石川五右衛門 石川五右衛門が登場する作品

石川五右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 06:39 UTC 版)

石川五右衛門が登場する作品

古典

浄瑠璃・人形浄瑠璃
  • 石川五右衛門
  • 傾城吉岡染(近松門左衛門作)
  • 釜淵双級巴
  • 木下蔭狭間合戦
歌舞伎
文学
落語

現代

小説
新歌舞伎・新作歌舞伎
再演は除く。
新劇・現代劇
再演は除く。
映画
テレビドラマ
漫画
アニメ
ラジオドラマ
  • 新釈石川五右衛門 忍者と忍術使い(1964年、声:稲垣昭三
テレビ人形劇
ゲーム
・Mr.ゴエモン(アーケードゲーム。後のがんばれゴエモンシリーズの原型となった。)
ライトノベル
  • 壬生一郎『信長の庶子』(2019年~、既刊4巻)イラスト:土田健太

その他


  1. ^ 上田正昭、津田秀夫、永原慶二、藤井松一、藤原彰、『コンサイス日本人名辞典 第5版』、株式会社三省堂、2009年 93頁。
  2. ^ Avila Giron "Relación del Reino de Nippon a que llaman Corruptante Japon(転訛してハポンと呼ばれている日本王国に関する報告)"
  3. ^ 佐久間正,他『大航海時代叢書11 日本王国記・日欧文化比較』岩波書店、1965年、226-227頁。ISBN 4-00-008511-5
  4. ^ 石川秀廉とその子とされる。
  5. ^ 矢野龍渓『出たらめの記』東亜堂書房、1915年、P.18。
  6. ^ 『知識の王様 歴史 ボク&わたし 知っているつもり?』150頁。
  7. ^ 菊池庸介 『近世実録の研究 -成長と展開-』 汲古書院、2008年2月、101-118頁。 
  8. ^ 菊池庸介 『近世実録の研究 -成長と展開-』 汲古書院、2008年2月、203-211頁。 
  9. ^ 日本古典文学大辞典編集委員会 『日本古典文学大辞典』 岩波書店、1984年1月、264-265頁。 
  10. ^ “市川海老蔵、13年ぶり連続ドラマ主演 天下の大泥棒・石川五右衛門役”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年1月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2064888/full/ 2016年1月6日閲覧。 
  11. ^ a b 十三代目の子孫という設定の石川五ェ門が登場
  12. ^ トップページ” (日本語). AMBITIOUS MISSION|SAGA PLANETS. 2021年12月25日閲覧。


「石川五右衛門」の続きの解説一覧




石川五右衛門と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

石川五右衛門のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石川五右衛門のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石川五右衛門 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS