abbas; Fausto (2005). Robbins and Cotran Pathologic Basis of Disease. Pennsylvania: Elsevier. p. 655. ISBN 1-889325-04-X 
  18. ^ a b Kaushansky K, Lichtman M, Beutler E, Kipps T, Prchal J, Seligsohn U. (2010; edition 8) Williams Hematology. McGraw-Hill. 978-0-07-162151-9
  19. ^ “Factor VIII expression in liver disease”. Thrombosis and Haemostasis 91 (2): 267–75. (February 2004). doi:10.1160/th03-05-0310. PMID 14961153. 
  20. ^ R. Rubin; L. Leopold (1998). Hematologic Pathophysiology. Madison, Conn: Fence Creek Publishing. ISBN 1-889325-04-X 
  21. ^ “Effects of a diet low in copper on copper-status indicators in postmenopausal women”. The American Journal of Clinical Nutrition 63 (3): 358–64. (March 1996). PMID 8602593. 
  22. ^ Lozier J (2004年). “Overview of Factor VIII Inhibitors”. CMEonHemophilia.com. 2008年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月7日閲覧。
  23. ^ a b 2 Paths of Bayer Drug in 80's: Riskier One Steered Overseas”. The New York Times (2003年5月22日). 2009年1月7日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第VIII因子」の関連用語

第VIII因子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第VIII因子のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第VIII因子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS