第五 (姓) 第五 (姓)の概要

第五 (姓)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/17 15:31 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
第五
各種表記
繁体字 第五
簡体字 第五
拼音 Dìwǔ
注音符号 ㄉㄧˋㄨˇ
ラテン字 Diwu
広東語発音: Dai6ng5
上海語発音: Di3u2
台湾語白話字 Tē-gō͘
英文
テンプレートを表示

奇抜な複姓だが、古い由緒を持つ。現在の中国ではきわめてまれな姓である。

由来

『潜夫論』および『後漢書』によると[1][2]戦国時代の田氏の子孫が、前漢時代に関中に移されたとき、人口が多かったため、第一氏から第八氏までに分けたという。そのうち第五のみが姓として後世に残った(ただし『元和姓纂』によると、王莽の時に第八矯という人がいたという[3]。 また『万姓統譜』にはの第二従直を挙げる[4])。

著名な人物

関連項目


  1. ^ 王符潜夫論』巻九・志氏姓第三十五。「漢高祖徙諸田関中、而有第一至第八氏。」
  2. ^ 『後漢書』第五倫列伝「第五倫(中略)其先斉諸田。諸田徙園陵者多、故以次第為氏。」
  3. ^ 林宝『元和姓纂』巻八・十二霽。「王莽時講学大夫第八矯。」
  4. ^ 凌迪知『万姓統譜』巻一百三十五・八霽。「唐 第二従直 玄宗時任中尉。」


「第五 (姓)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第五 (姓)」の関連用語

第五 (姓)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第五 (姓)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第五 (姓) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS