石臼 装飾と碑文

石臼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/11 13:42 UTC 版)

装飾と碑文

追加で彫刻が施された多くの上石が発見されているが、装飾は必ずしも実用的な機能目的と切り離せるほど単純ではない。デザインは円運動時の上石の外観に注ぎ込まれており、種子を粉末に変える(ある種の変容魔法のような)石臼の機能がこの家庭用物品に敬意とステータスの両方を生じさせているのかもしれない[35]。アイルランドで発見された3つの蜂の巣型挽き石臼にはラ・テーヌ調の装飾が彫られており[22]、イングランドやウェールズ出土品にもその例がある[36]。差込み取っ手が付いた手挽き石臼の多くは、もの入れや挽き手の差込穴を囲むモチーフの基本パターンに沿った装飾となっている。一部にはもの入れを囲む不規則パターンの装飾がされた石臼もある[4]

スコットランドのドゥナドでは上石に十字架が彫られた挽き石臼が発見された。 その十字架は、起源をさかのぼると最終的には5世紀や6世紀のローマおよびビザンチンの前身に形状の由来がある。この石臼は「コスト」を反映して、その象徴的価値および社会的意義を高めた高品質な仕上がりがされている。 この十字架は、トウモロコシや結果生じる粉末をサビキン目麦角菌などの悪者から「保護する(魔除け的な)」ためだった可能性がある。

様々な伝説が石臼に奇跡的な力を与えて、埋葬用の石棺墓石として再利用されたものが幾つか見つかっている。石臼と埋葬の関係は、生活の主食であるパン作りの工程で使用されることに恐らく理由があり、そのため壊れたり使われていない石臼が死の象徴と見なされた可能性がある[37]。アイルランドオファリー州アスローン近辺のクロンマクノイズ(en)では、墓石に作り替えられた石臼が発見され、そこには装飾のほか人物名Sechnasachが西暦928年に死去と彫られていた[38]。アイルランドにあるスカー湖の湖上住居(クランノグ)で大型の石臼が発見された。


  1. ^ 鉄盤上で直径1-2mの鉄製ローラ-をいくつか旋転させ、圧砕と摩砕により穀物粒や岩石粒を粉砕する粉砕機のこと[34]
  1. ^ 上・下の石ふたつを組み合わせて使うのでquern-stonesと「s」をつけて複数形で用いる用語である。
  2. ^ 「挽いて」は「ひいて」と読む。「粉に挽く(こなにひく)」などと言う。
  3. ^ a b c 赤尾剛・林弘通・安口正之『食品工学基礎講座 固体・粉体処理』光琳、1988年、36頁
  4. ^ a b McLaren D, Hunter F (2008). “New aspects of rotary querns in Scotland”. Proc Soc Antiq Scot 113: 106. ISSN 0081-1564. 
  5. ^ a b Explore/Highlights: Quern stone for making flour”. London: The British Museum. 2019年5月16日閲覧。
  6. ^ Revedin, A (2010). “Thirty thousand-year-old evidence of plant food processing”. Proc Natl Acad Sci U S A 107 (44): 18815-18819. Bibcode2010PNAS..10718815R. doi:10.1073/pnas.1006993107. PMC: 2973873. PMID 20956317. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2973873/. 
  7. ^ a b c 三輪茂雄『粉』法政大学出版局、2005年、48頁
  8. ^ a b c d e f 石臼 青森県立郷土館
  9. ^ 石臼を挽こう 大野城市教育委員会
  10. ^ Burnet, Graeme Macrae (2015). His Bloody Project (First ed.). Glasgow: Contraband. p. II. ISBN 9781910192146 
  11. ^ 石臼の謎」木下製粉HP。2019年5月31日閲覧。リンズについても若干説明されている。
  12. ^ McLaren D, Hunter F (2008). “New aspects of rotary querns in Scotland”. Proc Soc Antiq Scot 138: 106. ISSN 0081-1564. 
  13. ^ McLaren D, Hunter F (2008). “New aspects of rotary querns in Scotland”. Proc Soc Antiq Scot 138: 112. ISSN 0081-1564. 
  14. ^ Rutter, Graham (2003). Basaltic-rock procurement systems in the southern Levant. PhD thesis, University of Durham. p. 236. http://0lem.wordpress.com/2011/06/16/basalt-procurement/ 2014年3月12日閲覧。 
  15. ^ Coe, Michael D. (1999). The Maya (Sixth ed.). New York: Thames & Hudson. p. 13. ISBN 0-500-28066-5 
  16. ^ Greenberger, Robert (2005). The Technology of Ancient China. Rosen Publishing Group. pp. 10. ISBN 978-1404205581 
  17. ^ Huang, H.T. (2000). Science and Civilisation in China: Volume 6, Biology and Biological Technology, Part 5, Fermentations and Food Science. 6. Cambridge University Press (November 30, 2000発行). p. 463. ISBN 978-0521652704 
  18. ^ Wright 1992:87f
  19. ^ Lease et al. 2001:235
  20. ^ 石皿とは」コトバンク、世界大百科事典 第2版の解説より。
  21. ^ McLaren D, Hunter F (2008). “New aspects of rotary querns in Scotland”. Proc Soc Antiq Scot 138: 105. ISSN 0081-1564. 
  22. ^ a b J.T. Koch, An Atlas for Celtic Studies (2007), p. 150.
  23. ^ Ritti, Grewe & Kessener 2007, p. 159
  24. ^ E.W. MacKie, The broch cultures of Atlantic Scotland: origins, high noon and decline: part 2: The Middle Iron Age: high noon and decline c.200 BC - AD 550, Oxford Journal of Archaeology, vol. 29, no 1. (2010), pp. 89-117 (100).
  25. ^ Garnett, T. Observations on a Tour through the Highlands and part of the Western Isles of Scotland, particularly Staff and Icolmkill. Pub. T. Cadell. The Strand. P. 155.
  26. ^ McLaren D, Hunter F (2008). “New aspects of rotary querns in Scotland”. Proc Soc Antiq Scot 138: 119 - 122. ISSN 0081-1564. 
  27. ^ a b c Freese, Stanley (27 May 2011). Windmills and millwrighting. Cambridge University Press. p. 14. ISBN 9781107600133 
  28. ^ Wood, Geoff (2003). Thorrington Tide Mill. Essex County Council. p. 13. ISBN 185281-232-X 
  29. ^ Peak District Millstones”. Stephen N Wood. 2010年4月10日閲覧。
  30. ^ Aikin, Arthur (1838). “On Corn Mills”. Transactions (Royal Society of Arts) 51: 121. 
  31. ^ 溝(目)の種類」、佐藤工房、2019年7月26日閲覧。
  32. ^ Wood (2003) p 19
  33. ^ NPS publication "Peirce Mill" GPO: 2004--304-337/00145 Reprint 2004
  34. ^ ローラミル」コトバンク、ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説より。
  35. ^ McLaren D, Hunter F (2008). “New aspects of rotary querns in Scotland”. Proc Soc Antiq Scot 119: 106. ISSN 0081-1564. 
  36. ^ McLaren D, Hunter F (2008). “New aspects of rotary querns in Scotland”. Proc Soc Antiq Scot 113: 117. ISSN 0081-1564. 
  37. ^ Ewan Campbell, A cross-marked quern from Dunadd and other evidence for relations between Dunass and Iona, Proceedings of the Society of Antiquaries of Scotland, vol. 5, no. 117 (1987), pp. 105 - 117.
  38. ^ Janet and Colin Bord, Mysterious Britain (Garnstone 1973), 0-85511-180-1. P. 62.
  39. ^ Watson, William J. (1926). The History of the Celtic Place-Names of Scotland. Edinburgh : William Blackwood & Sons Ltd., p.187





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石臼」の関連用語

石臼のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石臼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石臼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS