研究 形態

研究

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 00:43 UTC 版)

形態

独自研究

独自研究は、一次研究とも呼ばれ、研究の主題に関する以前の出版物の要約、レビュー、または合成に基づくものではない研究のことである。作成された資料は、一次資料となる。一次研究の目的は新しい知識を生み出すことであり、既存の知識を新しい形(要約または分類)で提示することではない[4][5]

独自研究は、それが関係する規律に応じて、いくつかの形態を取る。実験では、通常、例えば、実験室などで、研究対象の直接的・間接的な観察を行い、実験、方法論、結果、および結論を文書化する。または以前の結果の新しい解釈を提供する。分析作業では、一般に、新しい (たとえば) 数学的な結果が生成されたり、既存の問題にアプローチする新しい方法が作成される。この種の実験や分析を行わない分野においては、研究者の研究の結果に基づいて既存の理解が変化または再解釈される特定の方法が独創性であると解釈される[6]

研究の独創性の程度は、学術雑誌に掲載される記事の主要な基準の一つであり、通常は査読によって確立される[7]大学院生は、論文の一部として、独自研究を行うことが一般的である[8]

科学研究

科学研究は、データを収集し、好奇心を満たすための体系的な方法である。この研究は、自然現象や世界の特性を説明のための科学的な情報と理論を提供する。科学研究は実用的な応用を可能とする。科学研究には、公的機関、慈善団体、多くの企業を含む民間団体が資金を提供している。科学研究は、学問や応用分野に応じて、様々な分類に細分化することができる。科学研究の内容は、学術機関の立場を判断するために広く使用されている基準であるが、研究の質は必ずしも教育の質につながらないため (相関関係が常にあるわけではない) 、不正確な評価であるとの主張もある[9]

人文科学研究

人文科学研究は、例えば、神秘学記号論などの異なる方法を含む。人文科学者は通常、質問に対する究極の正解を探すのではなく、それを取り巻く問題と詳細を探る。文脈は常に重要であり、文脈は社会的、歴史的、政治的、文化的、または民族的であり得る。人文科学研究の一例は、歴史的手法で具体化された歴史的研究である。歴史家は、一次情報源やその他の証拠を使用して、トピックを体系的に調査し、過去の歴史を記述する。他の研究は、特にこれらを説明する理由や動機を探すことなく、社会や地域社会における行動の発生を調べることを目的としている。これらの研究は定性的または定量的であり、クィア理論フェミニスト理論のような様々なアプローチを使用することができる[10]

芸術研究

芸術研究は、"実践に基づく研究" とも言われ、創作作品を研究対象とする場合である。それは知識と真実を探す研究において純粋な科学的方法に代わる手法である。

文書研究


  1. ^ Howard 2012, pp. 199-220.
  2. ^ 村上 2019, pp. 31-79.
  3. ^ 村上 2019, pp. 167-182.
  4. ^ What is Original Research? Original research is considered a primary source”. Thomas G. Carpenter Library, University of North Florida. 2014年8月9日閲覧。
  5. ^ Rozakis, Laurie (2007). Schaum's Quick Guide to Writing Great Research Papers. McGraw Hill Professional. ISBN 978-0071511223. https://books.google.com/books?id=XlIH4R9Z_k8C&pg=PT75 
  6. ^ Singh, Michael (2009年10月6日). “Early career researcher originality: Engaging Richard Florida's international competition for creative workers”. Centre for Educational Research, University of Western Sydney. p. 2. 2012年1月12日閲覧。
  7. ^ Callaham, Michael; Wears, Robert; Weber, Ellen L. (2002). “Journal Prestige, Publication Bias, and Other Characteristics Associated With Citation of Published Studies in Peer-Reviewed Journals”. JAMA 287 (21): 2847–50. doi:10.1001/jama.287.21.2847. PMID 12038930. 
  8. ^ US Department of Labor (2006). Occupational Outlook Handbook, 2006–2007 edition. Mcgraw-hill. ISBN 978-0071472883. https://books.google.com/books?id=oFFWt5oyA3oC&q=%22original+research%22&pg=PA178 
  9. ^ J. Scott Armstrong; Tad Sperry (1994). “Business School Prestige: Research versus Teaching”. Energy & Environment 18 (2): 13–43. オリジナルの20 June 2010時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100620223714/http://marketing.wharton.upenn.edu/documents/research/Business%20School%20Prestige.pdf 2020-12-218 December 2011閲覧。. 
  10. ^ Roffee, James A; Waling, Andrea (18 August 2016). “Resolving ethical challenges when researching with minority and vulnerable populations: LGBTIQ victims of violence, harassment and bullying” (英語). Research Ethics 13 (1): 4–22. doi:10.1177/1747016116658693. 
  11. ^ Sullivan P (2005年4月13日). “Maurice R. Hilleman dies; created vaccines”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A48244-2005Apr12.html 
  12. ^ Eyler, Amy A., PhD, CHES. (2020). Research Methods for Public Health. New York: Springer Publishing Company. ISBN 978-0-8261-8206-7. OCLC 1202451096. https://www.worldcat.org/oclc/1202451096 2020年12月21日閲覧。 
  13. ^ Kara H. (2012). Research and Evaluation for Busy Practitioners: A Time-Saving Guide, p. 102. Bristol: The Policy Press.
  14. ^ Kara H (2012). Research and Evaluation for Busy Practitioners: A Time-Saving Guide, p. 114. Bristol: The Policy Press.
  15. ^ Creswell, John W. (2014). Research design : qualitative, quantitative, and mixed methods approaches (4th ed.). Thousand Oaks: Sage. ISBN 978-1-4522-2609-5. https://books.google.com/books?id=PViMtOnJ1LcC 
  16. ^ Liu, Alex (2015). “Structural Equation Modeling and Latent Variable Approaches”. Emerging Trends in the Social and Behavioral Sciences. John Wiley & Sons, Inc.. pp. 1–15. doi:10.1002/9781118900772.etrds0325. ISBN 978-1118900772 


「研究」の続きの解説一覧




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「研究」に関係したコラム

  • 株式の投資判断とされるR&D比率とは

    株式の投資判断とされるR&D比率とは、売上高のR&Dの割合をパーセンテージで表したものです。R&D比率は、売上高研究開発費比率ともいいます。R&D比率のR&Dとは研究開発費のことです。一般的にR&D比...

  • 株式の投資8原則とは

    株式の投資8原則とは、過去の相場経験を8つの法則にまとめたものです。1.十分に調査する購入予定の銘柄の財務内容やチャートなどを十分に調査して研究することが望ましいとされます。また、企業の発表する決算報...

  • 株式やFX、CFDのアストロロジー分析とは

    株式やFX、CFDの分析手段には、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析、クオンツ分析、定量分析などがあります。そして、アストロロジー分析も株式やFX、CFDの分析手段の1つとして用いられています。ア...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のインディケーターを提供しているWebサイトの一覧

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のインディケーターを提供しているWebサイトの一覧です。インディケーターのファイル形式は、「.mq4」、あるいは、「....

  • 株式の中型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「研究」の関連用語

研究のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



研究のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの研究 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS