秋葉原通り魔事件 概要

秋葉原通り魔事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 04:03 UTC 版)

概要

事件概要

犯行現場となった中央通り(事件2時間後の様子)
犯行に使われたトラック
(フロントガラスが破損している)
加藤が警察官に取り押さえられた現場
(写真中の建物は現在のクラブセガ秋葉原新館)

2008年6月8日12時30分過ぎ、東京都千代田区外神田四丁目の神田明神通りと中央通りが交わる交差点で、元自動車工場派遣社員の加藤 智大(かとう ともひろ、1982年9月28日[1] - 、犯行当時25歳)の運転する2トントラックいすゞ・エルフ)が西側の神田明神下交差点方面から東に向かい、中央通りとの交差点に設置されていた赤信号を無視して突入、青信号を横断中の歩行者5人を撥ね飛ばした。

このトラックは、交差点を過ぎて対向車線で信号待ちをしていたタクシーと接触して停車。周囲にいた人々は最初は交通事故だと思ったが、トラックを運転していた加藤はそのまま車を降り、道路に倒れこむ被害者の救護にかけつけた通行人・警察官ら17人を所持していたダガーで立て続けに殺傷した[注 1]

さらに加藤は奇声を上げながら周囲の通行人を次々に刺して逃走。事件発生後まもなくして近くの警視庁万世橋警察署秋葉原交番から駆けつけた警察官が加藤を追跡し距離を詰めたところ、防護服を斬り付けられるなど命の危険に晒されたものの、警棒で加藤の側頭部を殴りつけるなどして応戦。最後は拳銃の銃口を加藤に対して向け、武器を捨てるよう警告し、応じなければ拳銃を発砲することを通告した。それに応じダガーを捨てた加藤を非番でたまたま居合わせた蔵前警察署の警察官とともに取り押さえ、旧サトームセン本店(現・クラブセガ秋葉原新館)脇の路地で現行犯逮捕した[10][11]。事件当日は日曜日で、中央通りは歩行者天国の区域となっており、買い物客や観光客でごった返している中での犯行だったため、事件直後に多くの人々が逃げ惑い、また負傷者が横たわる周囲が血の海になるなど事件現場はさながら戦場の様相を呈しており、まさに白昼の惨劇であった。後に加藤は5本ナイフを所持していたことがわかった。

警視庁捜査一課・万世橋署は6月10日、加藤を東京地方検察庁に送検、同地検は7月7日、加藤の精神鑑定のため、東京地方裁判所鑑定留置を請求し認められた[注 2]。留置期限の10月6日までに、「刑事責任能力がある」という結論が出されている[12]

救急活動

これらの犯行に対する救命活動はおおむね迅速に遂行された。犯行現場にいた一般の通行人は、加藤がまだ拘束されていない段階から積極的に被害者たちに対する一次救命処置を開始し[13]、また、携帯電話などを活用しての迅速な通報がなされた。

東京消防庁は12時36分に最初の119番通報を受信、通常の交通事故による救急事案として、救急隊1隊と救急隊支援のための消防隊1隊を出動させたが、さらに通報が相次いだことから、指揮隊1隊と救急隊4隊を応援隊として出動させた。12時43分には最初の救急隊(浅草消防署浅草橋出張所)が現場に到着した。現場到着部隊は、通常の態勢で対処できる状況ではないと判断し、現場到着とほぼ同時に、災害派遣医療チーム (DMAT) の出場を要請、東京消防庁は東京DMATに対して出動要請を行った。12時47分には消防の現場指揮本部から応援要請を受け、多数の傷病者に対応するための「救急特別第1出場」を発令、救急隊10隊や、東京DMATの支援のための消防隊(東京DMAT連携隊)などを追加出動させた。12時49分には、先に出動を指令された救急隊5隊が現場での活動を開始している。

東京消防庁がDMATチームに出動を要請してから12分後の12時55分、現場からもっとも近かった日本医科大学付属病院高度救命救急センターのDMATチームが現場に到着した。日本医大DMATチーム指揮官は、犯行規模の大きさからDMATチームをさらに2チーム追加投入するよう要請し、13時8分に東京医科大学病院のDMATチームが到着、これにより、殺人事件としては初のDMATチーム複数投入が実施されることとなった。最終的には、日本医大、東京医大に加え、白鬚橋病院都立広尾病院の4チームが現場に展開している。13時過ぎにはDMATチームの現地指揮所が設置され、最初に現場に展開した日本医大チームが全体の指揮をとることで指揮系統が確立された[14]

これらのDMATチームが主導することで、救急活動はおおむね円滑に遂行されたと評価されている。一方で、DMATチームの出動に頼ったために、初動のトリアージに遅れが出た可能性も指摘されている[15]

被害者

17名がトラックではねられる、ナイフで刺されるなどの被害を受け、そのうち7名が死亡した[16]。通り魔事件としては過去30年で最悪の事件とみられている[17]。被害者数は平成時代に起きた無差別殺傷事件としては、7年前の同じ日に発生した附属池田小事件に次ぐ惨劇になった。

トラックではねられる(5人、死亡3人・負傷2人)
被害者 負傷詳細 搬送先
無職男性 左背中刺創・死亡 東京慈恵会医科大学附属病院
男子学生 腹部打撲・死亡 国立国際医療センター
全身打撲・死亡 三井記念病院
腰の痛み・軽傷 白鬚橋病院
擦過傷・軽傷 三井記念病院

[要出典]

ナイフで刺される(12人、死亡4人・負傷8人)
被害者 負傷詳細 搬送先
女子学生 失血・死亡 東京医科歯科大学医学部附属病院
無職男性 背部刺創・死亡 東京女子医科大学病院
調理人男性 駿河台日本大学病院
男性会社員 胸部貫通刺創・死亡 東京都立墨東病院
男性タクシー運転手 右胸刺創・重体 日本医科大学付属病院
男性会社員 背部刺創・重傷 聖路加国際病院
腰・重傷 東京医科歯科大学医学部附属病院
女性会社員 肺・重傷
男性派遣社員 背部刺創・重傷 日本医科大学付属病院
女性大学職員 腹部刺創・重傷 聖路加国際病院
男性警察官 脇腹刺創・軽傷 東京大学医学部附属病院
男性フォークリフト技師 右前腕切創・軽傷 東京厚生年金病院

[要出典]


注釈

  1. ^ 当初、凶器はサバイバルナイフと報道されたが、実際に使用されたのはダガーである。このほか、サバイバルナイフ、ペティナイフ特殊警棒1本がトラック内から発見されている[9]
  2. ^ 勾留中の6月17日すなわち事件の9日後に、東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の加害者である死刑囚・宮崎勤に対する死刑が、東京拘置所において執行された(宮崎勤#死刑執行の背景および波紋)。比較的早期の死刑執行については、この秋葉原事件にからめての議論が存在する。“宮崎死刑囚に「スピード」死刑執行 囁かれる「秋葉原事件」の影響?”. J-CASTニュース. (2008年6月17日). オリジナルの2018年1月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180124094903/https://www.j-cast.com/2008/06/17021964.html?p=all 
  3. ^ 加藤は仙台市の事件現場の近くに住んでいたことがある。
  4. ^ このミリタリー輸入雑貨店は10日間販売を自粛した後で福井市の実店鋪での対面販売を止めて、インターネット通信販売を再開したが、後に閉店している。
  5. ^ 当人はより大きな車両を借りたいと考えていたが、借りるにはクレジットカードが必要であり、当人は所持していなかったため2トン車での犯行になった。
  6. ^ 当初は5時21分に犯行予告が行われたと報じられていた。
  7. ^ 通り魔事件が歩行者天国中止の直接のきっかけではあったが、以前より歩行者天国での過激なパフォーマンス(東京都迷惑防止条例違反による逮捕者まで出した)やそれを取り囲むカメコの輪、エアガン乱射等周囲の迷惑を顧みないマナー違反がたびたび問題となっていた。
  8. ^ 渡辺麻友柏木由紀などによる、『チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」』の昼夜公演(『涙は句読点 AKB48公式10年史』 日刊スポーツ新聞社 230頁)。なお2008年7月1日以降、警察の指導により劇場内への荷物持込が不可能となった(AKB48劇場#コインロッカーと荷物預かり)。Official Blog 明日から (2008-06-30 20:19:47)
  9. ^ 武器自体は登場。事件直後に放送された数話では明らかに台詞を消したと思われる"間"がある。
  10. ^ ただし『ダガー』という名称自体はゲームや玩具などで以前から使われており珍しいものではなく、スーパー戦隊シリーズにおいても『爆竜戦隊アバレンジャー』に登場した「プテラダガー」をはじめ、前例がいくつかある。

出典

  1. ^ a b c d #年報・死刑廃止編集委員会 p. 267
  2. ^ #加藤 2012 p. 60
  3. ^ a b c d “【秋葉原17人殺傷 第18回 被告語る3日目(11)】「自分を見つめれば私のようにならない」 再発防止策示す(1/4ページ)”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年7月30日). オリジナルの2011年1月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110121204154/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110116/trl11011619480155-n1.htm 
  4. ^ a b c d “【秋葉原17人殺傷 第20回(7)】動機は「悩み、苦しみをアピールするため」「ネット住人への復讐」とも(1/2ページ)”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年8月4日). オリジナルの2011年1月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110119025355/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110116/trl11011619140148-n1.htm 
  5. ^ アンケート結果 第1位から10位まで 警視庁
  6. ^ 裁判所 | 裁判例情報:検索結果詳細画面
  7. ^ 無差別殺傷事件から一週間になり、多くの人が訪れた献…:秋葉原無差別殺傷事件 写真特集:時事ドットコム
  8. ^ 解 - 書籍
  9. ^ “秋葉原殺傷のナイフ、容疑者「福井で購入」”. asahi.com (朝日新聞社). (2008年6月10日). オリジナルの2008年6月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080613101508/http://www.asahi.com/special2/080609/TKY200806090211.html 2013年6月24日閲覧。 
  10. ^ 秋葉原で通り魔、トラックで次々とはねてナイフで斬りつけ、7人が死亡”. GIGAZINE (2008年6月8日). 2008年7月19日閲覧。
  11. ^ 北村/Webアキバ編集部 (2008年6月8日). “アキバで通り魔事件”. ASCII.jp. アスキー・メディアワークス. 2017年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月19日閲覧。
  12. ^ “秋葉原事件 加藤容疑者、精神鑑定で「責任能力あり」”. asahi.com (朝日新聞社). (2008年10月6日). オリジナルの2018年1月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180124095016/http://www.asahi.com/special2/080609/TKY200810060174.html 
  13. ^ 東京DMATの一員として -秋葉原無差別殺傷事件の現場で」『元気がいいね』第51号、東京都医師会、2013年6月24日閲覧。
  14. ^ 吉原淳; 田中健一郎 (2008年6月13日). “惨劇のアキバ 救命最前線は : 秋葉原無差別殺傷”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). オリジナルの2008年6月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080614005211/http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080608-2810266/fe_080613_01.htm 2009年8月11日閲覧。 
  15. ^ “患者選別「トリアージ」手間取る…秋葉原殺傷”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2008年10月15日). オリジナルの2008年10月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081023081823/http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20081015-OYT8T00312.htm 2009年8月11日閲覧。 
  16. ^ “白昼の秋葉原で25歳男が凶行、17人に切りつけ7人死亡”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2008年6月8日). オリジナルの2008年6月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080611062153/http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080608-2810266/news/20080608-OYT1T00385.htm 2008年7月19日閲覧。 
  17. ^ “【秋葉原通り魔事件】犯行使用のナイフとは別の刃物も所持 過去30年で被害最悪か”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2008年6月8日). オリジナルの2008年6月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080609120255/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080608/crm0806082203036-n1.htm 2008年7月19日閲覧。 
  18. ^ #加藤 2012 p.71
  19. ^ a b c “【秋葉原17人殺傷 第20回(8)完】「自虐的」「未熟で子供っぽい」「被害的」… 精神鑑定結果(1/5ページ)”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年8月4日). オリジナルの2011年1月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110119025517/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110116/trl11011619130147-n1.htm 
  20. ^ #加藤 2012 p. 101-102
  21. ^ “「なぜ息子は死んだのか」=救いたかったと遺族、今も−秋葉原無差別殺傷から1年”. 時事ドットコム (時事通信社). (2009年6月6日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009060600066 [リンク切れ]
  22. ^ 「秋葉原事件」加藤智大被告が「黒子のバスケ」脅迫事件に見解表明!(篠田博之) - 個人 - Yahoo!ニュース
  23. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、pp. 51-52。
  24. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p56。
  25. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p57。
  26. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p65。
  27. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p66。
  28. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p66-68。
  29. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p68。
  30. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p71。
  31. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p72-74。
  32. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p76-77。
  33. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p79。
  34. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p80。
  35. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p80-81。
  36. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p82-85。
  37. ^ a b 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p86-87。
  38. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p88。
  39. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p89。
  40. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p91。
  41. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p115-116。
  42. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p116-126。
  43. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p127-129。
  44. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p134-142。
  45. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p149-151。
  46. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p153-176
  47. ^ 秋葉原事件―加藤智大の軌跡』、p189-220。
  48. ^ 無差別殺人の精神分析』p. 14
  49. ^ 無差別殺人の精神分析』pp. 38-39
  50. ^ #加藤 2014.01 p. 100
  51. ^ #加藤 2014.01 p. 108
  52. ^ #加藤 2012 pp. 44-45
  53. ^ #加藤 2012 p. 49
  54. ^ #加藤 2012 p. 60
  55. ^ #加藤 2012 p. 70
  56. ^ 秋葉原通り魔事件:携帯サイトの犯行予告 全画像 - ITジャーナリスト三上洋 事務所
  57. ^ “「秋葉原で人を殺します」加藤容疑者、携帯掲示板に予告”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2008年6月9日). オリジナルの2008年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080612062144/http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080608-2810266/news/20080609-OYT1T00170.htm 2008年7月19日閲覧。 
  58. ^ 読売新聞2008.06.17朝刊 p.39
  59. ^ “犯行予告 容疑者の文章(6月8日)”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2008年6月9日). オリジナルの2008年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080612065328/http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080608-2810266/fe_080609_01.htm 2008年7月19日閲覧。 
  60. ^ “【秋葉原17人殺傷 第17回 被告語る2日目(11)】「自殺に他人を巻き込むなら目標100人」… 膨張する妄想(4/5ページ)”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年7月29日). オリジナルの2011年1月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110122171253/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110116/trl11011618570113-n4.htm 
  61. ^ 「自分が仕事に対して不満があるからこのような発想がでてくるのでしょう。過去、転職を繰り返したのは、すべて私が勝手に辞めてきたものです。自分で辞めておいて「不安定」と悩むなど、意味がわかりません。」『解+』 97頁。「社会という機械の中の歯車であればそれで十分満足です」101頁。118頁。「大体にして、私は、「人生なるようにしかならない」と考える人です。たかが転職、たかがハケン切り程度のことは、不安に思ったり悩んだりすることにはなり得ないことです。」150頁
  62. ^ 『解+』 147-149頁
  63. ^ 『解+』 102頁
  64. ^ “加藤智大容疑者のものとみられる携帯サイトの書き込み(原文のまま)”. 東奥日報. (2008年6月15日). オリジナルの2008年8月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080804002957/http://www.toonippo.co.jp:80/news_kyo/detail/2008/0615.html 
  65. ^ 『ネットで『神』と崇められる『アキバ通り魔』』週刊新潮2008年6月26日号
  66. ^ 『解+』 173頁
  67. ^ [1][2]他、ロフトプラスワンでのトークライブなど。宮台は学歴が原因だとも主張。
  68. ^ 中高時代からの友人含め、実際に合うだけでなくメーリングリストでも連絡を取っていた。“「秋葉原事件は止められた」加藤智大の手記から読み解く、現代社会の生きづらさ”. 日刊サイゾー. (2012年9月25日). http://news.livedoor.com/article/detail/6984684/ 
  69. ^ 『中島岳志の「月刊 中島新聞」2013-6月号 ―秋葉原事件5年目の総括』
  70. ^ 『解+』 141頁
  71. ^ “「秋葉原事件は止められた」加藤智大の手記から読み解く、現代社会の生きづらさ”. 日刊サイゾー. (2012年9月25日). http://news.livedoor.com/article/detail/6984684/ 
  72. ^ 『解+』 56頁
  73. ^ 『解+』 96頁
  74. ^ 『解+』 20-29頁他。括弧内は加藤が用いた用語。
  75. ^ “秋葉原歩行者天国再開で地元が一致 夏休み中を要望”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年5月24日). http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/100524/tky1005241918008-n1.htm 2010年5月2日閲覧。 [リンク切れ]
  76. ^ “歩行者天国 再開は9月以降に”. NHKニュース (日本放送協会). (2010年7月28日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100728/k10013003851000.html 2010年7月28日閲覧。 [リンク切れ]
  77. ^ “秋葉原 ホコ天1月にも再開”. 東京新聞 TOKYO Web (中日新聞社). (2010年11月26日). オリジナルの2010年11月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101129211422/http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010112602000024.html 2010年11月26日閲覧。 
  78. ^ 歩行者天国の交通規制”. 警視庁. 2013年6月26日閲覧。
  79. ^ “秋葉原:歩行者天国、再開は1月23日 日曜のみ・時間短縮・区間縮小 / 東京”. 毎日jp (毎日新聞社). (2010年12月11日). オリジナルの2010年12月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101215093729/http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20101211ddlk13040301000c.html 2010年12月11日閲覧。 
  80. ^ アキバの歩行者天国は当面中止に”. AKIBA PC Hotline!. Impress Watch (2011年3月19日). 2011年4月21日閲覧。
  81. ^ “【地震】秋葉原の歩行者天国、17日よりいよいよ再開”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2011年4月15日). http://news24.jp/articles/2011/04/17/07181111.html 2011年4月21日閲覧。 
  82. ^ 遠山和彦 (2008年7月8日). “東京・秋葉原殺傷:事件1カ月 犯行予告33人摘発、ネット模倣100件超”. 毎日jp (毎日新聞社). http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080708ddm001040009000c.html 2008年7月19日閲覧。 [リンク切れ]
  83. ^ “秋葉原通り魔事件後、17人を摘発・補導 警察庁「7割は定職つかず」(2/2ページ)”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2008年6月24日). オリジナルの2009年3月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090325044229/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080624/crm0806241950038-n2.htm 2008年7月19日閲覧。 
  84. ^ 岩手日報 (2009年7月14日). “カキ殻むきナイフも規制 県警、改正銃刀法で周知”. 2009年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月17日閲覧。
  85. ^ “秋葉原無差別殺傷 「悪い町に…なぜ」地元町会、急激な変化懸念”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2008年6月10日). オリジナルの2008年6月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080613065129/http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/080610/tky0806100248004-n1.htm 2009年12月21日閲覧。 
  86. ^ 「ダガーナイフ販売自粛を」経産省が要請、Amazonや楽天などにも”. Internet Watch. Impress Watch (2008年6月17日). 2010年10月8日閲覧。
  87. ^ ヤフー、ダガーナイフ取り扱い全面禁止に”. PC Online. 日経BP社 (2009年6月16日). 2010年10月8日閲覧。
  88. ^ “TBSが予定のドラマ放送中止、秋葉原の事件を受け”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2008年6月9日). オリジナルの2008年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080612020745/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080609-OYT1T00213.htm 2010年10月8日閲覧。 
  89. ^ TBSが番組変更、秋葉原殺傷事件連想するドラマの放映見送り”. ORICON STYLE. オリコン (2008年6月9日). 2010年10月8日閲覧。
  90. ^ 『メタルギアソリッド4』秋葉原など都内の発売記念イベントが中止に”. INSIDE. イード (2008年6月11日). 2010年10月8日閲覧。[出典無効]
  91. ^ KONAMI、都内で開催予定の「MGS4」発売日記念イベントを諸般の事情で中止”. GAME Watch. Impress Watch (2008年6月10日). 2010年10月8日閲覧。[出典無効]
  92. ^ “通り魔事件の凶器を連想 戦隊モノ玩具を名称変更”. アメーバニュース (アメーバ). (2008年6月24日). オリジナルの2008年11月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081112061335/http://news.ameba.jp/domestic/2008/06/15002.html 2010年10月8日閲覧。 
  93. ^ “秋葉原無差別殺傷 - ニュース特集”. asahi.com (朝日新聞社). http://www2.asahi.com/special2/080609/ 
  94. ^ “秋葉原通り魔事件 - トピックス”. MSN産経ニュース (産経デジタル). オリジナルの2008年6月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080611023012/http://sankei.jp.msn.com/topics/affairs/8181/afr8181-t.htm 
  95. ^ “秋葉原通り魔”. 毎日jp (毎日新聞社). オリジナルの2008年9月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080915203033/http://mainichi.jp/select/jiken/akihabara/ 
  96. ^ “秋葉原無差別殺傷:特集”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). オリジナルの2008年6月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080613052947/http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080608-2810266/ 
  97. ^ “At least seven killed in Tokyo stabbing spree”. CNN. http://www.cnn.com/2008/WORLD/asiapcf/06/08/japan.stabbing.spree/index.html 
  98. ^ “Seven dead in Tokyo knife attack”. BBC. http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/asia-pacific/7442327.stm 
  99. ^ “Man stabs shoppers in Tokyo street, killing seven”. ロイター. http://www.reuters.com/article/worldNews/idUST27752620080608 
  100. ^ “В Токио от нападения преступника погибли шесть человек”. Правда. オリジナルの2009年8月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090803154133/http://www.pravda.ru/news/accidents/08-06-2008/271197-Japan%20Yakudza%20murder-0 
  101. ^ “Tokyo : coup de folie meurtrière à Akihabara”. Le Monde. オリジナルの2008年6月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080609220628/http://www.lemonde.fr/asie-pacifique/article/2008/06/08/tokyo-coup-de-folie-meurtriere-a-akihabara_1055397_3216.html 
  102. ^ “Tokyo : coups de poignard mortels dans la foule”. Le Figaro. オリジナルの2008年10月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081003200240/http://www.lefigaro.fr/international/2008/06/08/01003-20080608ARTFIG00055-tokyo-coups-de-poignard-mortels-dans-la-foule.php 
  103. ^ #片田 p.8
  104. ^ 「ネットで「神」と崇められる「アキバ通り魔」」『週刊新潮』2008年6月26日号。[要ページ番号]
  105. ^ “「加藤よ、裏切ったな」”. Yahoo!ニュース. AERA2010年8月23日号 (Yahoo Japan). (2010年8月16日). オリジナルの2010年8月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100820121756/http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100823-00000001-aera-soci 2010年10月8日閲覧。 
  106. ^ “【秋葉原通り魔事件】神戸事件やバス乗っ取りと同学年”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2008年6月11日). オリジナルの2008年6月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080614003621/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080611/crm0806111720026-n1.htm 
  107. ^ “マツダ11人死傷:「秋葉原のように」 2年前に自己破産”. 毎日jp (毎日新聞社). (2010年6月23日). オリジナルの2010年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100626050059/http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100623k0000e040049000c.html 2010年6月29日閲覧。 
  108. ^ “「秋葉原のように」と供述/逮捕のマツダ元期間従業員”. SHIKOKU NEWS (四国新聞社). (2010年6月23日). オリジナルの2010年9月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100903235043/http://www.shikoku-np.co.jp/national/social/article.aspx?id=20100623000062 2010年6月29日閲覧。 
  109. ^ スポニチ - 社会 > ニュース&デイリーフォト一覧(社会)「宇都宮連続爆発事件“道連れ”自殺か「秋葉原のような事件を…」」 > 2016年10月25日
  110. ^ “「秋葉原通り魔事件」蓮佛美沙子主演で初映画化”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2011年10月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/10/18/kiji/K20111018001841070.html 
  111. ^ “あの日の秋葉原から10年ー初長編作品で世界に伝わった松本優作監督『Noise』-人類史上最も凄惨な今を生きる世界の若者たちから圧倒的支持の同時代映画公開!”. cinefil. (2018年6月8日). http://cinefil.tokyo/_ct/17174721 2018年10月15日閲覧。 
  112. ^ 『Noise』 松本優作監督インタビュー”. SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017. 2018年10月15日閲覧。
  113. ^ gyoten_ntvのツイート(1445297856118657030)
  114. ^ “秋葉原事件 加藤容疑者、精神鑑定で「責任能力あり」”. asahi.com (朝日新聞社). (2008年10月6日). http://www2.asahi.com/special2/080609/TKY200810060174.html 2008年12月21日閲覧。 
  115. ^ “秋葉原無差別殺傷事件で公判前整理手続き 加藤被告起訴事実大すじ認める”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2009年6月22日). オリジナルの2009年6月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090625012608/http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090622/trl0906221305002-n1.htm 2009年12月21日閲覧。 
  116. ^ “【秋葉原17人殺傷 初公判(1)】「おわびをさせてください」 背筋を伸ばして謝罪する加藤被告(10:00~10:15)(1/4ページ)”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2011年1月28日). オリジナルの2011年1月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110128141246/http://sankei.jp.msn.com:80/affairs/news/110116/trl11011615140000-n1.htm 2011年1月28日閲覧。 
  117. ^ “【秋葉原17人殺傷 初公判(1)】「おわびをさせてください」 背筋を伸ばして謝罪する加藤被告(10:00~10:15)(2/4ページ)”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2011年1月28日). オリジナルの2011年1月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110128162417/http://sankei.jp.msn.com:80/affairs/news/110116/trl11011615140000-n2.htm 2011年1月28日閲覧。 
  118. ^ “【秋葉原17人殺傷 初公判(1)】「おわびをさせてください」 背筋を伸ばして謝罪する加藤被告(10:00~10:15)(3/4ページ)”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2011年1月28日). オリジナルの2011年1月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110130151544/http://sankei.jp.msn.com:80/affairs/news/110116/trl11011615140000-n3.htm 2011年1月30日閲覧。 
  119. ^ “【秋葉原17人殺傷 初公判(1)】「おわびをさせてください」 背筋を伸ばして謝罪する加藤被告(10:00~10:15)(4/4ページ)”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2011年1月28日). オリジナルの2011年1月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110130195455/http://sankei.jp.msn.com:80/affairs/news/110116/trl11011615140000-n4.htm 2011年1月30日閲覧。 
  120. ^ “加藤被告に死刑求刑…秋葉原無差別殺傷”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年1月25日). オリジナルの2011年1月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110128111427/http://www.asahi.com/national/update/0125/TKY201101250289.html 2011年2月3日閲覧。 
  121. ^ “秋葉原無差別殺傷 加藤被告に死刑求刑 「日本犯罪史上まれにみる重大事件」”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2011年1月25日). オリジナルの2011年1月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110128111540/http://sankei.jp.msn.com:80/affairs/news/110125/trl11012515410064-n1.htm 2011年2月3日閲覧。 
  122. ^ “【秋葉原殺傷 死刑求刑】極刑にも加藤被告無表情…「真実語って」と被害者”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2011年1月25日). オリジナルの2011年1月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110128113533/http://sankei.jp.msn.com:80/affairs/news/110125/trl11012519200080-n1.htm 2011年2月3日閲覧。 
  123. ^ “【秋葉結審】「事件を起こすべきでなかった」加藤被告謝罪 3月24日判決”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2011年2月9日). オリジナルの2011年3月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110325160950/http://sankei.jp.msn.com:80/affairs/news/110209/trl11020920400013-n1.htm 2011年3月25日閲覧。 
  124. ^ “秋葉原無差別殺傷、加藤智大被告に死刑判決 東京地裁”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年3月24日). オリジナルの2011年3月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110325161339/http://www.asahi.com/national/update/0324/TKY201103240282.html 2011年3月25日閲覧。 
  125. ^ “加藤智大被告に死刑判決…秋葉原無差別殺傷事件”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2011年3月24日). オリジナルの2011年3月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110325054248/http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110324k0000e040097000c.html 2011年3月25日閲覧。 
  126. ^ “「日本が震撼。刑事責任は最大級に重い」 秋葉原無差別殺傷事件、加藤被告に死刑判決”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2011年3月24日). オリジナルの2011年3月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110326043112/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110324/trl11032416330003-n1.htm 2011年3月26日閲覧。 
  127. ^ “秋葉原殺傷、控訴審初公判に本人出廷せず 東京高裁”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2012年6月4日). オリジナルの2012年6月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120604110756/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120604/trl12060418170005-n1.htm 
  128. ^ “秋葉原殺傷:2審も死刑判決…東京高裁、弁護側の控訴棄却(1/2ページ)”. 毎日jp (毎日新聞社). (2012年9月12日). オリジナルの2018年1月22日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2012-1008-2231-56/mainichi.jp/select/news/20120912k0000e040197000c.html 
  129. ^ “秋葉原殺傷:2審も死刑判決…東京高裁、弁護側の控訴棄却(2/2ページ)”. 毎日jp (毎日新聞社). (2012年9月12日). オリジナルの2018年1月22日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2012-0912-2241-25/mainichi.jp/select/news/20120912k0000e040197000c2.html 
  130. ^ 来栖宥子 (2012年9月25日). “秋葉原無差別殺傷事件 被告側が上告”. goo.ne.jp. 2015年2月2日閲覧。
  131. ^ “「精神障害の疑い」 秋葉原連続殺傷で弁護人が上告”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2012年12月7日). オリジナルの2012年9月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120925123112/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120925/trl12092516190009-n1.htm 2012年12月11日閲覧。 
  132. ^ “「加藤被告は急性ストレス障害だった」 弁護側が死刑判決破棄を要求 最高裁弁論”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2014年12月18日). オリジナルの2018年1月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180122051618/http://www.sankei.com/affairs/news/141218/afr1412180024-n1.html 2018年1月22日閲覧。 
  133. ^ “秋葉原無差別殺傷 加藤被告の死刑確定へ 最高裁が1、2審判決支持”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2015年2月2日). オリジナルの2018年1月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180122051847/http://www.sankei.com/affairs/news/150202/afr1502020015-n1.html 
  134. ^ “秋葉原通り魔事件 加藤被告の死刑確定へ”. NHKニュース (日本放送協会). (2015年2月2日). オリジナルの2018年1月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150202123503/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150202/k10015149091000.html 
  135. ^ “秋葉原殺傷事件、加藤被告の死刑確定”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2015年2月18日). オリジナルの2018年1月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180122051752/https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG18H45_Y5A210C1CC1000/ 2018年1月22日閲覧。 
  136. ^ 週刊現代 (2014年4月24日). “独占スクープ!「秋葉原連続通り魔事件」そして犯人(加藤智大)の弟は自殺した(週刊現代)”. 現代ビジネス. オリジナルの2017年7月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170709051523/http://gendai.ismedia.jp:80/articles/-/39034 2014年8月1日閲覧。 
  137. ^ 「黒子のバスケ」脅迫事件 被告人の最終意見陳述全文公開(篠田博之) - 個人 - Yahoo!ニュース
  138. ^ 「秋葉原事件」加藤智大被告が「黒子のバスケ」脅迫事件に見解表明!(篠田博之) - 個人 - Yahoo!ニュース
  139. ^ 東奥日報』2018年4月21日朝刊第一社会面29面「08年秋葉原事件 加藤死刑囚 再審請求」
  140. ^ #年報・死刑廃止編集委員会 p. 270






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「秋葉原通り魔事件」の関連用語

秋葉原通り魔事件のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



秋葉原通り魔事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの秋葉原通り魔事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS