石田晴香 石田晴香の概要

石田晴香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/18 17:28 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
いしだ はるか
石田 晴香
プロフィール
愛称 はるきゃん
性別 女性
出生地 日本埼玉県
生年月日 (1993-12-02) 1993年12月2日(26歳)
血液型 A型
職業 声優タレント
事務所 ホリプロ
公式サイト 石田晴香オフィシャルブログ
公称サイズ(2015年[1][2][3]時点)
身長 / 体重 153 cm / 36 kg
スリーサイズ 72 - 55 - 79 cm
靴のサイズ 23.5 cm
声優活動
活動期間 2012年 -
ジャンル アニメゲームなど
音楽活動
活動期間 2008年 -
ジャンル J-POP
職種 歌手
共同作業者 AKB48(5期研究生→チームB→チームK)
NO NAME(活動休止状態)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

略歴

2007年

2009年

  • 8月23日に開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサートAKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演において、同年10月よりチームBメンバーに昇格することが発表されたが[7]、約1年延期された。そのため、昇格には当時最遅の合格日から起算して2年8か月を要している[注 2]

2010年

2011年

2012年

  • 3月2日、Google+秋元康の投稿において「ぐぐたす選抜」入りが発表される。3月5日の立ち位置の発表では5月23日発売の26thシングル「真夏のSounds good !」のカップリング曲「ぐぐたすの空」においてセンターポジションを務めることが明らかになる[13]
  • 4月26日、『AKB0048』声優選抜メンバー9名による新ユニット「NO NAME」の結成が発表される。同作の主題歌「希望について」と「夢は何度も生まれ変わる」を歌う[14]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル 選抜総選挙』では50位で、フューチャーガールズ入りを果たした[15]

2013年

2014年

  • 2月24日、Zepp DiverCityで開催された「AKB48グループ大組閣祭り」において、チームKへの異動が発表される[17]
  • 4月24日、チームKへ異動。
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』では57位で、フューチャーガールズ入りを果たした[18]

2015年

2016年

  • 3月30日、AKB48劇場で行われたチームK公演(昼公演)でグループからの卒業を発表[20]
  • 4月29日、卒業公演が5月17日に行われることと6月5日にパシフィコ横浜で開催される「君はメロディー」劇場盤発売記念大握手会が、参加する最後のAKB48握手会となることが、AKB48オフィシャルブログで発表される[21]。6月5日、AKB48としての活動を終了[22]

人物

  • キャッチフレーズは2012年11月の新体制移行後のチームBでは「Haru CAN『Do it』」[23]
  • 気が強く、サバサバした性格[23]
  • 特技は7年間続けた柔道[1]
  • AKB48に入る前は、ブラインドに引っ掛けるだけで肩を脱臼するなど、手足は常に折れていたのではないか、というほど脆かった。休日になると具合が悪くなることもあった[24]
  • ニコニコ動画を好む。雑誌『EX大衆』2011年3月号(双葉社)の記事「AKB48石田晴香が教えちゃう! はじめてのニコニコ動画ガイドをやってみた」にオールカラーで3ページにわたって登場[25]
  • 肺活量があり、負けず嫌いである。『AKB48 東京秋祭り』で内田とじゃんけん対決をする余興では真っ先にリベンジを申し出る[26]などのエピソードがある。
  • 表現力のあるダンスが評価されている[13]



注釈

  1. ^ 『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2011』の曲間MCにチーム5期として参加。
  2. ^ その後、大家志津香が3年2か月を要して昇格し、石田の最遅記録を更新した(『AKB48握手会完全攻略ガチマニュアル』(コスミック出版))。
  3. ^ 鈴木まりや不在時は、鈴木まりやが担当している高橋みなみのポジションにスライド。
  4. ^ 正式に準レギュラーとなったのは2012年1月20日から。
  5. ^ 佐藤すみれと交互に隔週出演。
  6. ^ 奥仲麻琴とのダブルキャスト。
  7. ^ 泉貴森山千菜美とのトリプルキャスト。
  8. ^ 新型コロナウイルス陽性と診断され降板した岩田華怜の代役

ユニットメンバー

  1. ^ a b c 城ヶ根御前(M・A・O)、赤来杏(伊藤美来)、黒酒路子(村川梨衣)、黄瀬美甘(山崎エリイ)、緑川末那(広瀬ゆうき)、青山勇気・元気(石田晴香)、桃井はつり(豊田萌絵)、紫村果音(白石晴香

出典

  1. ^ a b 石田晴香”. ホリプロ. 2016年1月1日閲覧。
  2. ^ “AKB石田晴香、激ヤセ 36キロ公表”. 日刊スポーツ. (2014年9月3日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20140903-1361041.html 2015年6月18日閲覧。 
  3. ^ can2525can (2014年9月2日). “K公演ありがとうございました!”. 石田晴香. Twitter. 2015年6月18日閲覧。
  4. ^ 【始球式名場面】美女のおヘソがチラリ… 元AKB石田晴香さんの笑顔全開ツーバウンド投球”. フルカウント (2020年6月11日). 2020年9月14日閲覧。
  5. ^ 週刊プレイボーイ編集部編『AKB48ヒストリー 研究生公式教本』白夜書房(2013年3月29日)、「AKB48出来事年表」181頁。ISBN 978-4-8619-1965-7
  6. ^ 日経エンタテインメント! 2015年12月号増刊 AKB48 10周年Special 115頁、「AKB48年表&全シングルレビュー」114 - 120頁、2016年4月14日閲覧。
  7. ^ AKB48『AKB104 選抜メンバー組閣祭り』(武道館公演)記者会見 スクランブルエッグ(2009年8月25日)2016年4月14日閲覧。
  8. ^ “AKB48第2回選抜総選挙、トップ40メンバーのコメント紹介”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2010年6月16日). http://natalie.mu/music/news/33397 2016年4月14日閲覧。 
  9. ^ “ナットウエンジェルZ再始動新メンバーも”. 日刊スポーツ新聞社. (2013年8月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/p-et-tp0-20130830-1181117.html 2016年4月14日閲覧。 
  10. ^ 選抜総選挙ガイドブック2011[要ページ番号]
  11. ^ キッズステーション:特撮番組「環境超人エコガインダーOX」放送 シリーズ第3作オリジナルの2012年1月22日のアーカイブ - 毎日jp毎日新聞社、2011年11月18日)
  12. ^ “下ネタ… 実力派… 次世代のヘタレ… アニメ「AKB0048」 声優選抜メンバーを徹底分析”. リアルライブ (株式会社フェイツ). (2011年12月14日). http://npn.co.jp/article/detail/97004508/ 2015年6月18日閲覧。 
  13. ^ a b “AKB「ぐぐたす選抜」センターに大抜擢! 「はるきゃん」石田晴香とは”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2012年3月6日). http://www.j-cast.com/2012/03/06124546.html?p=all 2015年6月18日閲覧。 
  14. ^ “TVアニメ『AKB0048』、主題歌は声優選抜メンバーのユニット"NO NAME"が担当”. マイナビニュース (マイナビ). (2012年4月26日). http://news.mynavi.jp/news/2012/04/27/003/ 2015年6月18日閲覧。 
  15. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2012年6月6日). 2015年6月18日閲覧。
  16. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果”. AKB48選抜総選挙特設サイト (2013年6月8日). 2015年6月18日閲覧。
  17. ^ AKB48グループ 大組閣祭り 組閣後 AKB48”. AKB48オフィシャルサイト (2014年2月25日). 2015年6月18日閲覧。
  18. ^ AKB48 37thシングル選抜総選挙 開票結果”. AKB48選抜総選挙特設サイト (2014年6月7日). 2015年6月18日閲覧。
  19. ^ 「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2015年6月6日). 2015年6月18日閲覧。
  20. ^ “AKB石田晴香が卒業を発表”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年3月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2069352/full/ 2016年3月30日閲覧。 
  21. ^ 石田晴香の卒業について”. AKB48オフィシャルブログ (2016年4月29日). 2016年4月29日閲覧。
  22. ^ 石田晴香Twitter(2016年6月5日22時30分投稿) 2016年6月5日閲覧。
  23. ^ a b “石田晴香 AKB48名鑑”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/akb48/profile/ishidaharuka.html 2015年6月18日閲覧。 
  24. ^ 『AKB48じゃんけん選抜公式ガイドブック』56頁(光文社、2010年9月25日発行)
  25. ^ こんパルシェ~`・ω・´”. 石田晴香オフィシャルブログ. アメーバブログ (2011年1月20日). 2015年6月18日閲覧。
  26. ^ 『AKB48 東京秋祭り』DVDより
  27. ^ STAFF & CAST”. TVアニメ『ノブナガ・ザ・フール』公式サイト. 2013年12月8日閲覧。
  28. ^ スタッフ・キャスト”. アクションヒロイン チアフルーツ. 2017年4月19日閲覧。
  29. ^ TVアニメ「臨死‼ 江古田ちゃん」”. 2018年12月14日閲覧。
  30. ^ http://robokura.jp/sp/[リンク切れ]
  31. ^ Wonderland Wars公式サイト 声優応援コメント セガ
  32. ^ 『ブレイブリークロニクル』元AKB48石田晴香さん、元SKE48中西優香さんアメリカザリガニさんが特別出演!!直筆サイン入り色紙がもらえるキャンペーンも実施中!”. ブレイブリークロニクル. 2016年8月5日閲覧。
  33. ^ 【先出し週刊ファミ通】『ニューダンガンロンパV3』各キャラクターの声優判明! “嘘”を使った議論や“パニック議論”の詳細も(2016年10月20日発売号)”. ファミ通.com. 2016年10月18日閲覧。
  34. ^ あのキャラクターたちがプレイヤーに物申す! 中田譲治さん、石田晴香さん、磯村知美さん出演の『ワンダーランドウォーズ』ドラマCD第2章声優インタビュー”. アニメイトタイムズ (2017年8月1日). 2017年8月4日閲覧。
  35. ^ 【新番組】『剣と魔法のログレスラジオ』 1月4日放送スタート!!
  36. ^ 隔週月曜日に生配信。「ノブナガ・ザ・フール」公式チャンネルより。
  37. ^ 剣と魔法のログレスラジオ ニコ生出張特番 ドワンゴ
  38. ^ 絆`・ω・´ - 本人オフィシャルブログ(2011年4月3日)
  39. ^ 「ホリだしもの(仮)Vol.5~みゃおって本当に推されてるの!?~」開催決定!! ホリプロ
  40. ^ 「パンパカパンツ おNEW!」にAKB石田晴香さんが声優出演!
  41. ^ “ざっくぅLOVE”石田晴香さんZAQ STORE1日店長 ジュピターテレコム(J:COM)
  42. ^ http://www.birdlandmusic.co.jp/saiban/index.html
  43. ^ http://sakura-meijiza.com/
  44. ^ http://musica-reading.jp/
  45. ^ RID2020プロジェクト [@RID20201] (2 July 2020). "登場人物紹介② ⻄ 南 …岩田華怜/みなみ 4年前から今のアパートに住んでいるOL。 お節介で、世話焼き。隣の部屋に引っ越してきた訳あり男⼦⾼校⽣を気に掛け、 ⼿紙でやりとりをする。" (ツイート). Twitterより2020年7月28日閲覧
  46. ^ 岩田華怜様の代役として石田晴香様の出演が決まりました”. RID2020プロジェクト. 2020年7月29日閲覧。
  47. ^ http://www.akikaru.jp/harucan/


「石田晴香」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石田晴香」の関連用語

石田晴香のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石田晴香のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石田晴香 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS