第38回スーパーボウル その他

第38回スーパーボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/20 09:00 UTC 版)

その他

この試合は全世界で1億4440万人の視聴者を獲得し、これは当時の歴代スーパーボウル史上最多記録であった。

ペイトリオッツはこれがチーム史上4度目のスーパーボウルであったが、ルイジアナ州ニューオリンズ以外で開催されたスーパーボウルへの出場はこの試合が初めてであった。

試合後、スポーツ・イラストレイテッドの記者であるピーター・キングはこの試合を「歴代最高のスーパーボウルだ。」と称賛した[4]

2012年2月、当時のパンサーズのプレイブックなどが不用品セールで投売りされ、パンサーズファンの男性が見つけたことが報道された[5]

ハーフタイムショー

MTVの企画でAOLハーフタイムショーと題しジャネット・ジャクソンジャスティン・ティンバーレイクらが出演した。しかしRock Your Bodyの歌の最中に、ティンバーレイクによってジャクソンの右胸が露出させるハプニングが発生した。ジャクソンのバストトップには星形のピアスがあったが、生放送でのこのシーンに視聴者の怒りが殺到、当初はハプニングと説明していた彼女らは、その後意図的であったことを告白、謝罪した[6]

中継したCBSには連邦通信委員会(FCC)から総額55万ドルの罰金処分が課される事になった[7]。これ以降のスーパーボウルでは生放送での放送事故を防ぐため、遅延送出システムにより数秒間遅れで放送されることとなった。しかし第46回スーパーボウルではハーフタイムショーでM.I.A.が行った不適切な映像の放送を防ぐことはできなかった[8]

この騒動についてNFLコミッショナーのポール・タグリアブーは、事前に知らされた内容と異なり、NFLやファンにとって深いで恥ずべくものであったと述べた[9]


  1. ^ http://tvbythenumbers.com/2009/01/18/historical-super-bowl-tv-ratings/11044
  2. ^ Patriots say they don't 'Hate' Belichick”. ESPN.com (2003年9月15日). 2009年6月15日閲覧。
  3. ^ Aaron Tallent (2020年2月4日). “50 Greatest Super Bowl Performances of All Time”. ATHLON SPORTS. 2020年6月24日閲覧。
  4. ^ King, Peter (2004年2月3日). “Peter King: Super Bowl XXXVIII had it all, making it the best ever”. SI.com. http://sportsillustrated.cnn.com/2004/writers/peter_king/02/02/mmqb/ 2010年8月8日閲覧。 
  5. ^ パンサーズファン、SBプレイブックをセールで発見”. NFL JAPAN (2012年2月9日). 2012年2月26日閲覧。
  6. ^ ポロリ&激太り騒動から復活!! ジャネット・ジャクソン”. 読売新聞 (2010年1月13日). 2012年2月26日閲覧。
  7. ^ CBSがFCCに対し罰金払い戻しを要求”. テレビ朝日アメリカ. 2012年2月26日閲覧。
  8. ^ NBC、ハーフタイムショーでの不適切な映像を謝罪”. NFL JAPAN (2012年2月6日). 2012年2月26日閲覧。
  9. ^ スーパーボウル・ハーフタイムショウに関しての、NFLコミッショナー ポール・タグリアブーからのメッセージ”. NFL JAPAN (2004年2月3日). 2022年11月20日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第38回スーパーボウル」の関連用語

第38回スーパーボウルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第38回スーパーボウルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第38回スーパーボウル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS