神社本庁 訴訟

神社本庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/22 03:30 UTC 版)

訴訟

不動産売買をめぐる問題とその関連訴訟

2015年に一般職員のための百合丘職舎を売却し、総務部長が居住するための危機管理用の新たな職舎を購入したことが報じられた[59][60][61]

この売却を巡り、上層部と業者による癒着の疑いを指摘して懲戒処分を受けた元幹部職員二人が「正当な内部告発への報復的な措置であり違法」として近く本庁に処分の無効確認を求める訴えを東京地裁に起こすことが報じられた[60][61]

事案

2020年香川県金刀比羅宮(こんぴらさん)が神社本庁を離脱する手続きに入ったと報じられた。金刀比羅宮によると、以前から神社本庁を巡る不透明な不動産取引が報道されてから、本庁に真相究明を求めてきた。ただ納得のいく回答は得られず、本庁に任意で納めてきた寄贈金の支払いをやめた。本庁の通達に従い、2019年11月14日、金刀比羅宮で大嘗祭の当日祭を開いたが、本庁が約束していたお供えの「幣帛料」が届かなかった。他県の神社には配られたという。また、2019年11月の皇位継承の重要祭祀「大嘗祭」で、本庁からお供えの金銭が届かず「天皇陛下の即位を祝う特別な日に当宮だけ配られなかった」と主張し、本庁に不信感を募らせていると主張している。文化庁への手続きが済めば、秋には離脱できると説明している。

神社本庁は取材に対して「各都道府県の神社庁を通じて分配した」と説明しているが、金刀比羅宮によると、香川県神社庁を通じて受領したのは2020年1月末であり、「数ヶ月後に届いて何の意味があるのか」と反発している[62][63]

参考文献




  1. ^ a b c d じんじゃほんちょう【神社本庁】 世界大百科事典第2版
  2. ^ 神社本庁 > 神社本庁のご案内 > 神社庁一覧
  3. ^ 神社本庁 > 神社本庁のご案内 > 関係団体一覧
  4. ^ 宗教年鑑 平成30年版 文化庁(編) p.103
  5. ^ a b 『宗教年鑑』平成19年 2-4ページ
  6. ^ 神社本庁 神社庁一覧
  7. ^ 神社庁とは”. 岡山県神社庁. 2020年5月4日閲覧。
  8. ^ 会通雑誌社『会通雑誌』、NDLJP:3567527国立国会図書館、図書館送信閲覧対象。
  9. ^ 松本久史 2011, pp. 78-79.
  10. ^ 神社本庁研修所 2005, pp. 216-218.
  11. ^ a b c 松本久史 2011, pp. 80-81.
  12. ^ 「日本奨学義会規則」、飯山正秀編『成功名家列伝』、国鏡社。1910年。NDLJP:778190/5
  13. ^ 神社本庁研修所 2005, pp. 215-221.
  14. ^ 1936年成立の思想犯保護観察法により、東京市渋谷区千駄ヶ谷4-658の住所(旧住所)には思想犯保護観察所が設置され、東京・千葉・埼玉・山梨で思想犯とされた集団の保護観察に当たっていた。
  15. ^ 神社本庁研修所 2005, pp. 232-234.
  16. ^ 用語解説|日本国憲法の誕生”. 国立国会図書館. 2016年5月3日閲覧。
  17. ^ a b 神社本庁研修所 2005, pp. 244-246.
  18. ^ 松本久史 2011, p. 83.
  19. ^ 神社本庁研修所 2005, pp. 245-248.
  20. ^ a b c d e f g h i 神社本庁研修所 2005, pp. 252-253.
  21. ^ 『神道』 136頁。
  22. ^ 神社本庁 設立
  23. ^ a b 武田 幸也「神宮奉斎会から神社本庁へ」神社本庁総合研究所紀要 (20), 1-43, 2015-06
  24. ^ 文化庁 (2015年3月20日). “宗教年鑑 平成25年版”. 文化庁. p. 4. 2016年4月27日閲覧。
  25. ^ 神社本庁教学研究室編『神社本庁憲章の解説』神社本庁、1985
  26. ^ 神社本庁編『新編神社実務提要』神社新報社、2001年
  27. ^ 神社本庁編『神社本庁規程類集』平成25年度版、神社新報社
  28. ^ a b c d e f 「全国10万社の頂点に鎮座 比類なき伊勢神宮の威力」、週刊ダイヤモンド、2016年4月16日。
  29. ^ 神社本庁データベース、宗教情報リサーチセンター、2016年5月9日閲覧。
  30. ^ 神社本庁 関係団体一覧
  31. ^ 会社概要 / 神社界唯一の新聞社 神社新報社
  32. ^ 本会のあゆみ – 神道文化会 | 伝えたい日本のココロとカタチ。
  33. ^ 神社本庁編『神社本庁規程類集』平成25年度版、神社新報社
  34. ^ a b c d e 堀幸雄『最新右翼辞典』2006年、「神社本庁」の項、295ページ
  35. ^ http://www.sinseiren.org/ouenshiteimasu/ouensimasu.htm
  36. ^ 神社本庁編『神社本庁規程類集』2002年(平成14年)度版、神社新報社、2002
  37. ^ a b “続報真相 改憲急ぐ安倍首相を応援する人々 「美しい日本の憲法」とは”. 毎日新聞. (2016年3月18日). http://mainichi.jp/articles/20160318/dde/012/010/017000c 2016年3月18日閲覧。 
  38. ^ 大阪府神社庁 第六支部 東大阪市参照。なお、ここにおける単立神社には式内社石切剣箭神社等も含まれている・
  39. ^ 「強権発動で宮司人事にも介入 完了・世俗化する神社本庁の罪」、週刊ダイヤモンド、2016年4月16日。
  40. ^ 「気多大社 人事で混乱 宮司2人 法廷頼み」、朝日新聞、2006年9月17日
  41. ^ 「最高裁、神社規則の変更認める 羽咋市の気多神社訴訟」、共同通信、2010年4月20日
  42. ^ 週刊ダイヤモンド編集部 (2017年7月5日). “神社本庁「恐怖政治」の実態、地方の大神社で全面戦争も(2/4)”. 週刊ダイヤモンド (ダイヤモンド社). http://diamond.jp/articles/-/134148?page=2 2017年12月14日閲覧。 
  43. ^ “富岡八幡宮、神社本庁に6月離脱通知、9月に認証”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年12月9日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201712090000123.html 2019年10月14日閲覧。 
  44. ^ a b c 神社本庁の「政治力」と「資金力」、不気味がるほどではなかった!、週刊ダイヤモンド、2017年6月28日。
  45. ^ “日本会議研究 憲法編 中 国民投票へ 賛同拡大運動”. 朝日新聞: p. 朝刊14版 3面. (2016年3月24日) 
  46. ^ a b c 塚田穂高 2015, pp. 44-48.
  47. ^ ジェフ・キングストン, Contemporary Japan: History, Politics, and Social Change since the 1980s, p.160 ISBN 978-1-118-31506-4
  48. ^ 上杉聰。「日本における『宗教右翼』の台頭と『つくる会』『日本会議』」戦争責任、39、2003年 53ページ。
  49. ^ a b c 皇室典範改正に関する神社本庁の基本的な姿勢・「皇室典範改正問題に関する神社本庁の基本見解」・「皇室典範改正に関する神社本庁の基本的な姿勢について2005年(平成17年)12月2日
  50. ^ 「靖国神社のA級戦犯分祀「あり得ない」 神社本庁が見解」2005年6月10日朝日新聞朝刊4ページ
  51. ^ 靖国神社をめぐる諸問題に関する神社本庁の基本見解 呉竹会
  52. ^ a b 山口県上関町・八幡宮宮司 林春彦「人間・自然破壊の原発に神の地は売らず 神社、鎮守の森の永続は村落の永続」、『現代農業増刊 新ガーデンライフのすすめ 庭、里山、鎮守の森』(農山漁村文化協会)2002年5月1日発行、pp.224-229
  53. ^ a b エンジョウトオル 「神社本庁が安倍の地元で鎮守の森を原発に売り飛ばし!反対する宮司を追放」2/4 リテラ、2014年10月19日
  54. ^ 山口県上関町・八幡宮所有地の上関原発建設用地への財産処分承認申請書に対する承認の可否 『神社新報』平成16年8月30日
  55. ^ 「時代の正体<260>日本会議を追う(2)国民投票への『名簿』」神奈川新聞、2016年2月17日
  56. ^ a b 神社本庁研修所 2005, pp. 254-255.
  57. ^ 津地鎮祭事件の最高裁判決”. 文部科学省. 2016年5月5日閲覧。
  58. ^ 神社本庁研修所 2005, pp. 254-257.
  59. ^ 神社本庁で不可解な不動産取引、刑事告訴も飛び出す大騒動勃発、週刊ダイヤモンド、2017年6月21日。
  60. ^ a b 神社本庁を元幹部提訴へ 癒着疑い告発で懲戒「違法」、東京新聞、2017年10月6日
  61. ^ a b 神社本庁元幹部ら、解雇処分無効など訴え提訴 不動産売却めぐり癒着指摘、2017年10月17日。
  62. ^ “こんぴら、神社本庁離脱へ 「大嘗祭巡り不信感」”. 産経WEST(産經新聞). (2020年6月13日). https://www.sankei.com/west/news/200613/wst2006130010-n1.html 2020年6月13日閲覧。 
  63. ^ “金刀比羅宮、神社本庁を離脱へ 「大嘗祭巡り不信感」”. 一般社団法人共同通信社. (2020年6月13日). https://this.kiji.is/644358101140358241 2020年6月13日閲覧。 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「神社本庁」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||



8
100% |||||

9
100% |||||


神社本庁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



神社本庁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神社本庁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS