砂糖 日本の歴史

砂糖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/19 06:05 UTC 版)

日本の歴史

純然たる舶来品

日本には奈良時代鑑真によって伝えられたとされている。中国においては太宗の時代に西方から精糖技術が伝来されたことにより、持ち運びが簡便になったためとも言われている。当初は輸入でしかもたらされない貴重品であり医薬品として扱われていた。精糖技術が伝播する以前の中国では、砂糖はシロップ状の糖蜜の形で使用されていた。

平安時代後期には本草和名に見られるようにある程度製糖の知識も普及し、お菓子や贈答品の一種として扱われるようにもなっていた。室町時代には幾つもの文献に砂糖羊羹、砂糖饅頭、砂糖飴、砂糖餅といった砂糖を使った和菓子が見られるようになってくる。名に「砂糖」と付くことからも、調味料としての砂糖は当時としては珍しい物だということがわかる[21]狂言附子』の中でも珍重されている。日明貿易海禁政策の影響を免れなかったということになる。

やがて戦国時代南蛮貿易が開始されると宣教師たちによって金平糖などの砂糖菓子がもちこまれ、さらにアジアから砂糖の輸入がさかんになり(やがてオランダが中継する)、徐々に砂糖の消費量は増大していく。

世界の歴史ではオランダ領東インドの砂糖プランテーションに触れなかったが、それは日本の砂糖事情と密接に関係している。

国産化の試み

江戸時代初期、薩摩藩支配下の琉球王国では1623年儀間真常が部下を福州に派遣してサトウキビの栽培と黒糖の生産法を学ばせた。帰国した部下から得た知識を元に砂糖生産を奨励し、やがて琉球の特産品となった。

江戸時代には海外からの主要な輸入品のひとつに砂糖があげられるようになり、オランダや中国の貿易船がバラスト代わりの底荷として大量の砂糖を出島に持ち込んだ。このころ日本からは大量のが産出されており、その経済力をバックに砂糖は高値で輸入され、大量の砂糖供給は砂糖を使った和菓子の発達をもたらした。しかし17世紀後半には金銀は枯渇し、金銀流出の原因のひとつとなっていた砂糖輸入を減らすために江戸時代将軍徳川吉宗琉球からサトウキビをとりよせて江戸城内で栽培させ、サトウキビの栽培を奨励して砂糖の国産化をもくろんだ。また、殖産興業を目指す各藩も価格の高い砂糖に着目し、自領内で栽培を奨励した。とくに高松藩松平頼恭がサトウキビ栽培を奨励し、天保期には国産白砂糖流通量の6割を占めるまでになった。また、高松藩はこのころ和三盆の開発に成功し、高級砂糖として現在でも製造されている。こうした動きによって19世紀にはいると砂糖のかなりは日本国内でまかなえるようになった。天保元年から3年(1830年から1832年)には、大坂での取引量は輸入糖430万斤と国産糖2320万斤、あわせて2750万斤(1万6500トン)となり、さらに幕末の慶応元年(1865年)にはその2倍となっていた[22]。一方、このころ大阪の儒者である中井履軒は著書「老婆心」の中で砂糖の害を述べ、砂糖亡国論を唱えた[23]。また幕府も文政元年(1818年)にサトウキビの作付け制限を布告したが、実効は上がらず砂糖生産は増え続けた。江戸時代、国内の砂糖の流通は砂糖問屋が行っていた。

自給率の向上

天保の改革にあたり薩摩藩大島喜界島徳之島の三島砂糖買入れ制度を実施した。

明治時代初期、鹿児島県徳之島における砂糖製造は下の図に示す手順で行われた。

明治時代中期、大日本製糖などの独占的な企業体も現われた。これには次のような政治背景がある。

サイパン島の砂糖王公園に現存する松江春次

日清戦争の結果として台湾が日本領となると、台湾総督府は糖業を中心とした開発を行った。また第一次世界大戦の結果、日本の委任統治領となった南洋諸島のうち、マリアナ諸島サイパン島テニアン島ロタ島でも南洋興発による大規模なサトウキビ栽培が始まった。これにともなって日本には大量の砂糖が供給されることとなったが、沖縄を除く日本本土ではサトウキビの生産が衰退した。しかし台湾や南洋諸島での増産によって生産量は増大しつづけ、昭和に入ると砂糖の自給をほぼ達成した。一方、北海道においては明治初期にテンサイの生産が試みられたが一度失敗し、昭和期に入ってやっと商業ベースに乗るようになった。

この砂糖生産の拡大と生活水準の向上によって砂糖の消費量も増大し、1939年には一人当たり砂糖消費量が16.28kgと戦前の最高値に達し、2010年の消費量(16.4kg)とほぼ変わらないところまで消費が伸びていた[24]。しかしその後、第二次世界大戦の戦況の悪化にともない砂糖の消費量は激減し、1945年の敗戦によって砂糖生産の中心地であった台湾や南洋諸島を失ったことで砂糖の生産流通は一時大打撃を受け、1946年の一人あたり消費量は0.20kgまで落ち込んだ。その後1952年に砂糖の配給が終了して生産が復活し、日本の経済復興とともに再び潤沢に砂糖が供給されるようになった。

1976年オイルショックという国際環境で日豪砂糖交渉が行われ、新しい太平洋問題として現出した。


  1. ^ ライムケーキ有効利用検討報告書北海道循環資源利用促進協議会
  2. ^ ライムケーキの再利用化への試み(日本ビート糖業協会)立行政法人 農畜産業振興機構
  3. ^ a b Nutrition and the Prevention of Chronic Diseases, pp.56-57; WHO/FAOレポートでは"free sugar"を"all monosaccharides(単糖類) and disaccharides(二糖類) added to foods by the manufacturer, cook or consumer, plus sugars naturally present in honey, syrups and fruit juices"と定義している。
  4. ^ a b WHO opens public consultation on draft sugars guideline (世界保健機関)
  5. ^ a b WHO urges global action to curtail consumption and health impacts of sugary drinks、2016年10月11日世界保健機関発表、2016年10月11日閲覧
  6. ^ 吉川雅之「薬用食物の糖尿病予防成分」『化学と生物』第40巻第3号、2002年、 172-178頁、 doi:10.1271/kagakutoseibutsu1962.40.172NAID 130003634293
  7. ^ 橋本仁・高田明和 2006, p. 21.
  8. ^ 『地域食材大百科(穀類・いも・豆類・種実』第1巻、農山漁村文化協会、2010年3月10日、第1刷、177頁。ISBN 9784540092619
  9. ^ a b アンドリュー・スミス『砂糖の歴史』原書房〈食の図書館〉、2016年1月7日、12-13頁。ISBN 9784562051755
  10. ^ アンドリュー・スミス『砂糖の歴史』原書房〈食の図書館〉、2016年1月7日、12頁。ISBN 9784562051755
  11. ^ マグロンヌ・トゥーサン=サマ 『世界食物百科』玉村豊男 翻訳監修、原書房、1998年、ISBN 4087603172、pp.572-575
  12. ^ ブリュノ・ロリウー『中世ヨーロッパ 食の生活史』吉田春美訳、原書房、2003年10月4日、第1刷、59頁。ISBN 4562036877
  13. ^ 増田義郎『略奪の海カリブ: もうひとつのラテン・アメリカ史』岩波書店〈岩波新書, 新赤版 75〉、1989年6月20日、138-139頁。ISBN 4004300754NCID BN03493067
  14. ^ 『オセアニアを知る事典』平凡社、1990年8月21日、初版第1刷、121頁。ISBN 4582126170NCID BN05119276
  15. ^ 『ラテンアメリカを知る事典』平凡社、1999年12月10日、187頁。ISBN 4582126251NCID BA4474584X
  16. ^ a b c d e f g h 松本三恵子 「アメリカ砂糖内国市場におけるハワイ砂糖産業の地位と戦略」 大阪大学経済学 第50巻 2-3号 2000年12月 169-191頁
  17. ^ 伊藤汎監修 『砂糖の文化誌 ―日本人と砂糖』pp.16-18 八坂書房 2008年 ISBN 9784896949223
  18. ^ 南直人『ヨーロッパの舌はどう変わったか: 十九世紀食卓革命』〈講談社選書メチエ 123〉、1998年2月10日、第1刷、79-89頁。ISBN 406258123X
  19. ^ 小平直行 「米国精糖業独占資本と帝国主義の成立」 熊本大学教養部紀要 人文・社会科学編 30 41-61頁 1995年1月31日
  20. ^ 高橋久仁子「砂糖-愛されるが故に嫌われ、甘いが故に苦い評判の不思議-」独立行政法人農畜産業振興機構、2010年3月6日、2015年7月10日閲覧
  21. ^ 鈴木晋一『たべもの噺』平凡社、1986年、159-162頁。ISBN 4582828132
  22. ^ 原田信男編著『ヴィジュアル日本生活史 江戸の料理と食生活』小学館、2004=06-20、第1版第1刷、103頁。ISBN 4096261300
  23. ^ 本山荻舟『飲食事典』平凡社、1956年12月25日、241頁。ISBN 458210701XNCID BN01765836
  24. ^ 橋本仁・高田明和 2006, p. 6.
  25. ^ Quelle: Handelsblatt – "Die Welt in Zahlen." 2005
  26. ^ a b Sugar and Sweeteners Yearbook TablesU.S. Department of Agricultureホームページ 2016年8月29日閲覧
  27. ^ 独立行政法人農畜産業振興機構「砂糖類情報」世界砂糖需給バランス
  28. ^ 主要国の砂糖の生産量の主要国生産量より算出
  29. ^ 上記資料「3e主要国の砂糖の生産量」より、2000年10月–2005年9月の5年間平均値を算出
  30. ^ 世界砂糖市場の最近の動向農畜産業振興機構 2012年8月5日閲覧
  31. ^ 「現代糖業技術史-第二次大戦終了以後- 精製糖編」pp117-140 社団法人糖業協会編 丸善プラネット 2006年2月20日初版発行
  32. ^ 砂糖は甘いだけのものではない─化学工業原料としての砂糖農畜産業振興機構 2012年8月5日閲覧
  33. ^ 同 - 砂糖および異性化糖の需給総括表
  34. ^ 独立行政法人農畜産業振興機構「砂糖類情報」 - 砂糖および異性化糖の需給総括表
  35. ^ マルハの例
  36. ^ フジ日本精糖の例
  37. ^ 日新製糖の例
  38. ^ 需給関係資料2014年 農畜産振興機構
  39. ^ 甘いもの好きの国際比較 社会実情データ図録
  40. ^ OECD-FAO OECD-FAO Agricultural Outlook 2014 p287
  41. ^ 三木健、「砂糖の種類と特性」 『応用糖質科学』 1994年 41巻 3号 p.343-350, doi:10.11541/jag1994.41.343
  42. ^ 伊藤汎監修 『砂糖の文化誌 ―日本人と砂糖』p115 八坂書房 2008年 ISBN 9784896949223
  43. ^ 橋本仁・高田明和 2006, p. 72.
  44. ^ a b Cordain L, Eaton SB, Sebastian A, et al. (2005). “Origins and evolution of the Western diet: health implications for the 21st century”. Am. J. Clin. Nutr. 81 (2): 341–54. PMID 15699220. http://ajcn.nutrition.org/content/81/2/341.long. 
  45. ^ 砂糖ラボ➚大東製糖 公式ネットショップ[要検証]
  46. ^ 橋本仁・高田明和 2006, pp. 170-173.
  47. ^ 自分の飲んでいる飲み物からとる糖分の目安 国立健康・栄養研究所
  48. ^ 清涼飲料水・酒類の糖度とブドウ糖含有量 東芝病院の糖尿病委員会
  49. ^ 日本食品標準成分表 文部科学省「日本食品標準成分表2010について第3章の15」(菓子類)
  50. ^ 我々の食品に含まれる『加えられた砂糖』の源 英国政府NHS(国民保健サービス)
  51. ^ 健康だより平成26年12月号「糖反射とは」駒澤女子短期大学付属こまざわ幼稚園
  52. ^ 「砂糖」に付いて 排泄の科学より
  53. ^ 内務省衛生局『栄養と嗜好』1930年。15-16頁。
  54. ^ 砂糖の毒と肉食の害』、全国書誌番号:46054726
  55. ^ cancertopics 米国国立がん研究所
  56. ^ factsheet 米国国立がん研究所
  57. ^ Is Sugar Toxic? The New York Times、2011年4月13日
  58. ^ Insulin Resistance and Alzheimer's Disease: A Novel Therapeutic Target スライド2-5
  59. ^ How much sugar is hiding in your food? BBC science
  60. ^ Is Sugar Toxic? The New York Times、2011年4月13日
  61. ^ The Fructose Epidemic Robert H. Lustig
  62. ^ 尿酸値に潜む死の予言 痛風予備軍が心筋梗塞 NHK「ためしてガッテン」2013年11月13日
  63. ^ Gout surge blamed on sweet drinks BBC、2008.2.1
  64. ^ a b 松丸さとみ「加糖ジュース、「飲めば飲むほど死亡リスク高まる」米研究で」『ニューズウィーク日本版』、2019年3月29日。2019年4月6日閲覧。
  65. ^ Added Sugar Intake and Cardiovascular Mortality Among US Adult JAMA internal medicine 2014年2月3日
  66. ^ Sugar intake linked to heart disease deaths 英国政府のNHS(国民栄養サービス)の文書
  67. ^ Our 2006 Diet and Lifestyle Recommendations (AHA - American Heart Association)
  68. ^ CBSニュース 2014年3月5日
  69. ^ 再発予防ガイドライン」『尿路結石症診療ガイドライン 改訂版(2004年版)』、平成15-16年度厚生労働科学研究医療技術評価総合研究事業。(Minds 医療情報サービス
  70. ^ Reiner Bartl, Bertha Frisch 『骨粗鬆症 診断・予防・治療ガイド』中村利孝監訳、メディカル・サイエンス・インターナショナル、2007年10月。ISBN 9784895924887。96-99頁。
  71. ^ World Cancer Research Fund and American Institute for Cancer Research Food, Nutrition, Physical Activity, and the Prevention of Cancer: A Global Perspective 2007
  72. ^ Susanna C Larsson et al. "Consumption of sugar and sugar-sweetened foods and the risk of pancreatic cancer in a prospective study"American Journal of Clinical Nutrition, Vol.84, No.5, November 2006, 1171-1176. PMID 17093171
  73. ^ Jeff Comisarow Can Sweet Treats Drive Kids Crazy? Sugar andHyperactivity in Children Nutrition Bytes Vol.2(1), 1996
  74. ^ S.J. Schoenthaler, W.E. Doraz, J.A. Wakefield, “The Impact of a Low Food Additive and Sucrose Diet on Academic Performance in 803 New York City Public Schools,” Int J Biosocial Res.8(2), 1986, pp185-195.
  75. ^ Lars Lien et al. "Consumption of Soft Drinks and Hyperactivity, Mental Distress, and Conduct Problems Among Adolescents in Oslo, Norway" American Journal of Public Health Vol96, No.10 2006, pp1815-1820. PMID 17008578
  76. ^ Sugar: The Bitter Truth - YouTube
  77. ^ Robert H. Lustig, Laura A. Schmidt and Claire D. Brindis (2012年2月2日). “VOL.482 NATURE, P27 The toxic truth about sugar”. Nature. 2019年10月15日閲覧。
  78. ^ [1] 砂糖はたばこ・酒と同じ「毒」 課税提唱に米業界が反発 朝日新聞デジタル 2012年2月6日
  79. ^ Taubes, Gary (2016). The Case Against Sugar. New York City: Alfred A. Knopf. ISBN 978-0307701640. 
  80. ^ Fung, Jason (2016). The Obesity Code: Unlocking the Secrets of Weight Loss. Canada: Greystone Books. ISBN 9781771641258. 
  81. ^ 村上直久『世界は食の安全を守れるか―食品パニックと危機管理』(平凡社新書)151頁。ISBN 978-4582852370
  82. ^ Moynihan, P. J.; Kelly, S. A. M. (2013). “Effect on Caries of Restricting Sugars Intake: Systematic Review to Inform WHO Guidelines”. Journal of Dental Research 93 (1): 8–18. doi:10.1177/0022034513508954. ISSN 0022-0345. 
  83. ^ Guidelines on reducing sugar in food published for industry”. Public Health England (2017年3月30日). 2017年6月10日閲覧。
  84. ^ グローバル・ダンプ・ソフトドリンク・キャンペーン 消費者団体CSPI
  85. ^ Bottlers Agree to a School Ban on Sweet Drinks (The New York Times, 4 May 2006)
  86. ^ Limiting Ads of Junk Food to Children (New York Times, 18 July 2007)
  87. ^ Restrictions on TV advertising of foods to children come into force
  88. ^ Interagency Working Group Seeks Input on Proposed Voluntary Principles for Marketing Food to Children(FTC, April 28 2011)





砂糖と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「砂糖」に関係したコラム

  • CFDの砂糖取引とは

    砂糖の先物取引は、ニューヨーク市場やロンドン市場、東京市場などで行われています。そしてCFDの砂糖価格は、ニューヨーク市場での砂糖の価格に連動して推移します。砂糖の価格変動要因には、粗糖生産国の気象、...

  • CFDで取り扱うコモディティの一覧

    CFDで取り扱うコモディティは、エネルギー、貴金属、農産物の3つに大別できます。CFDのエネルギーには、原油や天然ガス、ガソリンなどの銘柄があります。WTI原油先物もそのうちの1つで、外国為替市場や証...

  • CFDのスプレッド比較

    CFD業者ではほとんどの銘柄にスプレッドを設定しています。下の図は、GMOクリック証券の「日本225」の注文画面です。これは、8419ポイントで売り注文ができ、8422ポイントで買い注文ができることを...

  • CFDの取引時間

    CFDの取引時間は商品内容や取引国によりさまざまです。一般的には、金や原油といったコモディティ、日本やアメリカ合衆国などの株価指数などはほぼ24時間の取引が可能です。一方、各国の株式や日米を除く株価指...

  • CFDの呼値とは

    CFDの呼値とは、CFDの銘柄の最小の値動きする単位のことです。呼値は刻み値ともいいます。例えば呼値が0.1の銘柄の場合、現在の価格が1235.9ならば、値上がりしたら1236.0、値下がりしたら12...

  • バイナリーオプションで取引される先物商品の種類と一覧

    バイナリーオプションで取引される商品には、通貨ペア以外に日経225などの株価指数、東京証券取引所(東証)やニューヨーク証券取引所に上場している株式、そして、金、銀などの先物商品などがあります。以下は、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「砂糖」の関連用語

1
100% |||||


3
100% |||||


5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||



10
100% |||||

砂糖のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



砂糖のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの砂糖 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS