石川香織 石川香織の概要

石川香織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/07 09:58 UTC 版)

石川 香織
いしかわ かおり
生年月日 (1984-05-10) 1984年5月10日(38歳)
出生地 日本 神奈川県横浜市[1]
出身校 聖心女子大学文学部哲学科
所属政党民進党→)
旧立憲民主党→)
立憲民主党近藤G
配偶者 石川知裕(元衆議院議員)
公式サイト 衆議院議員 石川かおり オフィシャルサイト

選挙区 北海道11区
当選回数 2回
在任期間 2017年10月22日[2] - 現職
テンプレートを表示
さかなか かおり
阪中 香織
プロフィール
職歴 日本BS放送アナウンサー
2007年 - 2011年)
活動期間 2005年7月 - 2011年
ジャンル 報道、バラエティ
担当番組・活動

経歴・人物

神奈川県横浜市出身[1]。後に東京都大田区へ移って大田区立山王小学校卒業[4]中学校から大学まで聖心女子学院で過ごし、聖心女子大学文学部哲学科卒業[4]

2007年4月に日本BS放送(BS11)に入社。当初は総合職として勤務し、同年12月のBS11の放送開始後はアナウンス業務も担うようになり、報道・バラエティ・ショッピング番組などを担当した。

2009年6月、父親で当時投資コンサルタント会社を経営していた阪中彰夫は、「ペイントハウス」社が2005年に実施した増資をめぐる問題で東京地検特捜部に偽計取引容疑で逮捕された[5][注釈 1]。2007年11月の時点で証券取引等監視委員会強制捜査を受けていたが、報道機関でもあるBS11にもこれらの情報は伝わっており、香織は2009年春頃に担当していた番組を降板、同年11月にアナウンサー職に復帰。スポーツ中継番組[6]や報道番組に出演。

2011年10月3日、石川知裕と結婚[7][8]。同社を退社し、夫の選挙区である北海道11区内の北海道帯広市に移住、その後に長男と長女を出産[3]

2017年9月26日、民進党から第48回衆議院議員総選挙の北海道11区の公認内定を受ける[9]が、直後に民進党が分裂。10月3日、立憲民主党公認で立候補する意向を表明[10]中川郁子自由民主党公認、公明党新党大地推薦)との一騎打ちを制し、初当選を果たした(中川は比例復活できず)[3][11][12]

2020年8月24日、旧立憲民主党と旧国民民主党は、2つの無所属グループを加えた形で合流新党を結成することで合意した[13]。同年9月10日に行われた新「立憲民主党」の代表選挙では枝野幸男の推薦人に名を連ねた[14]

2021年10月31日の第49回衆議院議員総選挙立憲民主党公認で立候補し、中川を破り再選(中川は比例復活で当選)[15][16]枝野幸男代表の辞任に伴う代表選挙(11月30日実施)では逢坂誠二の推薦人に名を連ねた[17]

政策・主張

憲法

  • 憲法改正について、2017年のアンケートでは「どちらかといえば反対」と回答[18]。2021年のアンケートでは「反対」と回答[19]
  • 憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のアンケートで「反対」と回答[20]
  • 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2021年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[21]

外交・安全保障

  • 「他国からの攻撃が予想される場合には敵基地攻撃もためらうべきではない」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「反対」と回答[19]
  • 北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべきだ」との問題提起に対し、2017年、2021年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[18][19]

ジェンダー

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2017年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[18]。2021年のアンケートで「賛成」と回答[19]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2017年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[18]。2021年のアンケートで「賛成」と回答[19]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「賛成」と回答[19]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[20]

その他


注釈

  1. ^ 彰夫は一部メディアで自身の無実を訴えたものの、2010年2月18日、東京地裁で、懲役2年6月、執行猶予4年、罰金400万円、追徴金約3億100万円(求刑・懲役2年6月、罰金500万円、追徴金約9億6100万円)の有罪判決を受けた。
  2. ^ 石川知裕は陸山会事件で禁錮2年(執行猶予3年)の有罪判決が確定し[29]、公民権が2017年10月24日まで停止されていた[30]

出典

  1. ^ a b 石川香織(小選挙区・北海道) 【衆議院選挙2017】:読売新聞
  2. ^ “国会議員の任期満了日等”. 鳥取県公式サイト. https://www.pref.tottori.lg.jp/178443.htm 2021年8月18日閲覧。 
  3. ^ a b c “夫の“代打出馬”石川香織氏、夫婦愛で初当選!自民中川氏との妻対決制した”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年10月23日). http://www.hochi.co.jp/topics/20171023-OHT1T50033.html 2017年10月30日閲覧。 
  4. ^ a b 石川香織. “プロフィール”. 石川かおり. 2017年10月30日閲覧。
  5. ^ 投資コンサル社長を逮捕、ペイントハウスに架空増資させた疑い 日本経済新聞 2009年6月24日(Internet Archives)
  6. ^ 第34回ABS ジャパンオープンボウリング選手権”. 日本BS放送. 2017年10月30日閲覧。
  7. ^ 有罪判決…控訴中の石川知裕議員、11歳下の女子アナと交際5カ月スピード婚!(2011年10月1日時点のアーカイブ)」 - 産経新聞東京)2011年10月1日付。同日閲覧
  8. ^ 石川知裕衆院議員:BS11の阪中アナウンサーと結婚へ(2011年10月4日時点のアーカイブ)」 - 毎日.jp 2011年10月1日。同年10月13日閲覧
  9. ^ “衆院選:民進党、小選挙区公認候補予定者を発表”. 毎日新聞. (2017年9月26日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170927/k00/00m/010/064000c 2019年9月1日閲覧。 
  10. ^ “過半数が立憲民主党へ 北海道の民進系候補”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社. (2017年10月3日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO21841230T01C17A0PP8000 2017年10月10日閲覧。 
  11. ^ “北の夫人対決… 石川香織氏が当選確実 中川郁子氏は敗退”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2017年10月22日). https://www.sankei.com/article/20171022-7DDGBXN7MJL6XFBTTJVFYH54AM/ 2017年10月30日閲覧。 
  12. ^ “北海道11区 食糧基地で女性競う”. 日本農業新聞. (2017年10月20日). https://www.agrinews.co.jp/p42229.html 2018年1月10日閲覧。 
  13. ^ 山下龍一、小林豪 (2020年8月24日). “立国の新党、無所属2グループも合流へ 150人前後に”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASN8S6TNFN8SUTFK00J.html 2021年11月9日閲覧。 
  14. ^ “【合流新党】立民・枝野代表推薦人名簿”. 産経新聞. (2020年9月7日). https://www.sankei.com/article/20200907-FZVL7WX7CBPEZAF3QMXBUHBOEI/ 2021年11月26日閲覧。 
  15. ^ 衆議院選挙2021 北海道(札幌・函館など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  16. ^ 【2021年 衆院選】北海道ブロック(比例区)開票速報”. 衆議院選挙(2021年総選挙)特設サイト. 朝日新聞社. 2021年11月18日閲覧。
  17. ^ “立憲代表選、4陣営の推薦人は計90人 国会議員の7割固まる”. 朝日新聞. (2021年11月19日). https://www.asahi.com/articles/ASPCM46VPPCMULEI002.html 2021年11月19日閲覧。 
  18. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 石川香織”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  19. ^ a b c d e f g 石川香織”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  20. ^ a b c 北海道11区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  21. ^ a b 立憲 北海道11区 石川香織”. 第49回衆院選. 毎日新聞社. 2022年6月7日閲覧。
  22. ^ 原田晋也、皆川剛 (2021年6月23日). “森友問題「赤木ファイル」黒塗りでも読み解けたこと、残った謎 安倍昭恵氏の削除は初日に指示”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/112153 2021年9月21日閲覧。 
  23. ^ 石川香織 - Twitter”. 2022年4月28日閲覧。
  24. ^ 石川香織 - Twitter”. 2022年4月28日閲覧。
  25. ^ 石川香織 - Twitter”. 2022年4月28日閲覧。
  26. ^ 子供へのワクチン接種の「努力義務」撤回と5歳未満の子どもへの接種の見送りを超党派議連が要望|子どもへのワクチン接種を慎重に考える会(JACVC)のプレスリリース - @Press 2022年9月26日
  27. ^ 「加藤浩次vs政治家~政治のオモシロイところ集めました~」フジテレビ
  28. ^ 前田早穂 (2012年2月5日). “☆HAPPY WEDDING☆”. 前田早穂. 2017年10月30日閲覧。
  29. ^ a b “陸山会事件 石川知裕元議員の有罪確定へ 最高裁が上告棄却決定”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2014年10月1日). http://www.sankei.com/affairs/news/141001/afr1410010032-n1.html 2017年10月30日閲覧。 
  30. ^ “石川香織氏、日本一の女性議員に…夫・知裕元衆院議員は公民権停止中”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年10月16日). http://www.hochi.co.jp/topics/20171016-OHT1T50228.html 2017年10月30日閲覧。 


「石川香織」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石川香織」の関連用語

石川香織のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石川香織のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石川香織 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS