皇室 予算・財産

皇室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 16:15 UTC 版)

皇室(こうしつ、: Imperial House of Japan)は、日本国天皇およびその一族の総称。


注釈

  1. ^ 延べ面積。
  2. ^ 兆域の重複を勘案。
  3. ^ 内閣紋章は七五桐。

出典

  1. ^ NHK特設サイト『平成から令和へ 新時代の幕開け』 「新しい皇室の姿」
  2. ^ 「上皇の身分に関する事項の登録、喪儀及び陵墓については、天皇の例による。」(天皇の退位等に関する皇室典範特例法第3条第3項)
  3. ^ 岡田英弘「第五章 最初の王朝」(『倭国』中央公論社,1977, pp.147-183)、「神話が作った大和朝廷」(『日本史の誕生』筑摩書房,2008)pp.245-267。
  4. ^ 平凡社, “神武天皇”, 『百科事典マイペディア』, VOYAGE GROUP・朝日新聞社, https://kotobank.jp/word/%E7%A5%9E%E6%AD%A6%E5%A4%A9%E7%9A%87-82633#E7.99.BE.E7.A7.91.E4.BA.8B.E5.85.B8.E3.83.9E.E3.82.A4.E3.83.9A.E3.83.87.E3.82.A3.E3.82.A2 2018年3月6日閲覧。 
  5. ^ 国史大辞典吉川弘文館
  6. ^ 新田英治, “両統迭立”, 『日本大百科全書(ニッポニカ)』, VOYAGE GROUP・朝日新聞社, https://kotobank.jp/word/%E4%B8%A1%E7%B5%B1%E8%BF%AD%E7%AB%8B-150055#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29 2018年8月18日閲覧。 
  7. ^ VOYAGE GROUP朝日新聞社, “南北朝時代”, 『コトバンク』, VOYAGE GROUP・朝日新聞社, https://kotobank.jp/word/%E5%8D%97%E5%8C%97%E6%9C%9D%E6%99%82%E4%BB%A3-108982 2015年5月24日閲覧。 
  8. ^ フランク・B・ギブニー編『ブリタニカ国際大百科事典』14巻、ティビーエス・ブリタニカ、1993年、第2版改訂版、9頁。全国書誌番号:74006385
  9. ^ 芦部信喜『憲法』p86
  10. ^ 憲法(1) 第3版(有斐閣)野中俊彦 中村睦男 高橋和之 高見勝利 216頁 / 憲法 新版補訂版(岩波書店)芦部信喜 86頁 / 憲法学(2)人権総論(有斐閣)芦部信喜 106頁 115頁 / 憲法 第3版(弘文堂)伊藤正己 199頁 / 憲法 第3版(青林書院)佐藤幸治 415頁 / 体系・戸籍用語辞典(日本加除出版)114頁
  11. ^ “皇族の「人権」どこまで? 目につく「不自由さ」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2020年1月20日). https://www.asahi.com/articles/ASN196K0KN19UPQJ00R.html 2020年12月7日閲覧。 
  12. ^ 倉山満 (2019年4月1日). “皇族に人権はない。当たり前の事実を、日本人は忘れてしまったのか?”. 日刊SPA! (扶桑社). https://nikkan-spa.jp/1562553 2019年5月4日閲覧。 
  13. ^ “Kさん 「皇室のしきたり」を破り記者は顔色を変えた”. NEWSポストセブン (小学館). (2018年8月10日). https://www.news-postseven.com/archives/20180810_737674.html?DETAIL 2020年12月7日閲覧。 
  14. ^ “佳子さまICU志望”で考えた 皇室とキリスト教はどんな関係? 〈週刊朝日〉”. AERA dot.. 朝日新聞出版 (2014年10月30日). 2019年5月5日閲覧。
  15. ^ 元「天皇の料理番」に聞いてみた!天皇陛下は普段のお食事で何を召し上がっているの?”. テレビドガッチ. プレゼントキャスト (2019年2月10日). 2020年12月7日閲覧。
  16. ^ 皇族のプライベート 私生活や食事はどうなっているのか?禁止事項や買い物・テレビについて”. 皇室の話題 (2015年3月5日). 2015年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月7日閲覧。
  17. ^ “皇族の買い物事情 百貨店の外商が主流、Amazonもご利用”. NEWSポストセブン (小学館). (2017年5月27日). https://www.news-postseven.com/archives/20170527_558842.html/2 2019年5月5日閲覧。 
  18. ^ 里見, pp. 499–501.
  19. ^ 里見, p. 501.
  20. ^ 天皇皇后両陛下 - 宮内庁”. 宮内庁. 2021年12月24日閲覧。
  21. ^ a b 天皇の退位等に関する皇室典範特例法に基づく身位。
  22. ^ 上皇上皇后両陛下 - 宮内庁”. 宮内庁. 2021年12月24日閲覧。
  23. ^ 秋篠宮家 - 宮内庁”. 宮内庁. 2021年12月24日閲覧。
  24. ^ 常陸宮家 - 宮内庁”. 宮内庁. 2021年12月24日閲覧。
  25. ^ “寛仁親王家廃止、5宮家に=1年前にさかのぼり-ご一家、三笠宮家でお世話・宮内庁”. 時事ドットコム (時事通信社). (2013年6月10日). オリジナルの2020年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/tHfDM 2013年6月10日閲覧。 
  26. ^ “寛仁親王家廃し三笠宮家に合流 逝去1年、当主決まらず”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年6月10日). オリジナルの2020年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/46Ae7 2013年6月10日閲覧。 
  27. ^ 三笠宮家 - 宮内庁”. 宮内庁. 2021年12月24日閲覧。
  28. ^ 高円宮家 - 宮内庁”. 宮内庁. 2021年12月24日閲覧。
  29. ^ 皇室の構成図 - 宮内庁”. 宮内庁. 2021年12月24日閲覧。
  30. ^ 東久邇成子(昭和天皇第1子、照宮成子内親王)、久宮祐子内親王(同第2子)、鷹司和子(同第3子、孝宮和子内親王)、池田厚子(同第4子、順宮厚子内親王)、島津貴子(同第7子/末子、清宮貴子内親王)
  31. ^ 近衞甯子(三笠宮崇仁親王第1子、やす子内親王)、千容子(同第4子、容子内親王)
  32. ^ 主要祭儀一覧 - 宮内庁”. 宮内庁. 2021年12月24日閲覧。
  33. ^ 山本淳, 小幡純子 & 橋本博之 2003, p. 23-24.
  34. ^ 予算 - 宮内庁”. 宮内庁. 2021年12月24日閲覧。
  35. ^ 『週刊ダイアモンド 2016 9/17 36号』 ダイヤモンド社
  36. ^ 皇室の経済”. 宮内庁 (2019年9月6日). 2019年9月15日閲覧。
  37. ^ 皇室用財産 - 宮内庁”. 宮内庁. 2021年12月24日閲覧。
  38. ^ 陵墓地形図集成 縮小版 & 2014年, pp. 5–6.
  39. ^ a b c d 吉田孝 『日本の誕生』 岩波書店<岩波新書>、1997、ISBN 4004305101
  40. ^ 吉村武彦 「倭の五王の時代」 『古代史の基礎知識』 角川書店<角川選書>、2005、ISBN 4047033731
  41. ^ 熊谷公男 『日本の歴史03 大王から天皇へ』 講談社 2001年 ISBN 4-06-268903-0 p.237.
  42. ^ 岸俊男 『日本の古代6 王権をめぐる戦い』 中央公論社 1986年 ISBN 4-12-402539-4 p.53.
  43. ^ 『新視点 日本の歴史2 古代編Ⅰ』 p.314.
  44. ^ 同『日本の歴史03 大王から天皇へ』 p.237.
  45. ^ 森田悌 『推古朝と聖徳太子』 岩田書院 2005年 ISBN 4-87294-391-0 p.145.
  46. ^ 同『推古朝と聖徳太子』 p.145.
  47. ^ 同『推古朝と聖徳太子』 p.146.
  48. ^ 王仲殊 西嶋定生監訳 桐本東太訳 『中国からみた古代日本』 学生社 1992年 ISBN 4-311-20181-8 p.145.
  49. ^ 皇室会議議員名簿 - 宮内庁”. 宮内庁. 2019年5月3日閲覧。
  50. ^ a b 警察法 第29条
  51. ^ 皇宮警察本部
  52. ^ 皇宮警察本部とは
  53. ^ 平成25年警察白書 P201「皇宮警察本部の活動」





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「皇室」の関連用語

皇室のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



皇室のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの皇室 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS