生殖補助医療とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > 生殖 > 生殖補助医療の意味・解説 

生殖補助医療

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/25 19:39 UTC 版)

生殖補助医療(せいしょくほじょいりょう、: assisted reproductive technology、ART)は不妊症に対処するため、近年発達した医療技術を用いた処置である[1]生殖医学[2](reproductive medicine)[3]生殖補助医学[2](assisted reproductive medicine)[4]とも言う。生殖補助医療には、以下のようなものが含まれる。体外受精(IVF)、顕微授精(ICSI)、冷凍保存配偶子または胚の使用、排卵誘発剤の使用。不妊症に対処するために使用される場合、ARTは単に不妊治療と呼ばれることもある。ARTは主に生殖内分泌学と不妊症の分野に属する。不妊治療以外のARTには、妊娠後に遺伝的目的のために用いられるものもある(着床前遺伝子診断を参照)。代理母出産もARTの手段に含まれるが、すべての代理出産がARTに含まれるわけではない。




「生殖補助医療」の続きの解説一覧




生殖補助医療と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生殖補助医療」の関連用語

生殖補助医療のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生殖補助医療のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生殖補助医療 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS