秦野市 地理

秦野市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/30 01:57 UTC 版)

地理

市域は、東西約13.6キロメートル、南北は約12.8キロメートル、面積は103.61平方キロメートルで、県内19市中5位の広さを持つ。神奈川県の行政区域は湘南に含まれる。丹沢の麓に位置し、市域の半分は山林である。市街地は四方を山に囲まれている。

地形

市内の標高最高地点は、標高1490.9メートルの塔ノ岳。最低地点は、鶴巻地区の16.2メートルである。 北部と西部に丹沢山地が連なり、東は相模平野の間に大根台地があり、南には大磯丘陵が横たわる盆地秦野盆地)が市の中心部である。また、秦野盆地は県内唯一の盆地である。豊富な地下水が湧出しており、 秦野盆地湧水群として、1985年名水百選の一つに指定されている。 盆地内には金目川水系の河川により複合扇状地が展開する。直下には秦野断層が所在する。

気候

太平洋岸気候に属し、海洋気象の影響を受けるため降霜・降雪が少なく、冬期は西北西、夏期は南方の風が多いが、風速は弱く一年を通じて比較的温暖である。 そのため、盆地特有の気候の厳しさは少なく、山に囲まれた市街地は、夏は涼しく、冬はあまり雪が降らない住みやすい山紫水明な気候が特徴である[1]

隣接している自治体

歴史

平安時代末期から鎌倉時代にかけて、平将門を討伐したことで有名な藤原秀郷の子孫・佐伯経範が1030年ごろ秦野に移り住んで波多野氏を名乗った。後に支流として、松田氏・渋沢氏・河村氏・栢山氏・大友氏・沼田氏などが出て、相模西北部にその一族の勢力を伸ばす。現在の秦野市内、足柄上郡松田町・山北町、南足柄市、小田原市の一部が相当し、波多野城は一族の居館であった。その後、鎌倉幕府御家人となり、後の戦国大名の波多野氏となった。

行政区域変遷

市名の由来

現在の市名は「はだの」であるが、古くは『和名抄』に「波多野郷」とあり、万葉仮名は清濁を区別することから「はたの」であったと考えられる。しかし、波多野郷が秦氏に由来するとして「はだの」であったとも考えられる[注釈 1]。明治以降、西部の上秦野村は「はたの」、他は「はだの」と称した。

小田急電鉄の駅名も現在は秦野駅(はのえき)だが、かつては大秦野駅(おおはのえき)だった。現在でも学校名や企業施設名などで「はたの」、"Hatano" が用いられているものがある。

人口

秦野市と全国の年齢別人口分布(2005年) 秦野市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 秦野市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

秦野市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「秦野市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

秦野市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



秦野市のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの秦野市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS